引越しの費用

7月の引っ越し費用の相場は?料金が安いのはいつくらい?

更新日:

7月の引っ越し費用の相場は?料金が安いのはいつくらい?

「7月に引っ越す予定だけど、この時期は引っ越し費用は高いの?安いの?」

「7月に引っ越しするけど、どの時期に引っ越すと安いの?」

そういう疑問はありませんか?

7月の引っ越しで影響が出てくるのは梅雨と夏休みになります。
今回はそのことも含めまして7月のどの時期に引っ越しをするのがおすすめなのか解説します。

あなたも引越し料金で損してるかも?

引越しの料金を安くするコツは一括での無料見積もりになります。

1分間程度で30社の中からあなたにあった最安値の業者を調べることが可能です。

実際に調べると95000円の業者と52000円の業者がありました。

実に43000円もお得に引越しができたんです。

一括見積りを試すならリクルートでもおなじみのSUUMOがおすすめです。

SUUMOなら電話登録が任意なので電話がかかってくる心配がないのも便利です。

>>>自分に合った格安の引越し業者をSUUMOで試しに見てみる(無料)<<<




7月は引っ越しにはなにかと厳しい時期

7月というと、特に引っ越しをする理由が思いつかない時期。
こういった時期は引っ越し閑散期ということで、引っ越し料金も安く、物件相場も落ち着いているので、お得に引っ越しできるように思えます。
しかし、そう簡単に済まないのが7月の引っ越し。
いろいろと細かいところにも気をつけながら、7月の引っ越し事情を確認しておきましょう。

7月の費用相場は上旬と下旬で様相が変わる

引っ越しとソファ7月の引っ越し相場を考えるとき、7月の20日あたりで上旬と下旬に分けて考えることが重要です。
住んでいる地域にもよりますが、一般的に多くの小中学校は7月20日前後から夏休みに突入します。
親の仕事の事情などで、夏の間に引っ越しを考えている家庭の場合、子供の転校の事情などもあり、夏休みの間に引っ越すことが多くなります。
ここではまだ夏休み前の7月1~20日までを「上旬」、夏休み以降になる7月21日以降を「下旬」として紹介していきます。

7月上旬の物件家賃相場

7月上旬の家賃相場に関しては、「通常通り」もしくは「やや高い」程度になります。
お子様の夏休み期間に引っ越しを考える人の多くは、ファミリータイプの物件を探している方になりますので、賃貸物件であればファミリータイプのほうがやや割高になる可能性が考えられます。
とはいえ、通常期に比べ1割も高くなるようなことはなく、高くなっていても数%程度。
家賃交渉をしっかり行えば、通常通りの家賃で引っ越すことも可能でしょう。
単身者の引っ越しに関しては、夏休みに引っ越すケースはさほど多くありませんので家賃相場は通常通りと考えて問題ありません。

7月上旬の引っ越し料金相場

7月上旬は、引っ越し業界にとっての閑散期となります。
当然料金もかなり抑えめで引っ越すことができ、料金的には十分狙い目の時期と言えるでしょう。
通常期の引っ越し料金を「100」とすると、この時期の料金は週末で「90」程度、平日であれば「80」程度で引っ越しをすることができるでしょう。
しかしここで注意。
7月の上旬と言えば、日本全国的に梅雨の季節です。
梅雨の季節の引っ越しには、少々気をつけたいポイントがあるので、確認しておきましょう。

梅雨時(7月上旬)の引っ越しにはアクシデントの可能性がいっぱい

引っ越し梅雨時の引っ越しは、荷造りや日程の面でいろいろと気を遣う必要があります。
ここではそんな気になるポイントを1つずつ確認していきましょう。

荷造りには雨対策を万全に

雨の中引っ越しをすると、気になるのは荷物が雨に濡れてしまうこと。
特に濡れても構わない荷物もあるかと思いますが、本やお気に入りの洋服など、濡らしたくない荷物もあるかと思います。
そんな荷物を梱包するときは、ダンボールの内側にビニール袋を敷いて梱包するのがオススメ。
大きめのゴミ袋などをダンボールの内側に敷くことで、ダンボールの外側が雨に濡れても、中の荷物は濡れることはありません。
このビニールはダンボールの内側に仕込むのが肝心。
外側をビニールでくるんでしまうのは、引っ越し業者さんが滑りやすく、持ちづらくなってしまうのでNGです。

さらに、荷物はダンボールに詰め込み過ぎないように注意。
8割程度入れたら、残るすき間は古新聞や濡れてもいいタオルなどで埋めておくと、荷物が重くなりすぎず、さらに雨対策も万全で、作業員の方も扱いやすくなります。

急な引っ越しキャンセルの可能性も考慮に入れておく

これは特殊なケースですが、いわゆる梅雨時期は「ゲリラ豪雨」が多い季節になります。
今お住まいの周辺でではゲリラ豪雨など経験がなくとも、引っ越し先が遠方になる場合、引っ越し先は頻繁にゲリラ豪雨に襲われている土地かもしれません。
引っ越し業者が「引っ越しはできない」ということは稀ですが、ゲリラ豪雨などの影響で道路が通行止めになる、電車が止まっていて作業員が来られないなど、特殊なケースでは引っ越しのドタキャンもないとは言えません。
万が一引っ越しがドタキャンになった場合、代替の引っ越し日程や、それまで生活するのに困らない工夫が必要になります。
また、こういったケースでは引っ越し業者との契約がどういう契約になっているかも重要です。
一度ドタキャンされたらその時の必要経費は? 代替日の引っ越し料金は? 代替の日程確保は? こういった細かい部分は、できれば最初の契約の時にきっちり問い合わせて、話を詰めておく必要があります。

7月下旬の引っ越し事情

引っ越し7月下旬は多くの学校が夏休み期間に入った後。
こうなると夏休みの間に引っ越しをしようと考えている人が引っ越しをするタイミングになりますので、引っ越し業界はなかなか賑わいます。
そんな7月下旬の引っ越し事情を調べてみました。

7月下旬の物件家賃相場

7月下旬の物件家賃は、上旬と変わらず通常期と変わらないのが実情です。
ファミリータイプの物件では、多少高めの設定になっている可能性もありますが、近辺の家賃相場と合わせないと借り手も見つかりませんので、意識的に高くするケースは少なくなります。
単身者向けの物件相場はやや安めの可能性も。
物件を探すにはいい時期と言えるかもしれません。

7月下旬の引っ越し料金相場

一方引っ越し業者の料金設定は一気に高くなります。
7月上旬の料金相場が「80~90」程度だとすると、7月下旬は「120~130」。
特に7月第3月曜日の祝日「海の日」が絡んだ3連休は高額になることも。
ちなみに海の日になる可能性がある日付は15~21日。
20日や21日が海の日で、3連休になるとかなり混み合いますので注意が必要です。

夏休みの引っ越しなら8月に分散するのでは?

夏休みの間に引っ越しを考えている人は、7月下旬にこだわらなくても8月に引っ越す人も多いのでは?
むしろ大型の連休を取りやすいお盆や、8月下旬も多そうだけど?
小説や漫画などでは、夏休みの最後の方に、仲の良かった同級生が引っ越しをしてしまって…などという描写を見かけますが、実はそうでもありません。
連休の取りやすいお盆に引っ越しというのも実はそう多くなかったりします。
お盆休暇に関しては、両親の実家に行ったり旅行に行ったりと、家族で出かける予定を優先させるケースが目立つようです。
特に両親の実家から離れて暮らしている場合、祖父母に孫の顔を見せることができるのはお盆と正月くらいのもの。
その予定を削るのは、祖父母に申し訳ないという方が多いようです。
そう考えると、引っ越しを8月下旬で考えた場合、お盆休み明けからものすごく忙しくなります。
役所関係の書類を処理したり、子どもたちの転校の手続き、引越の荷造りに、周辺への挨拶。
そして引っ越しをすると、すぐに学校が始まり、子どもたちも両親も新しい街に慣れる間もなく新生活を始めなければいけません。
こういった事情もあり、一般的には7月下旬か8月上旬に引っ越しを済ませ、お盆休みは新居で取り、8月の間に新しい街に慣れるという予定を立てる方が多く、必然的に7月の下旬が引っ越しのピークとなるのです。

7月下旬の引っ越し料金が高くなるもうひとつの理由

引っ越し7月下旬になると引っ越し料金は一気に高くなります。
もちろん引っ越しの件数が増えることも大きな理由の一つですが、もう一つの理由は天候です。
梅雨も明けるこの時期、湿度は高く気温も一気に上昇する季節になります。
そんな中での引っ越し作業は、相当キツイ作業になり、引っ越し業者とはいえ無理な予定は立てられません。
他の涼しい時期であれば1日に3件の引っ越しも可能な作業員でも、この時期は2件が精一杯。
そのせいで引っ越し業者の予約が取りにくくなり、さらに料金も割高になるということになります。

7月の引っ越し費用を安くするなら引っ越し費用の相見積もりを取る

7月は下旬になると夏休みや梅雨の影響で費用が高くなることを解説しました。
特に忙しい時に引っ越し会社一社の見積もりだと金額が高額になる場合もあります。
忙しい時期だと費用を安くしなくても仕事が舞い込んでくるからです。
そういう場合には複数の引っ越し会社に見積もりを取ってその時期の費用の相場を知ることがまずは重要です。
費用の相場が分かったら、その見積もりを元に交渉をするか、もしくは費用が安い業者を選びましょう。

相見積もりをすることのメリット

引っ越し業者の相見積もりをすることで様々なメリットがあります。

  • その時期の引っ越し費用の相場を知ることができる
  • 引っ越し費用の交渉をする時の交渉材料になる
  • 費用が安くならなくてもダンボールが無料になるなどのサービスを受ける場合がある

などがメリットになります。
ただ相見積もりを取るといっても一社ずつ交渉していては時間がかかります。
そういう時におすすめなのが「引っ越し一括見積もりサービス」になります。

引っ越し一括見積もりサービスのメリットとしては、

  • 1分程度で複数の業者に見積もりを取ることができる
  • スマホから一回のデータ入力で見積もりをすることができる
  • 無料で利用することができる
  • 業者も相見積もりを取られていると知っているので交渉を前提にしている
  • 引っ越し一括見積もりの業者を仲介しているので悪徳業者が排除されている可能性が高い

などになります。
引っ越しをするなら一度は利用した方がいいでしょう。
引っ越し一括見積もりならテレビCMでもおなじみのこちらの業者がおすすめです。
1分程度で最大10社の見積もりが可能です。もちろん利用料金は無料になります。
7月に安く引っ越しできる引越し業者を調べてみる(無料)

7月の引っ越しはいろいろなところに気を配ろう

7月の引っ越しは上旬中旬と下旬でまったく違う状況になります。
中旬までは引っ越し料金を比較的安く、思い通りの日程での引っ越しも難しくありませんが、下旬になると一気に繁忙期のような忙しさに見舞われます。
業者の手配も難しくなり、料金も決して安くはなくなります。
そして何より天候の面では一ヶ月を通して引っ越しには向かない天候が続きます。
雨で荷物が濡れやすいところまでは諦めるにしても、ゲリラ豪雨や災害級の豪雨、川の氾濫などがあると引っ越し自体が中止になる可能性も。
そんな雨の季節を過ぎると、一気に気温は上がり、作業効率も著しく下がってしまいます。
7月に引っ越しを考えている方は、いろいろなところに気を配る必要があることを覚えておいてください。
引越前には、万が一引っ越しがキャンセルになった場合の代替日、代替業者、その場合の料金や引っ越しが延期になった期間の生活など。
雨が予想される時期の引っ越しであれば荷造りにも気遣いが必要ですし、雨の時期がすぎれば熱中症の心配も必要です。
そして、ぜひこれはお願いしたいのが、暑い時期に引っ越しをお願いする場合、作業をしてくれている作業員に、冷たい飲み物の差し入れや、時間に余裕があるならすこし休憩してもらうなどの気遣いをお願いします。
作業員が気分よく、元気に作業することが、結果的にスムーズで質の高い引っ越しにつながります。

あなたも引越し料金で損してるかも?

引越しの料金を安くするコツは一括での無料見積もりになります。

1分間程度で30社の中からあなたにあった最安値の業者を調べることが可能です。

実際に調べると95000円の業者と52000円の業者がありました。

実に43000円もお得に引越しができたんです。

一括見積りを試すならリクルートでもおなじみのSUUMOがおすすめです。

SUUMOなら電話登録が任意なので電話がかかってくる心配がないのも便利です。

>>>自分に合った格安の引越し業者をSUUMOで試しに見てみる(無料)<<<




よく読まれている記事一覧

引っ越し 1

忙しい人用にランキングを先に掲載します。 1位 >>>引越し侍<<< 2位 >>>LIFULL 引越し<<< 3位 >>>ズバット引越し比較<<< 4位 >>>引越し価格ガイド<<< 5位 >>>引越 ...

7月の引っ越し費用の相場は?料金が安いのはいつくらい? 2

「7月に引っ越す予定だけど、この時期は引っ越し費用は高いの?安いの?」 「7月に引っ越しするけど、どの時期に引っ越すと安いの?」 そういう疑問はありませんか? 7月の引っ越しで影響が出てくるのは梅雨と ...

6月の引越し費用の相場は?料金が安いのはいつくらい? 3

「6月に引越し予定だけど、費用ってどのくらいなの?」 「結婚をしたのでこれから新居に引っ越すんだけど、6月の費用の相場はどうなの?」 あなたはその様なことを思っていませんか? 春の引越し繁忙期も終わり ...

-引越しの費用
-, , , ,

Copyright© 引越しの手続きチェックリスト一覧まとめ|引越し手続きナビ , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.