引越しの費用

損してる?北海道と横浜間の引越し費用の相場は?安く引っ越すコツとは?

投稿日:

損してる?北海道と横浜間の 引越し費用の相場は? 安く引っ越すコツとは?

北海道⇔横浜間での引越しを予定している人の中には、引越し費用がいくらくらいになるのか気になっている人が多いでしょう。
北海道と横浜は距離が離れているため、引越し費用も高めです。

この記事では、北海道⇔横浜間の引越し費用の相場と、引越し費用を安くするコツをご紹介します。

引越し費用は、工夫次第で安くすることが可能です。
北海道⇔横浜間の引越しを予定している人は、ご紹介する方法を参考にして、費用を節約してみてください。

あなたも引越し料金で損してるかも?

引越しの料金を安くするコツは一括での無料見積もりになります。

1分間程度で30社の中からあなたにあった最安値の業者を調べることが可能です。

実際に調べると95000円の業者と52000円の業者がありました。

実に43000円もお得に引越しができたんです。

一括見積りを試すならリクルートでもおなじみのSUUMOがおすすめです。

SUUMOなら電話登録が任意なので電話がかかってくる心配がないのも便利です。

>>>自分に合った格安の引越し業者をSUUMOで試しに見てみる(無料)<<<




北海道と横浜の距離

北海道札幌市と神奈川県横浜市は、直線距離で約860km離れています。
常磐自動車道や東北自動車道を経由する輸送距離は、約1,200kmです。

引越し費用は、輸送距離が長くなるほど高くなります。
北海道⇔横浜間は輸送距離が長く、近距離の引越しに比べると料金が高めです。
北海道⇔横浜間で引っ越す場合は、料金が安くなるよう工夫することをおすすめします。

北海道⇔横浜間の引越し費用の相場

北海道ラベンダー北海道⇔横浜間の引越し費用の相場をご紹介します。
大まかな相場を把握しておくことは、利用する引越し業者を選ぶうえでとても重要です。

「3月・4月」は引越し希望者が多くなるため、料金が通常に比べて大幅に高くなります。
通常期(5月から2月)と繁忙期(3月・4月)における、北海道⇔横浜間の引越し費用の相場は、以下の通りです。

通常期(5月から2月)

家族構成 一人暮らし 二人暮らし 4人家族
価格帯 36,000円-140,000円 70,000円-230,000円 130,000円-400,000円
平均価格 70,000円程度 120,000円程度 230,000円程度

繁忙期(3月・4月)

家族構成 一人暮らし 二人暮らし 4人家族
価格帯 47,000円-180,000円 90,000円-300,000円 170,000円-520,000円
平均価格 90,000円程度 160,000円程度 300,000円程度

一人暮らしの引越し料金

引っ越しの見積もり一人暮らしは荷物が比較的少ないため、料金が安めです。

単身パックが安い

「単身パック」は、専用のカーゴに荷物を収納して運ぶ形式の引越しプランです。
単身パックは料金が安く設定されており、費用を抑えたい一人暮らしの人に適しています。
単身パックを利用すれば、北海道⇔横浜間の引越しでも40,000円以下で行える場合があります。

単身パックで長距離の引っ越しならどこがおすすめ?比較してみました

引っ越しの単身パックの料金相場など徹底比較。ヤマト、日通などまとめ

混載便の利用を積極的に検討

混載便は、1台のトラックに他の人の荷物と一緒に載せて運ぶ引越しプランです。
混載便は、ガソリン代やフェリー代などの輸送費用を他の人と「割り勘」にできるため、その分安く利用できます。

一人暮らしは荷物が少ないため、混載便が利用しやすいです。
単身者の引越しで費用を抑えたい場合は、混載便の利用を積極的に検討しましょう。

引越しの長距離の混載便とは?デメリットは何がある?

チャーター便は料金が高い

チャーター便は、1台のトラックで自分の荷物だけを運ぶ引越しプランです。
チャーター便を利用すると、一人暮らしの引越しでも料金がやや高めになります。
北海道⇔横浜間でチャーター便の場合は、軽トラックであっても90,000円以上の料金がかかるのが一般的です。

一人暮らしの引越し費用の目安はどのくらいなの?

二人暮らしの引越し料金

二人暮らしの場合は荷物の量が多くなるため、引越し料金が一人暮らしよりも高額になります。

二人暮らしであっても、荷物の量が少なければ、混載便を利用して引越し費用を安く抑えることができます。
チャーター便になると料金が高めになるため、引越し費用を抑えたい場合は、なるべく荷物の量を少なくするよう工夫しましょう。

引越しの費用の相場。2人暮らしの場合はいくらくらい?

4人家族の引越し料金

引っ越し4人家族の場合は荷物が多くなるため、混載便が利用できない場合がほとんどです。
チャーター便の場合は、北海道⇔横浜間で「230,000円から300,000円」程度の費用がかかるのが一般的です。

チャーター便は、使用するトラックが大きくなるほど料金が高くなります。
また、荷物が少なくなれば作業するスタッフの数が少なくて済みます。
4人家族の引越しの場合でも、引越し料金を抑えるためには、荷物をできるだけ減らすことが重要です。

引越しの費用の相場。4人暮らしの家族だといくらくらい?

引越し費用はさまざまな要因で変化する

引越し費用は、引越しの時期・プラン・輸送距離などの多くの要因によって変わります。

繁忙期は高額になる

引越し費用は、時期によって大きく変化します。
3月や4月は、入学や入社で新生活を始める人が多く、引越し依頼が大幅に増えます。
その影響から、3月と4月は通常の1.3倍程度に引越し料金が上がるのが一般的です。
特に3月下旬から4月上旬にかけては引越しが集中するため、料金が通常の2倍から3倍程度になる場合もあります。

ご紹介した引越し料金は、あくまでも目安です。
繁忙期にはそれ以上に高くなる場合もあるため、十分に注意してください。

選ぶプランで費用は変わる

国民年金引越し料金は、選ぶプランによって大きく変化します。
例えば、荷造りや荷解きを業者に任せる「おまかせプラン」を利用すると、料金が大幅に高くなります。
また、他の人の荷物と一緒に運ぶ「混載便」を利用すると、輸送費の負担を他の人と「割り勘」にできるため、料金が安くなります。

引越し費用をなるべく抑えたい場合は、安価な引越しプランを選ぶようにしましょう。

輸送距離が変われば料金も変化する

ご紹介した料金は、「北海道札幌市」と「神奈川県横浜市」の距離を基準に算出したものです。
北海道は非常に広く、地域が変われば料金が変化します。
ご紹介した料金は、あくまでもひとつの目安と考えてください。

例えば北海道釧路市の場合は、横浜市までの輸送距離は「1,440km程度」です。
札幌市よりも距離が長くなるため、引越し料金もその分高くなります。
北海道函館市の場合は、「910km程度」まで距離が短くなるため、料金が安めです。

以上のように、引越し料金は場合によって大きく変化します。
自分の引越し料金を正確に知りたい場合は、条件を決めたうえで、実際に業者に見積もりを出してもらう必要があります。

北海道⇔横浜間の引越し費用を安くするコツ

引っ越し引越し費用は、さまざまな方法で安くすることができます。
北海道⇔横浜間の引越しは料金が高めなため、なるべく安くなるよう工夫することをおすすめします。
引越し費用を安くするコツには、以下のようなものがあります。

多数の業者の見積もりを比較する

引越し料金は、業者によって大きな差があります。
料金が安い業者を探すためには、多くの業者の見積もりを比較することが大切です。
1-2社程度の見積もりを確認しただけでは、より安価な業者を見逃している可能性が高いです。

引越し料金の一括見積もりサービスの利用が便利

引越し料金の一括見積もりサービス」は、多くの引越し業者の見積もりを簡単に取得できるサービスです。
多数の業者の見積もりを比較する際には、一括見積もりサービスを利用することをおすすめします。

見積もりの取得は手間がかかる

引越しの見積もりを取る際には、「荷物の内訳」「引越し元と引越し先の住所」「引越しプラン」「利用するオプションサービス」などの数多くの情報を入力する必要があります。
見積もりは各引越し業者のホームページでも取得できますが、1社ずつ情報を入力するのは非常に大変です。

引越し料金の一括見積もりサービスを利用すれば手間がかからない

引越し料金の一括見積もりサービスを利用すれば、1回情報を入力するだけで、多数の引越し業者の見積もりを簡単に取得することができます。
そのため、見積もりを取得する手間と時間を大幅に省くことができます。

一括見積もりサービスは無料で利用することができ、利用者にデメリットがありません。
安い引越し業者を探す際には、一括見積もりサービスを積極的に利用することをおすすめします。

詳しくはこちらをどうぞ。

北海道と横浜間で料金が安い引っ越し業者を調べてみる(無料)

引越し荷物を減らす

引っ越し引越し料金は、荷物の量が多いほど高くなります。
費用を抑えるためには、荷物の量をなるべく減らすことが重要です。

荷物が多いと、大きなトラックを利用しなければならなくなり、その分料金が高くなります。
また、引越し作業を行うスタッフも多く必要になります。
さらに、荷物が多いと自分の荷物だけでトラックが埋まってしまうため、安価な混載便が利用できません。

引越しで荷物を減らすコツとは?どんなメリットがあるの?

料金が安い日程や時間を選ぶ

引越し料金は、日程や時間によって変化します。
引越し料金を抑えるためには、なるべく安い日程を選ぶことが大切です。

繁忙期は避ける

3月・4月は引越し業者の繁忙期であり、引越し料金が通常よりも高額になります。
引越し時期を選べるのであれば、3月・4月はなるべく避けることをおすすめします。
特に3月下旬から4月上旬にかけては料金が非常に高くなるため、できれば避けたいところです。

繁忙期と閑散期で引越し費用の相場はどのくらい違うの?

平日は比較的安い

土日祝日は、引越し希望者が増えるため料金が高めです。
費用をなるべく抑えたい場合は、平日に引っ越すことをおすすめします。

平日と土日(休日)で引越しの料金はどのくらい安くなるの?

時間を業者に任せる「フリー便」は安価

引越し作業の時間を顧客が指定せず、引越し業者の都合に任せるプランを「フリー便」といいます。
フリー便は料金が大幅に安く設定されているため、引越し費用を抑えたい場合は利用を検討してみましょう。

ただし、フリー便は作業時間を顧客が選ぶことができません。
早朝や夜に作業を行う場合もあるため、時間に余裕がない人には適していません。

引越し費用が格安になるフリー便とは?到着の時間帯は?

さいごに

北海道⇔横浜間の引越しは、輸送距離の関係から料金が比較的高めです。
平均的な引越し料金は、一人暮らしで「70,000円から90,000円」、二人暮らしで「120,000円から160,000円」、4人家族で「230,000円から300,000円」程度です。

引越し料金は、工夫次第で安くすることが可能です。
北海道⇔横浜間の引越しを予定している人は、一括見積もりサービスを利用したり、荷物を減らしたりして、引越し料金を安く抑える工夫をすることをおすすめします。

あなたも引越し料金で損してるかも?

引越しの料金を安くするコツは一括での無料見積もりになります。

1分間程度で30社の中からあなたにあった最安値の業者を調べることが可能です。

実際に調べると95000円の業者と52000円の業者がありました。

実に43000円もお得に引越しができたんです。

一括見積りを試すならリクルートでもおなじみのSUUMOがおすすめです。

SUUMOなら電話登録が任意なので電話がかかってくる心配がないのも便利です。

>>>自分に合った格安の引越し業者をSUUMOで試しに見てみる(無料)<<<




よく読まれている記事一覧

引っ越し 1

忙しい人用にランキングを先に掲載します。 1位 >>>引越し侍<<< 2位 >>>LIFULL 引越し<<< 3位 >>>ズバット引越し比較<<< 4位 >>>引越し価格ガイド<<< 5位 >>>引越 ...

11月の引越し費用の相場は? 料金が安いのはいつくらい? 2

「11月に引越ししようと思うんだけど時期的に費用は高いの?安いの?」 「11月の引越しで費用を安くするコツはある?」 なんてあなたは思っていませんか? 10月は3月ほどではないですが、引っ越しシーズン ...

12月の引っ越し費用の相場は? この時期の料金は高い?安い? 3

「12月に引っ越し予定だけど費用の相場はどうなの?」 「年末だし引っ越しの費用は高いんだよね?安いタイミングはある?」 なんて疑問はありませんか? 年度末、クリスマスやお正月に向けて何かとあわただしい ...

-引越しの費用
-, , , ,

Copyright© 引越しの手続きチェックリスト一覧まとめ|引越し手続きナビ , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.