引越しの費用

引越しの費用の相場。3人暮らしの家族だといくらくらい?

更新日:

 

「3人暮らしの引越し費用の相場はいくらくらいなの?」

「繁忙期と閑散期では、どのくらい料金が違ってくるの?」

「3人暮らしの距離別の費用の相場はいくらくらいなの?」

「引っ越しの費用を少しでも安く抑える方法はない?」

そんなことをあなたは考えていませんか?

3人暮らしとなるとそれなりに荷物も多くなり、引越しするとなると費用も高くなり大変ですよね。
引越しするなら出来るだけ費用が安い時にしたいものです。
でも3人暮らしの引越しとなると、果たしていくらくらい掛かるのが相場なのでしょうか?
今回は、そんな3人暮らしの引越しの相場についてご紹介します。
また3人暮らしの引越しの費用を格安に抑えるコツも解説しますので、3人暮らしの引越しを考えている人は、是非チェックしてみて下さい。

あなたも引越し料金で損してるかも?

引越しの料金を安くするコツは一括での無料見積もりになります。

1分間程度で30社の中からあなたにあった最安値の業者を調べることが可能です。

実際に調べると95000円の業者と52000円の業者がありました。

実に43000円もお得に引越しができたんです。

一括見積りを試すならリクルートでもおなじみのSUUMOがおすすめです。

SUUMOなら電話登録が任意なので電話がかかってくる心配がないのも便利です。

>>>自分に合った格安の引越し業者をSUUMOで試しに見てみる(無料)<<<




3人暮らしの引越しの費用の相場はいくらくらい?

3人暮らしの引越しの場合、結婚した夫婦に子どもが生まれて3人の暮らしという需要が多いですが、単身者や2人暮らしと比べても、なにかと荷物が増えて料金も高くなってしまいます。
家族が増えれば荷物が増えるのは当然ですが、家電や家具類も増えてくるのも単身や2人暮らしの時とは違ってきます。
そんな3人暮らしだと荷物の量も増えることから、料金の高い繁忙期と安い閑散期では、だいぶ料金が違ってきてしまいます。
そのためにも繁忙期と閑散期の料金の違いをよく知っておく必要があるので、3人暮らしの引越しの費用の相場をご紹介します。

繁忙期と閑散期で引越し費用の相場はどのくらい違うの?

閑散期ではいくらくらい?

3人暮らしの引越しの場合の費用は、引越しする新居までの移動する距離によって料金はずいぶんと違ってきます。
また料金の安いと高い業業者や荷物の量の違い、また使用するトラックの大きさや作業員の人数などによって、それぞれに料金は変動していきます。
3人暮らしの引越しの場合の閑散期での、200kmを越えるような遠距離を除く平均的な費用は、70,000~100,000円ほどとなります。

繁忙期ではいくらくらい?

3人暮らしの引越しとなると、どうしても荷物も増え、大型の家具や家電もある事から、繁忙期の料金は高めになってしまいます。
3人暮らしの引越しの場合の繁忙期での、200kmを越えるような遠距離を除く平均的な費用は、110,000~140,000円ほどとなります。

距離別の費用の相場はいくらくらい?

引越しの費用の相場を知る方法として、実際に引越しする新居までの距離を計算することで、ある程度の費用を把握することが出来るので、参考にしてみましょう。。

同じ市区町村内(~20㎞)

同じ市区町村内で、今の住居よりも条件が良い物件が見つかったなどの理由で、引越しするようなケースの場合の費用になります。
同じ市区町村内での引越しの場合は、役所での手続きが同じ役所だけで済むので、手続きが簡単に行えるなどのメリットがあります。
ただ本当に至近距離であったとしても荷物を運搬する手間としては同じになり、それなりの費用が発生してしまいます。
平均相場は閑散期で70,000~90,000円で、繁忙期で100,000~130,000円となります。

市区町村外(20~50㎞)

現在生活している市区町村以外でも、同一都道府県内で同じ地域内での引越しの場合で、車の移動時間としても30分から1時間程度で移動できる距離となります。
平均相場は閑散期で80,000~100,000円で、繁忙期で110,000~10,000円となります。

同じ都道府県内(50~200km)

現在生活している市区町村以外でも、やや遠方の他の地域への引越しの場合で、車で移動するにも1時間から3時間程度で移動できる距離となります。
平均相場は閑散期で90,000~11,000円で、繁忙期120,000~140,000円となります。

同じ地方内、近隣県(200~500km)

関東・関西・東北・九州など、それぞれの同一の地方内での引越しの場合で、同じ地方内でも移動距離はかなり長くなり、移動時間としても3時間から6時間程度で移動できる距離です。
平均相場は閑散期で120,000~170,000円で、繁忙期で130,000~190,000円となります。

それ以外の遠距離(500km~)

東京から大阪、大阪から福岡、仙台から名古屋といったように、移動すべき距離が500kmを越えるような、かなりの遠距離の引越しの場合になり、車での移動時間も最低でも6時間以上かかる距離となります。
平均相場は閑散期で140,000~240,000円で、繁忙期で180,000~270,000円となります。

3人暮らしの引越しで知っておくべきこと

3人暮らしの引越しをするに当たっては、どのくらいのダンボール箱が必要なのか、トラックはどのくらいの大きさのタイプが来て、どのくらいの荷物が積めるのか。
また作業員は何人くらいで来るのかなど、予め分かっていると何かと料金を節約するのに役立つので、よく覚えておきましょう。

3人暮らしの場合はどのくらいのトラックで運送する?

3人暮らしの引越しで使用するトラックの大きさというと、人数が多いために荷物も多く、冷蔵庫や洗濯機のほかにも大型の家具などもあるために、やはり3tトラックくらいが妥当なサイズと言えます。
荷台の大きさとしては幅が2.08メートル、長さが5.08メートル、広さは24㎥くらいになり、和室を目安として考えてみると、6畳ほどの部屋に荷物を詰め込んだほどの量が積める事になります。
3tトラックの荷台の高さは2.23mほどあるので、6畳ほどのスペースに入る量に加えて、ある程度なら荷物を積み上げることが可能になります。
しかし3tトラックとなるとトラックの全長は7.14m横幅2.20ほどのサイズとなるために、道幅が狭い場所では荷物の積み下ろしが出来ない場合もあるので、事前に確認しておきましょう。

ダンボールの数はいくつくらいになる?

3人暮らしの引越しするとなると、単身世帯や2人暮らし世帯と比べても明らかに荷物の量が増えるのが分かります。
それだけにダンボールの量はおよそ30個は必要で、その他にハンガーボックス5ケース・洋服タンス・セミダブルベッド・ふとん・ソファ・冷蔵庫・洗濯機・テレビ・テレビ台・テーブル・食器棚・整理タンス・パソコン・自転車などが3tトラックに積載できます。
ダンボールは業者によっては無料で支給してくれるところもあるので、事前に聞いて見て無料でもらえるなら、ダンボールを購入する必要は無くなります。
引越し業者に現地を見てもらい、見積もりを出してもらうときに部屋の中を見てもらって、どのくらいのダンボールが必要なのかを聞いてみるのも良い方法です。
もしこれらの目安のダンボールよりも、大幅に自分に荷物が多いようなときには、当然料金は高く付いてしまうので、出来るだけ処分などして減らすように努めましょう。

荷物が多いと金額が上がる場合も

ここまでご紹介してきたように、引越しの荷物が増えればダンボールの数も比例して増えていき、他の家電や家具、さらにベッドなども含めるとご紹介したように3tトラックでは収まらなくなる場合もあります。
そうなるとワンランク大きなトラックが必要になるので、料金は上がってしまい、ダンボールの数を1つでも減らせるよう、不要な荷物は整理してコンパクトに引越しを行いましょう。

持っていけるものは自分で持っていき荷物を減らす

3人暮らしの引越しをするとなった場合の、ダンボールの数は上記でご紹介しているように30個前後の数が必要となります。
ダンボール30個の荷物となると荷造り作業も、新居に移動してからの荷解き作業もかなり大変になるので、早い段階で荷物を整理して身軽にして引越しましょう。
また自分で持って行けるような荷物はコンパクトにまとめておいて、少しでも荷物を減らして料金を安く、そして作業を楽にするように努めると良いでしょう。

作業をする人は何人くらいくるの?

3人暮らしの引越しする場合の作業員の人数については、大型の家具やタンス、冷蔵庫やピアノなどの荷物の有無や荷物の運搬にエレベーターが使えるかによっても違ってきます。
荷物の量がそれほど多くなくても、4人以上の作業員が必要な大型の荷物があれば、引越し業者は必要な作業員数を提案してきます。
逆に荷物が比較的多くても、大型の荷物が無く運搬にエレベーターなどが使えて楽な現場になると、最低限の人数でも間に合う場合も出てきます。
3人暮らしの引越しする場合、現実的な作業員の人数としては2~3人ほどになりますが、4人以上が必要な場合もケースとしてはあると言う事を覚えておきましょう。

引越しの費用を安くするコツはこれ

3人暮らしの引越しをするときには、さまざまな引越しの費用を安くするためのコツがあるので、少しでも引越し費用を節約するためにも参考にしてみましょう。

安い時期と曜日を選んで引っ越ししよう!

3人暮らしの引越し費用を出来るだけ安くしたいのであれば、3月から4月にかけての期間と土日は絶対に避けて引っ越ししましょう。
引越しの時期で一番料金が高くなるのは卒業・入学・就職・転勤がある3月から4月にかけて、その中でも引越しする曜日は土日が多くなるので、この期間の料金は一年の中でも一番高くなります。
逆に1月・5月・6月・7月・11月・12月当たりになると引っ越しする人もずっと少なく、特に平日の料金は安くなるので、出来るだけこう言った料金の安い時期と曜日を選ぶようにしましょう。

引越し費用が安い時期はいつ?賃貸の値段も安くなるの?

荷造りは自分ですべてやろう!

仕事に追われてなかなか引っ越しの準備が進まなくて、ダンボールに荷物を入れる荷造りがなかなか出来ない場合には、引っ越し行者が代行して荷造りをやってくれるサービスもあります。
さらに新居に到着してからの荷解きの作業までも代行でやってくれるサービスもあり、忙しい時など利用すればかなり作業は楽になります。
しかしこのサービスも単身パックなど荷物の少ないときに利用すればそれほど高くはなりませんが、これが3人暮らしの荷物の量で荷造りや荷解きを依頼したら、やはり料金もかなり高くなってしまうために、出来る事であれば、荷造りや荷解は自分で行いましょう。
引越し日が近くなってから慌てて荷造りしてしまうと、何がどこに入っているのかが分からなくなってしまい、荷解きするときに大変になってしまいます。
そうならないように早い段階で少しずつ時間に余裕を持って荷造りしていき、余計な費用が掛からないようにしましょう。

荷物が少ないときには単身専用パックを活用しよう!

単身専用パックというのは、「高さ170cm×横幅110cm×奥行き100cm」程度サイズの滑車付きコンテナボックスに収まる荷物を積み込み、輸送するサービスの1つです。
日本通運では「単身パック」、クロネコヤマトでは「単身引越サービスパック」、ハトのマークの引越センターでは「小鳩パック」と引っ越し業者によってサービス名がちがい、コンテナボックスのサイズも微妙に違います。
この単身専用パックでは、トラックの荷台に複数のコンテナボックスを積み込み運送するので、運送効率に優れていて輸送コストが抑えられる特徴があります。
3人暮らしでも、ぎりぎりまで荷物を減らして、この単身専用パックをうまく利用すれば、かなり引っ越し費用を抑えることが出来ます。

不要な荷物は処分しよう!

引越しの料金は、引っ越す時期や曜日によっても変わりますが、荷物の量によっても積載するトラックのサイズや作業員の人数も変わるので、料金も大きく違ってきます。
3人暮らしの引越しの場合には、ギリギリまで荷物を減らしてダンボールの数を減らし、大型の荷物など場所を取ってしまう不要な物はできる限り処分して、身軽にして引越しに取りかかりましょう。
それによってトラックのサイズが1ランク小さなサイズで間に合うようになり、作業員も少なくて済めばかなりの節約となります。
ただ処分するのがもったいない場合には、出張して買い取ってくれるリサイクル業者を利用する方法もあるので、是非活用してみましょう。

またリサイクル業者でも引っ越しを専門に請け負っている業者もあります。
引っ越しの際に出る不用品を高く買い取ってくれるのでお勧めです。
引っ越し専門のリサイクル業者はこちらになります。
お引越しで整理したいモノを売るなら買取プレミアム

時間を指定しないフリー便でさらに安く!

引っ越し作業を行う場合には、時間帯が午前便、午後便、フリー便と3つの時間帯に分かれていて、それぞれ料金が違います。
引越しは荷物の運搬が終わってからでも、積み下ろした荷物のに時や部屋の中の片付けなどをするための時間がかかるために、どうしても午前中に集中してしまいます。
そのために引越し業者は料金設定を、いちばん混む時間帯の午前中に高くして、午後の時間帯は休めにしています。
さらにフリー便というプランもあり、フリー便は午前でも午後でも無く引越し業者の予定が空いた時間帯に、作業を開始するというプランで、時間指定が出来ない分料金は一番安くなります。
それだけに出来るだけ料金を安くしたいのであれば、時間指定を無くしたフリー便を利用しましょう。

引越し費用が格安になるフリー便とは?到着の時間帯は?

長距離の引越しには混載便がおすすめ!

遠距離での引っ越しになる場合には特におすすめの方法に、混載便という方法があり、大型トラックに1世帯分だけの荷物では無く、他の世帯の荷物も一緒に載せて運搬する方法です。
そうすることによって、輸送時にかかる燃料代や高速料金の負担が減るので、より安い料金で長い距離の荷物の移動が出来る事になります。
どうしても移動距離が長いと料金が高くなってしまうので、そんな時には混載便を利用して見ましょう。

引越しの長距離の混載便とは?デメリットは何がある?

損しないためには引っ越しの相見積もりを取る

3人暮らしの引越しもなると、それぞれの荷物も増えてくるだけでなく、共有すべき道具も大型化してくるために、どうしても荷物は多くなってしまいます。
引っ越し業者に見積もりを取るなら複数の業者からとるようにします。
なぜなら一社からの見積もりだと費用の相場が分からないからです。

特に繁忙期の時期の引っ越しは、業者も忙しく費用を上乗せして見積もりを出す場合があります。
複数から見積もりを取ることで費用の相場より安い業者を見つけることが出来るでしょう。

他にも相見積もりを取ることのメリットがあります。

相見積もりをすることのメリット

それでは引っ越しをする際に相見積もりを取ることのメリットについてお話します。

相見積もりのメリット

・その時期の引っ越し費用の相場を知ることができる

・引っ越し費用の交渉をする時の交渉材料になる

・費用が安くならなくてもダンボールが無料になるなどのサービスを受ける場合がある

などがメリットになります。
相見積もりの一番のメリットは、費用の交渉ができるという点です。
見積もりを取ったものを他社に提示するだけで、費用は数千円から数万円安くなることも多いです。
引っ越しの費用の交渉に抵抗がある人もいるかもしれませんが、引っ越し業界では当然のことなので交渉をしないのは損でしょう。
「こちらの引っ越し業者では〇〇円でしたが、もう少し安くなりませんか?」と一言いうだけで費用を下げてくれる可能性があります。
是非利用しましょう。

とはいうものの、相見積もりを取るといっても一社ずつ交渉していては時間がかかります。
そういう時におすすめなのが「引っ越し一括見積もりサービス」になります。

引っ越し一括見積もりサービスのメリットとしては、

引っ越し一括見積もりサービスのメリット

・1分程度で複数の業者に見積もりを取ることができる

・スマホやパソコンから一回のデータ入力で見積もりをすることができる

・無料で利用することができる

・業者も相見積もりを取られていると知っているので交渉を前提にしている

・引っ越し一括見積もりの業者を仲介しているので悪徳業者が排除されている可能性が高い

などになります。
引っ越しをするなら一度は利用した方がいいでしょう。
引っ越し一括見積もりならテレビCMでもおなじみのこちらの業者がおすすめです。
1分程度で最大10社の見積もりが可能です。もちろん利用料金は無料になります。
テレビCMでもおなじみの引っ越し一括見積もりサービスを見てみる

さいごに

引越しする場合、あらかじめ「いつの時期なら安いの?」「ダンボールはどのくらい必要なの?」「どのくらいのトラックが来るの?」「作業員は何人で来るの?」「料金を安くするコツは?」これらのことが事前に分かっていると、かなり料金を安く抑えるのに役立ちます。
皆さんもこれらの情報を参考に、出来るだけ引っ越し料金を抑えられるように頑張ってみましょう。

関連記事はこちらになります。合わせてご覧ください。

引越しの費用の相場。2人暮らしの場合はいくらくらい?

引越しの費用の相場。4人暮らしの家族だといくらくらい?

あなたも引越し料金で損してるかも?

引越しの料金を安くするコツは一括での無料見積もりになります。

1分間程度で30社の中からあなたにあった最安値の業者を調べることが可能です。

実際に調べると95000円の業者と52000円の業者がありました。

実に43000円もお得に引越しができたんです。

一括見積りを試すならリクルートでもおなじみのSUUMOがおすすめです。

SUUMOなら電話登録が任意なので電話がかかってくる心配がないのも便利です。

>>>自分に合った格安の引越し業者をSUUMOで試しに見てみる(無料)<<<




よく読まれている記事一覧

引っ越し 1

忙しい人用にランキングを先に掲載します。 1位 >>>引越し侍<<< 2位 >>>LIFULL 引越し<<< 3位 >>>ズバット引越し比較<<< 4位 >>>引越し価格ガイド<<< 5位 >>>引越 ...

7月の引っ越し費用の相場は?料金が安いのはいつくらい? 2

「7月に引っ越す予定だけど、この時期は引っ越し費用は高いの?安いの?」 「7月に引っ越しするけど、どの時期に引っ越すと安いの?」 そういう疑問はありませんか? 7月の引っ越しで影響が出てくるのは梅雨と ...

6月の引越し費用の相場は?料金が安いのはいつくらい? 3

「6月に引越し予定だけど、費用ってどのくらいなの?」 「結婚をしたのでこれから新居に引っ越すんだけど、6月の費用の相場はどうなの?」 あなたはその様なことを思っていませんか? 春の引越し繁忙期も終わり ...

-引越しの費用
-, , ,

Copyright© 引越しの手続きチェックリスト一覧まとめ|引越し手続きナビ , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.