引越しの費用

3月の引っ越し費用の相場は?安いのは上旬中旬下旬のどれ?

更新日:

3月の引っ越し費用の相場は?安いのは上旬中旬下旬のどれ?

「3月に引っ越し予定だけど、費用の相場ってやっぱり高いよね?」

「3月の上旬と下旬ではどのくらい引越しの費用が変わってくるの?」

そういう疑問ありませんか?

3月は引っ越しシーズンの中でも一番の繁忙期になります。
どの引越し業者も需要が多いため引っ越し費用の相場も他の月に比べて格段に高くなります。
特に3月下旬は前もって予約をしておかないと引っ越しすらできないという状況になりかねません。
そういう中でも引っ越しの費用を抑えることは可能なのでしょうか?
今回は3月の引っ越し費用について解説したいと思います。

あなたも引越し料金で損してるかも?

引越しの料金を安くするコツは一括での無料見積もりになります。

1分間程度で30社の中からあなたにあった最安値の業者を調べることが可能です。

実際に調べると95000円の業者と52000円の業者がありました。

実に43000円もお得に引越しができたんです。

一括見積りを試すならリクルートでもおなじみのSUUMOがおすすめです。

SUUMOなら電話登録が任意なので電話がかかってくる心配がないのも便利です。

>>>自分に合った格安の引越し業者をSUUMOで試しに見てみる(無料)<<<




3月の引っ越しを安くする方法はあるのか?

引っ越しの経験が少ない人でも、3月が引っ越しの繁忙期であることはなんとなく想像ができるかと思います。
多くの学校の入学が4月、多くの企業の新入社員の入社も4月、多くの会社の人事異動が4月。
これだけ重なれば、さすがに引っ越し業界も不動産業界も賑わいます。
ではそんな3月の引っ越しを安くする方法はあるのか?
上旬・中旬・下旬に分けて、その攻略法を考えていきましょう。

3月上旬の引っ越し事情

引っ越し新生活のスタートが4月からと考えれば、3月の上旬に引っ越す人はかなり用意周到なタイプといえます。
もちろん3月の中でも一番引っ越し費用が安く上がる可能性があるのがこの3月上旬。
しかし、それでも他の月から考えればかなり高くつくことは覚悟が必要です。

3月上旬の物件家賃相場

4月からの新生活に向かって物件を探すには、この3月上旬がピークになるといって過言ではありません。
条件のいい物件は瞬く間に契約が埋まっていくタイミングですので、ゆっくり物件を吟味している時間もないようなタイミング。
当然不動産屋の窓口も混みあい、丁寧な対応を願うほうが難しいほどの活況となります。
このタイミングで物件を探すと、どうしても家賃も割高になります。
賃貸物件の家賃は、周辺の他の物件との兼ね合いもありますので、大きく上下をしないものですが、それでもこの時期は通常期の1割増しは当たり前。
通常期なら8万円で借りられる物件が、9万円近い家賃で表示することも珍しくありません。
また、東京で言えば「吉祥寺」や「小石川周辺」など、学生に人気の街は、さらに家賃は割高になり、通常期の1.2倍~1.3倍などということも。
意外と影響が少ないと思われるかもしれませんが、家賃8万円の物件の3割増しだと、10万4千円です。
これが毎月になりますから、相当な増額です。
しかし、家賃交渉をするにも、物件は入れ食いの状態。
値下げ交渉も難しい時期です。
よほどこの時期に引っ越さないといけない場合を除いて、この時期の物件探しは控えた方がいいでしょう。

3月上旬の引っ越し料金相場

物件探しがピークを迎えるのに対し、引っ越し業者のピークはもう少し先になります。
つまり3月上旬であれば、まだなんとか業者を確保し、動き出しが早ければ希望日での引っ越しが可能になるタイミングと言えるでしょう。
とはいえ、料金は安くはありません。
何しろ引っ越し繁忙期で、黙っていてもお客さんから問い合わせがある時期。
必然的に料金も高くなります。
通常期の引っ越し料金を「100」とすると、この時期の引っ越し料金は「150~200」といったところ。
悪徳な業者にひっかかると、通常期の3倍以上の料金を請求されるケースもありますので注意してください。

3月中旬の引っ越し事情

引っ越し3月中旬の引っ越しはほぼピークの状況になります。
週末になると引っ越し業者はトラックと人員をフル回転。
作業員によっては1日に3本も4本も現場を掛け持つ状態となります。
そんな最盛期の引っ越し事情をお伝えします。

3月中旬の物件家賃事情

3月中旬になると、優良物件はほぼ品切れの状態になります。
4月から新生活をスタートさせるには、3月下旬に引っ越しするのが最終便。
3月下旬に引っ越す以上、3月中旬に物件が決まっていないと話になりません。
この時期まで物件探しがずれ込んでしまったら、ある種妥協は必要です。
ここまで借り手がつかなかった物件は、それなりに問題がある物件ということになります。
自分の中で新居に求める条件がいくつかあるかと思いますが、その中から何かひとつ妥協して物件を決めるしかありません。
ちなみに家賃事情は3月上旬から下がる理由もないので、同じ高止まりの状態になります。

3月中旬の引っ越し料金事情

3月も中旬になると、週末で日時指定をするのは至難の業。
しかしまだ平日であれば日時の指定が可能かもしれません。
引っ越し料金に関しては、ほぼピークの料金になりますので、通常期の1.5倍以内で済めば御の字と言ったところでしょうか。

3月下旬の引っ越し事情

3月下旬は、引っ越し業者にとって繁忙期を通り越してちょっとしたカオスな状況に陥るタイミング。
こちらの希望は最低限しか通りませんので、覚悟が必要です。
一方物件探しにも最悪のタイミング。
駆け込み需要もあることから、この時期に優良物件を見つけるのはかなり困難な作業。
そんな3月下旬の引っ越し事情をみてみましょう。

3月下旬の物件家賃相場

3月下旬は不動産業界でもほぼ在庫がない状態。
その上、家賃も変わらず高止まりを続けている状況ですから、物件探しには不利な時期です。
ここまでずれ込んだ以上、いっそのこと4月以降にずらしてしまうのが賢明な選択といえます。

3月下旬の引っ越し料金事情

3月下旬は本当の意味で引っ越しのピークを迎えます。
この時期になると、平日といえども希望の日時に引っ越しができる可能性は低く、引っ越し業者の事情に合わせて引っ越しを考えないといけない状況になります。
当然業者も忙しいわけですから、作業も「丁寧に」というより「時間厳守」が優先になります。
すべての業者が雑になるとはいいませんが、状況としては好ましくないといえます。
3月下旬の引っ越し料金は、平日でも「150」は当たり前、週末なら「200」近い料金も覚悟しなくてはいけません。

お彼岸に引っ越しや挨拶は縁起が悪い?費用の相場はどうなの?

3月の引っ越しは平日なら安い?

引っ越し通常他の月の引っ越しは、週末に比べれば平日の方が料金は安くなります。
しかし3月に関しては例外。
平日だからといって安くなるとは限りません。
平日とはいえ安くならないカラクリは、単純に平日にも引っ越し希望者が多くいるから。
このタイミングで引っ越しをする人の多くは、新入学、もしくは新入社の人たちです。
こういった人たちは、引っ越しのタイミングで大学生、高校生であることがほとんど。
つまり2~3月は春休みにあたり、平日だろうが予定を空けるのが難しくありません。
こういった事情から、3月に限っては平日だから安いという方程式は通用しないことになります。

3月に引っ越すなら、業者の予約はいつがいい?

相当忙しい季節になる3月の引っ越しですが、業者の予約はいつ頃がベストでしょう?
これはこの時期に引っ越しをする他の人たちのスケジュールから計算できます。
まずは新入学で引っ越しをする学生のスケジュールを考えましょう。
新入学ということは、入試を経てということになります。
その入試は概ね2月の半ば。
合否が出て進学する学校が決まるのが2月末。
そこから物件を探して、引っ越し業者を決めるわけですから、引っ越し業者に予約が殺到するのは3月の上旬ということになります。
一方、新入社の引っ越しスケジュールはもう少し早めに動き出します。
新入社員の入社内定はもっと早くに出ています。
高校にしても大学にしても、2月中旬には学業は落ち着きますから、物件の探し始めがこのあたり。
それから引っ越し業者の手配ですから、予約は2月の下旬ということになります。
と、いうことはこの手配よりも早いタイミングであれば、ある程度融通が利くということ。
目標としては2月の中旬までに引っ越し業者の予約をするように心がけましょう。

3月の引っ越し費用を少しでも安くしたいなら引っ越し費用の相見積もりを取る

お金3月の引っ越しの費用は前述通り他の月の1.5倍以上の費用になる場合があります。
ただ気を付けたいのは引っ越し業者も繁忙期ということで費用を高く見積もるという事が多いです。
それだけ需要が高いですから、引っ越し費用を安くする必然性がありませんからね。
ですからまずは引っ越し費用の相場を知る必要があります。
引っ越し費用の相場を知ることで、今見積もりしている業者が高いのか妥当なのかが分かります。
引っ越し費用の相場を知るには相見積もりが便利です。

相見積もりをすることのメリット

それでは引っ越しをする際に相見積もりを取ることのメリットについてお話します。

相見積もりのメリット

・その時期の引っ越し費用の相場を知ることができる

・引っ越し費用の交渉をする時の交渉材料になる

・費用が安くならなくてもダンボールが無料になるなどのサービスを受ける場合がある

などがメリットになります。
ただ相見積もりを取るといっても一社ずつ交渉していては時間がかかります。
そういう時におすすめなのが「SUUMOの引っ越し一括見積もりサービス」になります。

引っ越し一括見積もりサービスのメリットとしては、

引っ越し一括見積もりサービスのメリット

・1分程度で複数の業者に見積もりを取ることができる

・スマホから一回のデータ入力で見積もりをすることができる

・無料で利用することができる

・業者も相見積もりを取られていると知っているので交渉を前提にしている

・引っ越し一括見積もりの業者を仲介しているので悪徳業者が排除されている可能性が高い

などになります。
引っ越し費用の相場をするならこの一括見積もりが便利です。
引っ越し一括見積もりならテレビCMでもおなじみのSUUMO一括見積もりがおすすめです。
1分程度で複数の業者に見積もりが可能です。もちろん利用料金は無料になります。

またSUUMOの一括見積もりの場合は利用しても業者から電話がかかってくることはありません

引っ越し一括見積もりをしたからと言ってどこかの業者に決める必要性はありませんので引っ越し費用の相場を知るために利用するのも有りですね。
詳しくはこちらをどうぞ。
テレビCMでもおなじみのSUUMOの一括見積もりサービスを見てみる

3月末の引っ越しはしっかりとした準備が必要

御覧頂いたとおり、3月は引っ越し業界にとって年間最大の繁忙期です。
正直に言うのであれば、この時期の引っ越しは回避するのがベストです。
それでも、そんな時期に引っ越しをする以上、事前の準備が必要。
まずは物件探しの時期。
3月に引っ越すのであれば、物件を探すのは2月の上旬から始めるべきでしょう。
場合によっては2ヶ月近く前からの物件探しになりますが、引っ越し業者の予約から逆算すれば、この時期に探すのがベストということになります。
引っ越し業者の予約は2月の中旬を目処に。
それでも引っ越し料金の見積もりは高めで出てくる可能性があります。
大事なのは複数の業者から見積もりを取ること。
値引き交渉で有効になるのは、やはり同業他社の見積もりです。
どうしても3月に引っ越す必要がある方は、「SUUMOの一括見積もりサイト」などを使って、早めに、しっかり下準備を行うことをおすすめします。

参照:春休み中の引越し費用を安くするコツは?料金の相場はいくらくらい?

あなたも引越し料金で損してるかも?

引越しの料金を安くするコツは一括での無料見積もりになります。

1分間程度で30社の中からあなたにあった最安値の業者を調べることが可能です。

実際に調べると95000円の業者と52000円の業者がありました。

実に43000円もお得に引越しができたんです。

一括見積りを試すならリクルートでもおなじみのSUUMOがおすすめです。

SUUMOなら電話登録が任意なので電話がかかってくる心配がないのも便利です。

>>>自分に合った格安の引越し業者をSUUMOで試しに見てみる(無料)<<<




よく読まれている記事一覧

引っ越し 1

忙しい人用にランキングを先に掲載します。 1位 >>>引越し侍<<< 2位 >>>LIFULL 引越し<<< 3位 >>>ズバット引越し比較<<< 4位 >>>引越し価格ガイド<<< 5位 >>>引越 ...

3月の引っ越し費用の相場は?安いのは上旬中旬下旬のどれ? 2

「3月に引っ越し予定だけど、費用の相場ってやっぱり高いよね?」 「3月の上旬と下旬ではどのくらい引越しの費用が変わってくるの?」 そういう疑問ありませんか? 3月は引っ越しシーズンの中でも一番の繁忙期 ...

引越し 3

  「4月に引っ越し予定だけど引っ越し費用の相場はどのくらいなの?」 「4月の引っ越しならどの時期にしたら安くなるの?」 その様なことを思っていませんか? 毎年春は引っ越しの最繁忙期となりま ...

no image 4

  「2月に引っ越しをする予定だけど、この時期の費用の相場ってどうなの?」 「2月の引っ越しで費用が安いタイミングはある?」 そんなことを思っていませんか? 3月から引越し業界は繁忙期になり ...

-引越しの費用
-, , , , , ,

Copyright© 引越しの手続きチェックリスト一覧まとめ|引越し手続きナビ , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.