家電

クーラーの引っ越し費用は?取り付け取り外しはいくらくらい?

更新日:

 

「引っ越しでクーラーの取り付け取り外しをしてもらいたいんだけど費用の相場はどのくらい?」

なんてあなたは思っていませんか?

旧居のクーラーを新居に持っていく。

新居にはクーラーが設置されているので、旧居のクーラーを廃棄処分したい。

新居にはクーラーがついているけど、旧居のクーラーの方が性能がいいので取り替えたい。

などなど、引っ越しでクーラーの扱いをどうしようか考えている方は多いかと思います。
そんな方に向けて、クーラーの扱いなどに関する費用や方法をいろいろと調べてみました。

あなたも引越し料金で損してるかも?

引越しの料金を安くするコツは一括での無料見積もりになります。

1分間程度で30社の中からあなたにあった最安値の業者を調べることが可能です。

実際に調べると95000円の業者と52000円の業者がありました。

実に43000円もお得に引越しができたんです。

一括見積りを試すならリクルートでもおなじみのSUUMOがおすすめです。

SUUMOなら電話登録が任意なので電話がかかってくる心配がないのも便利です。

>>>自分に合った格安の引越し業者をSUUMOで試しに見てみる(無料)<<<




クーラーの取り外し方法と設置方法

そもそもクーラーの設置や取り外しは自力でできるのでしょうか?
答えは「NO」です。
物理的にできないことはないですが、事故を起こしたり、後に通常通り使えなくなったりと問題が起こる可能性が高くなります。

使用しているクーラーの室内機、室外機内にはガスが充填されています。
このガスの処理を間違えると、ガス爆発や火災など大きな事故を起こしてしまう可能性があります。
クーラーの取り外しに関しては、決して素人が手出しをしないようにしましょう。

また、設置に関しても室内機を水平に保つ必要があります。
この作業を疎かにすると、クーラーが正常に作動しなくなります。
また、前述の通り、クーラー機内にガスを充填させる必要があります。これも専門業者以外が扱うと事故の危険性がありますので、素人が手出ししないようにしましょう。

クーラーの設置に関する基本的な費用

クーラーを設置したり取り外すには、専門の業者に依頼する必要があることはご理解いただけたかと思います。
では、業者に依頼した場合の費用はどの程度になるのでしょう?
テレビ通販や家電量販店のCMやHPを見ると分かりやすいのですが、クーラーの標準取り付け料金はおおむね20,000円前後です。
業者に依頼しても同程度の金額が一般的と考えていいでしょう。

クーラーの取り付けでかかる追加費用

しかし、20,000円というのはあくまでも「標準料金」です。
つまりクーラーを設置する「最低限」の費用ということになり、実際に設置する場合追加費用が発生することが多々あります。
そんな追加費用についてみていきましょう。

ホースの延長料金

クーラーの室内機と室外機をつないでいるのがホースです。
このホースですが、標準でついているのは1m程度。
実際に設置するとなるとこの長さだけでは足りない場合があります。
ホースの延長料金は一般的に1m約2,000円程度。
室外機の設置場所が室内機から遠く、ホースを5m延長するようなことになればそれだけで10,000円程度の追加費用が必要ということになります。

エアコンホース用の穴開け

クーラーの室内機を設置できる壁には、エアコンホースを外に出す用の穴が開いています。
しかし、部屋や物件によっては設置したい場所にこの穴がない場合があります。
こういった場合は穴を開ける費用が追加で必要になります。
穴を開ける料金に関しては、壁の素材によって大きく変化しますが、2,000~10,000円あたりになるかと思います。
また、物件の壁に穴を開けるわけですから、賃貸物件の場合当然大家さんの許諾が必要となります。
引っ越し前に必ず大家さんに相談し、大家さんの了解のもと行うようにしましょう。

コンセント差込口変更工事

クーラーのモデルによっては、コンセントの差込口の形状が通常とは違うものが存在します。
しかもその種類が数種類存在しますので、クーラーを設置したい場所のコンセントが、設置するクーラーのコンセントと同じ形状であることを確認しましょう。
もし形状が違う場合、コンセントの差込口を変更する工事が必要となります。
工事費用は2,000円程度。
ちなみに差込口の変更自体はさほど難しくないので、自力でも可能です。新たな差込口に対応したパーツをホームセンターなどで購入すれば、1,000円程度で交換できますので覚えておきましょう。

フロンガスの補填

エアコンを設置した後、エアコンを使用するには内部にフロンガスを充填する必要があります。
もちろんこれはガスを扱う作業になりますので、素人が手を出せない作業になります。
ガスの充填はおおむね10,000円前後。
これは必ず行う作業になります。

クーラー設置に関する費用のまとめ

クーラー設置費用は基本費用で20,000円前後、追加費用で10,000~20,000円程度
トータルで30,000~40,000円程度になると考えておけば間違いありません。
また、ここでは追加費用として扱いましたが、業者によっては基本料金に含まれている項目があるかもしれません。
必ず基本料金の価格と同時に、どこまでが含まれているのかを確認しましょう。

クーラーの設置費用を安く抑えるなら一括見積もりがおすすめ

おおよその費用の相場をお伝えしましたが、やはり業者によって違ってきます。
安い業者を探すために一社ずつ見積もりするのも大変ですよね?
そういう場合にはクーラー設置の一括見積もりがおすすめになります。
一括見積もりなので一回の入力で一番安い業者を紹介してもらうことができます。
業者を探す手間も省けるのでとても便利ですね。
一括見積もりは無料ですることができます。
一回利用したら必ずお願いしなければいけないわけではありませんので費用の相場を知るためにも是非お試しください。
詳しくはこちらになります。
クーラーの設置業者の一括見積もりを試しに見てみる

クーラーは持っていったほうがお得なのか?

クーラーの設置費用がそれなりに高額になることはご理解いただけたかと思います。
ではそんなクーラーは、引っ越しの時に持っていくべきなのでしょうか?
クーラーを持っていくメリットとデメリット、そして持っていかないのであればどのように処理をするのかを考えていきましょう。

クーラーを持って行くメリット

まず新居のクーラー設置状況を確認しましょう。
クーラーがない、もしくはあるけどかなり古い型である場合は、現在使っているクーラーを持って行って設置した方がプラスになることが考えられます。
もちろん条件としては、現在使っているクーラーが比較的新しい機種であるという条件があります。
目安としては発売から3年以内でしょうか。
クーラーは新しい機種ほど省エネ性能が高くなります。
発売から3年以内のモデルであれば、最新機種と比べても大きな性能差は出ませんが、それ以上古いモデルの場合は、新製品に買い替えてしまったほうが将来的にプラスになる可能性があります。
もちろん新製品を買うほうがクーラーを移設するより費用はかかりますので、この辺の判断は慎重に行いましょう。

クーラーを持って行くデメリット

引っ越し先の新居にすでにクーラーが設置されている場合、今持っているクーラーを持って行っても使う場所がありません。
クーラーは毎年のように新製品が出ますので、今使っている機種を大事に保管してもまず使う機会はないでしょう。
そうなると取り外しの費用がかかる上に、保管しておくスペースも必要とマイナス面ばかりになります。
新居に十分な設備がある場合は、クーラーを持って行くことにメリットはありませんので、旧居で処分する方法を考えましょう。

クーラーを処理する方法

新居にクーラーがあり、今使っているクーラーを処理する場合の方法はいくつか存在します。
そんな方法をいろいろと調べてみました。

クーラーを処分する

クーラーは「家電リサイクル法」の対象商品となりますので、単純に捨てるわけにはいきません。
家電リサイクル法に則り、リサイクル料金972円を支払った上、取り外し作業料・運搬料をかけて処分することになります。
どこに依頼するかで料金は変わりますが、基本的には数千円と考えれば間違いないでしょう。
ただし取り外し作業の予約や、リサイクル料の手続きなどそれなりに時間がかかりますので、処分と決めたのであれば早めに動き出すのが理想です。

クーラーを買い取ってもらう

クーラーもあまり古くなければ買取を依頼することができます。
買取でマイナスにならない目安は発売から5年以内。
このくらいの製品であれば、リサイクル業者に取り外して運んでもらった上で料金的にプラスが出るでしょう。
これ以上古いモデルになると、取り外しや運搬の料金でマイナスになり、こちらからいくらか支払う可能性があります。
買取に出す場合は、まずリサイクル業者に連絡をし、クーラーの型番などを伝えどの程度の料金で引き取ってもらえるか確認しましょう。

クーラーを引き取ってもらう

買取ができない古いモデルでも、業者によっては無料で取り外して持って行ってくれるケースがあります。
これは日本製のエアコンが優秀である証。
日本では古いモデルであっても、海外では最新モデル以上に高性能になる場合があります。
こういった海外へ輸出している業者であれば、少々古いモデルでも無料で回収してくれる可能性があります。
古くて売れないと分かったら、次はこういった無料引き取り業者を探して連絡してみましょう。

引っ越し業者に引き取りや買取をお願いする

引っ越し業者の中には、クーラーの買取や引き取りも行っている業者があります。
対応は業者によってそれぞれですので、引っ越しを依頼する業者が決まったら引き取りもしくは買取に関しても相談してみましょう。
引っ越し業者に頼むメリットは、なんといっても引っ越し当日までエアコンを使用できるということ。
デメリットは買取や引き取りを専門とする業者ではありませんので、専門業者に比べるとやや高くつく傾向にあるということ。
処理費用を安くあげることを重視するか、手間をかけずに直前まで使えることを重視するかで、専門業者に依頼するか専門業者に依頼するかを決めましょう。

旧居に据え置く

旧居に据え置くというのは、つまり捨てもしないし持ってもいかないという選択です。
分かりやすく言えば旧居の大家さんにあげてしまおうということ。
これはもちろん大家さんとの相談が必要ですが、極端に古い型のクーラーでない限り、大家さんとしてはプラスになりますのでまずOKが出るかと思います。
ただ、クーラーの型が古すぎる場合、処分料金がかかるということで大家さんに拒否されることもありますのでご注意を。

引っ越しにおけるクーラーの取り扱い

最近の賃貸物件では、クーラーが設置されている物件が多くなっています。
そういったことを考えれば、クーラーを持っての引っ越しはあまりメリットがないと考えたほうがいいかもしれません。
もし新居に選んだ物件にクーラーがなかった場合、家賃交渉の際にクーラーの設置をお願いする方法があります。
家賃や礼金の値引きには応じてくれない大家さんでも、クーラーの設置には前向きになる傾向が。
クーラーの設置は物件の価値そのものを上げる行為ですので、値引きよりも応じやすいのが大家さんの心情です。
この交渉がうまく通れば、新居で最新モデルのクーラーがつく可能性もありますのでお勧めです。

どうしてもクーラーを持って引っ越しをする場合は、引っ越し業者にきっちり状況を伝えましょう。
クーラーの取り外しや設置は、引っ越し業者が行うのではなく、外部の専門業者に依頼するケースがほとんどですので、可能であれば実際に作業をする業者にクーラーと新居を下見してもらい、細かい見積もりをお願いするのがベスト。
それがかなわない場合は、事前にどこまでの作業でどれだけの料金化を引っ越し業者と詰めておくと、後のトラブルを避けられますので、しっかり打ち合わせをしておきましょう。

あなたも引越し料金で損してるかも?

引越しの料金を安くするコツは一括での無料見積もりになります。

1分間程度で30社の中からあなたにあった最安値の業者を調べることが可能です。

実際に調べると95000円の業者と52000円の業者がありました。

実に43000円もお得に引越しができたんです。

一括見積りを試すならリクルートでもおなじみのSUUMOがおすすめです。

SUUMOなら電話登録が任意なので電話がかかってくる心配がないのも便利です。

>>>自分に合った格安の引越し業者をSUUMOで試しに見てみる(無料)<<<




よく読まれている記事一覧

引っ越し 1

忙しい人用にランキングを先に掲載します。 1位 >>>引越し侍<<< 2位 >>>LIFULL 引越し<<< 3位 >>>ズバット引越し比較<<< 4位 >>>引越し価格ガイド<<< 5位 >>>引越 ...

7月の引っ越し費用の相場は?料金が安いのはいつくらい? 2

「7月に引っ越す予定だけど、この時期は引っ越し費用は高いの?安いの?」 「7月に引っ越しするけど、どの時期に引っ越すと安いの?」 そういう疑問はありませんか? 7月の引っ越しで影響が出てくるのは梅雨と ...

6月の引越し費用の相場は?料金が安いのはいつくらい? 3

「6月に引越し予定だけど、費用ってどのくらいなの?」 「結婚をしたのでこれから新居に引っ越すんだけど、6月の費用の相場はどうなの?」 あなたはその様なことを思っていませんか? 春の引越し繁忙期も終わり ...

-家電
-, , , ,

Copyright© 引越しの手続きチェックリスト一覧まとめ|引越し手続きナビ , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.