引越しの費用

引越しの費用の相場。2人暮らしの場合はいくらくらい?

更新日:

 

「2人暮らしの引越し費用の相場はいくらくらいなの?」

「繁忙期と閑散期では、そんなに料金が違うの?」

「2人暮らしの引越しは何日くらいかかるの?」

「2人暮らしの距離別の費用の相場はいくらくらい?」

そんなことをあなたは考えていませんか?

2人暮らしと言えど引越しするとなると、費用も高くなり大変ですよね。
引越しするなら出来るだけ費用が安い時にしたいものです。
でも2人暮らしの引越しとなると、果たしていくらくらい掛かるのが相場なのでしょうか?
今回は、そんな2人暮らしの引越しの相場。
2人暮らしの引越しの費用を格安に抑えるコツも解説したいと思います。
2人暮らしの引越しを考えている人は、是非チェックしてみて下さい。

あなたも引越し料金で損してるかも?

引越しの料金を安くするコツは一括での無料見積もりになります。

1分間程度で30社の中からあなたにあった最安値の業者を調べることが可能です。

実際に調べると95000円の業者と52000円の業者がありました。

実に43000円もお得に引越しができたんです。

一括見積りを試すならリクルートでもおなじみのSUUMOがおすすめです。

SUUMOなら電話登録が任意なので電話がかかってくる心配がないのも便利です。

>>>自分に合った格安の引越し業者をSUUMOで試しに見てみる(無料)<<<




2人暮らしの引越しの費用の相場はいくらくらい?

2人暮らしの引越しの場合、新婚さんやカップルや兄弟などでの需要が多いですが、そんな需要に合わせて2人暮らし用のプランも増えてきています。
単身に比べると割高にはありますが、かなり料金を抑えているプランも出てきていますが、それでも繁忙期と閑散期では、料金がだいぶ違ってきています。
そんな繁忙期と閑散期に分けた、2人暮らしの引越しの費用の相場をご紹介します。

閑散期ではいくらくらい?

2人暮らしの引越しの場合の費用は、引越しする新居までの移動する距離によっても料金は大きく違ってきます。
また料金の安い業者や荷物の量、また使用するトラックの大きさや作業員の人数などによっても、それぞれに料金は変動してきます。
2人暮らしの引越しの場合の閑散期での、遠距離を除く平均的な費用は、60,000~100,000円ほどとなります。

繁忙期ではいくらくらい?

2人暮らしの引越しとはいえ、やはり繁忙期ともなるとそれなりに料金は高くなってしまうので、比較的料金を抑えられる2人暮らし用のプランなどの利用がおすすめです。
2人暮らしの引越しの場合の繁忙期での、遠距離を除く平均的な費用は、80,000~120,000円ほどとなります。

距離別の費用の相場はいくらくらい?

引越しの費用の相場を知る方法として、実際に引越しする新居までの距離でもある程度の費用を把握することが出来ます。

同じ市区町村内(~20㎞)

同じ市区町村内で、入居条件が良い物件が見つかったなどの理由で引越しするようなケースの場合の費用です。
同じ市区町村内での引越しの場合には、役所での手続きが同じ役所だけで済むので、手続きが簡単に行えるなどのメリットがあります。
ただし、本当に至近距離であったとしても荷物を運搬する手間としては同じなので、それなりの費用が発生してしまいます。
平均相場は閑散期で55,000~85,000円で、繁忙期で82,000~105,000円となります。

市区町村外(20~50㎞)

現在生活している市区町村以外でも、同一都道府県内で同じ地域内での引越しの場合で、車の移動時間としても30分から1時間程度で移動できる距離となります。
平均相場は閑散期で64,000~90,000円で、繁忙期で84,000~110,000円となります。

同じ都道府県内(50~200km)

現在生活している市区町村以外でも、やや遠方の他の地域への引越しの場合で、車で移動するにも1時間から3時間程度で移動できる距離となります。
平均相場は閑散期で70,000~95,000円で、繁忙期で87,000~120,000円となります。

同じ地方内、近隣県(200~500km)

関東・関西・東北など、それぞれの同一の地方内での引越しの場合で、同じ地方内でも移動距離はかなり長くなり、移動時間としても3時間から6時間程度で移動できる距離です。
平均相場は閑散期で80,000~145,000円で、繁忙期で100,000~165,000円となります。

それ以外の遠距離(500km~)

東京から大阪、大阪から福岡、仙台から名古屋といったように、移動すべき距離が500kmを越えるような、かなりの遠距離の引越しの場合になり、車での移動時間も最低でも6時間以上かかる距離となります。
平均相場は閑散期で110,000~165,000円で、繁忙期で130,000~185,000円となります。

2人暮らしの引越しで知っておくべきこと

2人暮らしの引越しをするに当たっては、料金を出来るだけ節約する意味でも具体的に知っておくと良いポイントがいくつかあるので、そのポイントについてこちらでご紹介していきましょう。

2人暮らしの場合はどのくらいのトラックで運送する?

2人暮らしの引越しで使用するトラックの大きさというと、少なめの荷物の場合には1t~2tトラックとなり、1tと表記する場合もあれば2tショートを2tと表記する場合もありますが、基本ほぼ同じ大きさです。
荷台の大きさとしては幅が1.6メートル、長さが2.4~2.8メートル、広さは10㎥くらいになり、和室を目安として考えてみると、3畳ほどの部屋に荷物を詰め込んだほどの量が積める事になります。
多めの荷物がある場合になると2tロング~3tトラックとなり、荷台の大きさとしては幅が2.2メートル、長さが6メートル、広さは20㎥くらいになります。
2tロング~3tトラックに荷物を積んだ場合の目安としては、4畳半ほどの部屋に荷物を詰め込んだ場合に相当する量が積載できることになります。
2人暮らしの引越しで使用するトラックの大きさは、大抵この2つのトラックのどちらかのタイプと言う事になるかと思いますが、当然小さい方が料金が安いので、目安を参考に荷物を減らしてみましょう。

ダンボールの数はいくつくらいになる?

2人暮らしの引越しとはいえ、実際に引っ越す荷物の量は個人差があるので、自分の荷物が多めなのか少なめなのかは判断がしにくいと思います。
一般的な引越し業者が試算している2人暮らしの引越しの場合に必要としているダンボールの数は、およそ20~30枚とされています。
実際に引越し業者にダンボールの支給を依頼すると、2家族セットの場合は小ダンボール20枚、大ダンボール10枚としているので、この当たりがひとつの目安と考えて良いでしょう。
もしこれらの目安のダンボールよりも、大幅に自分に荷物が多いようなときには、当然料金は高く付いてしまうので、出来るだけ処分などして減らすように努めましょう。

荷物が多いと金額が上がる場合も

ここまでご紹介してきたように、引越しの荷物が増えればダンボールの数も比例して増えていき、他の家電や家具なども含めると、一回り大きなトラックが必要となることも出てきます。
そうなると料金は1ランク上がってしまうことになるので、せっかく2人暮らし用のプランなどを利用して費用を節約してみても、あまりメリットは多くなくなってしまいます。

持っていけるものは自分で持っていき荷物を減らす

やはりせっかく2人暮らし用のプランなどを利用して、引越し料金を節約したいのであれば、プランの範囲に収まるように、荷物を減らす努力をしてみましょう。
上記で紹介している目安のダンボールの箱の数よりも、荷物が多くなりそうなときには早い段階で少しでも荷物を減らせるように、不要な物などを処分していく事が大事です。

作業をする人は何人くらいくるの?

2人暮らしの引越しの場合の作業員の人数としては、単身者にくらべるとどうしても大きめの家電や家具も加わることがある為に、2名での作業と言う事になることが多いと思われます。
単身者に多少に持つが増えた程度で、大型の荷物は無いと言う事であれば、トラックも小さめで作業員も1名と言う事も可能ですが、多くの場合には2人暮らしの引越しであれば2名の作業員と考えておきましょう。

引越しの費用を安くするコツはこれ

2人暮らしの引越しをするときには、さまざまな引越しの費用を安くするためのコツがあるので、こちらでご紹介しましょう。

引越し料金を安くしたいなら3月4月と土日は絶対に避ける!

2人暮らしの引越し費用を出来るだけ安くしたいのであれば、3月4月と土日は絶対に避けるというのが鉄則となります。
引越し業者側は売り上げを安定させるために、引越しの需要が多いときと少ないときを料金を上げたり下げたりしてコントロールしています。
当然のことですが、「学校へ進学する」「就職が決まって実家に帰る」「仕事で転勤になった」などなど様々な理由はあれど、多くの人は3月から4月に集中して引越しをします。
また3月4月以外の時期でも土日や祝日に引越しをする人も当然多くなるので、引越しの費用を安くしたいなら、まずは3月4月と土日は絶対に避ける事です。

繁忙期と閑散期で引越し費用の相場はどのくらい違うの?

運搬する荷物はできる限り少なくしよう!

引越しの料金は、引っ越す時期や曜日によっても変わりますが、荷物の量によっても積載するトラックのサイズや作業員の人数も変わるために、料金も大きく違ってきます。
2人暮らしの引越しであれば、単身者と比べると荷物は多い物の、ギリギリまで荷物を減らして引越しすれば、かなり費用を抑えることが出来るはずです。
大型の荷物など場所を取って料金が高くなるような不要な物はできる限り処分して、出来るだけ身軽にして引越しに取りかかりましょう。
ただ処分するのがもったいない場合には、出張して買い取ってくれるリサイクル業者を利用する方法もあるので、是非活用してみましょう。

時間を指定しないフリー便でさらに安く!

例えば同じ日にすべて同じ内容のプランで引越しした2組の家族でも、実は引越し作業を開始した時間によって料金に差が出ることをご存知でしょうか?
引越しは荷物の運搬が終わってからでも、積み下ろした荷物の時や部屋の中の片付けなどをするための時間がかかるために、どうしても午前中に集中してしまいます。
そのために引越し業者は料金設定を、いちばん混む時間帯の午前中に高くして、午後の時間帯は休めにしています。
さらにフリー便というプランもあり、フリー便は午前でも午後でも無く引越し業者の予定が空いた時間帯に、作業を開始するというプランで、時間指定が出来ない分料金は一番安くなります。
このように時間帯を特に気にしないのであれば、まったく同じように引越しした家族よりも安い料金で引越しする事ができてしまいます。

引越し費用が格安になるフリー便とは?到着の時間帯は?

エアコンは取り外さないで置いていく

引越し費用を抑える場合の裏技としておすすめしたい方法に、エアコンを取り外さないでそのまま置いていってしまうという方法があります。
実際に引越しでエアコンを移設した経験がある方なら分かりますが、古いエアコンを取り外ししてそれを荷物として運搬して、さらに新居に取り付けするとなると、かなり費用が掛かります。
もし今取り付けしてあるエアコンがある程度古いタイプのエアコンだったり、新居にはエアコンは備え付けてある時などは、無理して取り外さないでそのまま置いていけば、その撤去費用や運搬料が不要となります。
ただしこれには大家さんの了解が必要となるので、全く使わないようなエアコンであれば大家さんも良いと入ってくれないですが、まだ正常に使えるのであれば大家さんに話をして交渉してみましょう。

引越し時のエアコンの取り付けや取り外しの費用の相場は?

損しないためには引っ越しの相見積もりを取る

2人暮らしの引越しといえども荷物もそれなりに多くなれば、引っ越しの費用もかなりの金額となってしまいます。
引っ越し業者から見積もりを取る際には一社からしか取らないのはとても損なことでしょう。
なぜなら一社からの見積もりだと費用の相場が分からないからです。

特に繁忙期の時期の引っ越しは、業者も忙しく費用を上乗せして見積もりを出す場合があります。
なのでできるだけ複数の業者に見積もりを取って、比較することが大切になります。
そうすることで費用の相場を知ることが出来ます。
他にも相見積もりを取ることのメリットがあります。

相見積もりをすることのメリット

それでは引っ越しをする際に相見積もりを取ることのメリットについてお話します。

相見積もりのメリット

・その時期の引っ越し費用の相場を知ることができる

・引っ越し費用の交渉をする時の交渉材料になる

・費用が安くならなくてもダンボールが無料になるなどのサービスを受ける場合がある

などがメリットになります。
相見積もりの一番のメリットは、費用の交渉ができるという点です。
見積もりを取ったものを他社に提示するだけで、費用は数千円から数万円安くなることも多いです。
引っ越しの費用の交渉に抵抗がある人もいるかもしれませんが、引っ越し業界では当然のことなので交渉をしないのは損でしょう。
「こちらの引っ越し業者では〇〇円でしたが、もう少し安くなりませんか?」と一言いうだけで費用を下げてくれる可能性があります。
是非利用しましょう。

とはいうものの、相見積もりを取るといっても一社ずつ交渉していては時間がかかります。
そういう時におすすめなのが「引っ越し一括見積もりサービス」になります。

引っ越し一括見積もりサービスのメリットとしては、

引っ越し一括見積もりサービスのメリット

・1分程度で複数の業者に見積もりを取ることができる

・スマホやパソコンから一回のデータ入力で見積もりをすることができる

・無料で利用することができる

・業者も相見積もりを取られていると知っているので交渉を前提にしている

・引っ越し一括見積もりの業者を仲介しているので悪徳業者が排除されている可能性が高い

などになります。
引っ越しをするなら一度は利用した方がいいでしょう。
引っ越し一括見積もりならテレビCMでもおなじみのこちらの業者がおすすめです。
1分程度で最大10社の見積もりが可能です。もちろん利用料金は無料になります。
テレビCMでもおなじみの引っ越し一括見積もりサービスを見てみる

さいごに

2人暮らしの引越しを相場を事前に知っておくと、ダンボールの箱の量をどの程度の量でいくらくらいの料金になるかなど、かなり詳細な料金が分かってきます。
引越しするとなると何かとお金が掛かることが多くなるので、できるだけ情報を集めて少しでも引越しの費用を節約できるように努めてみましょう。

関連記事になります。合わせてご覧ください。

引越しの費用の相場。3人暮らしの家族だといくらくらい?

引越しの費用の相場。4人暮らしの家族だといくらくらい?

あなたも引越し料金で損してるかも?

引越しの料金を安くするコツは一括での無料見積もりになります。

1分間程度で30社の中からあなたにあった最安値の業者を調べることが可能です。

実際に調べると95000円の業者と52000円の業者がありました。

実に43000円もお得に引越しができたんです。

一括見積りを試すならリクルートでもおなじみのSUUMOがおすすめです。

SUUMOなら電話登録が任意なので電話がかかってくる心配がないのも便利です。

>>>自分に合った格安の引越し業者をSUUMOで試しに見てみる(無料)<<<




よく読まれている記事一覧

引っ越し 1

忙しい人用にランキングを先に掲載します。 1位 >>>引越し侍<<< 2位 >>>LIFULL 引越し<<< 3位 >>>ズバット引越し比較<<< 4位 >>>引越し価格ガイド<<< 5位 >>>引越 ...

7月の引っ越し費用の相場は?料金が安いのはいつくらい? 2

「7月に引っ越す予定だけど、この時期は引っ越し費用は高いの?安いの?」 「7月に引っ越しするけど、どの時期に引っ越すと安いの?」 そういう疑問はありませんか? 7月の引っ越しで影響が出てくるのは梅雨と ...

6月の引越し費用の相場は?料金が安いのはいつくらい? 3

「6月に引越し予定だけど、費用ってどのくらいなの?」 「結婚をしたのでこれから新居に引っ越すんだけど、6月の費用の相場はどうなの?」 あなたはその様なことを思っていませんか? 春の引越し繁忙期も終わり ...

-引越しの費用
-, , ,

Copyright© 引越しの手続きチェックリスト一覧まとめ|引越し手続きナビ , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.