引越しの費用

お盆の引越し費用は高い?安い?相場と安くするコツを紹介

更新日:

 

ほとんどの人が休みになるお盆。
社会人、学生、お子さんに至るまで、様々な立場の人が長期休暇をとりやすいので、「引越しに利用できないかな?」と考える人も多いことでしょう。
特にご家族の場合は、全員の都合を合わせやすいので、大きなチャンスと言えます。

では、お盆の引越し費用は高いのでしょうか、それとも安いのでしょうか?
ホテルや飛行機のように、お盆料金はあるのでしょうか?

結論から言うと、

「お盆料金(割り増し価格)はない」

「夏の間では安い方だけど、全シーズンの中ではやや高い」です。

少し事情が複雑なので、以下で詳しく解説いたします。

あなたも引越し料金で損してるかも?

引越しの料金を安くするコツは一括での無料見積もりになります。

1分間程度で30社の中からあなたにあった最安値の業者を調べることが可能です。

実際に調べると95000円の業者と52000円の業者がありました。

実に43000円もお得に引越しができたんです。

一括見積りを試すならリクルートでもおなじみのSUUMOがおすすめです。

SUUMOなら電話登録が任意なので電話がかかってくる心配がないのも便利です。

>>>自分に合った格安の引越し業者をSUUMOで試しに見てみる(無料)<<<




お盆の期間中でも引越しはできるの?

そもそも、お盆の期間中でも引越しはできるのでしょうか?

「引越し業者もお盆休みなんじゃないの?」

「休む社員が多くて引き受けてくれないんじゃないの?」

そんな疑問を持ってしまいますよね。

ですが、お盆期間中でも、多くの引越し業者は営業しています。引越し業者のホームページや比較サイトで確認してみると分かりますが、大手~中堅業者のほとんどが見積もりしてくれますし、予約を取ることもできます。

ただし、小さな引越し業者はお盆休みをとる場合もあります。頼みたい業者がきちんと営業しているかどうか、先に確認しておくと良いでしょう。

そして、やっぱり気になるのは引越し費用です。
相場はどのくらいなのか、安くする方法はないのか、順番に解説いたします。

お盆の引越し費用の相場は?

夏場の引越し費用は全シーズンの中でも高めです。なぜなら、夏は長期休暇をとる人が多いので、それを利用して引っ越す人が増えるからです。

では、なぜその中でお盆の間だけが安めなのでしょうか? 理由は以下のようなものです。

夏はいつ頃から引越し費用が高くなるの?

7月20日頃です。この日を境に、引越し費用は一気に高くなります。

なぜなら、会社や学校の夏休みが始まる時期だからです。
学生はもちろん、社会人も長期休暇が取れるため、引越しする人がぐんと増えます。
また、9月が年度初めや決算の企業もあるので、就職や転勤のための引越しも増えます。
引越ししたい人が多くなれば相場も高くなるため、夏場の引越し費用は値上がりするのです。

また、週末は特に値上がりします(金・土・日曜日)。これは一年中言えることですが、夏場はさらに費用が上乗せされるので、できれば避けた方が良いでしょう。

夏の間では、なぜお盆の期間中が安めなの?

このように、夏は全体的に引越し価格が高くなりますが、お盆の間だけは少し値下がりします。
帰省やお墓参りなどで家族とゆっくり過ごす人が多いため、引越しの件数が減るからです。

また、地方によっては「お盆に引っ越すのは縁起が悪い」という言い伝えがあります。
これを気にする人は、お盆の時期の引越しを避けたがるようです。その根拠は様々ですが、基本的には由来のはっきりしない言い伝えなので、気にしなくても大丈夫でしょう。
代表的なも言い伝えは、以下のようなものです。

(1)先祖の魂を迎える期間なので、静かに過ごすべき
(2)忌み事の期間なので、引越しや祝い事は避けた方がいい

ですが、「このような言い伝えはまったくない」「聞いたこともない」という地方もあります。
さらに「新居に荷物(特に寝具関係)を運び込んだ日が引越し日」とみなす風習もあるので、どうしても気になったり、まわりの人に言われたりした場合は、お盆の前に一部の荷物を運び込んでおくと良いでしょう。

気にならないのであれば、お盆はお得な引越し期間です。

8月の何日くらいから費用が高くなるの?

だいたい20日頃です。学校の新学期、企業の年度初め、転勤や就職などがある9月の直前なので、急いで引越す人が増えるからです。

引越し費用を安くしたいなら、この時期は避けた方が無難でしょう。また、9月になると本格的な転勤シーズンに入るので、引越し費用はさらに高くなります。

お盆の前と後ではどちらが費用が安いの?

これはお盆前です。お盆の後はお盆休みの終わりと重なるため、人の移動とそれにともなう道路の渋滞が起きたり、荷物を運ぶトラックの需要が高まったりするからです。
また、引越し自体もお盆の後の方が増えます。

なぜなら、引越し前の住居が賃貸の場合は、月の前半に引っ越すと、残りの日数分の家賃が無駄になりがちだからです。
良心的な不動産業者は日割り計算してくれますが、「何日に引越しても一か月分の家賃を支払う」という契約も多いからです。

そのため、家賃を節約したい人は、月の後半に引っ越す傾向があります。
これは普通の月でも8月でも同じなので、お盆の後の方が引越しは増えるのです。

以上のような理由で、お盆の前の方が引越し費用は安くなります。
どうぞ参考にしてみてください。

お盆に引越しする時の注意点とは?

では、お盆に引越しする時は、どんな点に注意すればよいのでしょうか?
以下に気をつけるようにしてください。

暑さに負けないように、体調を十分に整えておく

日本の夏はとにかく暑いので、体力を使う引越しは大変です。これはお盆の間に限った話ではありませんが、体調は十分に整えておきましょう。

さらに、当日はこまめに水を飲んで、疲れたらすぐに休憩をとるようにしましょう。無理をすると熱中症になってしまう危険もあるので、くれぐれも注意してください。

ガスの開栓手続きをしっかり予約しておく

引越し先の物件でガスを使う場合は、引越し当日に確実に開栓してもらえるように、業者に予約しておきましょう。ガスが使えなければお風呂にも入れないし、お湯も沸かせません。
夏場に汗を流せないのはとても不快ですし、お茶を入れたり食事を作るのにも不自由します。
引越し先が近所なら、引越し前に手続きを済ませておくのも良いでしょう。

スケジュールに余裕をもつ

お盆は帰省や旅行などで多くの人達が移動するので、道路が非常に混みます。
引越しのトラックが予定通りに到着しない場合もあるので、スケジュールには余裕をもつようにしましょう。

引越し業者の補償内容をよく確認しておく

お盆は車の交通量が増えるため、交通事故も増えます。引越し荷物を乗せたトラックが万が一事故を起こしたり巻き込まれてしまった場合にそなえて、補償をよく確認しておきましょう。
破損・紛失・焼失などの際にどれだけ補償してくれるのか、覚えておくと安心です。

お盆期間中に引越し費用を安くするコツは?

夏は引越しのハイシーズンなので、引越し費用も高くなります。お盆期間中は少し安くなるとはいえ、「もっと節約したい」「もっと費用をおさえたい」と思う人は多いことでしょう。
以下のようなテクニックを使えば、引越し費用をさらに下げることができます。

損しないためには引っ越しの相見積もりを取ること

引っ越しをする際に多くの人が引っ越し業者一社からしか見積もりを取らないのではないでしょうか?
一社からしか見積もり取らないのはとても損です。
お盆の様な繁忙期の場合には、業者に見積もりを取っても少し割高に提示することがあります。
忙しい時期なので無理に料金を下げる必要が無いんですね。
また一社からの見積もりだと、その時期の費用の相場が分からないという事があります。
なので費用の相場を知るためにも複数の業者に見積もりを取ることが大切になります。

相見積もりをすることのメリット

それでは引っ越しをする際に相見積もりを取ることのメリットについてお話します。

相見積もりのメリット

・その時期の引っ越し費用の相場を知ることができる

・引っ越し費用の交渉をする時の交渉材料になる

・費用が安くならなくてもダンボールが無料になるなどのサービスを受ける場合がある

などがメリットになります。
相見積もりの一番のメリットは、費用の交渉ができるという点です。
見積もりを取ったものを他社に提示するだけで、費用は数千円から数万円安くなることも多いです。
引っ越しの費用の交渉に抵抗がある人もいるかもしれませんが、引っ越し業界では当然のことなので交渉をしないのは損でしょう。
「こちらの引っ越し業者では〇〇円でしたが、もう少し安くなりませんか?」と一言いうだけで費用を下げてくれる可能性があります。
是非利用しましょう。

とはいうものの、相見積もりを取るといっても一社ずつ交渉していては時間がかかります。
そういう時におすすめなのが「引越し一括見積もりサービス(無料)」になります。

引っ越し一括見積もりサービスのメリットとしては、

引っ越し一括見積もりサービスのメリット

・1分程度で複数の業者に見積もりを取ることができる

・スマホやパソコンから一回のデータ入力で見積もりをすることができる

・無料で利用することができる

・業者も相見積もりを取られていると知っているので交渉を前提にしている

・引っ越し一括見積もりの業者を仲介しているので悪徳業者が排除されている可能性が高い

などになります。
引っ越しをするなら一度は利用した方がいいでしょう。
引っ越し一括見積もりなら賃貸物件サイトでも有名なSUUMO引越し見積りがおすすめです。
1分程度で最大30社の見積もりが可能です。もちろん利用料金は無料になります。
電話登録も不要なので電話がかかってくる心配もありません。
詳しくはこちらをどうぞ。

あなたに合った最安値の引越し業者をSUUMO引越し見積もりで調べてみる(無料)

引越しの開始時間を遅くする

引越しは、開始時間を遅くすると見積もりが安くなります。業者が午前中に別の人の引越しを終えてから、余り時間でもう一仕事できるからです。

ただし、そういった「午後便」や「フリー便」は、正確な開始時間がわからないのがネックです。だいたいの時刻は教えてもらえますが、前の引越しの終了時間によって変わってしまうからです。午後便やフリー便は、時間に余裕を持って使うようにしましょう。

引越し費用が格安になるフリー便とは?到着の時間帯は?

さいごに

このように、お盆期間中の引越しには様々なポイントがあります。
引越し業界の事情を理解してうまく交渉すれば、相場が高めの夏でもリーズナブルに引っ越すことができます。

夏の引越しの穴場とも言えるお盆。安く引越したい人にはおすすめです。

関連記事になります。合わせてご覧ください。

8月の引っ越し費用の相場は?料金が安いのはいつくらい?

あなたも引越し料金で損してるかも?

引越しの料金を安くするコツは一括での無料見積もりになります。

1分間程度で30社の中からあなたにあった最安値の業者を調べることが可能です。

実際に調べると95000円の業者と52000円の業者がありました。

実に43000円もお得に引越しができたんです。

一括見積りを試すならリクルートでもおなじみのSUUMOがおすすめです。

SUUMOなら電話登録が任意なので電話がかかってくる心配がないのも便利です。

>>>自分に合った格安の引越し業者をSUUMOで試しに見てみる(無料)<<<




よく読まれている記事一覧

引っ越し 1

忙しい人用にランキングを先に掲載します。 1位 >>>引越し侍<<< 2位 >>>LIFULL 引越し<<< 3位 >>>ズバット引越し比較<<< 4位 >>>引越し価格ガイド<<< 5位 >>>引越 ...

11月の引越し費用の相場は? 料金が安いのはいつくらい? 2

「11月に引越ししようと思うんだけど時期的に費用は高いの?安いの?」 「11月の引越しで費用を安くするコツはある?」 なんてあなたは思っていませんか? 10月は3月ほどではないですが、引っ越しシーズン ...

12月の引っ越し費用の相場は? この時期の料金は高い?安い? 3

「12月に引っ越し予定だけど費用の相場はどうなの?」 「年末だし引っ越しの費用は高いんだよね?安いタイミングはある?」 なんて疑問はありませんか? 年度末、クリスマスやお正月に向けて何かとあわただしい ...

-引越しの費用
-, , ,

Copyright© 引越しの手続きチェックリスト一覧まとめ|引越し手続きナビ , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.