家電

引っ越し業者は家具引き取りや処分はしてくれたりするの?

更新日:

引っ越し

あなたは引っ越しを機に家具や家電製品を買い替えようと考えていませんか?

問題なのは、不要になった家具や家電の処分方法ですよね。
処分方法にはいくつかの方法がありますが、どの方法がベストなのでしょうか?

また、不用品の回収を行ってくれる引っ越し業者も増えていますが、引っ越し業者を利用するのはお得なのでしょうか?
不要品の処分についてまとめました。

あなたも引越し料金で損してるかも?

引越しの料金を安くするコツは一括での無料見積もりになります。

1分間程度で30社の中からあなたにあった最安値の業者を調べることが可能です。

実際に調べると95000円の業者と52000円の業者がありました。

実に43000円もお得に引越しができたんです。

一括見積りを試すならリクルートでもおなじみのSUUMOがおすすめです。

SUUMOなら電話登録が任意なので電話がかかってくる心配がないのも便利です。

>>>自分に合った格安の引越し業者をSUUMOで試しに見てみる(無料)<<<




引っ越し業者の中には買取りを行っている業者も

かつては大手の引っ越し業者に限られていた不用品の回収ですが、近年では多くの業者が対応してくれるようになりました。
しかし問題はその費用や手間がどの程度かということ。
そこで、不用品処分の方法別に、メリットやデメリットを挙げていきます。

不用品をリサイクルショップに持ち込む

不用品の処分方法としては、まずリサイクルショップに依頼するという方法が考えられます。
リサイクルショップの場合、商品として販売できると判断された場合、処分料がかかるどころか、買い取ってもらえるというメリットがあります。
また、廃棄処分にした場合有料になるような大型の家電製品でも、部品取りなどの需要があるため、処分料がかからず無料で引き取ってもらえることも。
ただし当然デメリットも存在します。
まずは、無料の出張査定をしていないショップがあるということ。
処分する家具や家電製品が、自力でショップまで持ち込めるサイズであれば問題ありませんが、冷蔵庫や大型の洋服ダンス、洗濯機といったものになると、自力でショップに持ち込むのは難しくなります。
出張査定を有料としているショップの場合、状況次第ではありますが、3,000~5,000円程度の見積もり料金がかかる場合があります。
さらにデメリットとしては、「引き取り不可」の物も存在するということ。
ショップによっては廃品回収を行っていないショップもあります。
そうしたショップでは、商品にならない物や、部品取りもできない物などはそもそも引き取ってももらえません。
リサイクルショップに頼る場合は、まず商品として価値があるものかどうかをある程度判断する必要があります。

ネットオークションなどで処分する

引っ越し

リサイクルショップではなく、自力でネットのオークションサイトで処分するという方法もあります。
また、オークションサイトに限らず、最近では無料で譲るというサイトもあり、出品の場も豊富です。
こうしたサイトを利用すれば、どんなに大きい物でも、「自力で引き取ってくれる方に限り」としておけば、手間なく不用品を処分できます。
また、最近ではサイト自体が運送を請け負ってくれるケースも。
こういったサイトを利用すれば、余計な手数料などもかからないため、処分費用も大幅に抑えることができますので、経費の面では大幅なプラスと言えるでしょう。
デメリットは、そもそも買い手がつかない可能性があるということ。
今やオークションサイトも巨大化していますので、あなたが出品した商品が必ず売れるという保証はどこにもありません。
売れ残ってしまった場合、最終的には別の処分方法を考えておかなければいけません。

廃品回収業者に依頼する

不用品の処分は専門の業者に依頼するのが確実と言えば確実です。
それが廃品回収業者ということになるでしょう。
廃品回収業者とは、各自治体から「一般廃棄物収集運搬業の許可」を貰っている業者ということになります。
こういった業者を利用するメリットは、もっとも適切な方法で不用品を処分してくれるということ。
しかも、これが仕事ですので、見積もりから回収まですべて業者にお任せでOK。
依頼する側としては、手間なく不用品処分が可能となります。
デメリットは、そもそもこういった業者を探す必要があるということ。
さらに見つけたら見積もりの連絡をし、見積もりに立ち会い、さらに処分日にも立ち会う必要があります。
これだけ書くと手間とは思えないかもしれませんが、引越し前の慌ただしいタイミングでこの作業をするのは、なかなかな手間と言えます。
さらに当然処分料金がかかります。
料金相場は業者によって様々ですが、概ねということであれば、洋服ダンスなどの大型の家具で5,000~10,000円、エアコン5,000円前後(作業費用別)、ベッド4,000~8,000円、冷蔵庫5,000~10,000円、洗濯機3,000~5,000円、テレビ5,000~8,000円、ソファ2,000~8,000円といったところ。
これに引き取り手数料や基本料金といった名目で5,000円程度がかかるようです。

参照:引越し業者は冷蔵庫や洗濯機の処分はしてくれるの?

廃品回収業者を探すなら一括比較が便利です。
一回の情報入力で一番安く廃品回収してくれる業者を見つけることができます。
利用は無料なので廃品回収の相場を確認しておきましょう。
詳しくはこちらをどうぞ。

【無料一括比較】安く片付けてくれる廃品回収業者を探してみる-

行政の粗大ごみとして処分する

引っ越し

不用品回収業者を利用すると、意外と費用がかさむことはお分かりいただけたかと思います。
そこまで費用がかかるのであれば、粗大ごみとして行政に回収してもらうことも候補に挙がるでしょう。
そのメリットは何しろ費用が安いということ。
上で触れた廃品回収業者と比較した表を掲載しますのでご確認ください。

 粗大ごみ相場廃品回収業者相場
洋服ダンスなどの大型家具300~2,500円5,000~10,000円
ベッド1,000~2,000円4,000~8,000円
エアコン5,000円前後
洗濯機3,000~5,000円
冷蔵庫5,000~10,000円
テレビ5,000~8,000円
ソファ1,500~2,000円2,000~8,000円
※マークは「家電リサイクル法」対象品のため、行政による回収は基本的に行いません。

料金を比較していただければお分かりの通り、いわゆる粗大ごみで処分するほうが圧倒的に安いと言えます。
ただし、粗大ごみの回収にもデメリットはあり、それは自力で住居の外に出す必要があるということ。
行政の粗大ごみ回収は、家の前までは取りに来てくれますが、家の中からの搬出は請け負っていません。
タンスやダブルサイズのベッドなどは、自力で搬出するのが難しく、それができることが条件となります。

家電リサイクル法対象商品

電化製品を処分する際に問題となるのが「家電リサイクル法」の対象商品です。
対象商品は、テレビ、冷蔵庫、洗濯機、エアコンの4品目。
これらの商品を処分する場合は、リサイクル費用を負担し、指定された販売店などに依頼する必要があります。
通常これらの商品を買い替えるときは、購入j機に古くなったアイテムのリサイクル料金を小売店に支払い処分してもらいますが、買い替えではなく単純に処分をする場合は、リサイクル料金を支払う必要があります。
リサイクル料金は、銀行や郵便局に専用の記入用紙がありますので、そこで納めればOK。
本来は購入した小売店で処分をしてもらいますが、どこで買ったか覚えていない、その小売店が閉店してしまった、小売店が遠方にあるなどの場合は、各自治体に問い合わせてみましょう。
大抵どこの自治体でも相談窓口があり、処理業者を紹介してくれるはずです。
リサイクル料金ですが、品目やサイズ、タイプなどでそれぞれになりますので、お持ちの電化製品をチェックして料金を確認しましょう。

無料回収業者に依頼する

引っ越し

無料を謳う廃品回収業者も少なくありません。
ただしこの手の業者には要注意。
無料といいながら、引き取りに来てから追加料金を請求する悪徳な業者もいるようです。
さらに「一般廃棄物収集運搬業の許可」を持っていない、いわゆるもぐりの業者もいるとか。
この手の業者の場合、正式な手続きで処分しないケースもありますので注意しましょう。
できればあまり「無料」ばかり主張する業者は信頼せず、それなりに料金を示している業者の方にお願いしましょう。

引っ越し業者に回収を依頼する

引っ越し業者でも不用品回収を請け負う業者がいます。
引っ越し業者に依頼するメリットは、不用品回収業者や、粗大ごみ、家電リサイクルなどの業者を探す手間がないということ。
先にも少し触れたように、引っ越し前は何かと忙しいもの。
そんなタイミングで、引っ越し業者以外の業者を探して、手続きをして…というのは手間以外のなにものでもありません。
その手間を省けるという大きなメリットがあります。
さらに言えば、引っ越し当日までその不用品を使用し続けることができるのも大きなプラス材料です。

デメリットは大きく分けて2つ。

ひとつは料金面です。
引っ越し業者の不用品処分費用は、廃品回収業者の費用に比べてもやや高くなります。
引っ越し業者も回収した不用品を、別の業者に依頼して処分します。
つまりあなたが直接廃品業者に依頼する手間を引っ越し業者が行ってくれるということ。
手間を請け負う分、当然料金が高くなるということになります。

もう1つはすべてを引き取ってもらえるわけではないということ。
例えば仏壇、金庫、コピー機、パソコン、土砂類、コンクリートブロックなどは処分を断られるケースが多いようです。
どこまで処分の対象になるかは、見積もりの時に相談しておいた方がいいでしょう。

引っ越しの時の不用品処分手順

不用品処分の方法ですが、最初に引っ越し業者に訪問見積もりを依頼し、それぞれの家具や家電製品を処分する場合にかかる費用を聞いてみましょう。
処分を依頼した場合の見積もりと、依頼しないで自力で処分した場合の見積もりをもらうのがポイントです。
次に不用品回収業者を探し、改めて見積もりを依頼してみましょう。
その見積もりと、引っ越し業者の見積もりを見比べて、料金と手間、引き取りのタイミングなどがより良い方を選ぶのがベスト。
詳しくはこちらをご覧ください。

【無料一括比較】安く片付けてくれる廃品回収業者を探してみる-

家電リサイクル法の対象商品を処分する場合は、行政の問い合わせ窓口に相談するのが一番問題ないでしょう。

参照:一人暮らしから実家への引っ越しは業者がおすすめ?不用品の処分はどうするの?

参照:引っ越し前に断捨離をするコツとは?メリット3つも解説

参照:引越しで荷物を減らすコツとは?どんなメリットがあるの?

あなたも引越し料金で損してるかも?

引越しの料金を安くするコツは一括での無料見積もりになります。

1分間程度で30社の中からあなたにあった最安値の業者を調べることが可能です。

実際に調べると95000円の業者と52000円の業者がありました。

実に43000円もお得に引越しができたんです。

一括見積りを試すならリクルートでもおなじみのSUUMOがおすすめです。

SUUMOなら電話登録が任意なので電話がかかってくる心配がないのも便利です。

>>>自分に合った格安の引越し業者をSUUMOで試しに見てみる(無料)<<<




よく読まれている記事一覧

引っ越し 1

忙しい人用にランキングを先に掲載します。 1位 >>>引越し侍<<< 2位 >>>LIFULL 引越し<<< 3位 >>>ズバット引越し比較<<< 4位 >>>引越し価格ガイド<<< 5位 >>>引越 ...

11月の引越し費用の相場は? 料金が安いのはいつくらい? 2

「11月に引越ししようと思うんだけど時期的に費用は高いの?安いの?」 「11月の引越しで費用を安くするコツはある?」 なんてあなたは思っていませんか? 10月は3月ほどではないですが、引っ越しシーズン ...

12月の引っ越し費用の相場は? この時期の料金は高い?安い? 3

「12月に引っ越し予定だけど費用の相場はどうなの?」 「年末だし引っ越しの費用は高いんだよね?安いタイミングはある?」 なんて疑問はありませんか? 年度末、クリスマスやお正月に向けて何かとあわただしい ...

-家電
-, , ,

Copyright© 引越しの手続きチェックリスト一覧まとめ|引越し手続きナビ , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.