家電

引越し時の冷蔵庫の電源は何時間前に切るの?中身はどうしたらいい?

更新日:

 

「引越しをする時に冷蔵庫の電源は何時前に切ったらいいの?」

「冷蔵庫に冷凍品があるけれど中身はどうしたらいい?」

なんて疑問はありませんか?

冷蔵や冷凍の食材があると早目に電気を着ると解凍され中身が悪くなってしまう場合があります。

では引越しの何時間前に電源を切った方がいいのでしょうか?

今回はそのことについて解説します。

あなたも引越し料金で損してるかも?

引越しの料金を安くするコツは一括での無料見積もりになります。約1分間であなたにあった最安値の業者を調べることが可能です。

実際に調べると95000円の業者と52000円の業者がありました。

実に43000円もお得に引越しができたんです。

しかも今なら期間限定で最大10万円のキャッシュバックもありお得です。

一括見積りを試すならCMでもおなじみの引っ越し侍がおすすめです。

>>>自分に合った格安の引越し業者を試しに見てみる(無料)<<<




大物家電の取り扱いは慎重に

大物家電製品や、大きな家具に関しては、梱包から運搬まで引越し業者にお任せという方がほとんどでしょう。
お任せにするということで、準備を怠ってしまうと、冷蔵庫が壊れて買い替えなどという大惨事が起こりかねません。
ここでは大型家電製品、特に冷蔵庫に関する準備を細かく調べてみたので確認していきましょう。

冷蔵庫の電源を早めに切る理由

引越し前に、冷蔵庫の電源を早めに切ったほうがいいという話を聞いたことがある方も多いと思います。
なぜ早めに電源を切らなければいけないのでしょうか?
冷蔵庫は電力を使って、冷気を内部全体に送っています。
この冷気は基本的に管の中を通って冷蔵庫全体に行きわたるような作りになっており、この管には霜が付いているケースがほとんどです。
冷蔵庫の電源を切ることで電力が断たれ、管についた霜が溶けることにより、冷蔵庫内に水が溜まります。
引越しで冷蔵庫を運ぼうとする時に、冷蔵庫を傾けるとこの水が漏れだしてしまうと、運搬用のトラック内部を汚してしまうことはもちろん、一緒に積んでいる他の荷物を汚してしまうこともあります。
さらにこの水が原因で冷蔵庫が故障をする可能性もあります。
こういったトラブルを避けるためにも、冷蔵庫は早めに電源を落とし、この水を処理しておく必要があります。

排水が原因で冷蔵庫が故障してしまう仕組み

排水で冷蔵庫が故障するケースとしては、モーターの故障が考えられます。
前述の通り、冷蔵庫は電力で冷気を作り出すわけですが、冷気を作り出すためにモーターが内部に設置されています。
このモーター内には当然潤滑油があります。
これを考慮に入れて、冷蔵庫内に排水を残したまま冷蔵庫を運搬したことを想像してください。
冷蔵庫をまっすぐ立てたまま運搬することはまずあり得ません。
つまり冷蔵庫を横に寝かせるわけですが、冷蔵庫の姿勢を変えることでモーターからは潤滑油が抜け出し、モーターの中に排水が流れ込む可能性があります。
こうなるとモーターの中に水分が入り、その状態で電源を入れるとモーター自体が熱暴走を起こして故障する可能性があります。
これが排水でモーターが故障してしまう仕組みになります。
ただし、これはすべての冷蔵庫に該当するわけではありません。
こういう仕組みで故障してしまう冷蔵庫も存在するということを覚えておいてください。

電源を切るのはどのくらいのタイミングがベスト?

冷蔵庫の電源は早めに切ったほうがいいことは御理解いただけたかと思います。
ではどのタイミングで電源を切るのがいいのでしょうか?
一般的には12時間~16時間前に切るのが間違いないと言われています。
つまり運搬する16時間前に電源を落とせば、管についた霜が溶けて水となり、排水として処理できるということになります。
引越しが朝9時からならば、前日の夕方5時くらいということになります。
冷蔵庫の排水を確実に処分するのであれば、引越しの前日にはもう電源を落としておくのがベストと言えるでしょう。

冷蔵庫の中身はどうすればいいのか?

冷蔵庫の電源を前日に落とすということになると、問題は中の食材です。
簡単に言ってしまえば前日までに処分するしかありません。
そう考えると、引越しの1~2週間前から計画的に冷蔵庫内の食材を使用していくことがおすすめ。
できるだけ食材を食べきって、それでも食べきれなかったものに関しては、2日ほど常温保存できるものは持っていく、そうでないものは残念ながら破棄するしかありません。

○自動製氷機能付きの冷蔵庫は要注意

近年増えつつある自動製氷機能については、さらに早めに機能をオフする必要があります。
自動製氷機能は、貯めておいた水を定期的に氷にして保存する機能ですから、水分が多く、さらに多くの霜がついている箇所になります。
できれば2日前には水を抜き、氷を処分して機能をオフにしておきましょう。

引っ越し終了後の冷蔵庫は?

2日前に製氷機能をオフにし、1日前に冷蔵庫のコンセントを抜き、引越し前に排水の処理を終えた冷蔵庫。
新居に運び入れ、予定の場所に設置したらすぐに使えるのでしょうか?
用心をするのであれば、設置してから数時間は電源をいれないことをオススメします。
理由はモーターの潤滑油。
冷蔵庫は、横倒しにしてトラックまで搬入し、新居についたら再び横倒しにして新居に搬入しているはず。
この動きで、モーター内の潤滑油が、あるべき場所に落ち着いていない可能性があります。
潤滑油ナシでモーターを駆動させることで、モーターの故障に繋がる可能性があります。
最近の機種では、コンセントを刺しても数分の間はモーターが起動しないようなセーフティーな機能がついているものも増えていますが、この数分のタイムラグで確実に故障を食い止めることができる保証はありません。
できれば数時間はコンセントを入れず、潤滑油が落ち着くのを待ちましょう。

引越し後すぐに冷蔵したいものがある場合

引越し後すぐに冷蔵庫を使いたい場合もあるかと思います。
冷蔵庫と一口に行っても機能は様々。
引越し後すぐに電源を入れても問題のないモデルも存在します。
そういった場合は冷蔵庫のメーカーのサービスセンターに問い合わせるなど、詳細については最善の方法を調べてみてください。
また、確認したうえでしばらく電源が入れられない場合は、冷やしたい食材は釣り用のクーラーボックスなどに氷とともに保存するしかありません。
どうしても保冷が必要な食材がある場合は、冷蔵庫以外で保冷する方法を考えましょう。

引越しにおける冷蔵庫の処置と食材について

ここで書いた冷蔵庫の処置に関しては、「最悪の事態」を想定した内容になります。
冷蔵庫もモデルによってはこうした処置の必要がないモデルもありますので、まずは取扱説明書を読んでみてください。
最悪の事態を想定した場合、冷蔵庫の中の食材に関しては1~2週間前から計画的に消費し、引越しまでにできるだけ食材を減らすようにしましょう。
そして引越し2日前に製氷機能をオフ、1日前には冷蔵庫自体のコンセントを抜いておきましょう。
引越し前に排水の処理をし、できれば空になった冷蔵庫内をきれいに清掃すると、引越し後も気持ちよく使うことができます。
引越し後は数時間設置場所で落ち着かせてからコンセントを入れれば間違いないでしょう。
引越しの作業は1日がかりの大仕事です。
できれば当日は外食かデリバリーを利用し、料理や買い物をするのは翌日以降と割り切って、引越しをした日はコンセントを入れず、翌日起きたら電源を入れるくらいの余裕があると望ましいかもしれません。

あなたも引越し料金で損してるかも?

引越しの料金を安くするコツは一括での無料見積もりになります。約1分間であなたにあった最安値の業者を調べることが可能です。

実際に調べると95000円の業者と52000円の業者がありました。

実に43000円もお得に引越しができたんです。

しかも今なら期間限定で最大10万円のキャッシュバックもありお得です。

一括見積りを試すならCMでもおなじみの引っ越し侍がおすすめです。

>>>自分に合った格安の引越し業者を試しに見てみる(無料)<<<




よく読まれている記事一覧

引っ越し 1

忙しい人用にランキングを先に掲載します。 1位 >>>引越し侍<<< 2位 >>>LIFULL 引越し<<< 3位 >>>ズバット引越し比較<<< 4位 >>>引越し価格ガイド<<< 5位 >>>引越 ...

7月の引っ越し費用の相場は?料金が安いのはいつくらい? 2

「7月に引っ越す予定だけど、この時期は引っ越し費用は高いの?安いの?」 「7月に引っ越しするけど、どの時期に引っ越すと安いの?」 そういう疑問はありませんか? 7月の引っ越しで影響が出てくるのは梅雨と ...

6月の引越し費用の相場は?料金が安いのはいつくらい? 3

「6月に引越し予定だけど、費用ってどのくらいなの?」 「結婚をしたのでこれから新居に引っ越すんだけど、6月の費用の相場はどうなの?」 あなたはその様なことを思っていませんか? 春の引越し繁忙期も終わり ...

-家電
-, , , ,

Copyright© 引越しの手続きチェックリスト一覧まとめ|引越し手続きナビ , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.