引越しの費用

隣の家への引っ越しを業者にお願いすると費用はいくらくらい?

更新日:

 

「隣の家に引っ越しをするんだけど、引っ越しの業者ってお願いした方がいい?」

「隣の家に引っ越す場合の引っ越し費用ってどのくらいなの?」

なんて疑問はありませんか?

様々な事情で隣の家という近距離での引っ越しをする場合があるかと思います。

そこで疑問に思うのは、「距離が近いんだから自分で引っ越ししたらいいんじゃないの?」と。

でも、冷蔵庫や洗濯機など個人では中々運ぶことが出来ません。
なのでできるだけ引っ越し業者にお願いすることをおすすめします。

今回は、隣の家に引っ越すときに業者にお願いした場合の費用について単身から家族別で紹介したいと思います。

隣の家に引っ越し予定の人は是非チェックしてみてください。

あなたも引越し料金で損してるかも?

引越しの料金を安くするコツは一括での無料見積もりになります。約1分間であなたにあった最安値の業者を調べることが可能です。

実際に調べると95000円の業者と52000円の業者がありました。

実に43000円もお得に引越しができたんです。

しかも今なら期間限定で最大10万円のキャッシュバックもありお得です。

一括見積りを試すならCMでもおなじみの引っ越し侍がおすすめです。

>>>自分に合った格安の引越し業者を試しに見てみる(無料)<<<




隣の家への引っ越し相場は?

超近距離というか、ほぼ移動距離ナシの引っ越しですが、引っ越し業者に依頼するとどの程度の費用がかかるのか?
引っ越し料金に大きく影響を与える項目の一つに「移動距離」があります。
そう考えれば、移動距離が限りなくゼロに近い隣地への引っ越しは相当安くなるはず。
そこで、単身者・新婚カップル・4人家族などケース別で調べてみました。

単身者の隣地への引っ越し費用相場

単身者の引っ越しとなると、荷物の量は軽トラック~2tトラック分程度でしょう。
このくらいの荷物で、隣地への引っ越しとなると恐らく20,000~30,000円程度になるかと思います。

新婚カップルの隣地への引っ越し費用相場

新婚カップルの荷物の量を想定すると、2tトラック~3tトラックといったあたりが多いかと思います。
この量になると、隣地への引っ越し費用相場は30,000~50,000円程度でしょう。

4人家族の隣地への引っ越し費用相場

4人家族の荷物の量を想定すると、4tトラック1台分といったところ。
この量になると引っ越し費用相場は70,000~100,000円程度になるのではないでしょうか?

意外と安くならない引っ越し費用

スラっと書き流してみましたが、想像以上に費用相場が高いと感じた方も多いのではないでしょうか?
そのカラクリは、隣地という超近距離の引っ越しでも、トラックは基本的に使用するということです。
隣に引っ越すのであれば、部屋から部屋へピストン輸送をするものと考えがちですが、これは効率が悪い方法と言われています。
作業効率を考えるのであれば、一度荷物をトラックに積み込み、数十メートルとはいえまとめて運び、一気に新居に荷物を運びこむ方法の方が、時間的にも作業の安全性の面からもはるかに上とされています。
そこでほとんどの引っ越し業者は、いくら近くても必ずトラックを使用します。
つまり、移動距離20kmの引っ越しと移動距離50mの引っ越しの費用の差は、ガソリン代程度ということに。
隣の敷地への引っ越しというのは、最短距離の引っ越しの一部であり、極端に近いからといって、極端に安くなるということはないのです。

そんなに高いのであれば別の方法も?

隣地への引っ越し費用の相場が想像以上に高いということで、こうなると自力で引っ越しをしたほうが? と考えてみたくなります。
そこで、ほかの方法での引っ越しにおけるメリット・デメリットを考えてみましょう。

自力引っ越しは安く上がるが問題も

もちろん依頼者ご自身だけでは難しいでしょうから、友人や知人に応援を依頼して引っ越しをすると想定します。
まず問題となるのは大物家具や大物家電製品です。
大型の冷蔵庫やサイドボード、食器棚や洗濯機など、たとえ数十mといっても素人が数人で運ぶのはなかなかの作業です。
出入口が広ければいいのですが、さほど広くない場合はさらに難易度アップ。
新居や旧居に傷をつけてしまったり、荷物を破損してしまったりする可能性は低くありません。
もちろん費用は手伝ってもらった友人への謝礼程度で済みますが、体力面や安全性の面では大きなリスクがあるといえます。

便利屋を利用する方法も?

人手が必要ということであれば便利屋に依頼するという方法もあります。
確かに便利屋に依頼すれば、引っ越し業者に依頼するよりはかなり費用を抑えることができるでしょう。
しかし便利屋さんは便利屋さん。
素人よりは慣れているとはいえ、荷物を運ぶ専門家ではありません。
できるだけ丁寧に運んではくれるはずですが、どの程度の力量があるかは業者次第。
経験の浅い業者やアルバイトに当たってしまうと、結果としては素人作業と同等の安全性にしかなりません。
このあたりの当たりはずれが存在するのが便利屋のデメリットといえるでしょう。

隣の家への引っ越しでの最善の選択肢は?

引っ越し業者に依頼すると高いし、自力でやるには大変で危険。
では最善の対応策は?
これは引っ越し業者が行っている「家具だけ引っ越し」サービスを利用することでしょう。
自力で引っ越す際の問題は大きな家具や家電製品の扱いですから、そこだけをプロに頼んでしまおうというプランです。
プランの内容は業者によって様々ですが、料金相場は恐らく半額以下に抑えられるはず。
単身者で7,000~10,000円、新婚カップルで15,000~20,000円、4人家族で30,000円前後が相場と言われています。

家電や大型家具のみの引越しだと料金相場はいくらくらい?

隣の家への引っ越しまとめ

隣地などごく近い距離の引っ越しは、大物はプロに依頼しつつ、段ボールなどは少しずつ自力で運ぶのが最善の策といえます。
もちろん段ボールとはいえそれなりの荷物を自力で運ぶことになりますので、十分時間的な余裕を作っての引っ越しがオススメ。
同時に引っ越しを機に断捨離を行って荷物を減らすことも考えてみてください。
家具や家電だけ引っ越し業者に依頼する場合は、業者によってサービスと費用が大きく変わります。
このあたりは問い合わせてみないと分からない部分も多いかと思います。
しかし、あちこちに問い合わせをするにはなかなか手間がかかります。
オススメは「引っ越し料金一括見積もりサイト」の利用です。
ここで一括で見積もりを依頼し、各業者のサービスを費用を見比べて、ご自身のプランに最適な業者を見つけるのが最善の策といえるでしょう。

あなたも引越し料金で損してるかも?

引越しの料金を安くするコツは一括での無料見積もりになります。約1分間であなたにあった最安値の業者を調べることが可能です。

実際に調べると95000円の業者と52000円の業者がありました。

実に43000円もお得に引越しができたんです。

しかも今なら期間限定で最大10万円のキャッシュバックもありお得です。

一括見積りを試すならCMでもおなじみの引っ越し侍がおすすめです。

>>>自分に合った格安の引越し業者を試しに見てみる(無料)<<<




よく読まれている記事一覧

引っ越し 1

忙しい人用にランキングを先に掲載します。 1位 >>>引越し侍<<< 2位 >>>LIFULL 引越し<<< 3位 >>>ズバット引越し比較<<< 4位 >>>引越し価格ガイド<<< 5位 >>>引越 ...

7月の引っ越し費用の相場は?料金が安いのはいつくらい? 2

「7月に引っ越す予定だけど、この時期は引っ越し費用は高いの?安いの?」 「7月に引っ越しするけど、どの時期に引っ越すと安いの?」 そういう疑問はありませんか? 7月の引っ越しで影響が出てくるのは梅雨と ...

6月の引越し費用の相場は?料金が安いのはいつくらい? 3

「6月に引越し予定だけど、費用ってどのくらいなの?」 「結婚をしたのでこれから新居に引っ越すんだけど、6月の費用の相場はどうなの?」 あなたはその様なことを思っていませんか? 春の引越し繁忙期も終わり ...

-引越しの費用
-, ,

Copyright© 引越しの手続きチェックリスト一覧まとめ|引越し手続きナビ , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.