引越しの費用

クリスマスの引越し料金の相場は?前と後でどちらが安いの?

更新日:

 

「クリスマスの時期ってやっぱり引越し料金って高いよね?」

「クリスマスの前後だとどちらが引っ越しするのにおすすめ?」

そういう疑問はありませんか?

年末休暇を直前に迎えたクリスマス。
この時期の話題といえばパーティーやプレゼントのことばかりですが、このタイミングの引っ越しと考えるとどうでしょう?
クリスマス前後の引っ越しについて、料金相場や状況、そして気をつけたいことなどを調べてみました。

あなたも引越し料金で損してるかも?

引越しの料金を安くするコツは一括での無料見積もりになります。

1分間程度で30社の中からあなたにあった最安値の業者を調べることが可能です。

実際に調べると95000円の業者と52000円の業者がありました。

実に43000円もお得に引越しができたんです。

一括見積りを試すならリクルートでもおなじみのSUUMOがおすすめです。

SUUMOなら電話登録が任意なので電話がかかってくる心配がないのも便利です。

>>>自分に合った格安の引越し業者をSUUMOで試しに見てみる(無料)<<<




クリスマス前後の引っ越し事情と物件事情

クリスマスの前といえば12月の年末進行で仕事が忙しくなるタイミング。
クリスマスの後といえば年末休暇前のちょっと一息つけるタイミング。
物件探しと引っ越しの両面から、この2つの時期を比較してみましょう。

クリスマス前の物件事情

クリスマス前というと12月の中旬ということになります。
このタイミングは物件を探す人も少なく、物件事情としては掘り出し物が見つかるかもしれないタイミングになります。
不動産屋としてもお客さんの少ないタイミングですから、接客も懇切丁寧になる傾向が。
じっくり腰を据えて物件を吟味したい人にはオススメのタイミングと言えます。

クリスマス後の物件事情

クリスマス後になっても物件事情は大きく変わりません。
引っ越し業界にとって1月2月はいわゆる閑散期です。
12月に物件を探す人は、1月2月に引っ越しを考えている人が中心になりますので、基本的に人数は少ないと考えていいでしょう。
大家さんとしては一刻も早く物件を貸し出したいわけで、うまく交渉すれば家賃もある程度値引きできるはず。
仕事も一段落したタイミングかと思いますので、物件探しはじっくり行いましょう。

クリスマス前の引っ越し事情

クリスマス前、12月中旬は引っ越し業界ではローシーズンです。
働いている人の多くは仕事が忙しく、とても引っ越しをする余裕はないタイミングですし、一人暮らしの学生にとっても、特に引っ越す必要があるタイミングではありません。
お客さんが少ないということは引っ越し業者の料金も安めで落ち着くということ。
通常期の引っ越し料金を「100」とすると、クリスマス前の引越し料金は「90」前後
10万円を超える規模の引っ越しであれば、1万年単位で安くなるお得なシーズンといえます。

クリスマス後の引っ越し事情

クリスマスがきっかけというよりは、クリスマスが一般的な給料日である25日であることがきっかけと考えてください。
他の月と同様に引っ越しは月末の方が件数は増えます。
これは物件の多くが月末で締めを迎えること、そして給料日後のほうが金銭的に落ち着いていることが原因です。
12月はこれに加えて、年末の駆け込み需要のようなものが存在します。
例えば新居を購入・建設した人が、「正月は新居で迎えたい」と思い、仕事が落ち着いたクリスマス以降、年内に引っ越しをと考えるとか、「年内のうちに…」という話は少なくありません。
しかも年末年始は連休にもなりますので、引っ越しをするには最適です。
クリスマス後、12月末の引っ越し料金相場は「120」前後まで跳ね上がりますのでご注意ください

年末年始の引っ越し料金の相場は?安く引っ越すならどの時期がいい?

12月の引っ越しにはいろいろ注意が必要

12月の引っ越しにはいろいろと考えなくてはいけないことがあります。
年末調整の件、年賀状と転居案内の件、そして役所手続きの件などです。
これらについて細かく見ていきましょう。

年末調整に記載する住所は?

会社員の方の多くは、会社において年末調整を行っているかと思います。
年末調整前には現住所などを記入する用紙を受け取るかと思います。
問題はこの用紙に記入する住所です。
住民税は、「翌年の1月1日に住民票がある役所に納付する」のがルールです。
つまり12月中旬以降、年内に引っ越しをするとなると、引っ越した後の新住所を記入しなければいけません。
とはいえ、年末調整の用紙は、多くの場合11月下旬、もしくは12月上旬が提出期限のはず。
それまでに新住所が決定していれば新住所を書けばいいのですが、提出後に新住所が決まった場合はそうはいきません。
しかし、そのまま放置というわけにはいきませんので、会社の経理部に年内に引っ越すことと、新住所を報告しましょう。
少し嫌な顔をされるかもしれませんが、放っておくともっと嫌な顔をされることになりますので、早めに報告するように心がけてください。

住所変更のお知らせハガキは出すべきか?

クリスマス前に引っ越す場合は、年賀状を出す前に新住所が分かっているかもしれません。
この場合は年賀状で住所が変わったことをお知らせするのもありといえばありです。
ただし、お世話になっている方、目上の方には、年賀状の後でもいいので、改めて住所変更のお知らせを送ったほうが丁寧です。
クリスマス後に引っ越し、しかもそれが急な引っ越しの場合、すでに年賀状は旧住所で出してしまっているかもしれません。
この場合は手間はかかりますが、寒中お見舞い兼住所変更のお知らせということでハガキを出すことをオススメします。
また、いずれの場合も郵便局に転送の届けをだすことは忘れないように。
年賀状のタイミングですから転送処理をしてもらわないと、連絡が取りにくくなってしまう可能性があります。

参照:引越し報告を年賀状でしてもいいの?例文は何かある?

参照:引越しの際の転居はがきのマナーとは?いつまでに出すの?

役所の手続きや電気ガス水道も

クリスマス前の引っ越しであればあまり気にする必要はありませんが、年末に引っ越す場合は役所に出す転出転入届など必要な手続きを役所が開いているうちに終わらせる必要があります。
もちろん年明けに行っても問題がない場合もありますが、諸々の役所手続きは引っ越しから14日以内が基本ルール。
それ以降にならないように注意しましょう。

またインフラ関係も注意が必要です。
単純な開通であれば年末でも対応してくれるところは多いかもしれませんが、例えば電気のA(アンペア)数アップや、エアコンの設置など、年末急にお願いしても業者が捕まらないこともあります。
この辺りは事前に十分調べてから引っ越しをするようにしましょう。

エアコンの取り付け・取り外しの工事業者を安く見つけるならこちらが便利です。
無料で数社の工事業者から見積もりを取ってもらえます。
エアコン取り付け・取り外しの工事業者を安く探してみる

クリスマスに引っ越しをするなら相見積もりで安く引っ越ししよう

クリスマスの時期は前後でものすごく引っ越しの費用が変わってきます。
クリスマス前なら安く済みますが、クリスマス後だと年末という事で費用も高くなってしまいます。
それでもクリスマス後に引っ越しをしなければいけない時がありますよね?
そういう場合は安い引っ越し業者を探さなければいけません。
でも引っ越し費用の相場が分からないためにどこが安い業者なのか分かりませんよね。
そういう場合は複数の業者に見積もりを取るといいでしょう。
複数の業者に相見積もりを取ることにより、より料金の相場を知ることが出来ます。
相見積もりのメリットは他にもあります。

相見積もりをすることのメリット

それでは引っ越しをする際に相見積もりを取ることのメリットについてお話します。

相見積もりのメリット

・その時期の引っ越し費用の相場を知ることができる

・引っ越し費用の交渉をする時の交渉材料になる

・費用が安くならなくてもダンボールが無料になるなどのサービスを受ける場合がある

などがメリットになります。
ただ相見積もりを取るといっても一社ずつ交渉していては時間がかかります。
そういう時におすすめなのが「引っ越し一括見積もりサービス」になります。

引っ越し一括見積もりサービスのメリットとしては、

引っ越し一括見積もりサービスのメリット

・1分程度で複数の業者に見積もりを取ることができる

・スマホから一回のデータ入力で見積もりをすることができる

・無料で利用することができる

・業者も相見積もりを取られていると知っているので交渉を前提にしている

・引っ越し一括見積もりの業者を仲介しているので悪徳業者が排除されている可能性が高い

などになります。
引っ越しをするなら一度は利用した方がいいでしょう。
引っ越し一括見積もりならテレビCMでもおなじみのこちらの業者がおすすめです。
1分程度で最大10社の見積もりが可能です。もちろん利用料金は無料になります。
テレビCMでもおなじみの引っ越し一括見積もりサービスを見てみる

クリスマス前後の引っ越しはできれば前に済ませましょう

クリスマス前後に引っ越しを考えているのであれば、圧倒的にクリスマス前、12月中旬がオススメです。
引越し料金も安く抑えられる上に、諸々の手続きも手間はかかりません。
クリスマスを過ぎると引っ越し料金は高くなり、役所など諸般の手続きが面倒になるケースがあります。
どうしても仕事の事情で年末になってしまう場合は、事前に十分下調べを行い、抜け目なく準備をしてから引越し当日を迎えましょう。

関連記事になります。合わせてご覧ください。

12月の引っ越し費用の相場は?この時期の料金は高い?安い?

あなたも引越し料金で損してるかも?

引越しの料金を安くするコツは一括での無料見積もりになります。

1分間程度で30社の中からあなたにあった最安値の業者を調べることが可能です。

実際に調べると95000円の業者と52000円の業者がありました。

実に43000円もお得に引越しができたんです。

一括見積りを試すならリクルートでもおなじみのSUUMOがおすすめです。

SUUMOなら電話登録が任意なので電話がかかってくる心配がないのも便利です。

>>>自分に合った格安の引越し業者をSUUMOで試しに見てみる(無料)<<<




よく読まれている記事一覧

引っ越し 1

忙しい人用にランキングを先に掲載します。 1位 >>>引越し侍<<< 2位 >>>LIFULL 引越し<<< 3位 >>>ズバット引越し比較<<< 4位 >>>引越し価格ガイド<<< 5位 >>>引越 ...

11月の引越し費用の相場は? 料金が安いのはいつくらい? 2

「11月に引越ししようと思うんだけど時期的に費用は高いの?安いの?」 「11月の引越しで費用を安くするコツはある?」 なんてあなたは思っていませんか? 10月は3月ほどではないですが、引っ越しシーズン ...

12月の引っ越し費用の相場は? この時期の料金は高い?安い? 3

「12月に引っ越し予定だけど費用の相場はどうなの?」 「年末だし引っ越しの費用は高いんだよね?安いタイミングはある?」 なんて疑問はありませんか? 年度末、クリスマスやお正月に向けて何かとあわただしい ...

-引越しの費用
-, , ,

Copyright© 引越しの手続きチェックリスト一覧まとめ|引越し手続きナビ , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.