引越しのプラン

引っ越しプランの建替引越パックって何?料金の相場はいくらなの?

投稿日:

引っ越し

「引っ越しプランで建替引越パックってあるけどどういうプランなの?」

「引っ越しの建替引越パックって費用はどのくらいかかるの?」

何て疑問はありませんか?

自宅を建て直す、改装する、リフォームする、増築するなど、一時的に自宅に住むことができなくなるケースがあるかと思います。
こういった場合、一時的に仮住まいに住み、工事終了後自宅に戻るという形になります。
そう考えると、自宅から仮住まい、仮住まいから自宅へと短期間に2度の引っ越しが必要となります。
そんなケースに便利に利用できるのが、「建替引越パック」です。
この「建替引越パック」について詳しく解説します。

 
損してる?格安の引越し業者を見つけよう
複数の引越し業者に見積もりを取ることで最大50%も安い業者を見つけることができます

利用料は無料で1分程度で見つけることができます。

今なら期間限定で最大10万円のキャッシュバックもありお得になっています。

詳しくはこちら。
自分に合った格安の引越し業者を見つけるならこちら(無料)


建て替えなどの引っ越しは?

引っ越しまずは、建て替えやリフォームなどの場合の引っ越しについて考えてみましょう。
建て替えなどで一時的に自宅に住めない場合、まずは仮住まいを探す必要があります。
仮住まいですが、一時的に住むわけですから自宅よりも広い家に仮住まいをする人はまずいません。
当然自宅より狭い家に引っ越すとなると、すべての家財道具を運び込むことは難しいでしょう。
そのために、ある程度の家財道具はどこかに預ける形になり、必要な荷物を持っての引っ越しということになります。
仮住まいが家具家電付きのマンスリーマンションなどの場合は、ほとんどの家財道具を預けることになるでしょう。
建て替えやリフォームなどが完了したら、今度は仮住まいから荷物を移し、さらに預けておいた家財道具も運び入れて作業完了ということになります。

建て替えの引っ越しに必要な費用

建て替えに関する引っ越しの費用を考えてみましょう。
まずは仮住まいを契約する費用が必要になります。
続いて仮住まいへ引っ越しをする引っ越し費用が必要になります。
さらに不要な家財道具を預けておくトランクルームやコンテナを借りる費用と、そのトランクルームに荷物を運ぶにも費用が必要になります。
そして新居完成後に再び仮住まいとトランクルームから荷物を新居に運び入れる費用です。
これだけでもかなりの費用が必要となりますが、これを割安で引き受けてくれるのが引っ越し業者の「建替引越パック」です。

家の建て替えで引越しする時の費用はどのくらい?手続きは何が必要?

建替引越パックの基本的なサービスとは?

引っ越し引っ越し業者が提供している建替引越パックの基本的なプラン内容を確認してみましょう。
建替引越パックは、2つの引っ越しと荷物の預かりをまとめて引き受けてくれるプランになります。
2つの引っ越しとは、自宅から仮住まいへと、工事完了後の仮住まいから自宅への2つになります。
もちろん荷物を預かってくれるということは、その預かる荷物の運搬もすべて引っ越し業者が行ってくれるということになります。
つまり、建て替えや増築、リフォームの際に必要となる行程のほとんどを、一度の申し込みで完了できるプランということになります。

建替引越パックの利用方法

建替引越パックを利用する場合、まずはこのプランを行っている引っ越し業者を見つける必要があります。
全国展開をしている大手の業者なら、多くの業者がサービスを展開していますし、地域密着の中小業者でもこのサービスを行っている業者は少なくありません。
希望の業者が見つかったら、問い合わせを行い訪問見積もりを依頼します。
建替引越パックを利用する場合、訪問見積もりは必須項目といえます。
全体の荷物を業者に見せ、その中から仮住まいに持って行くもの、引っ越し業者に預けるもの、そして処分するものを分けて申告します。
こうすることで使用するトラックや人員の数、作業行程(先に仮住まいに運ぶ物を持ち出すか、預けるものを運び出すかなど)などが決まり、正確な費用の見積もりが可能になります。

建替引越パック利用の注意点

引越し非常に便利な建替引越パックですが、利用にあたっては注意点がいくつかあります。
そのポイントをいくつかお伝えしておきましょう。

荷物の預かり期間

引っ越し業者で不要な荷物を預かってくれる場合、預かり期間の上限が決められているケースがほとんどです。
多くの業者は、一般的な建て替えに必要な期間に合わせて期限を設定していますが、もちろんそれ以上預けておく必要があるというケースもあります。
契約する前に荷物を預けておく期間を申告し、上限を超える場合は期間の延長に対応してくれるのか? その場合の費用はどうなるのか? などを確認しておきましょう。

荷物の預かり環境

荷物を預ける場合も、どんな状況で荷物を保管するのかを確認しておきましょう。
業者によっては提携しているトランクルームで預かるケースもあれば、自社が所有する場所に並べたコンテナに詰め込むケースもあります。
トランクルームの場合、湿度や温度を一定にコントロールしてくれるような、空調が利いた空間で保管してくれるでしょう。
一方コンテナでの保管の場合、コンテナに空調システムを搭載している場合もありますが、そうではない場合もあります。
空調設備が整っていないコンテナの場合、夏は内部が高温多湿になりますし、冬はかなり温度の低い環境になります。
温度や湿度の影響を受けて、故障や変形をするようなものは運び込まない方がいいでしょう。

引越しでトランクルームを利用する方法とは?料金の相場はいくらくらいなの?

預ける荷物の選定

建て替えを行う時に気を付けたいのが、仮住まいに持って行く荷物と、預ける荷物、そして処分する荷物の選定です。
多くの引っ越し業者では、一度預けた荷物は預かり期間中に取り出すことができません。
ですから必要になる可能性のあるものは、引っ越し業者に預けずに仮住まいに持って行く必要があります。
もちろん家財道具だけではなく、衣類なども取り出せないケースがほとんどですので、建て替え期間中に絶対に使わない物を預けるようにしましょう。
荷物の選定順序は、まず仮住まいに運び込むものをできるだけ絞り込みます。
そして仮住まいに持って行かない物が決まったら、それを保管しておくものと処分するものに分けましょう。

預けられない荷物を確認する

引っ越し業者に荷物を預けることは可能ですが、なんでも預かってくれるわけではありません。
品物によっては預かり不可となりますのでご注意ください。
一例を挙げるとまずはピアノでしょう。
ピアノは環境の変化や振動などに弱く、すぐに音が変質してしまう可能性が高い楽器になります。
引っ越し業者はこの音の変質を抑えることはできませんし、引っ越し完了後に「音が変わった」とクレームを出されても対応のしようがありません。
こういったデリケートな楽器は、ピアノに限らず預かり不可のケースが多いので注意してください。
続いて美術品や替えが利かない一点物の荷物も預かり不可のケースが目立ちます。
高価な絵画や陶器などは、保管中になんらかの事情(地震などの天災含む)で傷がついたり変形、変色をした場合保証の藩医を超えるケースがあるので預かってもらえません。
また高価ではなくても、替えが利かない一点物の場合も、万が一の時保証ができませんので預かり不可になるケースがあります。
他には引火性、発火の可能性がある荷物や貴重品なども預かり対象外となるケースがあります。
事前に預けられるものと預けられないものを確認しておくといいでしょう。

建替引越パックを提供している業者

引越し建替引越パックのサービスを提供している引っ越し業者は数が多く、すべてを挙げるのは不可能です。
そこで参考までに、全国展開をしている大手業者を中心に、建替引越パックのサービス内容を確認しておきましょう。

業者名プラン名荷物保管保管期間上限保管期間延長保管期間中の荷物の出し入れ不用品の処分家具の配置換え特別割引
クロネコヤマト建替引越パック5ヶ月応相談〇(有料)〇(入居後3か月以内)提携ハウスメーカー割引
サカイ引越センター建て替えコース特になし特になし×有料オプション×特になし
アーク引越センター建て替えプラン明記なし明記なし明記なし有料オプション×特になし
アート引越センター
※専用プランはありませんが、通常プランと荷物預かりサービスを組み合わせて疑似的なプラン作りは可能。
日通
※専用プランはありませんが、通常プランと荷物預かりサービスを組み合わせて疑似的なプラン作りは可能。

クロネコヤマト特記事項

クロネコヤマトの建替引越パックでは、「ハウスメーカー割引」を実施しています。
新居の建て替えやリフォームを、提携しているハウスメーカーを利用して行う場合、一定の割引を受けられるサービスになります。

クロネコヤマトに引っ越しの荷物預かりサービスはある?料金の相場は?

建替引越パックの費用相場

お金一般的に建替引越パックの費用は、自宅と仮住まいの距離、仮住まいに運ぶ荷物の量、預ける荷物の量、預ける期間などで決まります。
通常の引っ越し費用と違い、料金を決める要素が多いため、一概に費用相場が出しにくいものです。
それでもあえて費用相場を出してみましょう。
通常の引っ越し業者をリオ要して、自宅から仮住まい、仮住まいから自宅への2度の引っ越しを行い、さらにレンタルルームを借りてそこへ荷物を運ぶ費用、レンタルルームから自宅へ荷物を戻す費用まで含めて考えると、建替引越パックはその4~5割引きで抑えられると思います。
また、レンタルルームやそこへの運搬などを他で探す手間も省けるので、建て替えを検討中の方には非常にありがたいプランといえるでしょう。

建て替えが決まったら

自宅の建て替えや改装、リフォーム、増築などが決まり、一時的に仮住まいに引っ越すことになった場合は、こういった引っ越し業者の便利なプランを利用しましょう。
しかし、同じ建替引越パックとはいえ業者によってサービスはいろいろ。
また、パックとしては提供していなくても、オプションを組み合わせれば同じようなプランが組める業者もたくさんあります。
そんな業者の中から最善の業者を選ぶのであれば、やはり「引っ越し料金一括見積もり(無料)」を利用するのがオススメです。
1度の条件入力で、複数の業者にまとめて見積もり依頼ができるこのサイト。
その複数の業者の中から、一番サービスが良く、一番費用がかからない業者を見つけましょう。

詳しくはこちらをどうぞ。

あなたに合った最安値の引っ越し業者を調べてみる(無料)

関連記事になります。合わせてご覧ください。

引越しで荷物の一時保管の料金はどのくらい?無料の業者はあるの?

引っ越しの一括見積りでお得に引越しをする

引越しの料金を安くするコツは一括での無料見積もりになります。約1分間であなたにあった最安値の業者を調べることが可能です。

実際に調べると95000円の業者と52000円の業者がありました。

実に43000円もお得に引越しができたんです。

しかも今なら期間限定で最大10万円のキャッシュバックもありお得です。

一括見積りを試すならCMでもおなじみの引っ越し侍がおすすめです。

>>>自分に合った格安の引越し業者を試しに見てみる(無料)<<<




よく読まれている記事一覧

引っ越し 1

忙しい人用にランキングを先に掲載します。 1位 >>>引越し侍<<< 2位 >>>LIFULL 引越し<<< 3位 >>>ズバット引越し比較<<< 4位 >>>引越し価格ガイド<<< 5位 >>>引越 ...

引越し 2

  「4月に引っ越し予定だけど引っ越し費用の相場はどのくらいなの?」 「4月の引っ越しならどの時期にしたら安くなるの?」 その様なことを思っていませんか? 毎年春は引っ越しの最繁忙期となりま ...

引越し 3

「ゴールデンウィーク中の費用はどのくらい高くなるの?」 「ゴールデンウィーク前と明けではどちらが費用が安い?」 「ゴールデンウィーク近辺だとどの日が一番引越し費用が安くなる?」 「ゴールデンウィーク近 ...

no image 4

  「5月に引っ越しをするんだけど、この時期の費用の相場ってどのくらいなの?」 「安く引っ越しをしたいけど何かおすすめの方法はある?」 あなたは、その様に思っていませんか? 天候も暖かく、ま ...

-引越しのプラン
-, , ,

Copyright© 引越しの手続きチェックリスト一覧まとめ|引越し手続きナビ , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.