引越しの費用

8月の引っ越し費用の相場は?料金が安いのはいつくらい?

更新日:

8月の引っ越し費用の相場は?料金が安いのはいつくらい?

「8月に引っ越しする予定だけど、費用の相場はどうなの?」

「8月に引っ越しするけど、どの時期が安い?」

そういう疑問はありませんか?

8月は夏休みとお盆がある季節になります。
この時期は引っ越し費用はどうなのでしょうか?
今回は8月に引っ越す場合の費用の相場とどの時期に引っ越しするのが安いのかについて解説します。

あなたも引越し料金で損してるかも?

引越しの料金を安くするコツは一括での無料見積もりになります。

1分間程度で30社の中からあなたにあった最安値の業者を調べることが可能です。

実際に調べると95000円の業者と52000円の業者がありました。

実に43000円もお得に引越しができたんです。

一括見積りを試すならリクルートでもおなじみのSUUMOがおすすめです。

SUUMOなら電話登録が任意なので電話がかかってくる心配がないのも便利です。

>>>自分に合った格安の引越し業者をSUUMOで試しに見てみる(無料)<<<




8月の引っ越しは結局高いのか安いのか?

ネットで引っ越しの情報を集めている人は分かるかもしれませんが、サイトによって「8月は閑散期」、「8月は繁忙期」と正反対のことが書いてあるのをよく見かけます。
実態はどうなのでしょうか?
ここでは8月を「上旬(お盆前)」、「中旬(お盆期間)」、「下旬(お盆明け)」に分け、さらに単身者向け、ファミリー向けでも分けて事情を解説していきたいと思います。

8月上旬は引っ越し業界も超多忙

まずは8月上旬から。
実はこのタイミングはかなり引っ越しが盛んな時期になっています。
夏休みの間に引っ越して2学期から転校をさせたいファミリーの引っ越しが中心となり、引っ越しの予定を組むのが難しい時期となります。
一方、単身者の引っ越しは比較的少なめ。
その辺の事情を解説していきましょう。

8月上旬の物件家賃相場

8月上旬に引っ越しではなく家を探す人はどのくらいいるのでしょうか?
これは意外と少ないのが現状です。
そもそも8月に引っ越しを考えている人は、8月に物件を探しません。
もっと早いタイミングで物件を決めている人がほとんどですので、このタイミングで物件を探しているのは、9月以降に引っ越しを考えている人。
9月に引っ越しをする人の多くは、会社の人事異動絡みですので、そういう方はまだ動き出しません。
多くの会社の人事異動は9月に内定し、10月から異動のケースがほとんど。
つまり8月上旬のタイミングでは、よほど遠方への異動でない限りまだ内定もしていない状態です。
そう考えると、この時期に物件を探す人はあまりいないのが現実。
しかし、この後に秋の引っ越し繁忙期が待っていますので、家賃表示は通常期と変わらないケースが目立ちます。
ただ、この時期は不動産屋も物件オーナーも比較的ヒマなタイミング。
家賃交渉は受けてくれるはずですので、じっくり腰を据えて交渉すれば、表示より1割程度の値引きは望めるはずです。

8月上旬の引っ越し料金相場

8月上旬は引っ越し業界にとって夏場のピークになります。
特に週末は日程を抑えることも難しくなるので、8月上旬に引っ越しを考えている人は、早めに予約をするよう心がけましょう。
引っ越し料金の相場は、通常時を「100」とすると、「120~130」程度。
ちなみに引っ越し料金はファミリータイプの引っ越しでも単身者の引っ越しでも、値上げの率はさほど変わりません。
この時期は引っ越し業界も人員の配置に苦心する時期。
単身者の引っ越し自体は多くなくとも、人員の関係で料金は高くなりますのでご注意ください。

お盆の連休は引っ越しの狙い目

お盆の引っ越しお盆時期は多くの企業が休みとなるため、必然的に連休を取りやすいシーズンとなります。
一般的に長期休暇のシーズンは引っ越しの件数も増え、料金も高くなる傾向がありますが、お盆休みに限って言えば実はあまり高くなりません。
その辺の事情を解説していきましょう。

お盆時期の物件家賃相場

お盆時期の連休を利用して物件探しを考えている方も少なくないかもしれません。
しかしこの時期は物件探しがあまり順調に行かないケースも。
物件のオーナーは、どこかの会社が持っているか、個人が所有しているかの2択になりますが、企業の場合企業自体が休み、個人オーナーの場合も休みを取って出掛けているケースが多く、内見はできても契約や、家賃交渉がしにくいタイミングとなります。
表示されている家賃は通常期とさほど変わりませんが、連絡が取りづらいという問題からすんなり決まるケースは珍しい時期になります。

お盆時期の引っ越し料金相場

お盆時期の引っ越し料金を調べると、意外と安い料金で引っ越しができることが判明しました。
通常期の引っ越し料金を「100」、8月上旬の料金を「120~130」程度とすると、お盆の料金は「110」程度が目立ちます。
場合によっては「100」を切るケースも見受けられますので、引っ越しをするにはいいタイミングといえます。
では、なぜ連休にもかかわらず料金が比較的安く済むのでしょうか?
お盆の連休は、多くの人が予定を入れるタイミングです。
その予定で目立つのが「帰省」です。
お子様のいる家庭にとって、お盆は正月と並んで祖父母に孫を合わせる貴重な機会。
引っ越しよりも帰省を優先する家庭が多いのも納得です。
また、お盆周辺に引っ越しが少ないのには、他の理由もあるようです。

お盆の引越し費用は高い?安い?相場と安くするコツを紹介

8月の引っ越しは縁起が悪い?

引っ越しある言い伝えでは「8月の引っ越しは縁起が悪い」と言われています。
この言い伝えについて色々と調べてみましたが、正確な由来は不明で諸説あるようです。
もっとも多いのは「仏様の行事(お盆)がある月(8月)に祝い事はしないほうがいい」という説です。
その詳細はどこを調べてもハッキリしませんが、高齢の方ほどこの言い伝えを気にしているようです。
ここからは想像になりますが、お盆にご先祖様をお迎えするという儀式は、かつては正月と並ぶ家庭の一大行事だったはず。
その一大行事のある忙しい月に、引っ越しのような人出が必要な作業は、周辺の知人にも迷惑をかけるこあら辞めたほうがいいということでしょう。
また、昔からこの時期は暑かったはずで、この猛暑のさなかに炎天下で力仕事をする引っ越しは控えたほうが良いという、理論的な話もあったかもしれません。
いずれにせよ、そういう言い伝えがあるのは事実。
こういったことが気になる方は、前後の月にズラした方がいいかもしれませんが、さほど気にしていない方は気にせず引っ越ししましょう。

引越しで縁起が良い日はいつ?悪い日だと費用が安くなったりする? 

8月下旬は再び混みあう

お盆を過ぎるともう8月下旬。
この時期になると再び引っ越し業界は活況に見舞われます。
特にお子様の夏休み中に引っ越しを考えているファミリータイプの引っ越しが増えるため、特に週末は一気に予約が取りにくくなります。

8月下旬の物件家賃相場

8月下旬になると、そろそろ秋の人事異動絡みで物件を探す人が増え始めます。
不動産業界もやや忙しくなり、物件の家賃相場も通常よりやや高く表示されるように。
通常時の家賃を「100」とすると「105~110」あたりに設定してくるところが目立ちます。
また、このタイミングは不動産屋も忙しくなるため、家賃交渉なども積極的にはなってくれません。
通常期よりも安く見つけるのは難しく、物件探しにはおすすめしづらい時期となります。

8月下旬の引っ越し料金相場

お盆を挟んで再び忙しくなる引っ越し業界。
料金も「110~120」程度が基準となり、予約を取るのもなかなか難しいタイミングとなります。
ただし、平日の引っ越しであれば、多少希望を通しやすくなるのがこの時期。
お盆休み明けで、有給が取りにくいタイミングになっていますので、平日は通常期並の料金で引っ越しできることも。
特にファミリータイプの引っ越しは混みあいますので、早めの手配を心がけましょう。
単身者の引っ越しは比較的予約を取りやすいタイミングですので、可能であれば平日に休みを取って引っ越しをしてしまいましょう。

8月の引っ越し費用を安くするなら引っ越し費用の相見積もりを取る

お金8月は他の時期と比べると全体的に高い傾向にあります。
そういう時期でも引っ越し費用を安く抑えるなら引っ越し業者の相見積もりを取りましょう。
一社のみからの見積もりではその金額が妥当なものなのか判断が付きません。
複数の業者に見積もりをすることで、費用の相場が分かるようになります。
費用の相場が分かれば交渉をすることも可能になります。

相見積もりをすることのメリット

それでは引っ越しをする際に相見積もりを取ることのメリットについてお話します。

その時期の引っ越し費用の相場を知ることができる

引っ越し費用の交渉をする時の交渉材料になる

費用が安くならなくてもダンボールが無料になるなどのサービスを受ける場合がある

などがメリットになります。
ただ相見積もりを取るといっても一社ずつ交渉していては時間がかかります。
そういう時におすすめなのが「引っ越し一括見積もりサービス」になります。

引っ越し一括見積もりサービスのメリットとしては、

1分程度で複数の業者に見積もりを取ることができる

スマホから一回のデータ入力で見積もりをすることができる

無料で利用することができる

業者も相見積もりを取られていると知っているので交渉を前提にしている

引っ越し一括見積もりの業者を仲介しているので悪徳業者が排除されている可能性が高い

などになります。
引っ越しをするなら一度は利用した方がいいでしょう。
引っ越し一括見積もりならテレビCMでもおなじみのこちらの業者がおすすめです。
1分程度で最大10社の見積もりが可能です。もちろん利用料金は無料になります。
8月に安く引っ越しできる業者を調べてみる(無料)

8月の引っ越しは暑さとの戦い

8月の引っ越し業界は忙しかったりヒマになったり、再び忙しくなったりと、1ヶ月の中でいろいろと状況が変わる月になっています。
そのため注意したいことがいくつか。
まずは値引き交渉です。
値引き交渉で、引っ越し料金をできるだけ安くしたいのは間違いありませんが、この時期の値引き交渉には十分注意が必要です。
引っ越し業者が値引きする場合、一番影響が出るのは「人件費」です。
値引きをすればするほど人件費が安くなると考えてください。
あまり極端に値引きしてしまうと、「人件費を削る=経験の浅い作業員が派遣される」という図式の通り、引っ越しの質落ちてしまいます。
ただでさえ8月は暑い時期ですので、作業員の質が落ちると作業効率はガクっと下がってしまいますので、値引きと同時にどんな作業員が派遣されるのかも確認する必要があります。

実際の引っ越し作業が始まったら、作業員の方への気遣いも大事。
冷たい飲み物を差し入れしたり、荷物の積み込みが終わって、新居への移動の時にはアイスなどを差し入れすると、作業員のモチベーションも上がり、より質の高い引っ越し作業が望めますよ。

あなたも引越し料金で損してるかも?

引越しの料金を安くするコツは一括での無料見積もりになります。

1分間程度で30社の中からあなたにあった最安値の業者を調べることが可能です。

実際に調べると95000円の業者と52000円の業者がありました。

実に43000円もお得に引越しができたんです。

一括見積りを試すならリクルートでもおなじみのSUUMOがおすすめです。

SUUMOなら電話登録が任意なので電話がかかってくる心配がないのも便利です。

>>>自分に合った格安の引越し業者をSUUMOで試しに見てみる(無料)<<<




よく読まれている記事一覧

引っ越し 1

忙しい人用にランキングを先に掲載します。 1位 >>>引越し侍<<< 2位 >>>LIFULL 引越し<<< 3位 >>>ズバット引越し比較<<< 4位 >>>引越し価格ガイド<<< 5位 >>>引越 ...

no image 2

  「11月に引越ししようと思うんだけど時期的に費用は高いの?安いの?」 「11月の引越しで費用を安くするコツはある?」 なんてあなたは思っていませんか? 10月は3月ほどではないですが、引 ...

no image 3

  「12月に引っ越し予定だけど費用の相場はどうなの?」 「年末だし引っ越しの費用は高いんだよね?安いタイミングはある?」 なんて疑問はありませんか? 年度末、クリスマスやお正月に向けて何か ...

-引越しの費用
-, , , ,

Copyright© 引越しの手続きチェックリスト一覧まとめ|引越し手続きナビ , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.