引越しの費用

夜間の引越しって料金は安いの?夜の引っ越しは非常識で迷惑?

更新日:

 

「夜間の引越し料金は高いの?安いの?」

「夜間の引越しは非常識で迷惑?」

「夜間の引越しの注意点とは?」

引越しの時間帯を夜間に考えているあなたも、こんな事でお悩みではありませんか?

以前ではほとんど無かった夜間での引越しですが、最近は「夫婦共働きで夜間でないと」、「引越しする時間がとれない」、「夜間に引越しだけ完了させて翌日に荷物の整理をしたい」など、需要は増えています。
しかしそもそも夜間に引越しを行うって、料金的には安くなるのでしょうかそれとも高くなるのでしょうか?
また一般常識的に考えて、夜の引っ越しは非常識で迷惑なのでしょうか?
引越しの時間帯を夜間に考えている皆さんのために、関連したさまざまな疑問について解説していきますので、夜間の引越しを考えている人はぜひ参考にしてみて下さい。

あなたも引越し料金で損してるかも?

引越しの料金を安くするコツは一括での無料見積もりになります。約1分間であなたにあった最安値の業者を調べることが可能です。

実際に調べると95000円の業者と52000円の業者がありました。

実に43000円もお得に引越しができたんです。

しかも今なら期間限定で最大10万円のキャッシュバックもありお得です。

一括見積りを試すならCMでもおなじみの引っ越し侍がおすすめです。

>>>自分に合った格安の引越し業者を試しに見てみる(無料)<<<




そもそも夜間に引越しすることは可能なの?

引越しを夜間に行う事が可能かどうかは、引越し業者によって対応がバラバラで、問題なく引き受けてくれる業者もいれば、時間外なので対応することは無理と断られる場合もあります。
また引越しの時期がそれほど忙しくない時期であれば、引越し業者も柔軟に対応してくれる場合もありますが、繁忙期などになるとなかなか時間の都合がつけにくくなるために、夜間の引越しは難しくなります。
出来る事であれば無理に夜間の引越しは避けた方が良いですが、事情によってどうしても夜間の引越でないとダメなときには、引越し業者に早めに相談してみましょう。

引越しの時間帯の区分は?

引越しの時間帯の区分には、午前中から作業を開始する午前便、午後から作業を開始する午後便、作業開始時間は引越し業者にお任せするフリー便、時間をこちらから指定する時間指定便などがあります。
一番に人気が高く料金が高いのは、やはり午前中に引越しを完了して午後から後片付けが出来る午前便となります。
午後便の場合は午前便よりも人気が無いために午前便の料金よりは安くなり、フリー便は時間が空いたときの作業となるので、料金としては一番安く引越が出来ます。
時間指定は1日を4段階か5段階の時間帯に分けて、その時間の範囲内で作業開始時間を指定することが出来ますが、料金としては時間を指定してしまうので高くなることが多いようです。

夜の引越しって何時から何時まですることが可能なの?

夜の引っ越しに対応している業者は、多くの場合18時くらいからの作業開始を目安にしていますが、それは目安であって繁忙期など実際に作業開始が20時を過ぎることもあり得ます。
開始時間が20時からになると、終了時間は2時間かかったとすれば22時なるので、やはりこれ以上遅くなると周りの迷惑が気になります。
何時から何時まですることが可能かどうかは、最終的には引っ越し業者の判断によるので、決められた時間はありませんが、常識的に考えると終了時間が22時くらいが限界ではないでしょうか。

フリー便や時間指定なしで夜間になったりすることはある?

引越し作業の時間指定は、午前中から作業を開始する午前便、午後から作業を開始する午後便、時間指定をしないで作業をするフリー便などがあります。
料金的に見ていくと午前便が一番高くて、次いで午後便、フリー便の料金は引越し業者の空いた時間帯での作業になるので一番安い料金で引越しができます。
しかしフリー便の場合には、元々時間指定が出来ないために依頼が多くなる繁忙期などの場合だと、午前便、午後便と仕事を処理からのフリー便への仕事の取りかかりとなります。
そのために時間がずれ込んでしまうと、フリー便などの時間指定無しの引越し作業の開始時間が夕方から夜になることは、日常的にあります。
そのためにフリー便を依頼したときには、そのように作業の開始時間が夜間になる事も十分にありうると考えておきましょう。

引越し費用が格安になるフリー便とは?到着の時間帯は?

夜間の引越し料金は高いの?安いの?

夜間の引越し料金を考えたときに、高いのか安いのかはこちらの依頼側が時間を指定した場合と、時間はお任せしていたが結果的に夜間の作業になった場合では、まったく状況が変わってきます。
フリー便など時間は引越し業者に任せた場合は、引越し業者の都合に合わせている訳なので、当然料金は通常料金よりも安くなります。
逆に夜の7時以降からの作業開始など、依頼主側が具体的に作業の開始時間を指定すると、通常の午前便や午後便でなく、時間外の作業になるので一番高い料金になってしまいます。
このように結果として夜間の作業開始になったとしても、その料金については引越し業者の都合なのか依頼主の都合なのかによって、まったく料金は違ってきます。
それだけに依頼するときには、その点について十分に注意して依頼するようにしましょう。

夜間の引越しは非常識で迷惑?

夜間の引越しは非常識で迷惑かどうかの判断は、やはりその家の状況によると思われます。
どうしても荷物の運び出し作業となると、建物のそばにトラックを横付けして荷物を運搬するので、騒がしくなるだけでなく、人の出入りにも邪魔になります。
賃貸マンションや賃貸アパートなどの集合住宅となると、建物の出入り口を共有しているだけに、引越し作業での出入りは周りの住民に人の迷惑になってしまいます。
それが昼の時間帯ならともかく、夕方から夜の時間帯に掛けてとなると、やはり周りの人たちは余り良くは思わないですよね。
隣接している家との間が開いている一戸建ての住宅などの場合には、それほど気を遣わなくても良いですが、住宅同士が密集していたり集合住宅の場合は、周りへの十分な配慮が必要となります。

夜間の引越しの注意点とは

夜間の引越しをトラブル無く行うためには、注意しておかなければならないポイントがいくつかあります。
昼に行っていればあり得ない注意すべきポイントがあるので、トラブル回避のためにもしっかりと頭に入れておきましょう。

ご近所の人に事前に挨拶をしておく

通常の引越作業を行う場合においても、集合住宅のように出入り口が共用されているような建物の時には、どうしても荷物の搬入排出時などにはご近所には気を遣いますよね。
まして作業する時間帯が夜間となると、通常の作業をするとき以上にご近所には気を遣わなければなりません。
常識的に考えてやはり夜間の引越作業というのは、非常識と受け取られがちなので、ご近所さんには夜間の引越しでないと出来ない理由を伝えておく必要があります。
あらかじめ迷惑が掛かりそうなご近所さんには、具体的な作業時間も含めて迷惑が掛かることを伝えておくように心がけて置きましょう。

事前に電気や水道が開通しているか確認しておく

昼であれば万が一手続きを忘れていても至急連絡すれば何とかなる事も多いですが、夜間となると先方も営業時間外などで対応が出来ないことも多くあります。
電話やインターネットなどならなんとか一晩くらいなら我慢できますが、電気や水道が新しい新居で使えるように手続きができていないと、たった一晩でも大変な事になります。
夜間の作業のために電気が付かないのでは、明かりがなくて作業に支障が出てしまうし、何とか引越し作業を終えたとしても、真っ暗な中で一晩過ごさなければならなくなります。
水道も使用できないとトイレなどを使用する事が出来なくなって大変不便になので、あらかじめ新居での電気や水道が開通しているかを確認しておきましょう。

事前に大家さんから鍵の受け取りをしておく

夜間に引越視する場合に、引っ越し先の新居のカギをあらかじめ大家さんから受け取っておかないと、作業に時間がかかり、到着が遅れて大家さんからカギが受け取れなくて、部屋には入れないという事が考えられます。
万が一到着が遅れてもスムーズに入居できるように、引越し先の新居のカギはあらかじめ大家さんから受け取っておくようにしましょう

夜間の引越はケガに注意しよう

夜間の引っ越しとなると、周りは暗くなっているためにケガや事故がどうしても増えてしまいます。
通常の歩行で無い荷物を運搬しながら、暗がりの階段や通路などを歩くときには特に注意が必要で、段差があったり見えにくいところもあるので、足場をよく確認して作業を行いましょう。
特に大きな家具などを運搬したりするときには、周りの壁などにぶつけてしまうこともなるので、慌てずに確実に作業をして、事故を防ぐことが大事なポイントとなります。

引っ越し先までの移動手段をチェックしておこう

自家用車で新居まで移動するのであれば問題ありませんが、電車やバスなどで移動するときには、あらかじめ時間などをよく確認しておく必要があります。
昼ならいつでも運行しているのに、夜間だと本数が少なくなったり運行していなかったりして、新居までその日にたどり着けないなんて事になっても困ります。
事前に引っ越し先までの移動するための交通手段などを、忘れずにあらかじめチェックして、引っ越し業者よりも遅れて到着するようなことがないように注意しましょう。

夜間だけに荷物の紛失には十分注意しよう

引っ越しするに当たって、身の回りの物だけはあらかじめ手荷物として準備しておくと便利だと言われています。
たとえばタオル・洗面用具・化粧品・ティッシュペーパー・トイレットペーパーなど、直ぐに生活に必要となるような物は、あらかじめ直ぐに取り出せるように荷物を分けておきましょう。
またパジャマや下着なども夜間の引っ越しの場合は、到着後荷解きの作業が出来ないことが多いだけに、あらかじめ荷物を分けておくと良いでしょう。
財布や通帳、高価な貴金属などもどこかに紛れたりしないように、すぐ探せるよう荷物を分けておくと良いでしょう。
昼の引っ越しの場合と比べても、夜間の引っ越しは荷物の区別がつかなくなる危険があるので、あらかじめ必要な物や貴重品については、直ぐに分かるように分別しておくように注意しましょう。

さいごに

夜間の引越しって料金は安いの?夜の引っ越しは非常識で迷惑?についてご紹介してきましたが、いかがだったでしょうか?
夜間の引越しはそれぞれの家庭の事情によって仕方なく行われることも多く、そのためには様々なリスクも伴ってしまいます。
そんな夜間の引越しで失敗しないように、当サイトの記事を参考に夜間の引越しを落ち度無く上手に行いましょう。

あなたも引越し料金で損してるかも?

引越しの料金を安くするコツは一括での無料見積もりになります。約1分間であなたにあった最安値の業者を調べることが可能です。

実際に調べると95000円の業者と52000円の業者がありました。

実に43000円もお得に引越しができたんです。

しかも今なら期間限定で最大10万円のキャッシュバックもありお得です。

一括見積りを試すならCMでもおなじみの引っ越し侍がおすすめです。

>>>自分に合った格安の引越し業者を試しに見てみる(無料)<<<




よく読まれている記事一覧

引っ越し 1

忙しい人用にランキングを先に掲載します。 1位 >>>引越し侍<<< 2位 >>>LIFULL 引越し<<< 3位 >>>ズバット引越し比較<<< 4位 >>>引越し価格ガイド<<< 5位 >>>引越 ...

引越し 2

  「4月に引っ越し予定だけど引っ越し費用の相場はどのくらいなの?」 「4月の引っ越しならどの時期にしたら安くなるの?」 その様なことを思っていませんか? 毎年春は引っ越しの最繁忙期となりま ...

引越し 3

「ゴールデンウィーク中の費用はどのくらい高くなるの?」 「ゴールデンウィーク前と明けではどちらが費用が安い?」 「ゴールデンウィーク近辺だとどの日が一番引越し費用が安くなる?」 「ゴールデンウィーク近 ...

no image 4

  「5月に引っ越しをするんだけど、この時期の費用の相場ってどのくらいなの?」 「安く引っ越しをしたいけど何かおすすめの方法はある?」 あなたは、その様に思っていませんか? 天候も暖かく、ま ...

-引越しの費用
-, , ,

Copyright© 引越しの手続きチェックリスト一覧まとめ|引越し手続きナビ , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.