引越し業者の手続き

引越し業者の見積もりは何ヶ月前からできるの? 早く予約するメリットは?

更新日:

 

「引越しが決まったけど引越し業者の見積もりって何ヶ月前から可能なの?」

ということを疑問に思ったりはしませんか?

引っ越しが決まったらまず探さなければいけないのが「引越し業者」になります。
引越しをするなら見積もりも必須になります。

「でも引越しの見積もりっていつくらいからできるもの?」

という疑問も出てきますよね。

結論からいうと、「いつという決まりはありません」。

とはいってもおおよその目安はあります
今回はそのことについて解説したいと思います。

また引っ越し業者の見積もりを早くすることのメリットがあります。

その見積もりを早目に取るメリット、また引っ越しギリギリで見積もりを取るデメリットについてもご紹介したいと思います。

見積もりを取る前に是非、チェックしてみてください。

それではどうぞ。

あなたも引越し料金で損してるかも?

引越しの料金を安くするコツは一括での無料見積もりになります。約1分間であなたにあった最安値の業者を調べることが可能です。

実際に調べると95000円の業者と52000円の業者がありました。

実に43000円もお得に引越しができたんです。

しかも今なら期間限定で最大10万円のキャッシュバックもありお得です。

一括見積りを試すならCMでもおなじみの引っ越し侍がおすすめです。

>>>自分に合った格安の引越し業者を試しに見てみる(無料)<<<




引越し業者の見積もりは何ヶ月前からできるの?

前述しましたが、引越し業者への見積もり依頼のタイミングですが、「いつから?」と聞かれれば、「いつからでも」というのが答えになります。
見積もり依頼には決まった期日はなく、考え方としてはいつでも見積もりを依頼することができるということです。
ただしこれは「可能」であるというだけの話で、引越しの半年前や1年前に見積もりを依頼するのは現実的ではありません
現実的なラインで考えれば、引越しの2ヵ月前、遅くとも1ヵ月前までには依頼したいものです。

早目に見積もりの手続きをするメリットは?

引越しの見積もりを早めにするには多くのメリットがあります。
そのメリットに関して細かく説明していきましょう。

希望の日程を選べる可能性が高い

引越し業者は、依頼が来た順に日程を埋めていきます。
つまり早めに予約することで、希望の日時を選べる可能性が高くなるということに。
引越しは1日がかりの作業になるので、多くの人は土日祝日に引越しすることを希望する傾向にあります。
こうした人気の日程は早い者勝ちですから、早めに見積もりを依頼することが肝要です。

朝イチの時間帯を選べる可能性が高い

引越しは朝イチが人気です。
朝イチの作業であれば、予定通りに作業員が来て、おおよそ予定通りに引越しが完了します。
繁忙期や人気の週末などは、朝イチの引越しが終わった後、午後からの引越しになるケースが。
しかし午後からの引越しになると、朝イチの作業が押してしまった場合、予定通りに始められない可能性があります。
開始が予定より遅れれば当然終了も遅くなり、その日のうちに荷解きの作業が終わらなかったり、作業が遅くなり近隣の方にご迷惑をかけたりとなにかと不都合があります。
リスクの少ない朝イチスタートを選ぶには、やはり早期見積もりがオススメです。

引越し料金の交渉に時間を掛けられる

引越しの料金は基本的に「運ぶ荷物の量」、「作業に必要な人員」、「次の物件までの距離」の3つで決まります。
しかし最終的な値段の決め方は業者ごとに特色があり、同じ引越しでも見積もりの料金は業者によって変わってきます。
つまり多くの引越し業者の見積もりを比べ、その上で引越し料金の交渉をすることで、引越し料金を抑えることができるのです。
その料金交渉ですが、立ち会いの見積もりから時間があるほうが有利に運べます。
時間に余裕があるということは、他の業者を選ぶ時間があるということでもありますから、業者も真摯に対応してくれるからです。

旧居の退去日選びにも余裕が

引越しの際、旧居を出るには1ヵ月前に連絡するのが常識です。
引越しの見積もりを早くすることで、余裕を持った日程で引越しができます。
引越しの日程に余裕があれば、その日程に合わせて退去日も決められますので、余裕を持って引越しをすることができます。

見積もり依頼が遅れた場合のデメリット

では見積もり依頼がギリギリになってしまった際のデメリットを考えてみましょう。
その前にどの程度が「ギリギリ」かというところですが、基本的には1ヵ月を切ってしまったら「遅い」と考えていいでしょう。
さらに引越しの2週間前ともなればそれはギリギリと言えます。
その理由を見ていきましょう。

引越し日から逆算してみる

引越し見積もりのタイミングを、引越し当日から逆算して考えてみましょう。
まず荷造りの時間です。
荷作りにかかる時間はそれぞれのケースがあるかと思いますが、基本的に2週間は見ておきましょう。
平日にお仕事をしている方は、2週間でも休みは週末の4日だけです。
つまり集中的に荷造りができるのは4日だけ。
荷作り意外に家具や家電を処分するつもりであればその日程も必要ですから、2週間でもギリギリであることはおわかりいただけるかと思います。
そう考えると、引越し2週間前には引越し費用を確定させておきたいところ。
見積もりが引越しの3週間前だとすると、値引き交渉に使えるのは1週間しかありません。
せめて2週間の余裕が欲しければ、やはり引越しの4週間前、つまり1ヵ月前には業者を確定させておきたいところとなります。

ギリギリの引越しは値引きが難しい

引越しギリギリに見積もりを出した場合、業者としても「値段が合わないからといって、いまさら他の業者を探す時間はないはず」と考えます。
そう考えれば、当然強気の価格交渉をしてきます。
依頼する側としても時間がありませんから、基本的に強く要求はできなくなります。

希望の日程を選ぶのが難しい

引越し業者の日程を抑えるのは早い者勝ちです。
当然始動が遅れれば、希望の日時を指定するのが難しくなります。

予約を早目にしてしまうとキャンセルや変更はできない?

予約を早めにした場合、引越し日までの間に何かしらの変更が発生し、やむを得ず引越しを中止する可能性が出てきます。
引越し業者を早めに決めてしまうとキャンセル料が気になるところ。
引越しには国土交通省が定めたルールがあります。
このルールを「標準引越運送約款」といい、この約款にキャンセル料に関するルールも記されています。
引越し料金のキャンセル料に関しては、前日に解約した場合は料金の10%、当日に解約した場合は20%となっており、2日前以前に解約した場合は0%、つまりキャンセル料はかからない決まりになっています。

見積もりをするなら一括見積もりがオススメ。そのメリットは?

さて、見積もりに最適なタイミングが分かったところで、今度はその見積もりの方法について考えてみたいと思います。
引越し料金は前述の通り業者によって差が出てきます。
最善の策はすべての業者の見積もりを比較することですが、これは正直現実的ではありません。
ただ、できるだけ多くの業者に見積もりを依頼するのがベターであることは間違いありません。
そこでオススメしたいのが『引越し侍』のような「引っ越し一括見積もりサービス」です。

登録業者が多い

最初の方で触れた通り、引越し業者にはいろいろな特色があります。
例えばある決まった地域の近距離の引越しに強い業者もあれば、長距離引越しが得意な業者もあります。
価格はやや高くても付帯サービスが豊富な業者もありますし、できるだけスリム化してとにかく安くしてくれる業者もあります。
そんな数多の業者から自身の引越しに合った業者を見つけるだけでも大変ですが、一括見積もりサイトに多くの業者が登録していれば、まず絞り込む手間が省けます。

一度の登録で10社同時に見積もり依頼可能

自分の引越しに合ったタイプの業者を10社まで絞り込めれば、後は見積もりを依頼するだけ。
その依頼も10社別々に行うと大変ですが、「一括見積もり」なら、登録フォームに沿って入力するだけで一括依頼が可能です。
この10社から希望に近い見積もりを出した業者を絞り込めば、業者の選定は一気にはかどります。

業者選定の時間を大幅短縮

引越しにおいて一番時間をかけたいのが業者の選定です。
引越し費用を抑えるにも、引越し業者の選定次第ですから当然でしょう。
そんな業者選定を、一社一社自力で調べて、別々に見積もりを依頼して、別々に交渉していては時間がいくらあっても足りません。
一括見積もりサイトを使って一気に絞り込むことで、この手間と時間を省略することができます。

さいごに

引越しの見積もり依頼は早い方がメリットが多いです。
その見積もりの方法も、「一括見積もりサイト」を利用することで、大幅に時間短縮ができることも間違いありません。
引越しとは、当日以上にその前後が大変なものです。
物件探しに始まり、業者探し、値段交渉、荷作り、不用品の処理、新居周辺へのご挨拶、役所への届け出、荷解き、必要品の購入などなど。
引越し当日にすべきことを除いてもザッとこれだけの作業が必要になります。
それぞれの作業において、どれだけ時間と手間を省けるかが引越しをスムーズに完了できるかの決め手になります。
中でも業者探しと値段交渉は、引越し全体のスムーズさに加えて費用面を決定づける重要なポイント。
このポイントを重視するのであれば、やはり「一括見積もりサイト」の利用は不可欠と言えるでしょう。

関連記事になります。合わせてご覧ください。

引越しの予約はいつから取ることできるの?早く取るメリットはある?

あなたも引越し料金で損してるかも?

引越しの料金を安くするコツは一括での無料見積もりになります。約1分間であなたにあった最安値の業者を調べることが可能です。

実際に調べると95000円の業者と52000円の業者がありました。

実に43000円もお得に引越しができたんです。

しかも今なら期間限定で最大10万円のキャッシュバックもありお得です。

一括見積りを試すならCMでもおなじみの引っ越し侍がおすすめです。

>>>自分に合った格安の引越し業者を試しに見てみる(無料)<<<




よく読まれている記事一覧

引っ越し 1

忙しい人用にランキングを先に掲載します。 1位 >>>引越し侍<<< 2位 >>>LIFULL 引越し<<< 3位 >>>ズバット引越し比較<<< 4位 >>>引越し価格ガイド<<< 5位 >>>引越 ...

7月の引っ越し費用の相場は?料金が安いのはいつくらい? 2

「7月に引っ越す予定だけど、この時期は引っ越し費用は高いの?安いの?」 「7月に引っ越しするけど、どの時期に引っ越すと安いの?」 そういう疑問はありませんか? 7月の引っ越しで影響が出てくるのは梅雨と ...

6月の引越し費用の相場は?料金が安いのはいつくらい? 3

「6月に引越し予定だけど、費用ってどのくらいなの?」 「結婚をしたのでこれから新居に引っ越すんだけど、6月の費用の相場はどうなの?」 あなたはその様なことを思っていませんか? 春の引越し繁忙期も終わり ...

-引越し業者の手続き
-, ,

Copyright© 引越しの手続きチェックリスト一覧まとめ|引越し手続きナビ , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.