引越しの費用

平日と土日(休日)で引越しの料金はどのくらい安くなるの?

更新日:

引っ越し

「引越しすることが決まったけど、平日と土日(休日)ってどのくらい料金が違うの?」

「土日(休日)だけでなくて、やっぱり祝日の料金も高くなるの?」

「平日に引越しすると、どんなメリットがあるの?」

「引越しの料金をもっと安くするコツはなにかないの?」

なんてあなたは考えていませんか?

引越しをすると何かと費用がかかりますよね。
また引越し先で色々と物を揃えないといけない人もいるかもしれません。
なのでできるだけ引越しの費用を抑えたいものです。

引越しの費用ですが、ちょっとしたコツで安く抑えることができるのをご存知でしょうか?
平日と土日(休日)では2割から3割ほど費用が違うと言われています。
もしあなたが引越しを安くしようとするなら平日をおすすめします。

今回は、どうして平日の方が費用が安くなるのか。
また引越しの費用を安く抑えるポイントについても解説したいと思います。
引越しを安くしたいと思っている方は是非チェックしてみてくださいね。
それではどうぞ。

あなたも引越し料金で損してるかも?

引越しの料金を安くするコツは一括での無料見積もりになります。約1分間であなたにあった最安値の業者を調べることが可能です。

実際に調べると95000円の業者と52000円の業者がありました。

実に43000円もお得に引越しができたんです。

しかも今なら期間限定で最大10万円のキャッシュバックもありお得です。

一括見積りを試すならCMでもおなじみの引っ越し侍がおすすめです。

>>>自分に合った格安の引越し業者を試しに見てみる(無料)<<<




引越しの料金は平日と土日(休日)でどのくらい安くなるの?

引越し

冒頭でもご説明しましたが、平日と土日(休日)でどのくらい費用が違うのか。
またその理由について解説したいと思います。

どうして土日になると引越し料金は高くなるの?

土日(休日)になれば、一般的な会社に勤めている人や学校に通学している人は、ほとんどが平日に通勤したり通学しているために、引越しのような大がかりの作業は休みの日に行う事が多くなります。
当然、世の中にはたくさん同じような人がたくさんいるので、土日(休日)に引越ししようと考える人は増えるので、引越業者も土日(休日)の依頼が増えて多忙になります。
引越業者も土日(休日)になると休日出勤手当を出さなければならなかったり、多少料金が高くても土日(休日)なら仕事が取れるために、平日比べて2~3割ほどの料金が高くなります。

土曜日と日曜日ならどちらが高くなる?

引越しの需要が一番多い曜日は、実は日曜日ではなくて土曜日で、翌日も休みという理由もあって、多くの人が希望する引越しの曜日は土曜日となります。
当然需要が多い曜日の場合は料金が高くなるのは当然のことで、日曜日と比べても一番需要のある土曜日の料金を高く設定している引越業者はたくさんあります。
中には土日(休日)の料金は同じに設定しているところもあるようですが、多くの業者では土曜日と日曜日を比べると、土曜日の方が高い料金に設定しているところが多いようです。
平日の一番安い水曜日前後の料金の指数を100とした場合、日曜日は135ほどになり、一番高い土曜日の場合は150とはね上がります。

平日で一番安い曜日は?

電話

平日に引っ越しした場合、引越し料金が一番安いのは「火曜日・水曜日・木曜日」で、料金の指数は100となります。
次に平日で安い料金が「月曜日」で、料金の指数は110となっていて、次が「金曜日」で料金指数が120となつています。
平日料金については、引越し業者によってどの曜日も同じにしているところもあれば、曜日によって違う設定にしているところもあります。
しかしやはり曜日で料金が違う場合には、「火曜日・水曜日・木曜日」の料金が安く、「月曜と金曜」がやや割高となっています。

祝日もやっぱり高くなる?

祝日も当然休日になるので、平日と比べると引越しの需要は増えるために料金は高くなりますが、業者によっては祝日でも、曜日によって需要が多くなる曜日やそうでない曜日があるので、その当たりも影響します。
どうしても祝日の曜日が土日と重なっている場合などには料金は高くなる傾向があり、まして3連休以上の連休などになると、さらに料金は高くなることもあります。

時期や時間帯も関係してくる?

曜日によってもずいぶんと料金が違うことが分かりましたが、当然2~4月の就職・転勤・進学などでの需要増で、その時期は繁忙期になり料金は一番高い時期となります。
この繁忙期の時期の場合は、曜日が平日でも料金が割高になる事も多いために、十分注意が必要となります。
時間帯においても、午前中と午後を比較してみると、当然午前中に引越しをする人は多いために料金は高くなり、午後の時間帯の方が料金は安くなります。
そういったことを考えると、繁忙期を避けた時期の、「火曜日・水曜日・木曜日の午後の時間帯」が、もっとも安い料金で引越しが出来ると言う事になりますね。

引越しを平日にするメリットは?

引っ越し

「火曜日・水曜日・木曜日の午後の時間帯」が引越しの料金が安く済むことはわかりましたが、実はそれだけでは無く引越しを平日にするには、多くのメリットがあります。
その平日に引越しをするメリットについてご紹介しましょう。

引越しの料金の交渉ができる

引っ越し業者は、土日(休日)の場合には引越しの需要が多いために、無理な値引きをしなくても仕事の依頼があるために、見積もりで提出した料金を安くしてくれることは余りありません。
でも平日の需要が少ないときになると状況は一変して、仕事が無くて人が余っているような状況を避けるために、多少料金を安くしてでも仕事を取りたいという本音があります。
そんな理由から、平日の引越しの場合には多くの業者が、見積もりを提出してくれた金額から、値引き交渉をすると、料金を値引きしてくれる可能性が高くなります。

丁寧でスムーズな作業をしてもらえる

土日(休日)の需要の多いときや、春の季節の繁忙期になると、引越し業者の多くは人不足を補うために、多くの業者で作業員のアルバイトを増員します。
しかしそのアルバイトの作業員の場合には、引越し作業の経験が浅く作業効率も良くないといったこともあります。
しかし平日の場合になると、ほとんどの引越し会社の場合には、正規雇用のベテランの作業員が作業をしてくれる可能性が高くなるので、自ずと丁寧でスムーズな作業をしてもらえる可能性が高くなります。

周りへの迷惑も最小限ですむ

引越し

土日(休日)に引越し作業を行うと、どうしても近隣の人たちの在宅率は高くなり、引越し作業のために荷物で通路を塞いでしまったり、トラックで道を塞いでしまったりといった周りへの迷惑も気になってしまいます。
その点においても平日に引越し作業を行えば、近隣の人たちの在宅率は低くなるので、周りに対しての気遣いも最低限で済むというメリットがあります。

各種手続きも引越し当日で完了する

引越し作業を土日(休日)に実施してしまうと、引越しした日は当然のことですが、各種手続きが必要な市区町村の役所の窓口は休みで手続きが行えません。
またゴミの出し方やその他の手続きの仕方を問い合わせするにも、土日(休日)だとすべて窓口が休みのために連絡が取れず、手続きを進めるために改めて時間を取らなくてはならなくなります。
その点においても平日に引越し作業を行えば、各市区町村の窓口は対応してくれるので、連絡も取れるし手続きも行えるので手間が省けてとても便利です。

引越しの料金を安くするコツとは?

お金

引越し料金を安くするには、平日を選ぶのが良いと言う事は分かりましたが、実はその他にも料金をもっと安くする方法がいくつかあるのでこちらでご紹介しましょう。

作業の時間帯を選ばないフリー便にする

通常の引越し作業の時間帯は、午前中に作業を行う「午前便」、午後から作業を行う「午後便」があり、料金としては午前中に作業を開始することが多いので、午前便の料金が午後便よりも高くなります。
そしてもう一つ実は「フリー便」という引越のプランがあって、時間帯は引越し業者に合わせるというプランで、時間指定しない分空いた時間に仕事が出来るので料金は一番安くなります。
どうしても時期だけは変更できないけど、出来るだけ料金を安くしたくて時間については特に指定が無いようなときには、このフリー便を利用することで料金を節約できます。
ただ本当に忙しいシーズンでこのフリー便を利用すると、作業開始が夜から始まるなんて事になる事もあるので、その辺も考慮した上で利用しましょう。

引越し費用が格安になるフリー便とは?到着の時間帯は?

帰り便を利用する

引越しをするときに、引越し先が長距離になる場合にお得になる方法に、「帰り便」を利用するという方法があります。
元々長距離の引越の料金は、往復の高速料金やトラックの燃料代などが高くなってしまうことや、引越しの移動にかかる時間が長くなり、1日でできる件数が少なくなるため、高く設定してあります。
そのため他の人が引越しで利用したトラックの作業が終わり、空になったトラックに引越しの荷物を積んで、また帰るときに利用出来れば、作業員の手間も高速道路の料金や燃料代も浮かせることが出来ます。
こうして利用出来るのが「帰り便」というプランで、どうしても長距離の引越し料金が高額になるのを抑えたいときに、おすすめなお得な方法です。

引越しの帰り便って何?格安に引越しする方法とは?

閑散期に引越しをする

現実的に一番安く出来る方法としては、曜日も大事にはなりますが、引越し料金を節約したいのであれば、なんと言っても閑散期を狙って引越しするのが1番おすすめです。
引越しの閑散期と呼ばれる時期としては、1月・6月・11月・12月などがその時期に当たり、そういった閑散期の場合には、土日(休日)に引越ししても繁忙期の平日料金よりも安くなる事も珍しくありません。
閑散期であれば、曜日や時間を希望通りに指定してても、それほど高くなることも無く利用出来て、それでいて値引き交渉にも対応してくれる可能性も高くなります。
それだけに出来る事であれば繁忙期の時期は出来るだけ避けて、閑散期での引越しをすることで何より料金を安くすることが出来ます。

繁忙期と閑散期で引越し費用の相場はどのくらい違うの?

仏滅に引越しをする

引越し

昔から縁起の悪い日とされる「仏滅」ですが、引越しをしようと考えている人も縁起が悪いという理由から、引越し作業には仏滅の日を避ける傾向があります。
それだけに仏滅での引越しの需要は少なくなるために、料金としても安くある傾向があるので、料金を安く抑えるには、仏滅の日をあえて選ぶという方法があります。
しかしそんな縁起が悪い日に引越しして何か事故でも起こったらイヤだと、仏滅を避けようとする人は少なくないでしょう。
しかし実は仏滅も含めた六曜は中国で生まれた暦で、鎌倉から室町時代に伝わったとされていて、仏滅とは明治時代に入ってから呼ばれるようになった当て字です。
日本に伝わった当時は「物滅」とよばれていて、物が一旦滅びて新しい物事がはじまる、また物を失わないように気をつけるといった意味があり、こうしたことから物事をはじめるには大安よりも縁起が良いとされています。
ですので仏滅は決して引越しなどをするときに、決して縁起が悪い日ではなく、それどころか本当の理由を知らずに仏滅を避けて料金が安いとてもありがたい日なのです。
是非皆さんも、仏滅を選んでお得な料金で引越ししてみましょう。

出来るだけ荷物を少なくする

引越し料金は、荷物の量や大きさなどによって、トラックの大きさも変わるし作業員の人数も変わってくるために、当然荷物が多くなれば料金は高くなっていきます。
料金を抑えたいのであれば、出来るだけもう必要としない荷物であれば、思い切って処分してしまえば荷物の量も減るので、それだけ料金を安く抑えることが出来ます。
荷物の量が減れば料金が安くなるだけで無く、ダンボールを梱包したりする手間も掛からなくなるので、引越までに出来るだけ不要な荷物は処分して、荷物を少なくしておきましょう。

不用品はリサイクルに出して荷物を少なくする

引越し作業するときに、大型の家具やソファー、家電製品など古くなって引越しに伴って買い替えようと考える人も少なくないですよね。
そんな時には、ただ粗大ゴミとして処分するのでは無く、リサイクルショップを利用して出張買い取りを行ってもらいましょう。
出張買い取りを利用すれば不要な物をすべて引き取ってくれる上に、処分費用が掛からないどころか少しでもお金にすることができるので、大変ありがたいサービスです。
またリサイクルショップに出す際にはネットで依頼することもポイントになります。
店舗を持っていないために店舗持ちの業者よりも割高に買い取ってもらえる可能性もあります。
また引越し専門のリサイクル業者もあります。
荷物をリサイクルショップに買い取ってもらえれば、それだけ荷物も少なくなるので引越しにかかる費用も安く抑えることが出来るので、是非皆さんも利用して見ましょう。
引越し専門のリサイクル業者はこちらになります。
お引越しで整理したいモノを売るなら買取プレミアム

引越しの一括見積もりをする

引越し料金を少しでも安くするには、1社だけでなく複数の業者から見積もりを取ることで、より安い料金で引越しが行えます。
しかし現実的に自分で何社も引越し業者を探して連絡を取って、料金の交渉をするのも大変な作業になります。
そんな時に便利なのが引越しの一括見積もりサービスで、引越しの希望日や時間帯、荷物の量や目的地などのデータを入力するだけで、一度に5~10社程度の引越し業者の見積料金を提示してくれます。
自分で何社も引越し業者を探す手見積もりを出してもらうよりも圧倒的に楽に、より安い業者を探すことが出来る、大変に便利なサービスです。
是非皆さんもこの引越しの一括見積もりを利用して、より安い料金で引越しできるようにしてみませんか。
テレビのCMでもお馴染みの引っ越し一括見積もりはこちらになります。
引っ越しの一括見積もりについて試しに見てみる

さいごに

平日と土日(休日)で引越しの料金はどのくらい安くなるの?についてご紹介してきましたがいかがだったでしょうか?
引越料金は平日と土日(休日)では料金に大きく違いがあり、曜日だけで無く引越しシーズンなどの季節や、引越しをする時間帯によっても料金は違ってきます。
そういった時期や曜日、そして時間帯を工夫して、さらにはお得なる方法を使うと、かなり料金を抑えて安い料金で引越しが出来る事になります。
みなさんもそういった工夫によって、出来るだけ引越し料金を安くしてみましょう。

関連記事になります。合わせてご覧ください。

引越しの平日割引はどのくらい安いの?引っ越しを安くするコツとは?

あなたも引越し料金で損してるかも?

引越しの料金を安くするコツは一括での無料見積もりになります。約1分間であなたにあった最安値の業者を調べることが可能です。

実際に調べると95000円の業者と52000円の業者がありました。

実に43000円もお得に引越しができたんです。

しかも今なら期間限定で最大10万円のキャッシュバックもありお得です。

一括見積りを試すならCMでもおなじみの引っ越し侍がおすすめです。

>>>自分に合った格安の引越し業者を試しに見てみる(無料)<<<




よく読まれている記事一覧

引っ越し 1

忙しい人用にランキングを先に掲載します。 1位 >>>引越し侍<<< 2位 >>>LIFULL 引越し<<< 3位 >>>ズバット引越し比較<<< 4位 >>>引越し価格ガイド<<< 5位 >>>引越 ...

7月の引っ越し費用の相場は?料金が安いのはいつくらい? 2

「7月に引っ越す予定だけど、この時期は引っ越し費用は高いの?安いの?」 「7月に引っ越しするけど、どの時期に引っ越すと安いの?」 そういう疑問はありませんか? 7月の引っ越しで影響が出てくるのは梅雨と ...

6月の引越し費用の相場は?料金が安いのはいつくらい? 3

「6月に引越し予定だけど、費用ってどのくらいなの?」 「結婚をしたのでこれから新居に引っ越すんだけど、6月の費用の相場はどうなの?」 あなたはその様なことを思っていませんか? 春の引越し繁忙期も終わり ...

-引越しの費用
-, , , ,

Copyright© 引越しの手続きチェックリスト一覧まとめ|引越し手続きナビ , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.