引越しの費用

閑散期に引越しすると費用は安くなる?費用を安く抑える6つの方法も大公開

更新日:

引越し

「閑散期っていつくらいなの?」

「閑散期に引越しをするとどのくらい費用は安くなるの?」

「引っ越しの費用を抑えたいんだけど何か方法はある?」

あなたはそんなことを考えていませんか?
引っ越しって何かとお金がかかるんですよね。
引っ越しの費用もそうですし、引っ越しした後にも色々とお金がかかってしまいます。
なのでできるだけ引越し費用を抑えて引っ越ししたいと考えている人も多いです。
引っ越しの費用を抑えるには閑散期に引越しすることです。
今回はどのくらい費用が違ってくるのか。
また他にも引っ越しの費用を安く抑える6つの方法も公開します。
これらのことを試して是非、安く引越ししてくださいね。

あなたも引越し料金で損してるかも?

引越しの料金を安くするコツは一括での無料見積もりになります。約1分間であなたにあった最安値の業者を調べることが可能です。

実際に調べると95000円の業者と52000円の業者がありました。

実に43000円もお得に引越しができたんです。

しかも今なら期間限定で最大10万円のキャッシュバックもありお得です。

一括見積りを試すならCMでもおなじみの引っ越し侍がおすすめです。

>>>自分に合った格安の引越し業者を試しに見てみる(無料)<<<




引越しの閑散期を知ろう

引越しには「繁忙期」と「閑散期」が存在します。
一番の「繁忙期」は皆さんご存じの通り、2~3月にかけてです。
新入学、就職に加え、4月から人事異動で転勤というケースも重なるため、その前のこの2ヵ月は、他の10ヵ月と比較にならないほど引越し業者は忙しくなります。
続いて忙しいのが8月。
特に8月の後半は引越し業者が込み合います。
9月は4月に続いて人事異動の多い時期であり、お子様いるご家庭は、転校のタイミングに夏休み明けの2学期からというのが区切りがいいため、8月末も引越しが多くなるのです。
続いて忙しいのが4月と9~10月。
これも春秋の人事異動絡みでしょう。
さらにGW、シルバーウィーク、3連休など休みが続くタイミングが繁忙期と言えるでしょう。
つまり「閑散期」はこれ以外の時期。
特に一番の閑散期が1月です。
1月に引っ越そうとすると、12月から準備を始めることになり、年末年始の行事が重なるタイミングで引越しの準備をしたくないという方が多いからでしょう。
さらに正月疲れのタイミングで引越しとなるとそれも大変。
よって1月が一番引越しの少ない月となります。
続いて6月。
多くの会社が6月は決算期となっており、人事異動が少ないタイミングになるため、引っ越す必要がないというのが理由でしょう。
あとは11~12月も比較的少ないと考えていい時期になります。
よって、一般的に引越し業者の「閑散期」と言えば、1月、6月、11~12月を指すことが多いですね。
では「閑散期」と「繁忙期」で引越し費用にどの程度影響が出るのでしょうか?

閑散期に引越しをすると安くなるって本当?

引越し

結論を先に言ってしまえば「本当」です。
理由は簡単で、引越し業者は引越しを依頼されて初めて収益が上がります。
つまり閑散期の引越し業者は、放っておけば儲けがなくなってしまうのです。
仕事の依頼があれば薄利多売でも仕事をするのが通常の考え方。
よって、閑散期ほど値引き交渉は強気でできるということになります。
では、どの程度安くなるのか考えてみましょう。

繁忙期と閑散期で費用の相場はどれくらい違うの?

引越し料金は、荷物の量と移動距離が基本となり決定します。
なので一概に「いくら違う」というのは難しいのですが、あくまでもイメージでというなら以下のようなイメージになります。

単身の場合

「繁忙期」で見積もり5万円の引越しが、「閑散期」で4万円ほどになります。
単身者の引越しの場合、トラックのサイズも人員の数も最小限であるケースが多くなります。
例えば人件費を1人あたり1,000円値引いたとしても、人員が2名なら2,000円の値引きにしかなりません。
つまり値引けるポイントが少ないので、値引き幅も小さくなるということになります。

4人家族の場合

「繁忙期」で見積もり20万円の引越しが「閑散期」で15万円ほどになります。
4人家族の引越しとなると、単身者の引越しと比べると荷物も多く、トラックも大きくなります。
もちろん作業人数も多くなるので、値引きをできるポイントが多くなります。
その分値引き幅は大きくなり、場合によっては繁忙期の半分程度になるケースもあります。

閑散期の引越しはメリットが多数

家族

ここまででも、引越しは閑散期に限るというのは分かっていただけたかと思います。
しかし閑散期の引越しには、さらなるメリットがあるので確認してみましょう。

好きな日時に引越しできる可能性が高い

引越しはやはり土日祝日が人気です。
仕事も学校も休みですから当然でしょう。
しかし繁忙期である2~3月となると、そんな希望が通ることは非常に稀で、最速で予約をしても、日時の希望が叶うとは限りません。
それが閑散期になると、かなりの高確率で希望日時に引越しができます。

閑散期は作業の質が高い

繁忙期になると引越し業者はアルバイトを大勢雇います。
そうしないと仕事が回らないので、経験の浅いアルバイトを雇うのです。
すべてのアルバイトの質が悪いとは言いませんが、やはり専門でやっている社員や契約社員に比べれば経験も少なく、頼りないのは仕方ないところでしょう。
しかし仕事の少ない閑散期に、わざわざアルバイトを雇う業者もいません。
つまり閑散期の引越しは、社員や契約社員といった、引越し作業のプロが作業をしてくれる確率が高く、作業の質はかなり高くなると言っていいでしょう。

閑散期は作業の速度も早い

社員や契約社員が多く来てくれるのは前述の通り。
さらにそういった引越しのプロが、まだ経験の浅い社員や契約社員を連れて、現場作業を教えることも少なくありません。
引越し業者にとって、経験の浅い社員は、繁忙期までに一人前になってもらわないと困る人材ですから、教え方も丁寧になります。
経験が浅いとはいえ作業員の数が多くなると、当然作業のスピードも上がります。
よって、閑散期の引越しは、素早く終了するケースが多くなるのです。

引っ越しの費用を安くするコツ

お金

これで閑散期の引越しが、いかにお得かというのは伝わったと思います。
しかし、どうしても繁忙期に引越さないといけないケースも多々あるでしょう。
むしろそれが多いからこその繁忙期と閑散期なのですが。
では、例え繁忙期の引越しでも、少しでも費用を抑えるコツはあるのでしょうか?
いろいろな側面から考えてみましょう。

引越し業者の早割は?

飛行機のチケットや宿泊施設などでは、「早期予約割引」、つまり「早割」というものが存在するケースがあります。
しかし、こと引越し業者に関しては「早い予約だから割引料金」という考え方はあまりありません。
引越し業者の場合、例えば3ヵ月先のトラックの状況や、人員の状況が読み切れないことが多いので、いくら早めに見積もりを取ろうと思っても、「2ヵ月前」というのが一般的に早期予約の限界となります。

そこで頼りになるのが「一括見積もりサイト」の存在です。
一括見積もりサイトであれば、2ヵ月以上前に、複数の業者から概算の見積もりを取ることができます。
こうして集めた見積もりから、2ヵ月前までに業者を決定すれば、2ヵ月前には価格交渉をスタートと、タイムロスなく引越しの準備を進めることができます。

一括見積もりサイトを使えば早割も?

早割という考え方は、基本的に存在しないと書きましたが、実際には「早割」の文字を見かけるケースがあります。
例えば先の一括見積もりサイトを利用して、2ヵ月前に業者を決めて、本見積もりを取った場合。
本見積もりから値引き交渉をして、価格が下がった時に、見積書に値引き額を「早割」と記すケースがあります。
これも一括見積もりサイトを利用したからこその割引と言えるでしょう。

時間帯を選ばないフリー便を利用する

引越し業者には「フリー便」というものが存在し、このフリー便を使うと、引越し費用が抑えられます。
フリー便とは、時間指定をしない引越しのことを指します。
多くの人は引越し業者を予約する際、「朝一番」を指定します。
「間違いなく時間通りに始まるから」と「少しでも早く引越し作業を終えたいから」の2つが主な理由です。
夕方からの引越しになると、引越し業者は朝イチに一度引越し作業を終わらせて、2軒目に夕方からの引越しを入れることが多く、朝イチの引越しが長引いたりすると、時間通りに引越しが始められないことも。
また、夜引越し作業が終わると、引越し先の片づけが深夜にまで及ぶケースがでてきてしまいます。
フリー便とは朝イチ便ではなく、何時でもいいからその日に引越し作業が終わればいいというもので、その分料金が安くなるというのもです。
フリー便のメリットは費用が安いこと。
ではデメリットはあるのでしょうか?

フリー便にはデメリットも

前述の通り、時間が読めないのがフリー便。なので引越し当日は午前中から家で待機をしている必要があります。
また、始まる時間が遅いと、終了の時間も遅くなり、引越し先の周辺住民の方に騒音などご迷惑をかける可能性もあります。
もっと考えれば、来る作業員はその日2つ目の現場であることが多く、疲れた状況で来ることになります。
その中で、終了があまり遅くならないように作業をしますので、通常より荒い作業になる可能性も否めません。
これらのデメリット、リスクを考えた上で、可能な方はフリー便を使うことを考慮しましょう。

引越し費用が格安になるフリー便とは?到着の時間帯は?

日程に融通が付くなら「帰り便」を利用する

引越し

「帰り便」とは、業者が遠方への引越しをした場合、帰り道トラックを空荷で戻さなければいけなくなりますが、その空荷のトラックを利用して引越しをすることです。
当然引越し業者としても、空荷のはずのトラックで売上が上がるわけですから、通常の引越しよりも割安料金で請け負ってくれるケースが多いです。

帰り便にもデメリットはある

そんな帰り便ですが、当然デメリットもあります。
まず、自身が希望する日程を選べないということがあります。
帰り便があるかどうかは、あくまでも引越し業者の都合になります。
引越し業者の指定した日で問題ないという人しか利用できないサービスと言えます。
また、そもそも都合よく帰り便が存在するか? という問題もあります。
特に大手の業者の場合、全国にトラックの基地を持っているケースが多く、そうなると帰り便自体存在しないことになります。
業者を決めたら一応確認はしてみたいところですが、あればラッキーくらいのサービスだと思った方がいいでしょう。

引越しの帰り便って何?格安に引越しする方法とは?

不用品はリサイクルで

引越しの料金の大部分を占めるのが、人件費とトラックのサイズです。
この2つが何で決まるかと言えば、荷物の量で決まります。
つまり、荷物を減らせば、引越し料金も安くなるということです。
そこで、荷物を減らすにはどうしたらいいか? という話になりますが、そこで利用したいのがリサイクルです。

リサイクルで覚えておきたいこと

不用品を処分するには、お金と手間がかかります。
同じ手間をかけるなら、業者に売った方が金銭的にもプラスになります。
そしてリサイクルにはいくつかの覚えておいた方がお得な情報があります。
まずは、「引き取りをしてくれる業者を選ぶ」ということ。
不用品の中には大きな物もあると思います。
その場合、引き取り業者が必須と言えます。
さらに「専門業者にお願いする」ということも重要です。
パソコンならパソコンの、電化製品なら電化製品の、おもちゃにはおもちゃの専門業者が存在します。
こういった専門業者の方が、より高く引き取ってくれる可能性があります。
また、引越しが決まったら、早めに処分する物を決めて業者の選定をし、処分する日程を決めておきましょう。

ダンボールは自分で調達する

引越し

引越し業者によっては、ダンボールが有料になるケースがあります。
また、一定の量まではサービスでも、それを超えた場合有料になるというケースも。
少しでも安く済ませたいのであれば、近所のスーパーやコンビニでダンボールを分けてもらいましょう。

狙い目は仏滅の平日

多くの人は仕事や学校が休みの土日祝日に引越しを希望します。
そこで、あえて平日引越しにすれば、料金は安く抑えられます。
引越し業者は閑散期が安いのと同じ理屈で、休日よりも平日が安くなるのです。
さらに言えば仏滅もおすすめ。
やはり仏滅を気にする人というのは多く、こういったことを気にしないタイプなら仏滅を狙ってみましょう。

引越しで六曜を気にする?どの日に引っ越すのが縁起がいいの?

平日と土日(休日)で引越しの料金はどのくらい安くなるの?

引越しの平日割引はどのくらい安いの?引っ越しを安くするコツとは?

相見積もりは値引きの材料に

通常のお仕事と一緒で、「相見積もり」は値引きの材料になります。
一括見積もりサイト」を使えば、手間を掛けずに相見積もりを取ることになり、値引き交渉で大いに使えますよ。

引越しはネット見積もりで安くなる?見積もりの流れも大公開

一括見積もりサイトは引越し日程が未定でも見積もりを取れるか?

まったくの未定ではさすがに見積もりは取れません。
さすがに「上旬」「中旬」「下旬」のどれかくらいは決めてから利用しましょう。

引越しの予約をしたらキャンセルや延期はできないんでしょう?

引越しのキャンセル料に関しては、国土交通省が定めた約款が存在しており、2日前まではキャンセル料を請求できないというルールがあります。
このルールを最大限利用し、引越しの予定があるのであれば、積極的に見積もりを取るべきでしょう。

テレビCMでもおなじみの引っ越しの一括見積もりサービスはこちらになります。
相見積もりで安く引越ししちゃいましょう。
引っ越しの一括見積もりを試しに見てみる

引越し費用を抑えるコツのまとめ

ここまでいろいろな費用削減策を考えてみました。
では最後にまとめておきましょう。

① 可能であれば閑散期に引越しをする

② できれば平日に引越しをする

③ 引越しの大まかな日程が決まったら即行動に移す

④ できるだけ荷物を減らす努力をする

⑤ 減らした荷物で売れるものは売る

⑥ 一括見積もりサイトを上手に利用する

以上が費用を抑えるコツと言えます。
引越しを考えている方は、現状できることから少しずつ始めてみてはいかがでしょうか?

あなたも引越し料金で損してるかも?

引越しの料金を安くするコツは一括での無料見積もりになります。約1分間であなたにあった最安値の業者を調べることが可能です。

実際に調べると95000円の業者と52000円の業者がありました。

実に43000円もお得に引越しができたんです。

しかも今なら期間限定で最大10万円のキャッシュバックもありお得です。

一括見積りを試すならCMでもおなじみの引っ越し侍がおすすめです。

>>>自分に合った格安の引越し業者を試しに見てみる(無料)<<<




よく読まれている記事一覧

引っ越し 1

忙しい人用にランキングを先に掲載します。 1位 >>>引越し侍<<< 2位 >>>LIFULL 引越し<<< 3位 >>>ズバット引越し比較<<< 4位 >>>引越し価格ガイド<<< 5位 >>>引越 ...

7月の引っ越し費用の相場は?料金が安いのはいつくらい? 2

「7月に引っ越す予定だけど、この時期は引っ越し費用は高いの?安いの?」 「7月に引っ越しするけど、どの時期に引っ越すと安いの?」 そういう疑問はありませんか? 7月の引っ越しで影響が出てくるのは梅雨と ...

6月の引越し費用の相場は?料金が安いのはいつくらい? 3

「6月に引越し予定だけど、費用ってどのくらいなの?」 「結婚をしたのでこれから新居に引っ越すんだけど、6月の費用の相場はどうなの?」 あなたはその様なことを思っていませんか? 春の引越し繁忙期も終わり ...

-引越しの費用
-, ,

Copyright© 引越しの手続きチェックリスト一覧まとめ|引越し手続きナビ , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.