引越しのプラン

引越し費用が格安になるフリー便とは?到着の時間帯は?

更新日:

 

「なるべく引越し代を節約したい!」そう思われる方は多いはずです。
そんな時に選択肢に入れてみたいのが「フリー便」です。
文字通り、引越しの開始時間を業者の都合に合わせることで、引越し代を大幅に割り引いてもらえるサービスです。

ただし、価格が安くなるからにはデメリットもあります。あなたが求める引越しのスタイルに合うかどうか、十分に検討してから使うようにしましょう。

あなたも引越し料金で損してるかも?

引越しの料金を安くするコツは一括での無料見積もりになります。

1分間程度で30社の中からあなたにあった最安値の業者を調べることが可能です。

実際に調べると95000円の業者と52000円の業者がありました。

実に43000円もお得に引越しができたんです。

一括見積りを試すならリクルートでもおなじみのSUUMOがおすすめです。

SUUMOなら電話登録が任意なので電話がかかってくる心配がないのも便利です。

>>>自分に合った格安の引越し業者をSUUMOで試しに見てみる(無料)<<<




引越しのフリー便とは?

引越しの日にちだけを決めて、開始時間は引越し業者におまかせするプランです。
基本的に、引越し業者が別のお客さんの引越し作業を終えてからやって来るため、到着時刻は午後~夕方になります。

一般的に、午前中から始まる正規料金の引越しが終わってから、フリー便のお客さんの番となります。
引越しが集中するシーズンは、午前と午後に2件の引越しを終えてから来ることもあります。
この場合、フリー便の開始時間はさらに遅くなります。

また、日にちまで業者が選ぶ、というオールフリーなプランもあります。
「お客さんが指定した期間(5日間程度)から業者が日時を指定する」といったものです。

こうした不便さの代わりに、引越し代を割り引いてくれるのがフリー便の特徴です。「正規料金のお客さんの余り時間でおこなうサービス」と考えると、その安さにも納得がいくかと思います。

フリー便の到着時間は何時から何時くらい?

早くて13時過ぎ~遅くて18時頃、というパターンが多いようです。ただし、もっと遅くなる場合もあります。
「フリー」の名の通り、時間は業者まかせなので直前まで分かりません。そのため、以下の点に注意が必要です。

事前に到着時間の連絡はあるの?

ほとんどの業者は、前日までにだいたいの到着予定時間を教えてくれます。また、当日もトラックで向かう前に電話で知らせてくれます(※業者によって違うので要確認)

しかし、前のお客さんの引越しがずれこめば、当然あなたの引越しの開始時間も遅れてしまいます。引越し作業はどうしても時間がかかるため、ほとんどの場合で予定よりも遅れる、と考えておいた方が良いでしょう。30分~1時間程度はもちろんのこと、「予定より2、3時間遅れて引越し業者が来た」という経験談も報告されています。

フリー便の開始時間が夜中になることはある?

これもありえる事態です。特に引越しが集中する2~4月頃は、引越し業者のスケジュールも詰まりがちで、開始時間が遅くなる傾向があります。土日も引越しが多いので同様です。引越しの口コミサイトには「20時頃に業者が来た」「22時にやっと来た」などという体験談もあるほどです。

もちろん、引越し業者も最初から無理なスケジュールは組みません。こうした極端な例は、よほどのトラブルが起きた場合でしょう。しかし、土日や引越しシーズンにフリー便を利用する際は、こうした不測の事態も覚悟しておかなければいけません。

逆に「朝8時にやって来た」などという体験談もあります。正規料金のお客さんが午後一の引越しを希望した場合などは、このように早朝の開始となるパターンもあります。いずれにせよ、不便な開始時間になりがちなので、引越し当日は引越し以外の予定は入れないようにしましょう。

フリー便にするとどのくらい安くなるの?

なんと、半額程度になる場合もあります!
開始時間だけでなく日にちもフリーにすれば、もっと安くなることもあります。

クロネコヤマトの“おまかせフリー割サービス”の例

「単身引越サービス」で51,000円、「一般貸切引越」で45,000円の引越し

「フリー便」で2万円台

※依頼者が希望する5日間の中から日にち・時間をクロネコヤマトが選択
※荷物は5立方mメートル以内、輸送距離は10kmまで
※価格は2017年2月19日時点

上記はかなり業者の都合に合わせたプランですが、そうでなくても25%程度は安くなるようです(家族3人での隣の市への引越しが16万円→12万円など)。

実際の料金は、業者のスケジュールや、同じ日に引っ越す他のお客さんの希望開始時間などによって異なるので、見積もりしてもらいましょう。引越し業者の比較見積もりサイトで相場を下調べしておくと、見当をつけやすくなります。

ですが、あなたが希望する日にちに正規プランのお客さんが殺到した場合は、フリー便の利用自体を断られることもあります。また、そのようにお客さんに困っていない日は、正規プランと数千円程度しか変わらないこともあります。

まずはフリー便を利用できるかどうか、お得な価格になるかどうか、確認が必要です。

フリー便のメリットとデメリット

それでは、フリー便のメリットとデメリットは、具体的にどのような点でしょうか? 以下にひとつずつ挙げていきます。

フリー便のメリット

以下が主なものです。一人暮らし、時間の融通がきく、荷物が少ない、などの方におすすめです。

引越し代が安い!

とにかくこれに尽きます! 逆に、安さを求めないのなら、フリー便を選ぶメリットはあまりありません。
また、前述のように、タイミングによってはフリー便でもそれほど安くならない場合があります。他のデメリットと比べて価格の価値があるかどうか、慎重に検討する必要があります。

土日や引越しシーズンでも予約がとりやすく、価格も安くなる

引越しシーズンの2~4月は、引越し代がはね上がります。通常の倍以上になることも珍しくなく、土日もそこまでではありませんが、やはり高くなります。さらに、希望者が殺到するので、すぐに業者のスケジュールが埋まってしまいます。うっかり申し込むのが遅くなると、引越し自体を断られてしまうこともあるのです。

以上の2つの欠点を解消できるのが、業者の都合に合わせるフリー便です。引越し代を安くできますし、繁忙期でも予約が取りやすくなります。
ただし、前述の通り、開始時間は遅くなりがちです。夜中から開始されることもあるので、スケジュールの余裕をしっかり持って、準備を万端にしておきましょう。

朝に弱い人におすすめ

引越しの開始時間で一番人気なのは、朝一番です。8~9時頃の開始ですが、朝が弱い人や、普段の生活が夜型の人には苦痛かもしれません。時間の融通がきく場合はフリー便がおすすめです。

もっとも、朝早くから来るフリー便もまれにあるので、事前に引越し業者によく確認しておきましょう。大半は午後からの開始なので断られる例は少ないでしょうが、朝がNGだと受け付けてくれない場合もあります。

荷造りの時間がとれる

特に社会人は、なかなか休みを取りにくいものです。引越しの準備期間があまりない方は、フリー便を選べば、引越し当日の午前中まで荷造りができます。ただし、こちらも朝の開始がないかどうか、業者によく確認しておきましょう。

フリー便のデメリット

次に、フリー便のデメリットです。実はメリットよりもデメリットの方が多いため、以下のような点を覚悟しておく必要があります。これらのデメリットに対応できない方は、フリー便の利用は控えた方が良いでしょう。

荷物が多い、遠距離の引越し、家族の人数が多い、小さなお子さんがいる、などの方には不向きです。

時間が読めない

フリー便の開始は午後~夕方頃が一般的ですが、夜に始まる場合もあります。また、早朝に業者が来る可能性もあります。

そのため、とにかく当日のスケジュールが読めません。引越し以外のことはほぼできませんし、退去時の不動産業者の立会いや、入居時のガスの開栓なども依頼しづらくなります。これらの不便さをよく考えて選ぶ必要があります。

また、夕食を食べそびれてしまう恐れもあります。引越し先の近所にコンビニや深夜営業の飲食店などがない場合は、お弁当、レトルト食品、カップラーメンなどを用意しておくと良いでしょう。

遠距離の引越しや、荷物が多い人には不向き

開始時間が遅くなりがちなので、遠距離への引越しはおすすめできません。そもそも受け付けてくれない業者もあります。また、荷物の積み込み作業を終えてから深夜に遠方の引越し先に移動するのは、とても大変です。引越し先での荷ほどきも考えると、体力が続かない心配があります。

荷物が多い場合は、さらに大変になります。これらの条件に当てはまる場合は、フリー便はおすすめできません。

お子さんがいる世帯には不向き

フリー便は、料金が格安な代わりに多くの不便があります。単身者や大人だけの世帯ならメリットを活用できますが、小さなお子さんや学校に通われているお子さんがいる場合は、体力や生活リズムなどの面で、かなりの無理をさせることになります。

また、保育園や幼稚園への送り迎えや、通学などにも支障が出やすくなります。転校の必要がある場合はなおさらです。

引越し当日は、引越し先でガスが使えない可能性が高い

これがとても重要です!
物件がオール電化でない限り、ガスの業者に開栓手続きを依頼して、その作業に立ち会わなくてはいけません。

しかし、ガスの業者の作業時間帯は9時~19時が一般的です。時間の予約も必要なので、当日の開栓作業は難しいでしょう。引越し先が近所で事前に手続きできれば問題ありませんが、そうでない場合は、まず翌日以降になります。

そうなると、引越し当日はガスが使えません。給湯設備がガスの場合は、料理や飲み物の準備はもちろん、お風呂にも入れなくなってしまいます。

引越し作業の後に汗や汚れを流せないのはつらいものです。お湯を沸かせないのもとても不便です。引越し先でガスの手続きが必要な場合は、当日の入浴や飲み物について考えておきましょう。

荷物の破損などのトラブルが増える可能性がある

フリー便は、正規料金のお客さんの余り時間で行なうサービスです。そのため、引越し業者もお疲れ気味です。さらに時間が遅くまでずれこむと、普段は起こさないようなミスを起こしてしまう可能性があります。

フリー便を利用した人の口コミによると、「対応が良くなかった(疲れていて気が回らなかった)」「事前にお願いしたことを守ってもらえなかった(うっかり忘れられた)」「家具や荷物を壊された(疲れによる過失)」などというトラブルが散見されます。

トラブルのない確実な引越しを求める方は、フリー便は利用しない方が無難でしょう。

また、日が暮れた暗い中で引越し作業を行なうと、荷物を運ぶ際に手元が見えにくく、荷物や物件を傷つけてられてしまう恐れもあります。「後日に破損に気付いたが、業者との認識に相違があってもめた」という体験談もあります。

さらに、引越し業者の作業員はトラックのドライバーも兼ねているため、繁忙期のフリー便は、交通事故の確率もやや上がります。疲れた体で遅くまで作業してもらうのですから、こうしたリスクも考慮すべきかもしれません。

フリー便を利用する上でのポイント

このように、メリットとデメリットが非常に極端なフリー便ですが、上手く利用すれば格安で引越しすることができます。以下の点に注意して、トラブルを予防することが大事です。

時間と体力に余裕を持つ

スケジュールが読めないぶん、体力的に無理をすることになります。当日は引越し以外の予定は入れず、十分な睡眠をとって挑むようにしたいものです。役所への届けなども、事前にしっかり済ませておくようにしましょう。

荷物はできるだけ減らしておく

荷物が多いと、引越しにかかる時間も長くなります。不要な物は事前に処分して、できるだけ荷物を減らしておきましょう。

引越し以外の予定はなるべく入れない

当日や翌日に絶対にはずせない予定を入れてしまうと、トラブルが起きた際や、体調をくずしてしまった際に困ることになります。大事な用事がある期間は、フリー便の利用は避けた方がよいでしょう。

引越し前にご近所に挨拶しておく

フリー便による引越しは、開始時間も終了時間も遅くなりがちです。
「知らない人がいきなり引っ越してきて、夜遅くまで騒音をたてた!」と思われてしまったら、引越し先でトラブルになりかねません。また、その後の新生活でも肩身が狭くなってしまいます。最悪、大家さんや不動産業者に苦情を言われて、注意を受けてしまうかもしれません。

このような事態を避けるために、引越し先のご近所にはなるべく先に挨拶を済ませておきましょう。「気をつけますが、遅くまでうるさくしてしまったら申し訳ありません」などと断っておけば、何も言わないよりもずっと印象が良くなります。

不動産業者や大家さんにも「引越し当日は到着が遅くなるかもしれません」と一言伝えておくと良いでしょう。

引っ越しの一括見積もりを併用してさらに格安に引越しをする

引っ越しといえば、常識にまでなった「引っ越し一括見積もり」。
複数の業者から見積もりを取ることで多くのメリットがあります。

・引っ越しの費用の相場を調べることができる

・引っ越しの見積もり費用で相見積もりを取ることができる

・業者を探す手間を省ける

・数分で見積もりを取ることができる

などがメリットとして挙げられます。
今ではテレビCMでも放送されている引っ越し見積もりの業者もあるくらいです。
費用をさらに抑えたいという人は是非、チェックしてみてください。
テレビCMでもおなじみの引っ越し一括見積もりの業者はコチラになります。
無料で利用可能!引っ越し一括見積もりで格安引っ越しをしよう

さいごに

以上のように、フリー便を利用する際には様々な注意が必要です。
しかし、上手く利用すれば、引越し代を大幅に節約することができます。
メリットとデメリットをよく押さえて、フリー便を活用してみてください。

あなたも引越し料金で損してるかも?

引越しの料金を安くするコツは一括での無料見積もりになります。

1分間程度で30社の中からあなたにあった最安値の業者を調べることが可能です。

実際に調べると95000円の業者と52000円の業者がありました。

実に43000円もお得に引越しができたんです。

一括見積りを試すならリクルートでもおなじみのSUUMOがおすすめです。

SUUMOなら電話登録が任意なので電話がかかってくる心配がないのも便利です。

>>>自分に合った格安の引越し業者をSUUMOで試しに見てみる(無料)<<<




よく読まれている記事一覧

引っ越し 1

忙しい人用にランキングを先に掲載します。 1位 >>>引越し侍<<< 2位 >>>LIFULL 引越し<<< 3位 >>>ズバット引越し比較<<< 4位 >>>引越し価格ガイド<<< 5位 >>>引越 ...

11月の引越し費用の相場は? 料金が安いのはいつくらい? 2

「11月に引越ししようと思うんだけど時期的に費用は高いの?安いの?」 「11月の引越しで費用を安くするコツはある?」 なんてあなたは思っていませんか? 10月は3月ほどではないですが、引っ越しシーズン ...

12月の引っ越し費用の相場は? この時期の料金は高い?安い? 3

「12月に引っ越し予定だけど費用の相場はどうなの?」 「年末だし引っ越しの費用は高いんだよね?安いタイミングはある?」 なんて疑問はありませんか? 年度末、クリスマスやお正月に向けて何かとあわただしい ...

-引越しのプラン
-, ,

Copyright© 引越しの手続きチェックリスト一覧まとめ|引越し手続きナビ , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.