引越しのプラン

引越しの長距離の混載便とは?デメリットは何がある?

更新日:

 

「引越しの長距離の混載便とはどんなものなの?」

「引越しの混載便にするとどうして安くなるの?」

「長距離の混載便のデメリットとはどんなことがあるの?」

「おすすめの長距離の混載便はどこ?」

引越しが決まったけど、あなたも長距離の荷物の運搬費用の負担が大きくて困っていませんか?

長距離の引越しとなると、荷物の運搬費用も近距離と違い、かなり高額になるので家計の負担も大きくて大変ですよね。
そんな時におすすめしたいのが、引越し荷物を「混載便」を利用して費用を節約するという方法があります。
そこで今回は「引越しの長距離の混載便とは?デメリットは何がある?」についてご紹介します。
長距離の荷物の運搬費用が高くてお悩みのあなた、是非参考にしてみて下さいね。

あなたも引越し料金で損してるかも?

引越しの料金を安くするコツは一括での無料見積もりになります。約1分間であなたにあった最安値の業者を調べることが可能です。

実際に調べると95000円の業者と52000円の業者がありました。

実に43000円もお得に引越しができたんです。

しかも今なら期間限定で最大10万円のキャッシュバックもありお得です。

一括見積りを試すならCMでもおなじみの引っ越し侍がおすすめです。

>>>自分に合った格安の引越し業者を試しに見てみる(無料)<<<




引越しの長距離の混載便とは?

通常の引越しの荷物の運搬の場合には、トラックを貸し切りにして自分が運搬すべき荷物を積み込んで、目的地まで運んでもらいます。
それを同じ地域や同じ方面に引越しする他の人の荷物と一緒に、同じトラックで運搬する方法を混載便と呼んでいて、料金が割り勘になる事から「割り勘便」と呼ばれることもあります。

引越しの混載便にするとどうして安くなるの?

引越しの荷物を遠距離に輸送するための主なコストとしては、「高速料金」「燃料費」「人件費」と言った経費が掛かります。
混載便の場合には1台のトラックにまとめて2世帯分や3世帯分など複数の荷物を載せて、長距離を移動して荷物を運搬します。
そのために経費として掛かる「高速料金」「燃料費」「人件費」などの経費が、2分の1や3分の1といったように割り勘になるために、運搬にかかる費用を安くすることが出来ます。

混載便だといくらくらい安くなるの?

一例を挙げると、東京と大阪の間をトラック1台チャーターした場合には、3~4人世帯の場合の平均的な料金としては、120,000~240,000円ほどの料金となっています。
これを混載便を利用することで40,000~160,000円ほどと、33~50%ほどの割引きとなるので、かなりチャーター便を頼むよりは料金を節約して引っ越しすることが出来ます。
料金にもずいぶんと開きがありますが、これには春先の入進学や転勤などの需要増の繁忙期の玲料金の時には高くなり、閑散期と呼ばれる時期には安くなります。

混載便の料金を安くするコツは?

混載便はチャーター便と比べてもかなり料金は節約できますが、それでも長距離での荷物の運搬となると、それなりに費用が掛かってしまいます。
そんな時に費用を出来るだけ節約できた方が良いわけですが、混載便の料金を安くするコツがいくつかあるので、こちらでご紹介しましょう。

出来るだけ早めに見積もりを依頼する

混載便は同じ方面に引越しする他の人の荷物と一緒に同じトラックで運搬するために、事前に荷物の運搬の予定が分かっているとスケジュールを調整して、同一の地域への荷物の輸送を円滑に行う事が出来ます。
そのために出来るだけ早い段階で荷物の見積もりを取り契約するとこで、引っ越し業者側としても予定が立てやすくなるために、より料金を安く提供してくれます。
また引っ越しは相見積もりを取ることにより安い業者を見つけることができます。
相見積もりを取るには「引っ越しの一括見積もり」がおすすめです。

到着時期はお任せする

混載便は他の人の荷物を一緒に運搬するために、引越し業者としては経費が掛からないように、出来るだけトラックに他の人の荷物も満載にして効率よく運搬できれば、コストも掛からずに運搬できます。
しかしそう言った予定は常にうまく行く訳ではないために、到着時期を指定することで引越し業者は予定に合わせるために、コストが掛かる状態での運搬を行う事もあります。
そのために出来るだけ費用を安く抑えるには、引越業者のトラックの運搬にコストが掛からないようにするために、到着時間は業者にお任せすることで、費用を節約する事が出来ます。

持っていく荷物を出来るだけ減らす

引越しする時には新居まで荷物を運搬するときに、実際には引越してからはほとんど不要となる荷物も、分別されないままに運搬されてしまうことも多くあります。
当然のことですが、混載便においても荷物の量が少ないほど利用金は安くなるので、不要となるような荷物については、早い段階でしっかりと分別しておきましょう。
そうして分別された荷物は早めに処分したり、大物の家電や家具などはリサイクルショップなどで買い取りしてもらうなどで、出来るだけ身軽にして依頼するようにしましょう。

引越しの業者ごとの混載便の違い目やプランは?

各引越業者によって、混載便の呼び名やプランは様々準備されているので、代表的なところをご紹介しましょう。

サカイ引越センター「ご一緒コース」

サカイ引越センターが提供している「ご一緒コース」は、引っ越し先までの到着日をお任せして、同じ方向への他の人の荷物と一緒に輸送することで、値段を安くしてくれるコースです。
荷物がそれほど多くなく、荷物の到着日にも余裕のある人にはとても料金が安くなるのでおすすめしたいコースの1つです。

日本通運「日通単身パックX」

日本通運が提供している「日通単身パックX」は、移動距離が150km以上離れた引越し専用のプランで、トラックではなく鉄道輸送を利用して運搬します。
単身パックではありますが、別途や自転車などの大きな荷物の運搬も可能で、配達時間についても地域によって3つの時間帯と5つの時間帯のどちらかに指定が可能になっています。
わかりやすいパック料金となっていて、東京⇒大阪59,000円、東京⇒札幌74,500円、東京⇒福岡75,000円と料金も割安となっています。

スター引越センター「混載便プラン」

スター引越センターが提供している「混載便プラン」は、中堅引越業者の強みを生かし、大手の引越業者と比べても格安料金で提供しているのが特徴です。
例えば東京⇒大阪37,030円~、東京福岡61,720円~など他社と比べてもかなり安い料金で長距離の荷物の運搬を行う事が出来るのが強みです。
もちろん高速料金や保険料などの料金もすべて含んでいるので安心して利用出来て、追加料金を払うことで時間を指定することも出来るので、急いでいるときなどは相談してみましょう。

長距離の混載便のデメリットとは?

長距離の混載便には料金が安くなるメリットがありますが、反面いくつかのデメリットも存在しています。
そのために依頼する前に、そのいくつかのデメリットを理解した上で依頼しないと公開してしまう場合もあるので、こちらでよく確認しておきましょう。

引越し先への荷物配達の日時指定が出来ない

混載便は比較的主要都市間の異動する人は多いために、自ずと混載便の需要も多いために、荷物の集まるまでの期間も短く、比較的到着日時は計算できます。
しかし需要の少ない地方都市への混載便になると、混載する荷物が集まってからの出発となるために、荷物の配達の日時指定が出来なかったり、指定に別料金が掛かったりといったデメリットがあります。
料金は安くなるとは言っても、日時指定が出来ないと困るという場合には余りおすすめできないので、十分にデメリットを理解した上で利用するようにしましょう。

荷物が集まって出発日が決まるために時間がかかる

チャーター便は運搬する荷物が依頼主の分だけなので、荷物を積めば直ぐに出発できるために、到着日か時間は直ぐに確認する事が出来ます。
しかし混載便の場合には、一度複数の人の荷物をすべてトラックに積んでからの出発となるために、荷物が集まるのに時間がかかってしまうと、その分出発するのが送れてしまいます。
そのために引越荷物の到着予定日が事前に把握しにくいために、引越の予定もどうしても立てにくくなるというデメリットがあります。

荷物の紛失などのリスクがある

混載便はチャーター便でないために、自分の荷物だけでなく他の人の荷物の同じトラックに積み込まれるために、荷物の積み込みや荷下ろしの時に他の人の荷物と混じる危険があります。
そうなると1つ1つの荷物に対して追跡番号などがあるわけではないので、後から紛失していることが分かっても、探す事が困難になります。
このように混載便を利用した時には、少なからずチャーター便などと比べると荷物の紛失するリスクが高くなってしまいます。

混載便利用の注意点は?

混載便を利用するときのリスクは上記でご紹介したように「日時指定が出来ない」「日時指定が出来ても別料金」「配達までに時間がかかる」「荷物の紛失のリスクがある」などがあります。
混載便を利用するに当たっては、まず他の人の荷物と一緒に運搬されるという事を念頭に置いて依頼しなければなりません。
荷物の到着にも時間がかかることから、引越の予定にも余裕を持った予定を組む必要があるので、時間的に余裕が無い場合には、どうしても利用は不向きとなります。
荷物の紛失のリスクもあることから、事前に梱包するときにダンボール箱に使用するガムテープをちょっと違う色で梱包したりすると、他の人の荷物と直ぐに区別が付いて、間違えられる危険性は低くなります。
混載便利用するに当たっては、以上のようにリスクがあることを十分に考慮した上で、依頼するようにしましょう。

混載便のおすすめの3つのポイントはこれ!

混載便は何かと料金は安いためにとデメリットも強調されやすい時もありますが、実は料金が安い以外にもおすすめのポイントがあるのでご紹介します。

しっかりとした補償がついている

引越しの荷物の輸送の多くに利用されているチャーター便に関しては、荷物自体の補償はされていませんが、混載便に関しては荷物の補償を受けることが出来ます。
したがって万が一輸送中に大事な家具などが破損したりするトラブルがあっても、規約に沿って補償されるために安心して荷物を任せることが出来ます。

輸送手段以外は通常サービスと同じ

混載便は依頼した荷物の運搬にはコンテナなどを利用して、他の人の荷物と一緒に輸送しますが、そこまでの荷物の積み込みや積み出しなどの作業については基本的にはチャーター便と何ら違いはありません。
したがって希望すれば荷造りや荷解のサービスを利用して、すべて荷物の輸送をお任せすることも出来るので、他の引越しサービスと同じように利用することが出来ます。

長距離の荷物の輸送手段としては最も安い料金

引越しの場合の長距離の荷物の輸送は、短距離と比べてもどうしてもコストが掛かるためにかなり高い料金になってしまいます。
そんな高い遠距離での引越し荷物の運搬方法の中でも、混載便は他の引越しサービスと比較しても、もつとも安く荷物を輸送できる方法と言えます。

さいごに

引越しの長距離の混載便とは?デメリットは何がある?についてご紹介してきましたが、いかがだったでしょうか?
近距離の引越しとは違い遠距離の引越しともなると、かなり高額の費用が掛かるので、誰でも出来るだけ安く引越したいと考えるのは同じです。
そんな長距離の引越費用を出来るだけ安くするのに効果的なのが、なんと言っても混載便を利用することなので、多少のデメリットはありますが上手に活用して引越し費用を節約してみましょう。

参照:長距離引越しの費用の相場は?日数はどのくらい?

参照:損してる?格安で長距離引越しをするコツとは?

参照:単身パックで長距離の引っ越しならどこがおすすめ?比較してみました

あなたも引越し料金で損してるかも?

引越しの料金を安くするコツは一括での無料見積もりになります。約1分間であなたにあった最安値の業者を調べることが可能です。

実際に調べると95000円の業者と52000円の業者がありました。

実に43000円もお得に引越しができたんです。

しかも今なら期間限定で最大10万円のキャッシュバックもありお得です。

一括見積りを試すならCMでもおなじみの引っ越し侍がおすすめです。

>>>自分に合った格安の引越し業者を試しに見てみる(無料)<<<




よく読まれている記事一覧

引っ越し 1

忙しい人用にランキングを先に掲載します。 1位 >>>引越し侍<<< 2位 >>>LIFULL 引越し<<< 3位 >>>ズバット引越し比較<<< 4位 >>>引越し価格ガイド<<< 5位 >>>引越 ...

引越し 2

  「4月に引っ越し予定だけど引っ越し費用の相場はどのくらいなの?」 「4月の引っ越しならどの時期にしたら安くなるの?」 その様なことを思っていませんか? 毎年春は引っ越しの最繁忙期となりま ...

引越し 3

「ゴールデンウィーク中の費用はどのくらい高くなるの?」 「ゴールデンウィーク前と明けではどちらが費用が安い?」 「ゴールデンウィーク近辺だとどの日が一番引越し費用が安くなる?」 「ゴールデンウィーク近 ...

no image 4

  「5月に引っ越しをするんだけど、この時期の費用の相場ってどのくらいなの?」 「安く引っ越しをしたいけど何かおすすめの方法はある?」 あなたは、その様に思っていませんか? 天候も暖かく、ま ...

-引越しのプラン
-, ,

Copyright© 引越しの手続きチェックリスト一覧まとめ|引越し手続きナビ , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.