引越しの費用

2月の引っ越し費用の相場は?安いのは上旬中旬下旬のどれ?

更新日:

 

「2月に引っ越しをする予定だけど、この時期の費用の相場ってどうなの?」

「2月の引っ越しで費用が安いタイミングはある?」

そんなことを思っていませんか?

3月から引越し業界は繁忙期になります。
それでは2月はどうなのでしょうか?
2月は上旬か下旬かで大きく状況が変わってきます。
今回は2月に引っ越しをしたい人向けに解説したいと思います。

 
損してる?格安の引越し業者を見つけよう
複数の引越し業者に見積もりを取ることで最大50%も安い業者を見つけることができます

利用料は無料で1分程度で見つけることができます。

今なら期間限定で最大10万円のキャッシュバックもありお得になっています。

詳しくはこちら。
自分に合った格安の引越し業者を見つけるならこちら(無料)


2月の引っ越しはお得?

2月の引っ越しはお得かどうかと聞かれれば、「時期を選べば損ではない」という答えがしっくりくるかもしれません。
それほど2月の引っ越しは、状況次第で状況が大きく変化してくるということです。
それでも2月に引っ越しをしなければいけない人向けに、賢い引っ越しについて調べてみました。
まずはタイミング別の引っ越し状況を確認しましょう。

2月上旬はまだまだ安い?

引っ越し業界では1月が年間最大の閑散期と言われています。
この流れは2月に入っても一変することはなく、2月の上旬もまだ閑散期と考えていいでしょう。

2月上旬の物件家賃相場

2月の上旬は、1月上旬に比べて、家賃の表示が少々高くなる時期です。
不動産業界では12~1月にかけて、特に学生向け、単身者向けの物件を大量に集めています。
もちろん繁忙期である3月に向けての「在庫確保」です。
こういった物件がそれなりに揃い始めるのがこの時期。
そしてある程度物件が揃うと、こっそり家賃表示を高めに表示しだします。
2月の上旬~中旬にかけては多くの大学で入学試験が行われます。
受験生を持つ親御さんは、子供の合否を確認する前から、「もし合格したらどのあたりで一人暮らしをするのか? その周辺の家賃相場は?」と調べ始めるものです。
それに合わせて、業者も表示を少々高くするわけです。
この時期の家賃の表示は通常期を「100」とすると「105~110」といったところ。
もし、2月の上旬に「引っ越し」ではなく「物件探し」をするなら、家賃交渉は必須です。
不動産屋としても、まだそれほど忙しくない時期ですから、交渉をすればしっかり応じてくれますし、通常よりやや高めの表示をしているため、値引きに応じてくれる可能性も低くありません。

2月上旬の引っ越し料金相場

2月上旬の引っ越し料金は、おおよそ通常期レベルだと思ってください。
引っ越し業者は2月あたりから本格的に人員を増強しています。
つまりトラックさえ確保できれば、人員が足りないという可能性は低いため、比較的希望の日に引っ越しができる可能性が高い時期といえます。
引っ越し料金相場は、通常期を「100」とするとこの時期も「100」前後。l
ただし、悪徳業者に引っかかると、やたらとムダに人員をつけて、やたらと高い見積もりが出ます。
3月の繁忙期に向けて確保した人員に仕事を与えないと、3月を前に辞められてしまう可能性があるからです。
引っ越し業者の見積もりは内容を入念にチェック。
交渉で値引きできると思ったら粘り強く交渉してください。
ちなみに値引き交渉で有効な武器となるのが「他社の見積もり」。
複数の業者から見積りを集めるのが、賢く引っ越しをする最善の方法です。

2月中旬から日程の確保が困難に

2月も中旬になると、本格的な引っ越しシーズンがスタートします。
本格的とはいえ、この時期に引っ越しを行うのは推薦入試で早めに入学が決まった人や、転勤の心配がない新社会人くらい。
まだまだ大忙しという雰囲気にはなりませんが、それでも1月や2月上旬に比べれば忙しい時期になります。

2月中旬の物件家賃相場

2月中旬になると、物件の家賃はすっかり繁忙期仕様に様変わりします。
通常期を「100」とすれば、この時期は「110」程度になると考えておけば間違いないでしょう。
この時期になると、不動産屋も物件のオーナーも、なかなか値引き交渉には応じてくれません。
この時期は春から一人暮らしを始める人が物件を探し始める時期に突入します。
不動産屋も一番忙しい時期で、物件を求める人は次から次へとやってきます。
いちいち細かい値引き交渉に時間を使うこともなくなりますので、特別な理由がない限りこの時期の引っ越しはオススメできません。

2月中旬の引っ越し料金相場

物件探しは一番忙しい時期に突入しますが、引っ越しシーズンとしてはまだ一番のシーズンとまではいきません。
しかし、それでも引っ越し料金はそろそろ上がり始めるタイミング。
通常期を「100」とすれば、「110」くらいにはなってしまうので注意が必要です。
どうしてもこの時期に引っ越しをと考えている方は、平日に引っ越すとか、フリー便にするとか、少しでも安くなるように工夫しましょう。

2月下旬はもはや最繁忙期

通常の月も1ヶ月の中で一番忙しくなるのが月末。
特に多くの会社が給料日としている25日以降が一番忙しくなります。
この傾向の通り2月の下旬は2月でも一番忙しい時期。
2月で一番忙しいということは、もう繁忙期の3月と変わらない忙しさということ。
延期できるのであれば、この時期の引っ越しは避けたほうがいいでしょう。

2月下旬の物件家賃相場

2月下旬になると、大学入試の結果も出て、本格的に物件探しのシーズンに入ります。
この時期まで来ると、特に単身者向けの物件は探すこと自体が困難に。
不動産屋も忙しい時期ですので、丁寧な対応は望めず、希望通りの物件を見つけるのは非常に困難になります。
家賃の表示は「110」程度。
通常期の1割増し程度ですが、家賃の値下げ交渉にはほぼ応じてもらえません。
物件探しには向かない時期と覚えておきましょう。

2月下旬の引っ越し料金相場

引っ越し料金の相場も「120~130」と一気に跳ね上がります。
引っ越し業者も人員は確保していますが、予定は目一杯詰め込んでいますので、1件1件の作業を時間内に終わらせるため、やや作業が荒くなる傾向も。
また、引っ越し繁忙期らしい問題もあります。
例えばエアコンの取り外しや設置。
エアコンの設置に関しては、引っ越し業者も外部の専門業者に依頼します。
この業者が混みあうと、引っ越しのタイミングに合わせた設置が不可能になる場合もあります。
料金が高いのはもちろん、他にもいろいろと支障が出るこの時期の引っ越しは、やはりおすすめできません。

2月の引っ越し費用を安くするなら引っ越し費用の相見積もりを取る

2月は上旬が閑散期で下旬から徐々に繁忙期に入ります。
2月の下旬に引っ越しを検討している方で、安く引っ越しをしたい人は相見積もりを取ることをおすすめします。
一社のみからの見積もりではその金額が妥当なものなのか判断が付きません。
繁忙期だと割高に見積もりを取られることもあるでしょう。
複数の業者に見積もりをすることで、費用の相場が分かるようになります。
費用の相場が分かれば交渉をすることも可能になります。

相見積もりをすることのメリット

それでは引っ越しをする際に相見積もりを取ることのメリットについてお話します。

・その時期の引っ越し費用の相場を知ることができる

・引っ越し費用の交渉をする時の交渉材料になる

・費用が安くならなくてもダンボールが無料になるなどのサービスを受ける場合がある

などがメリットになります。
ただ相見積もりを取るといっても一社ずつ交渉していては時間がかかります。
そういう時におすすめなのが「引っ越し一括見積もりサービス」になります。

引っ越し一括見積もりサービスのメリットとしては、

・1分程度で複数の業者に見積もりを取ることができる

・スマホから一回のデータ入力で見積もりをすることができる

・無料で利用することができる

・業者も相見積もりを取られていると知っているので交渉を前提にしている

・引っ越し一括見積もりの業者を仲介しているので悪徳業者が排除されている可能性が高い

などになります。
引っ越しをするなら一度は利用した方がいいでしょう。
引っ越し一括見積もりならテレビCMでもおなじみのこちらの業者がおすすめです。
1分程度で最大10社の見積もりが可能です。もちろん利用料金は無料になります。

2月に安く引越しできる業者を調べてみる(無料)

2月末からは繁忙期に突入

11~1月までは引っ越しの件数も少なく、家賃や引っ越し料金も安く抑えられるおすすめの時期でしたが、2月は最終週からは完全に繁忙期に突入します。
物件探しをするにも好条件の物件を見つけるのが難しく、引っ越し料金も一気に高額に。
この時期の引っ越しは基本的にオススメできませんので、予定を変更できる方は変更するべきでしょう。
それでも、どうしてもこの時期に引っ越しをしなければいけないのであれば、費用を抑えることに最善を尽くしましょう。
先に書いたとおり、家賃を値下げしてもらうことは非常に難しい時期。
費用を抑えるのであれば、下げるのは引っ越し料金。
引っ越し料金を下げるのであれば、多くの業者から見積もりを取るのが最善の策。
手間を掛けずに多くの業者から見積もりを取るには、「引っ越し料金の一括見積もりサイト(無料)」を活用するのがおすすめです。

引っ越しの一括見積りでお得に引越しをする

引越しの料金を安くするコツは一括での無料見積もりになります。約1分間であなたにあった最安値の業者を調べることが可能です。

実際に調べると95000円の業者と52000円の業者がありました。

実に43000円もお得に引越しができたんです。

しかも今なら期間限定で最大10万円のキャッシュバックもありお得です。

一括見積りを試すならCMでもおなじみの引っ越し侍がおすすめです。

>>>自分に合った格安の引越し業者を試しに見てみる(無料)<<<




お得に引っ越したい人向けの記事

引っ越し 1

忙しい人用にランキングを先に掲載します。 1位 >>>引越し侍<<< 2位 >>>LIFULL 引越し<<< 3位 >>>ズバット引越し比較<<< 4位 >>>引越し価格ガイド<<< 5位 >>>引越 ...

-引越しの費用
-, , ,

Copyright© 引越しの手続きチェックリスト一覧まとめ|引越し手続きナビ , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.