引越しの費用

クレーン車の引っ越し費用はどのくらい?安くするコツは?

更新日:

 

「クレーン車で引っ越し作業をしなければいけないんだけど、費用ってどのくらいかかるの?」

「クレーン車を使っての作業でも費用を安くするコツはある?」

その様な悩みはありませんか?

大型の家具や家電製品など、玄関を通らない荷物などは、窓からクレーンで搬入・搬出する必要が生じる場合があります。
その大型商品を購入したときにクレーンを使わなかったから…と考えていても、引っ越し先の状況次第では当然クレーンが必要になりますので注意が必要です。
そんなクレーン作業に関していろいろと調べてみました。

あなたも引越し料金で損してるかも?

引越しの料金を安くするコツは一括での無料見積もりになります。約1分間であなたにあった最安値の業者を調べることが可能です。

実際に調べると95000円の業者と52000円の業者がありました。

実に43000円もお得に引越しができたんです。

しかも今なら期間限定で最大10万円のキャッシュバックもありお得です。

一括見積りを試すならCMでもおなじみの引っ越し侍がおすすめです。

>>>自分に合った格安の引越し業者を試しに見てみる(無料)<<<




どういう時にクレーン作業が必要なの?

クレーン作業は基本的に玄関から出せない荷物を搬入・搬出する際に必要となります。
また玄関を出せたとしても、エレベーターに入りきらない、階段で搬出するにも踊り場が狭くて通せない場合などにもクレーンが必要となります。
このあたりの判断に関しては、専門の業者に見てもらうしかありませんので、引っ越しの依頼をする場合は、必ず事前に荷物や建物を引っ越し業者の営業担当者に直接見てもらうようにしましょう。

クレーン作業はオプションなの?

クレーン作業の費用に関しては、業者によって考え方が違いますので、いちいち確認が必要です。
とはいえ基本的にオプション料金とする業者が多いようです。
一部大手引っ越し業者では、自前でクレーン車を持っているケースもありますが、それでもクレーン作業には専門の操縦者(要免許)を派遣する必要があり、オプションと考えるのが基本になります。

どういうものを運ぶ時にクレーンを使うの?

前述の通り、基本的に大型の家電製品や家具ということになります。
ベッド、テレビ台、タンス、冷蔵庫など。
冷蔵庫に関しては購入したときに玄関から普通に搬入できていれば、当然搬出は可能です。
ただし、新居となる部屋に搬入できるかどうかは別問題。
新居のエレベーターが狭い、階段の踊り場が狭いなど、現在使っている冷蔵庫が玄関から搬入できない可能性もあります。
そういう場合にはやはりクレーン作業が必要となります。

参照:引越し業者は冷蔵庫を2階まで搬入してくれる?設置は?

参照:冷蔵庫をクレーンで吊り上げた場合の料金の相場はいくら?

ピアノの運搬には専門の業者の力が

また、特殊な例ですがピアノもクレーン作業になるケースが多い荷物です。
ピアノに関しては分解できる物が少なく、無理に搬送しようとしてぶつけたりした場合、ピアノそのものの品質に影響が出ることも多いので、クレーン作業を推奨されるケースが多いようです。
さらにピアノの引っ越しの場合は、引っ越し業者ではなく、ピアノ搬送の専門業者が行うことも。
ピアノ専門の運搬業者の場合、運搬が丁寧な上に、搬送終了後調律のサービスをしてくれることもあり非常に便利です。
引っ越し業者の中には、ピアノの運搬に関しては外部業者に依頼する形をとっている業者も少なくないので、ピアノを運ぼうと考えている方は事前に確認が必要ですので覚えておいてください。

注意が必要な人気組み立て式家具

近年人気の北欧家具メーカー。
ベッドや大型のタンスなども、基本的に自分で組み立てる家具が中心です。
価格が安く、デザイン性が高いものが多いのですが、その作りに日本と北欧の文化の違いが表れています。
北欧では引っ越しというものがあまり多くなく、基本的に一度住み始めた家で生涯を過ごすことが多いそうです。
つまり、そんな北欧の国で作られた組み立て式の家具は、基本的に分解することを想定して作られていません。
分解しやすさよりも頑丈さ、ベッドであれば寝やすさを重視しています。
もちろん組み立てたものですから分解は可能ですが、木ねじや接着剤も使用しているケースが多く、一度分解すると元通りに組み立てるのが難しい場合がほとんどです。
こういったベッドも分解せずに運ぶ場合、クレーン作業になることがあります。

クレーン作業ができない場合とは?

このクレーン作業ですが、どんな場合でも万能なワケではありません。
ここでは、クレーン作業ができないケースに関して考えていきましょう。

窓が通りに面していない部屋

クレーン作業の多くは、クレーン車を用意して荷物を窓から吊り上げる形になります。
当然作業をする窓の下にクレーン車を停める必要がありますが、窓が通りに面していない物件の場合、この作業ができないということになります。

物件の前にクレーン車が入れない

クレーン車に関してはいろいろなサイズがありますが、基本的に乗用車より小さいということはありません。
旧居にしても新居にしても、その建物の前の通りが狭く、車が進入できない場合などはクレーン作業ができないということになります。

物件周辺の地盤が柔らかい

特殊なケースですが、物件周辺の地盤が柔らかすぎる場合もクレーン作業ができないことがあります。
クレーン車の多くは、停車した位置で地面に固定器具を設置し、クレーン車自体は宙に浮かせた状態で作業を行います。
つまり、その固定器具を設置できないような柔らかい地盤では踏ん張りがきかず、クレーン作業ができないということになります。

判断は専門家に任せましょう

これらのケースは「一般的にクレーン作業が難しい」ケースです。
これはあくまでも「一般的」に「難しい」だけであり、「不可能」ではありません。
クレーンの専門家であれば、物件の周囲を確認し、素人では考えつかなかった方法でクレーン作業を行うケースも少なくありません。
クレーン作業の可能性があるとなった場合は、必ず引っ越し業者に現地を確認してもらいましょう。

クレーン作業をする費用は?

ここまではクレーン作業が必要となる荷物やシチュエーションに関して考えてきましたが、問題は費用です。
クレーン作業にどのくらいの費用がかかるのかを考えていきます。

とはいえクレーン作業に関しては、業者によって大きく費用が変わりますので、相場というものを算出すのは非常に難しくなります。
それでも参考までに、ということなら、クレーン車の準備とそのクレーンを操作する免許保持者の用意が必要になります。
このセットでおおよそ30,000~50,000円といったところ。
これに様々な状況のオプションが加わることになります。

マンションなどの階層が高いと費用が高くなるの?

クレーン作業の費用は運ぶ荷物の数や、その階層により大きく変動します。
高いところに重い荷物を上げ下ろしするわけですから、階層が高くなるほどその危険度は上がり、当然費用も高くなるというわけです。
一般的には1つ階層が高くなるごとに5,000円ずつ費用が上がると考えていただければ、大きくズレてはいないでしょう。
また、近年増えている高層マンションの高層階に引っ越す場合、そもそもクレーン自体が大型でなければ対応できないことがあり、そうなると費用は跳ね上がります。
マンションの高さや荷物の種類や重さ、現場の状況などにもよりますが、最低100,000円からと考えてください。

クレーン作業の費用を安くするコツはある?

引っ越しの費用をどれだけ頑張っても、クレーン作業がひとつ入るだけで一気に支出は膨れ上がります。
そんなクレーン作業を安く抑えるコツはあるのでしょうか?

買い取ってもらうなど買い替えた方が安い場合もある?

これは「そもそも論」になりますが、クレーン作業で運び出すものが、数万円の費用をかけてでも新居に持っていきたいものかどうかを考える必要があります。
「親から譲り受けた大事なピアノ」ですとか、「買ったばかりで新品同様の冷蔵庫」というのであれば、数万円をかけるだけの値打ちがあるかと思います。
しかし、「特にこだわりはないけど使っているダブルベッド」程度であれば、引っ越しを機に買い替えるという選択もあるかと思います。
特にベッドやタンスなどの場合、上でも触れた通り自分で組み立てる比較的安くて品質のいいものが増えています。
取り立ててその物自体に思い入れがない場合は、破棄して買い替える、買取に出して買い替えるということも併せて調べてみましょう。
「買ったばかりで新品同様の冷蔵庫(購入価格180,000円)」を下取りに出して100,000円の値が付いたとします。
新居で再び新品(180,000円相当。クレーン作業必要なしで搬入可能なサイズ)を購入してもマイナスは80,000円。
買い替えずに引っ越しで冷蔵庫を運んだ場合のクレーン作業費用が50,000円だとすれば、実質支出は30,000円ということになります。
30,000円で「新品同様」が「新品」になると考えれば悪くない支出とも捉えることができます。

クレーン作業を依頼する場合には、その値段に見合った価値があるものかどうかを検討してみましょう。

ピアノの買取の査定はこちらがおすすめです。
ピアノ買取一括査定について試しに見てみる

その他の不用品の処分はこちらがおすすめです。
五つの業者から無料査定をしてもらうことが可能なので安く不用品を処分することが可能になります。
詳しくはこちらをどうぞ。
不用品お片付けの一括見積りについて詳しく見てみる

さいごに

クレーン作業で物を運ぶ引っ越しなんて、特別な物を持っている人だけが行う引っ越しだと考えている方が多いかもしれません。
しかし、そんなに特別な物でなくても、物件の状況次第ではだれでも必要になるのがクレーン作業を利用した引っ越しです。
クレーンによる作業は、当然免許証を保有した作業員しか行えませんので、通常の引っ越し作業とは別の料金が発生します。
その料金は決して安いものではありませんので、クレーン作業を依頼してでも運ぶべきものかどうかを、ご家族と一緒に考えてみましょう。
また、どうしてもクレーン作業が必要となった場合は、料金を安くするためにいろいろ考えておきましょう。
クレーン作業の費用だけで業者を選ぶと、かえって高額になってしまう場合もあります。
引っ越し費用全体を俯瞰で見つめ、トータルでもっともお得な費用で引っ越しができるように考えてください。

参照:引越しで重量物を2階から搬入する方法とは?費用はどのくらいかかる?

参照:引越しで吊り上げ作業の料金の相場はいくらくらいなの?

あなたも引越し料金で損してるかも?

引越しの料金を安くするコツは一括での無料見積もりになります。約1分間であなたにあった最安値の業者を調べることが可能です。

実際に調べると95000円の業者と52000円の業者がありました。

実に43000円もお得に引越しができたんです。

しかも今なら期間限定で最大10万円のキャッシュバックもありお得です。

一括見積りを試すならCMでもおなじみの引っ越し侍がおすすめです。

>>>自分に合った格安の引越し業者を試しに見てみる(無料)<<<




よく読まれている記事一覧

引っ越し 1

忙しい人用にランキングを先に掲載します。 1位 >>>引越し侍<<< 2位 >>>LIFULL 引越し<<< 3位 >>>ズバット引越し比較<<< 4位 >>>引越し価格ガイド<<< 5位 >>>引越 ...

7月の引っ越し費用の相場は?料金が安いのはいつくらい? 2

「7月に引っ越す予定だけど、この時期は引っ越し費用は高いの?安いの?」 「7月に引っ越しするけど、どの時期に引っ越すと安いの?」 そういう疑問はありませんか? 7月の引っ越しで影響が出てくるのは梅雨と ...

6月の引越し費用の相場は?料金が安いのはいつくらい? 3

「6月に引越し予定だけど、費用ってどのくらいなの?」 「結婚をしたのでこれから新居に引っ越すんだけど、6月の費用の相場はどうなの?」 あなたはその様なことを思っていませんか? 春の引越し繁忙期も終わり ...

-引越しの費用
-, ,

Copyright© 引越しの手続きチェックリスト一覧まとめ|引越し手続きナビ , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.