引越しの費用

引越しの見積もり料金が高い!?費用が妥当か調べる方法とは?

更新日:

 

「引越し費用の相場ってどれくらいなの?」

「引越しの見積もり料金が高いが高い時、どうしたらいいの?」

「引越しの見積もりが高いと思ったら確認することってどんなこと?」

「引越しの費用が妥当か調べるコツは?」

引越しをひかえたあなたも、見積もりを取ってみたら料金が高くて、こんなことで困っていませんか?

引越し費用は元々定価のような料金がなく、時期や曜日や荷物の量、そして移動距離などから計算されて提示されています。
その金額も値引き交渉をされることを考慮して高めに設定されていることも多く、交渉無しで契約してしまうとかなり高い料金で引越しすることになってしまいます。
あらかじめ相場引越し料金を把握した上で、見積料金として提示してくれた金額が妥当な額か見極められれば、無駄に高い料金で引越しすることを防ぐことが出来ます。
そこで今回は、引越しの見積もり料金が高い!?費用が妥当か調べる方法とは?についてご紹介します。
皆さんもぜひ引越し費用の相場を知りたいときの参考にしてみて下さい。

あなたも引越し料金で損してるかも?

引越しの料金を安くするコツは一括での無料見積もりになります。

1分間程度で30社の中からあなたにあった最安値の業者を調べることが可能です。

実際に調べると95000円の業者と52000円の業者がありました。

実に43000円もお得に引越しができたんです。

一括見積りを試すならリクルートでもおなじみのSUUMOがおすすめです。

SUUMOなら電話登録が任意なので電話がかかってくる心配がないのも便利です。

>>>自分に合った格安の引越し業者をSUUMOで試しに見てみる(無料)<<<




引越し費用の相場

 一人暮らし2人暮らし4人暮らし
同じ市区町村内(~20㎞)15,000~30,000円55,000~85,000円80,000~100,000円
市区町村外(20~50㎞)20,000~40,000円64,000~90,000円90,000~110,000円
同じ都道府県内(50~200km)30,000~50,000円70,000~95,000円100,000~120,000円
同じ地方内、近隣県(200~500km)40,000~60,000円80,000~145,000円130,000~180,000円
それ以外の遠距離(500km~)50,000~100,000円110,000~165,000円150,000~270,000円

一人暮らしの費用の相場

一人暮らしの引越の需要は引越しの中でも非常に多く、大学へ進学での学生さんや就職が決まった新社会人、また単身赴任での転勤など多くの人が一人暮らしの引越しを行います。
一人暮らしでの引越しには、引越し業者によっては規定の大きさのコンテナに入るだけの荷物を運搬することで、料金を安く抑える単身パックなどがあります。
こちらでは単身パックではなく、通常の単身でトラックをチャーターしての引越しした場合の費用を、ご紹介します。

閑散期での費用の相場はいくら?

一人暮らしでの引越しの閑散期においての費用の相場は、荷物の量や移動距離によっても大きく違ってきます。
一人暮らしの引越しの場合の閑散期での、遠距離を除く平均的な費用は、20,000~50,000円ほどとなります。

繁忙期での費用の相場はいくら?

一人暮らしでの引越しの繁忙期においての費用の相場は、荷物の量や移動距離によっても大きく違いますが、繁忙期の中でも本当に忙しい時期となるとさらに料金が高くなります。
一人暮らしの引越しの場合の繁忙期での、遠距離を除く平均的な費用は、40,000~80,000円ほどとなります。

2人暮らしの費用の相場

2人暮らしの引越しの場合に良くあるパターンとしては、新婚さん・同棲カップル・兄弟・親子などの需要があり、それぞれ引っ越し業者も2人暮らしに対応したプランを提供しています。
一人暮らしに比べると、2人暮らしとなれば大型の荷物も増えてくることもあって、料金はやきりそれなりに高くなってきてしまいます。
忙しい繁忙期と、忙しくない閑散期に分けた2人暮らしの費用の相場について、ご紹介していきましょう。

閑散期での費用の相場はいくらなの?

2人暮らしの引越しの場合の費用は、やはり引っ越しする予定の新居までの移動距離が遠くなると、それなりに料金も高くなってしまいます。
また業者によっても料金が高めの業者もいれば安めの業者もいて、荷物の輸送に使用するトラックの大きさによっても料金は変動してきます。
そんな2人暮らしの引越しの場合の費用の閑散期においての、遠方ほの引っ越しを除いた一般的な料金は60,000~100,000円程度になります。

繁忙期での費用の相場はいくら?

2人暮らしの引越しの場合の費用は、やはり繁忙期になると閑散期に比べても2~3割程度高くなることがあり、出来るだけ安くなるプランなどを活用する必要があります。
そんな2人暮らしの引越しの場合の費用の繁忙期においての、遠方への引っ越しを除いた一般的な料金は80,000~120,000円程度になります。

4人暮らしの費用の相場

4人暮らしの引っ越しとなると、ご夫婦に加えて子供が2人という家族構成が多くなり、家族が増えるために家具や家電などもすべて大型化してしまうために料金も高くなってきてしまいます。
家具や家電の大型化だけでなく、荷物の量も当然増えることから、上手に引っ越し費用を節約していく必要が出てきます。
是非参考のために4人暮らしの費用の相場について、料金の高い繁忙期と安い閑散期に分けて、ご紹介しましょう

閑散期での費用の相場はいくら?

4人暮らしの引越しの場合の費用は、引っ越しする予定の新居までの移動距離が遠くなればなるほど比例して料金も高くなっていきます。
料金の安い業者もいれば高い業者もいて、荷物の量や使用するトラックの大きさ、また作業員の人数などによっても、料金は大きく変動して行くので注意が必要です。
4人暮らしの引越しの場合の閑散期での、遠方への引っ越しを除いた一般的な料金は80,000~120,000円程度になります。

繁忙期での費用の相場はいくら?

4人暮らしの引越しとなると、どうしても荷物も増え、大型の家具や家電もある事から、繁忙期の料金は閑散期に比べても2~3割程度高くなってしまいます。
4人暮らしの引越しの場合の繁忙期での、遠方への引っ越しを除いた一般的な料金は120,000~150,000円程度になります。

引越しの見積もりが高いと思ったら確認すること

引越し業者に見積もりを依頼して、その引越し業者から提示された見積もりの金額が高いと感じたときに、いくつか確認しなければならない事があります。
正しい判断で見積金額を見ていくためにも、確認すべき事を覚えておいてそれぞれチェックしてみましょう。

繁忙期ではありませんか?

3月から4月に掛けての期間は、多くの人が進学・就職・転勤などのために引越しをするために、引越し業者は1年の中でも一番忙しい時期を迎えることになります。
そう言った時期を繁忙期と呼んでいて、作業員も増員して時間的にもハードな作業になる事もあり、また年間の収益のバランスを取るためもあり、料金一番高くなる時期です。
また3月や4月だけでなく4月下旬から5月上旬にかけてのゴールデンウィーク期間や、祝日など重なる連休期間なども一時的に忙しくなり、料金が高くなる場合があります。
こう言った繁忙期に引越しをする予定として見積もり依頼すると、通常の期間の2倍以上の料金になる事もあるので、注意が必要となります。

繁忙期と閑散期で引越し費用の相場はどのくらい違うの?

土日祝日ではありませんか?

引越しを使用と予定を立てるときに、多くの人は土日や祝日などの会社などが休みの時を利用して、引越ししようと考える人は多くなります。
当然その期間中は、引越し業者も忙しくなる期間となるために、通常の期間の料金よりも高くなります。
曜日別で比較すると、仕事が休みの日曜日に荷物の片付けが出来るために、前日の土曜日の料金が一番高くなり、次に土曜日や祝日料金が高くなります。
また平日の中でも月曜日や金曜日の料金は高めになりやすく、逆に曜日別では火曜日・水曜日・木曜日の料金が一番安くなります。
曜日だけでなく会社や学校などの区切りがよく、賃貸住宅の契約の関係もある為に月末に引っ越しする人が多くなるので、この期間の料金も高くなることも覚えておきましょう。

平日と土日(休日)で引越しの料金はどのくらい安くなるの?

午前中に時間を指定していませんか?

引越し作業を行うときに、作業開始時間を指定することが出来る業者もいますが、その作業開始時間によっても料金が違ってきてしまいます。
多くの人は午前中から作業を開始して、早い段階で荷物の運び入れを完了して、後は荷解きをしてその日のうちに新居での生活の準備を完了したいと考えます。
そのために自ずと午前中からの作業開始に仕事の依頼が集中してしまい料金も高くなりますが、作業開始には午後からの時間指定もあるので、こちらを利用すると午前中からの作業開始よりも料金は安くなります。
またフリー便と呼ばれる作業開始時間を引越業者にお任せするプランも合って、このプランだと開始時間は分からないですが、料金は一番安く抑えることが出来ます。

引越し費用が格安になるフリー便とは?到着の時間帯は?

不要なものを運んでもらってはいませんか?

引越しにともなって、不要となった家具やソファーなどはどこの家庭でも案外多い物で、引越し先では使用しない物まで引越し業者に運搬を頼んではいないでしょうか。
もし不要な家具などがあるのであれば、出張買い取りをしてくれるリサイクルショップなどに依頼して、買い取り回収してもらえば、その分の運搬料金は安くなります。
また大型のテレビ・冷蔵庫・洗濯機・エアコンと言った家電製品も、引越しに伴って買い替える予定があるのなら、旧居にまだいる段階で処分して、新居に引越ししてから購入するようにすれば運賃を節約できます。
このように出来るだけ不要な物は、引っ越しする前の段階で処分しておけば、筆腰先への運搬料が節約できるので、料金も安く抑えることが出来ます。

不要なオプションは付けていませんか?

引越料金の中には、荷物の荷造りや荷解き・家電製品の取り外しや据え付け・ハウスクリーニングなど様々なオプションが準備されていますが、当然すべてに費用が掛かります。
荷物の荷造りなどについては事前に十分な準備をしていけば、業者に対して依頼しなくても対応できるし、荷解についても時間がかかっても自分でやれば費用は安く済みます。
また家電の据え付けなどに関しても、自分で出来る事であればオプションとして使いしないで対応することで、費用を抑えることが出来ます。
見積もりを依頼する段階で、本当に業者に依頼しないといけないことなのかオプションの中身をよく理解した上で、頼むように心がけておきましょう。

整理されていない状態で見積もりされていませんか?

引越業者に見積もりを依頼して訪問見積もりをする場合には、小物などの荷物はダンボール箱に梱包された状態ではないために、おおよその量を目視で判断した料金を決めています。
その時に部屋の中の荷物が散乱している状態だと、どうしても荷物は多めに計算されてしまい、見積もりの金額も比例して高くなってしまいます。
ですので業者から訪問見積もりを受けるときには、出来るだけ部屋の中の荷物は整理整頓して、コンパクトにまとめておくと、より荷物が少なめに見られて見積もりも安くなります。

引越し業者を一社で決めていませんか?

引越し業者が提示する見積額は、どこの業者も他社と料金を比較されて値引き交渉される事になれているために、見積額には値引きできる料金を上乗せして提示していることが多くあります。
それを知らずに提示された金額でそのまま契約してしまうと、本来もっと安くなるはずの料金が高い料金のままで契約してしまうことになります。
これはどうしても見積もり依頼を1社だけで決めてしまうためなので、引越し業者を決めるときには必ず1社だけでなく、複数の業者をよく比較して決めるようにしましょう。

引越し業者と費用の交渉をしていますか?

引越しの業者を1社だけでなく複数の業者ら見積もりを取れば、当然それぞれの業者から出てくる見積金額には違いが出てきます。
その違いをうまく利用して引越し業者に対して、引越し費用を見積もりで提示された金額よりも安くしてもらうように、費用の値下げ交渉をしてみましょう。
引越業界においては、こうした値下げ交渉は日常的に行われていることなので、業者側も交渉されることになれていて、案外簡単に値引き交渉に応じてくれることも多いです。
せっかく引越し料金を節約できるチャンスなので、無駄にせずにまずは業者が提示した料金よりも安くしてもらえるように、値下げ交渉してみましょう。

引越しの費用が妥当か調べるコツ

引越し業者から提示された見積額を見ただけでは、正直高いのか安いのかの判断はなかなか付かない人も多いはずです。
そんな時に役立つ、引越しの費用が妥当か調べるコツをいくつかご紹介しましょう。

引越しの費用が妥当か調べるなら相見積もりが必須

引越しの費用の見積もりを取った場合の費用が、本当に妥当な金額なのかどうかは、1社からだけの見積もりでは誰もが判断できません。
そんな時には1社だけでなく複数の業者から、引越日・引越時間・移動距離・荷物の量などすべて同じ条件で、見積もりを取ってみましょう。
当然のことですが同じ条件でありながら、見積もりで提示してくれた金額には結構な開きが出てくるはずなので、その金額を比較する事でどのくらいの金額が妥当なのかの判断が出来ます。
それだけに、より正しく引越しの費用が妥当か調べる方法としては、複数の業者から見積もりを取る相見積もりが必須となります。

相見積もりをするなら一括見積もりがおすすめ

引越しの費用が妥当かどうか調べるのには相見積もりを取るのが効果的ではありますが、実際に複数の業者から見積もりを取る作業は容易ではありません。
どこの業者に連絡したらいいのか1社1社確認して、良さそうなところをピックアップして連絡先を確認して。自分ですべてに連絡を取らなくてはならず、かなりの時間や手間が掛かることになります。
そんな時におすすめなのが一括見積もりで、スマホやパソコンなどから引越予定日・現住所・引っ越し先の住所・世帯人数・大まかな荷物の量などを入力するだけで、最大10社の見積もりを一括で依頼してくれます。
一括見積もりに依頼すると、同じ条件の下に見積もりされた金額が、メールや電話で連絡されてきて、時間や手間が大幅に短縮できるので大変便利です。

テレビCMでもおなじみの引っ越し一括見積もり業者はこちらになります。
引っ越しの一括見積もりを試しに見てみる

一括見積もりをしたらそれを交渉材料にしよう

一括見積もりに依頼して、複数の業者から見積もりが出そろったら、その見積もりを元にして料金の値引き交渉をしましょう。
引越業者に対しての値引き交渉は、ただ闇雲に安くしてと交渉しただけではあまり効果が無く、仮に値引きされても適正価格なのかどうかは判断が出来ません。
その点においても複数の会社から見積もりを取って、相見積もりをうまく利用すれば、引越業者としても他社の料金よりも高いと交渉されると、最低でも他社の料金に合わせるしかなくなります。
そうなれはその業者のどうしても仕事が取りたい場合には、他社の金額よりも安い金額を提示してくる可能性が高く、その安くしてくれた金額を元にさらに別の業者に対して交渉すれば、もっと安くなる事もあります。
このように一括見積もりで提示された金額を上手に活用して、値引き交渉の材料に利用することで大幅な値引きが期待できます。

さいごに

引越しの見積もり料金が高い!?費用が妥当か調べる方法とは?についてご紹介してきましたが、いかがだったでしょうか?
皆さんも引越しをひかえて見積もりを取った時に、料金が高いと感じたときや費用が妥当な金額なのかと思ったときには、当サイトを参考に引越しの費用を節約してみましょう。

あなたも引越し料金で損してるかも?

引越しの料金を安くするコツは一括での無料見積もりになります。

1分間程度で30社の中からあなたにあった最安値の業者を調べることが可能です。

実際に調べると95000円の業者と52000円の業者がありました。

実に43000円もお得に引越しができたんです。

一括見積りを試すならリクルートでもおなじみのSUUMOがおすすめです。

SUUMOなら電話登録が任意なので電話がかかってくる心配がないのも便利です。

>>>自分に合った格安の引越し業者をSUUMOで試しに見てみる(無料)<<<




よく読まれている記事一覧

引っ越し 1

忙しい人用にランキングを先に掲載します。 1位 >>>引越し侍<<< 2位 >>>LIFULL 引越し<<< 3位 >>>ズバット引越し比較<<< 4位 >>>引越し価格ガイド<<< 5位 >>>引越 ...

11月の引越し費用の相場は? 料金が安いのはいつくらい? 2

「11月に引越ししようと思うんだけど時期的に費用は高いの?安いの?」 「11月の引越しで費用を安くするコツはある?」 なんてあなたは思っていませんか? 10月は3月ほどではないですが、引っ越しシーズン ...

12月の引っ越し費用の相場は? この時期の料金は高い?安い? 3

「12月に引っ越し予定だけど費用の相場はどうなの?」 「年末だし引っ越しの費用は高いんだよね?安いタイミングはある?」 なんて疑問はありませんか? 年度末、クリスマスやお正月に向けて何かとあわただしい ...

-引越しの費用
-, , ,

Copyright© 引越しの手続きチェックリスト一覧まとめ|引越し手続きナビ , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.