引越しの費用

お彼岸に引っ越しや挨拶は縁起が悪い?費用の相場はどうなの?

投稿日:

引っ越しとお彼岸

「お彼岸に引っ越しを計画したら、親戚に怒られた」そんな経験ありませんか?

あまり経験はないかもしれませんが、実はこれ日本人の風習というか伝統というべきことだったりします。
お彼岸の引っ越しの何が悪いのか?
また、費用相場はどうなのか?

そしてお彼岸以外に引っ越しに適さない暦はあるのでしょうか?

今回はお彼岸の引っ越しについて解説いたします。

あなたも引越し料金で損してるかも?

引越しの料金を安くするコツは一括での無料見積もりになります。

1分間程度で30社の中からあなたにあった最安値の業者を調べることが可能です。

実際に調べると95000円の業者と52000円の業者がありました。

実に43000円もお得に引越しができたんです。

一括見積りを試すならリクルートでもおなじみのSUUMOがおすすめです。

SUUMOなら電話登録が任意なので電話がかかってくる心配がないのも便利です。

>>>自分に合った格安の引越し業者をSUUMOで試しに見てみる(無料)<<<




そもそもお彼岸っていつ?

引っ越しとお彼岸あまり意識していない人にとっては、そもそもお彼岸がいつだか分からないという人もいるかもしれません。
そんな方のために、まずお彼岸を説明しておきましょう。
お彼岸とは春と秋にある「ご先祖様に感謝をする日」となっています。
日付は春のお彼岸が春分の日を中日とした前後3日ずつ。
2018年のカレンダーで言えば春分の日が3月21日ですから、3月18~24日の1週間が「春のお彼岸」となります。
同じように「秋のお彼岸」も秋分の日を中心に1週間ですから、2018年は9月20~26日まで(秋分の日は9月23日)ということになります。
「暑さ寒さも彼岸まで」などという言葉を聞いたことがある方も多いと思いますが、これは当然の話。
春分の日、秋分の日はともに日が出ている時間と日が沈んでいる時間がちょうど同じ時間になる日ですから、春分の日を過ぎれば徐々に日が長くなり、秋分の日を過ぎれば徐々に日が短くなるわけです。
では、そのお彼岸に引っ越しをするのは縁起が悪いのでしょうか?

お彼岸の引っ越しは縁起が悪い?

お彼岸とは上で説明した通り、「ご先祖様に感謝をする1週間」です。
この期間は「生きている人間よりご先祖様を優先して物を考えるべき」という考え方があります。
昔の家にはどの家にも仏壇があり、先祖様を祀っていました。
引っ越しとはその仏壇も移動させるわけですから、引っ越し自体が「生きている人間の都合で、先祖様に迷惑をかける」行為と考えられていたのです。
そんな行為を、わざわざお彼岸にすることはないだろう。
これが「お彼岸の引っ越しは縁起が悪い」という考え方の由来です。
よく言えば日本らしい伝統文化ですし、各糧に必ず仏壇があるわけではない現代においては、廃れつつある風習ともいえるでしょう。
要約すると、お彼岸の引っ越しは縁起が悪いというほどではないが、高齢の方を中心に「わざわざこの日程で引っ越しをしなくても…」と考える方もいるというのが正解でしょう。

お彼岸の引っ越しで気を付けるのは?

引っ越しとお墓それでもこの話を呼んで、お彼岸には引っ越しをしづらいと考えた方もいるかと思います。
そんな方に、お彼岸に引っ越しても気分的にあまり気にならない方法をお伝えしておきましょう。

引っ越しの前後に墓参りをする

お彼岸の引っ越しは、ご先祖様への感謝が足りないと考えるのであれば、引っ越しの前後にお墓参りをしてみてはどうでしょう?
引っ越し前には、「〇月×日に引っ越しをすることになりました。これからも変わらず私たち家族を見守ってください」と引っ越しをする報告を行い、引っ越し後には「無事引っ越しを終えることができました。ありがとうございます」と報告にいけば、ご先祖様への感謝が足りないということはないでしょう。

お彼岸前に少しだけ荷物を運び込む

これは古くからおこなわれている方法ですが、引っ越し前、お彼岸前に新居に例えば靴を一足、布団を一組など、少しだけ荷物を新居に運び込むという方法があります。
最初の荷物を運び込んだ日を引っ越しした日として、お彼岸中に引っ越したわけではないとする風習があります。
新居の状況次第でできるかどうか微妙な場合もあるでしょうが、可能であればこれでも「お彼岸の引っ越し」は回避することができます。

お彼岸に引っ越しの挨拶をするのは失礼?

これも上記の通りで、「お彼岸に引っ越しをするものではない」という考えを持っている方にとっては、お彼岸期間中の引っ越し挨拶も失礼に感じる可能性はあります。
もちろん挨拶が必要な新居の周辺の住民がお彼岸の引っ越しをどう感じるかは、事前に分かるものではありません。
もし気になるのであれば、お彼岸前、つまり引っ越しの数日前に挨拶を済ませておきましょう。
「〇月×日に引っ越してまいります▲▲です。引っ越し当日は人の出入りや騒音でご迷惑をかけるかもしれませんがよろしくお願いします」と、事前に挨拶をしておけば、周辺住民の印象もいいでしょう。
もちろんお彼岸の引っ越しを気にする人でも、こうして事前にしっかり挨拶ができていれば文句は言われないどころか、しっかりした人という印象を与えることができます。

お彼岸以外に引っ越しに向かない暦は?

引越しお彼岸以外で引っ越しに向かない暦はあるのでしょうか?
当然引っ越し繁忙期である3~4月や8~10月は、費用が高くなるという意味では向いていませんが、暦的にという考え方になると「正五九の引っ越し」はあまり喜ばれないという考え方があります。

「正五九の引っ越し」っていつ?

正五九とは読んで字のごとく、「正月」、「五月」、「九月」のことを指します。
これは旧暦のため、現代に直すと「2月」、「6月」、「10月」ということになります。
この3つの月の引っ越しが喜ばれないのは、これも昔の日本の暮らしに起因している言い伝えとなります。

昔の引っ越しとは?

昔、それこそちょんまげ時代の日本において、引っ越しを行うのはその地域を挙げての大イベントでした。
周辺に住む男衆が重い荷物を運ぶのを手伝い、女衆がそのサポートをし、多くの住民が力を合わせて行うのが、どの地域でも当たり前の光景でした。
しかし、そんな周辺の住民の多くは米作りで生計を立てる農家です。
農家にとって一年の中で忙しい時期と言えば、「田植え(6月)」と「稲刈り(10月)」の時期です。
仕事が忙しい時期に、他人の引っ越しを手伝うのは大変な負担。
そこで、古くは6月、10月の引っ越しを避けるようになったわけです。
正月は今も昔も同じです。
大掃除をしたり、新年を迎えるお節料理の準備があったり、お年始回りでお世話になっている人に挨拶に出向いたりと、これまた忙しい時期。
この正月の引っ越しも、周辺住民に迷惑をかけるため避ける傾向にあったわけです。

今でも気にしたほうがいい?

引っ越し作業は専門の引っ越し業者が行うようになった現代、この風習を気にする人はほとんどいません。
とはいえ、高齢の方を中心に、若干とはいえこういった風習をきっちり守っている人がいるのも事実です。
現代において都市部の引っ越しではほぼ気にする必要はありません。
一部農村部の引っ越しでは多少気にした方がいいかもしれませんhが、それこそお彼岸の引っ越し同様に、正五九に入る前に少しだけ荷物を運び込んだり、先に挨拶を済ませておけば問題ないでしょう。

お彼岸の引っ越しの費用相場は?

引っ越し気になる費用相場についてですが、お彼岸だから高い、お彼岸だから安いということはないようです。
もちろん春分の日や秋分の日は祝日ですので、平日の引っ越しよりは高くなりますが、それはお彼岸だからということではありません。
春のお彼岸に関しては、春の引っ越し繁忙期のMAXともいえるタイミングですので、当然費用は高くなります。春のお彼岸だと通常期の1.5~2倍になると考えておいた方がいいでしょう。

3月の引っ越し費用の相場については「3月の引っ越し費用の相場は?安いのは上旬中旬下旬のどれ?」をご覧ください。

秋のお彼岸も、秋の繁忙期に重なりますので、通常期の1.2~1.5倍程度は覚悟しておきましょう。

9月の引っ越し費用の相場については「9月の引越し費用の相場は?料金が安いのはいつくらい?」をご覧ください。

お彼岸だから高くなるのではなく、お彼岸のタイミングが引っ越し業界の繁忙期と重なるため、それなりに高額になるのがお彼岸の引っ越しといえるでしょう。

お彼岸に引っ越しをするなら?

春にしても空きにしても、お彼岸は引っ越し繁忙期に重なります。
そこでそのタイミングで引っ越しをするのであれば、まず大前提として早めの準備を心がけましょう。
近年は運送業界の人員不足も深刻になっており、繁忙期は費用が高くなるだけではなく、そもそも引っ越しの予約を取るのが難しくなっています。
できれば引っ越しの一か月以上前には業者を抑えて予約しておくことをオススメします。
そんな繁忙期の引っ越しでこそ力を発揮するのが「引っ越し料金一括見積もりサイト(無料)」です。
このサイトを利用して、複数の業者にまとめて見積もりを依頼すれば、その時期の相場も一目で分かり、さらに最安値の業者を見つけることも可能です。
また、早めの準備で時間に余裕があるのであれば、他社の見積もり金額を利用した値下げの交渉も可能。
ただでさえ費用相場が高くなるタイミングの引っ越しですから、できるだけ安くて安心な業者を見つけるようにしてください。

詳しくはこちらをどうぞ。

あなたに合った安安値の引っ越し業者を調べてみる(無料)

あなたも引越し料金で損してるかも?

引越しの料金を安くするコツは一括での無料見積もりになります。

1分間程度で30社の中からあなたにあった最安値の業者を調べることが可能です。

実際に調べると95000円の業者と52000円の業者がありました。

実に43000円もお得に引越しができたんです。

一括見積りを試すならリクルートでもおなじみのSUUMOがおすすめです。

SUUMOなら電話登録が任意なので電話がかかってくる心配がないのも便利です。

>>>自分に合った格安の引越し業者をSUUMOで試しに見てみる(無料)<<<




よく読まれている記事一覧

引っ越し 1

忙しい人用にランキングを先に掲載します。 1位 >>>引越し侍<<< 2位 >>>LIFULL 引越し<<< 3位 >>>ズバット引越し比較<<< 4位 >>>引越し価格ガイド<<< 5位 >>>引越 ...

11月の引越し費用の相場は? 料金が安いのはいつくらい? 2

「11月に引越ししようと思うんだけど時期的に費用は高いの?安いの?」 「11月の引越しで費用を安くするコツはある?」 なんてあなたは思っていませんか? 10月は3月ほどではないですが、引っ越しシーズン ...

12月の引っ越し費用の相場は? この時期の料金は高い?安い? 3

「12月に引っ越し予定だけど費用の相場はどうなの?」 「年末だし引っ越しの費用は高いんだよね?安いタイミングはある?」 なんて疑問はありませんか? 年度末、クリスマスやお正月に向けて何かとあわただしい ...

-引越しの費用
-, , , ,

Copyright© 引越しの手続きチェックリスト一覧まとめ|引越し手続きナビ , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.