家電

ベッドだけ引っ越しした時の料金の相場は?解体や組み立てや処分について

更新日:

あなたはこの様な疑問はありませんか?

「ベッドだけ引っ越しお願いすることは可能なの?その際、金額はいくらくらい?」

ひとくちに引っ越しと言っても、さまざまなケースが考えられます。
なかには細かいものは自分で運んで、大型の家具や家電だけを業者に頼んで引っ越しをするというケースも考えられるでしょう。

大型家具の中でも取り扱いが最も特殊なのはベッドです。
ベッドはさまざまなサイズがあり、組み立て式か否かなど種類にも違いがあります。

今回はベッドだけを引っ越しする場合についてご紹介いたします。

あなたも引越し料金で損してるかも?

引越しの料金を安くするコツは一括での無料見積もりになります。

1分間程度で30社の中からあなたにあった最安値の業者を調べることが可能です。

実際に調べると95000円の業者と52000円の業者がありました。

実に43000円もお得に引越しができたんです。

一括見積りを試すならリクルートでもおなじみのSUUMOがおすすめです。

SUUMOなら電話登録が任意なので電話がかかってくる心配がないのも便利です。

>>>自分に合った格安の引越し業者をSUUMOで試しに見てみる(無料)<<<




ベッドだけ引っ越し業者にお願いすることは可能なの?

まず「そもそもベッドだけの引っ越しを引っ越し業者に依頼することは可能なのか」という点ですがこれは可能です。
大型家具のみの引っ越しプランというものを設定している業者も多くその中にベッドも含まれています。

ただベッド以外のものと一緒にしか運んでくれない場合もあるので業者ごとに対応しているかは確認するようにしましょう。

ベッドだけ引っ越した時の料金の相場は?

それでは、ベッドだけ引っ越した時の料金相場を見てみましょう。
ベッドはそのサイズによって大きく料金が変わってきます。

シングルベッド

一人暮らしで主に使っているシングルベッドの場合、5,000円〜10,000円くらいが料金相場になっています。

セミダブルベッド

一人暮らしや二人暮らしに多いセミダブルベッドの場合、料金相場は15,000円〜20,000円くらいになります。

ダブルベッド

ダブルベッドの引っ越し料金相場は20,000円〜30,000円です。

それ以上のベッド

それ以上のサイズになると、特殊な作業が必要になる場合があります。
解体をして廊下やエレベーターで運べる場合は良いのですが、それが無理な場合は窓からクレーンなどを使って搬出、搬入する必要がある可能性があります。
今お住まいの部屋や引っ越し先の部屋が何階かにもよるのですが、3階以上の場合はまず確実にクレーンが必要になります。

キングサイズ、クイーンサイズなどダブルベット以上のサイズのベッドの場合は40,000円以上が料金相場になります。
また、クレーン車などが必要になる場合は更に20,000円〜30,000円の料金が上乗せされます。

これらのサイズの場合は引っ越し業者に階層や廊下の幅などについて入念に打ち合わせる必要があるので特に注意しましょう。

ベッドを引っ越しする時は梱包はどうするの?

ベッドを引っ越しする場合、梱包をどうするのかと不安に感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、基本的に梱包作業も引っ越し業者がやってくれるので心配しなくても大丈夫です。

また運び出す際の養生なども引っ越し業者がやってくれます。
ただベッドを運ぶ際に通り道になる場所に壊れやすいものなどを置きっぱなしにしておくと破損してしまう恐れがあるので事前に移動させておくなどの対処をしましょう。

ベッドの解体や組み立ては引っ越し業者がしてくれるの?

ベッドの引っ越しをする場合は解体や組み立てをする必要があります。
そうした作業は引っ越し業者がまとめて行ってくれるので任せてしまいましょう。
ただし解体や組み立てで追加費用を設定している業者も多いので、きちんと料金は確認しておきましょう。
解体と組み立てでそれぞれ3,000円くらいが料金の目安です。

これらの費用を無駄に感じるのであれば自分で解体や組み立てをして運搬だけを引っ越し業者に任せる方法もあります。

ただし素人には解体や組み立てが難しいタイプのベッドもありますのでベッドの形式を事前に確認して取扱説明書などの用意を忘れないようにしましょう。

解体できないタイプのベッドでも引っ越し可能なの?

また、そもそも解体ができないタイプもあります。
そういったベッドでも引っ越し作業自体は可能です。

しかし、ベッドの形状のまま運び出す必要があるので、玄関や廊下などに十分な広さがあるか確認が必要になります。
もし玄関からの搬出、搬入が難しい場合は窓から人力やクレーンで運び出したり、運び入れる必要があるので追加費用がかかってくる可能性があります。

ベッドは処分した方が得する?

ベッドは解体や組み立て、そして搬出や搬入で追加費用が必要になる場合があるため、状況によっては今使っているベッドを処分してしまって新しいものを購入した方が費用が安くすむ可能性があります。

引っ越し業者による見積もりをとってから処分して買い替えるか、今のものをそのまま持っていくかを判断するようにしましょう。

ベッドの処分はどうしたらいいの?

ベッドを処分する場合、まず検討したいのはリサイクル業者の利用です。
ベッドが比較的新しいものだったり、まだまだ使えそうなものの場合はそれなりの金額で買い取ってくれる可能性があります。
一度見積もりを依頼してみましょう。

リサイクル業者での処分が難しい場合は、地域の粗大ゴミとして処分を行う必要があります。
粗大ゴミとしての処理は有料で地域によって回収方法が異なるので、お住まいの地域のホームページなどを確認してみましょう。

参照:引っ越し業者は家具引き取りや処分はしてくれたりするの?

不用品回収業者に回収してもらう

不用品専門の買取業者にお願いするというのも方法の一つになります。

不用品回収業者なのでもちろん有料になってしまいますが以下の様なメリットがあります。

・ベッドの運び出しをしてくれる
・ベッド以外にも不要なものを回収してくれる
・費用がいくらくらいかかるのか見積もりをしてもらえる

があります。

リサイクルショップなどだと自分で運び出す必要がありますが、不用品回収業者だと運び出しもしてもらえます。
女性の一人暮らしなどには助かりますよね。
また業者によりますが、不用品回収はその量によって定額な場合があります。
なのでベッドを回収してもらうついでに不用品を一緒に回収してもらうものいいですよね。

「でもどこの不用品回収業者がいいんだろう?」

何て疑問に思ってしまいますよね。
少しでも安く冷蔵庫や洗濯機を処分するなら多くの業者に見積もりを取ることが必要になります。
でも複数の業者に見積もりを取るのがめんどくさいということもあります。

そのような場合は「不用品回収業者の一括見積もりサイト(無料)」が便利です。

最大で5社に不用品回収の見積もりを取ることができます。

複数の業者に見積もりを取ることで安い業者を簡単に見つけることができるので便利です。

利用料は無料です。

詳しくはこちらをどうぞ。

ベッドを安く回収してくれる業者を調べてみる(無料)

ベッドの引っ越しで注意するポイントとは?

ベッドの引っ越しを行う場合は以下のような点に気をつけましょう。

収納物を梱包しておく

ベッド下などに収納スペースがあるタイプのベッドの場合、収納物は全て取り出して別に梱包をしておくようにしましょう。
そのままにしておくと当日の作業がスムーズに行えない恐れがあるので、事前にやっておきたい作業です。

ベッド周りを整理しておく

ベッドは一度設置するとなかなか動かさない家具なので、周りに意外とゴミが溜まっていたり物が落ちていたりします。
特に、なくしたと思っていたものが見つかったりして、それを梱包する場所に困るといけませんので、作業前日までにベッド周りをチェックしておくようにしましょう。

自分で解体、組み立てを行う場合はパーツをなくさないようにする

もしご自分でベッドの解体や組み立てを行う場合は、パーツをなくさないようにしましょう。
ビニール袋にまとめておいたり、ベッドに直接粘着力の強いガムテープなどで貼付けておくなど、絶対になくさないような工夫をしましょう。

ベッドだけの引っ越しでも相見積もりは取ろう

通常の引っ越しの場合、引っ越し業者の相見積もりを依頼する方が多いと思いますが、ベッドだけの引っ越しでも相見積もりは必ずとるようにしましょう。
ベッドの引っ越しも引っ越し業者によって料金に違いがありますのでより安くサービスの良い業者を選ぶようにしたいところです。

相見積もりなら一括見積もりがおすすめ

引っ越し業者に相見積もりを依頼するなら、「引っ越し一括見積もり」がおすすめです。

一括見積もりなら余計な手間をかけることなく、同じ条件で複数の引っ越し業者に見積もりを依頼できるので、比較検討に最適です。

他社との料金比較で、もう少し安くしてくれませんか? などの料金交渉もできますので、一括見積もりを是非活用してください!

テレビCMでもおなじみで1分で最大10社まで見積もりを取ってくれる業者になります。
もちろん利用料は無料になります。
相見積もりをするなら是非チェックしておきましょう。
利用料無料で最大10社に見積もりを取ることができる一括見積もりのサイトはこちら

さいごに

ベッドだけの引っ越しは引っ越し業者に依頼することで可能になります。
梱包や解体、組み立てといった作業もやってくれる場合が多いので、ベッドの形状や通路幅などの情報を確認してから引っ越し業者に見積もりを依頼しましょう。

またその際は必ず一括見積もりを利用しましょう!
一括見積もりなら同じ条件で複数の引っ越し業者の見積もりを依頼することができるので、比較検討や料金交渉の材料を簡単に得ることができます。
積極的に一括見積もりを活用することをおすすめします。

関連記事になります。合わせてご覧ください。

単身パックの引っ越しでベッドを運んでもらえるの?

アート引越センターでベッドのみでも運んでくれるの?費用の相場はいくら?

あなたも引越し料金で損してるかも?

引越しの料金を安くするコツは一括での無料見積もりになります。

1分間程度で30社の中からあなたにあった最安値の業者を調べることが可能です。

実際に調べると95000円の業者と52000円の業者がありました。

実に43000円もお得に引越しができたんです。

一括見積りを試すならリクルートでもおなじみのSUUMOがおすすめです。

SUUMOなら電話登録が任意なので電話がかかってくる心配がないのも便利です。

>>>自分に合った格安の引越し業者をSUUMOで試しに見てみる(無料)<<<




よく読まれている記事一覧

引っ越し 1

忙しい人用にランキングを先に掲載します。 1位 >>>引越し侍<<< 2位 >>>LIFULL 引越し<<< 3位 >>>ズバット引越し比較<<< 4位 >>>引越し価格ガイド<<< 5位 >>>引越 ...

11月の引越し費用の相場は? 料金が安いのはいつくらい? 2

「11月に引越ししようと思うんだけど時期的に費用は高いの?安いの?」 「11月の引越しで費用を安くするコツはある?」 なんてあなたは思っていませんか? 10月は3月ほどではないですが、引っ越しシーズン ...

12月の引っ越し費用の相場は? この時期の料金は高い?安い? 3

「12月に引っ越し予定だけど費用の相場はどうなの?」 「年末だし引っ越しの費用は高いんだよね?安いタイミングはある?」 なんて疑問はありませんか? 年度末、クリスマスやお正月に向けて何かとあわただしい ...

-家電
-, , ,

Copyright© 引越しの手続きチェックリスト一覧まとめ|引越し手続きナビ , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.