引越しの費用

家の建て替えで引越しする時の費用はどのくらい?手続きは何が必要?

更新日:

 

「旧居から仮住まいへの引越しの手続きにはどんなことが必要なの?」

「仮住まいの費用はどのくらい掛かる物なの?」

「仮住まいに適したお部屋のメリットとデメリットはどんなことがあるの?」

「仮住まいから新居への引越しに必要な手続きは?」

新しく家を建て替えして引っ越しすることになったあなたも、こんなことでお悩みではないでしょうか?

家の建て替えで引越しするときには、仮住まいへの手続きや新居が完成してからの手続き、仮住まい中の費用など様々な問題があり、考えているよりも大変です。
そんなあなたのために、家の建て替えで引越しするんだけど手続きや費用はどのくらいかかる?についてご紹介します。
ぜひ家の建て替えで引越しする時の参考にしてみて下さい。

あなたも引越し料金で損してるかも?

引越しの料金を安くするコツは一括での無料見積もりになります。約1分間であなたにあった最安値の業者を調べることが可能です。

実際に調べると95000円の業者と52000円の業者がありました。

実に43000円もお得に引越しができたんです。

しかも今なら期間限定で最大10万円のキャッシュバックもありお得です。

一括見積りを試すならCMでもおなじみの引っ越し侍がおすすめです。

>>>自分に合った格安の引越し業者を試しに見てみる(無料)<<<




家の建て替えをするので引越しをする

家を建て替えるには、立て替えの期間中長い場合だと半年ほどの期間、別の所に仮住まいしなければならなくなります。
そうなると今住んでいる家から仮住まいの住宅まで引越しして、新しい住宅が完成したら今度は仮住まいから新しい住宅へと再び引越をしなければならず、短期間に2度も大かがりな引越しをすることになります。
通常の引越作業だけでもかなり大変ですが、短期間に2度も引越しするとなると費用の負担も大きくなり、体力的にもかなりきつくなります。
でも最近はそんな家の建て替えに対応した「建て替えプラン」といったサービスの提供や、関連して仮住まい中の荷物を預かってくれるサービス等も実施しています。
上手に利用することで、費用の負担も少なく快適な建て替えに伴う引越を行うことも出来るようです。

旧居から仮住まいへの引越しの手続き

旧居から仮住まいへの引越しのためには、生活していく上でいくつかの手続きを行わなくてはなりません。
手続きがしっかりと行われていないと、後で困ったことになりかねないので、そうならないようによく必要な手続きについて確認しておきましょう。

電気ガス水道

電気の場合は現在契約している契約会社に、一時的に家を建て直すために引越しすると言う事を伝えて、仮住まいへの送電を依頼します。
ガスについては、仮住まいの住居が元々解約しているガス会社が同じように利用出来る地域であれば、その事情を説明して仮住まいへのガスの供給をお願いします。
しかし賃貸アパートなどの場合には、管理会社が決められたガス会社と契約していることもあるので、その場合には、借りている間だけはそちらを利用しましょう。
水道に関しては各自治体の水道課に連絡して、仮住まいの水道契約を行って水道の供給を行ってもらいます。

電気の引越し手続き。解約や開始の連絡はどうしたらいいの?

ガスの引越し手続き。解約方法と開栓手続き解説。立会いは必要?

水道の引越し手続き。解約や開栓方法は?止めるタイミングは?

住民票

住所変更については本来なら住所変更は必要となりますが、家の建て替えで一定期間別の所に住所を移したとしても、また同じ所に戻って生活をする予定であれば、特に住民票の変更をしなくても大丈夫です。
気になるのであれば役所に出向いて住所変更の手続きを行えばいいですが、特別な理由がなければ多くの人は立て替えの期間内だけであれば変更の手続きはしない人が多いようです。

郵便物の転送手続き

建て替えに伴って住所を仮住まいに移すに当たって、忘れてはいけないことに郵便物の転送手続きがあり、仮住まいに住所変更手続きをすることで、その間配達される郵便物は仮住まいに転送されます。
仮住まい中とは言え大事な郵便物が届かなくなっても困りますから、忘れずに届けを出すようにしましょう。

引越し時の郵便物転送手続きを解説。期間は?住所変更はどうするの?

NHK受信料・新聞配達

NHKやインターネット契約の手続きに関しても、引っ越ししている間は必要としない場合には、一時的に休止の手続きをし、仮住まいでも継続して利用する場合には住所変更の届けをしましょう。
また新聞配達なども、忘れずに休止もしくは住所変更の手続きを追われずに行うように注意しましょう。
インターネット工事などに関しては、時期によって時間がかかることもあるので、早めに手続きをしておきましょう。

仮住まいに適したお部屋のメリットとデメリット

家の建て替えに伴う仮住まいにも、アパートやマンスリーマンション、一戸建てなど様々な方法がありますが、それぞれにメリットやデメリットがあり、借りる前によく理解しておく必要があります。
それらの仮住まいに適したお部屋のメリットとデメリットについてご紹介しましょう。

アパート

賃貸物件の数が多いことから、予算や希望の間取りなども自由に選ぶことが出来て、従来の生活と変わりが無いような生活を過ごすことが出来ます。
一方でアパートなどの場合は、家を建てている間だけの短期契約を受けてくれる所が少なく、物件はあっても契約できないことが多いようです。
また退去時に清掃費用が掛かってまったり、敷金が全額返金されないような契約を要求されることもあり、通常の賃貸契約のようには行かないことが多くあります。

マンスリーマンション

マンスリーマンションを借りた場合のメリットとしては、敷金や礼金が必要ないので気軽に入居できて、光熱費も家賃に含まれることもあります。
デメリットとしては、賃単物件の相場と比べても2倍ほどで高くなり、元々が単身者向けの物件が多いために通常の賃貸物件よりも狭い事が多いです。
部屋に余裕がないことから、どうしても荷物の置き場所がないためトランクルームなどを借り無くてはいけなくなることが多く、費用の負担も増えてしまいます。

一戸建て

一戸建ての賃貸住宅の場合には、敷地も含めて借りることが出来るために、荷物を置くスペースが広く確保できるので、トランクルームを借りる経費を節約する事が出来ます。
また引越の作業を行うときにもアパートなどに比べると、周りに気を遣うことがなくて作業を行う事が出来るので、楽に引越作業が出来ます。
デメリットとしては、アパート同様に立て替えの期間だけの短期契約で借りることが出来る物件は、なかなか数が少なく見つけるのも難しいようです。

ホテル

ホテルの場合にはチェックインの手続きをするだけで、直ぐに普段通りの生活が過ごせて、電気や水道などの光熱費もすべて料金に含まれているので、一切の手続きは不要です。
部屋の間取りや大きさなども好みで自由に選ぶことが出来るので、快適な生活を過ごすことが出来ます。
一方で部屋の中に持ち込める荷物には限りがあるために、大きなトランクルームを借りる必要があり、費用的にも長期間となるとかなり費用が掛かってしまいます。

仮住まいへの引越しの場合には荷物預かりサービスかレンタルサービスなども考えよう

仮住まいに引越しする場合には、引越し業者が斡旋する荷物預かりサービスやレンタルサービスがあるので、仮住まいの期間中に大きな荷物を預けておくことが出来るので便利です。
仮住まい中の住居が一戸立てで敷地も広くて、荷物を置くスペースがあれば良いのですが、現実的にアパートやウィークリーマンションなどでは荷物を置くスペースはほとんどありません。
そんな時には、やはり荷物預かりサービスかレンタルサービスを利用することも考え見るのも良いでしょう。

引っ越しの荷物預かりサービスで安い業者はどこなの?比較しました

不用品はこの時点で処分する

仮住まいへの引越しの場合での荷物預かりサービスやレンタルサービスを利用するのは良いですが、もちろん費用も掛かることになるので、あらかじめ不要な物は出来るだけ処分しましょう。
家を新築するに当たって、家具や家電を買い替える人も多いことから、荷物を分別していくと思ったよりも不用品は出てくる物です。
そんな不用品は荷物預かりサービスやレンタルサービスには預けないで、引越しする前の時点で出来るだけ処分して荷物を減らしておきましょう。

仮住まいから新居への引越しの手続き

立て替えのために工事中だった住宅もようやく完成したら、今度は仮住まいから新居に再び引越しを行わなければなりません。
仮住まいから新居への引越しの手続きとしては、「旧居から仮住まいへの引越しの手続き」でご紹介したときと同じように、電気ガス水道・郵便物の転送手続き・NHKやインターネット契約・新聞配達などの各種住所変更の手続きを忘れずに行いましょう。
また新しく住宅を新築した場合には、1ヶ月以内にどんな建物を建てたのかについて、法務局に対して届け出をしなければらならい事になっています。
権利証を作るために必要となる建物情報の届け出となるので、土地家屋調査士などに依頼して調査測量を行ってもらい、忘れずに法務局へ提出しましょう。

建て替えの引越しなら建て替えプランがおすすめ

建て替えの引越しを行う場合には、通常だと旧居から仮住まいへの引越しと、仮住まいから新居への引越しの2回が必要となります。
費用も2回分必要となり負担も大きくなってしまいますが、引越し業者によってはこういった建て替えに伴った2回の引越しをセットして提供してくれるお得なサービスを行っています。
そんな建て替えプランについてご紹介していきましょう。

建て替えプランって何?

建て替えプランとは、現在生活している住居から建て替えしている間の生活する仮住まいへの引越し、そして新居が完成したら仮住まいから新居への引越しと、2回の引越しが1つのセットになったプランです。
通常の場合にはそれぞれの2回分の引越しが必要となり、費用的にも2回分の引越しの手続きや費用が掛かりますが、このプランを利用することで、2回分の引越費用よりも安く利用することが出来ます。
手続きの面においても1回の手続きで済み、また仮住まいに入りきらない荷物をトランクルームで預かってもらうことも出来るので、荷物を預ける場所の確保も同時に出来てとても便利です。

建て替えプランの費用は?

建て替えプランの費用は家族の人数によっても荷物の量が大きく変わるので、料金もそれに伴いずいぶんと違ってきます。
4人家族でダンボールの量が50~70個ほどあり、それに加えて大型の家具や家電などが一通り揃っているほどの荷物の量として想定します。
移動距離も仮住まいまでの距離は、ほとんどの場合それほど遠い場所に移動することは少ないと思われるので、20km以内での移動距離とします。
これを片道での引っ越しの料金の場合には16~20万円ほどが相場となりますが、建て替えプランを利用すれば往復利用金でもおよそ25万円前後の費用で済むことになります。
やはり通常の引越し作業を2度頼むよりも、建て替えプランを利用した方が確実に安く費用を抑えることが出来るようです。

建て替えプランがある業者はどこ?

それでは建て替えプランがある業者とプランを紹介しましょう。

ヤマトホームコンビニエンス「建替引越しパック」

ヤマトホームコンビニエンスが提供している「建替引越しパック」は、往復引越しと荷物の一時保管を一挙におまかせできる便利なプランです。
建替えの際の、旧居→仮住まい→新居の往復引越しと、使わない家財の一時保管、引き取り処分をセットにしたコースになっているので、建て替えの時の引越に利用するには最適です。
料金についてはも旧居と仮住まいまでの距離と旧居の総家財量で算出して、家財や荷物は好きなだけ保管することができるのでとてもお得です。
さらに新居での家財の配置替え、不要品の引き換えなどの基本サービスは何度利用しても料金が変わらないところがポイントで、とてもおすすめな「建替引越しパック」です。

クロネコヤマトに引っ越しの荷物預かりサービスはある?料金の相場は?

引っ越しプランの建替引越パックって何?料金の相場はいくらなの?

サカイ引越しセンター「建て替えコース」

サカイ引越しセンターが提供している「建て替えコース」は、家を建て替え中で荷物の保管場所に困っている人にはとくにおすすめなのがこの「建て替えコース」です。
置き場のない荷物をサカイ引越しセンターが預かってくれて、長期保管も対応しているので安心して荷物を預けることが出来ます。
家を建て替える場合に一番困るのが膨大な荷物の量だけに、サカイの建て替えコースならそういった荷物も長期に預かってくれ、引越しのノウハウを生かしての運搬で、大切な家具などを傷つけることもありません。

アーク引越しセンター「建て替えパック」

アーク引越しセンターが提供する「建て替えパック」は、現住所→仮住まい、仮住まい→新居の2回がセットになていてお得、2回1セットでバックアップしてくれる心強い「建て替えパック」です。
家の建て替えや買い替えにつきものの煩雑な家族引越し作業や、建て替え中の荷物保管も任せて安心かつ安全です。

建て替えプランを利用するときの注意点は?

通常の引越しの場合には繁忙期があって、3月から4月に掛けての料金は非常に高くなり、また4月下旬から5月上旬のゴールデンウィーク期間なども同様に、引越し業者は忙しいため料金は高くなります。
繁忙期以外でも土日祝日などを含む連休期間や、月末なども引越し業者の料金は高くなるために、出来るだけそう言った時期を外して依頼する事が大事になります。
また通常の引越業者が使用している車両のナンバープレートは、陸運支局から許可を得たナンバーを取り付けていて、普通車の場合には緑色で軽自動車の場合には黒色となっています。
これ以外のナンバーの色を付けている車両を使用している場合には、無許可の車両と言う事になるので注意が必要です。

建て替えプランを安く利用する方法は?

立て替えプランの特徴の1つに、2回の引越しを行う場合に仮住まいに入りきらない荷物を建て替え工事の期間中に、トランクルームで預かってもらえるサービスがあります。
とても便利なサービスではありますが、当然荷物の量が多くなるほど料金も高くなっていくので、出来るだけ預かってもらう荷物の量を減らすことがポイントになります。
出来るだけ引越しで仮住まいに移動する前の段階で、不要となった荷物は処分してしまい、トランクルームに預ける荷物は少なくしておくようにしましょう。

引越しでトランクルームを利用する方法とは?料金の相場はいくらくらいなの?

建て替えプランの費用を安く抑えるなら一括見積もりで相見積もりを取ろう

建て替えプランを提供している引越し業者もいくつかありますが、スマホやパソコンなどを使って引越の予定日や場所や荷物の量を入力するだけで、複数の引越し業者の見積もりを取ることが出来る「一括見積もり」のサービスがあります。
一括見積もりを依頼すると、すぐに各引越業者から電話やメールなどで概算の見積もりの料金が提示されるので、その金額を参考にして相見積もりを取りましょう。
相見積もりを取れば、相場の金額もわかる事から、それぞれの引越業者に他社の金額を引き合いに出して値引き交渉をすれば、見積もりの提示金額よりも安くしてくれる可能性は高いはずです。
そうして一括見積もりを上手に利用して、建て替えプランの費用を安く抑えるようにしてみましょう。

テレビCMでもおなじみの引っ越し一括見積もりがおすすめです。
詳しくはこちらをどうぞ。
引っ越しの一括見積もりを詳しく見てみる

さいごに

家の建て替えで引越しする時の費用はどのくらい?手続きは何が必要?についてご紹介してきましたがいかがだったでしょうか?
家の建て替えに伴う引越しには、様々な手続きがあり、また引越しも仮住まいと新居へと2度も引越しが必要となるので、とても大変です。
皆さんは当サイトの記事を参考に、大変な手続きを無難にこなして、2度の大変な引越しも一括見積もりを上手に活用して、費用を節約してみませんか。

あなたも引越し料金で損してるかも?

引越しの料金を安くするコツは一括での無料見積もりになります。約1分間であなたにあった最安値の業者を調べることが可能です。

実際に調べると95000円の業者と52000円の業者がありました。

実に43000円もお得に引越しができたんです。

しかも今なら期間限定で最大10万円のキャッシュバックもありお得です。

一括見積りを試すならCMでもおなじみの引っ越し侍がおすすめです。

>>>自分に合った格安の引越し業者を試しに見てみる(無料)<<<




よく読まれている記事一覧

引っ越し 1

忙しい人用にランキングを先に掲載します。 1位 >>>引越し侍<<< 2位 >>>LIFULL 引越し<<< 3位 >>>ズバット引越し比較<<< 4位 >>>引越し価格ガイド<<< 5位 >>>引越 ...

7月の引っ越し費用の相場は?料金が安いのはいつくらい? 2

「7月に引っ越す予定だけど、この時期は引っ越し費用は高いの?安いの?」 「7月に引っ越しするけど、どの時期に引っ越すと安いの?」 そういう疑問はありませんか? 7月の引っ越しで影響が出てくるのは梅雨と ...

6月の引越し費用の相場は?料金が安いのはいつくらい? 3

「6月に引越し予定だけど、費用ってどのくらいなの?」 「結婚をしたのでこれから新居に引っ越すんだけど、6月の費用の相場はどうなの?」 あなたはその様なことを思っていませんか? 春の引越し繁忙期も終わり ...

-引越しの費用
-, , ,

Copyright© 引越しの手続きチェックリスト一覧まとめ|引越し手続きナビ , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.