引越し業者の手続き

損している?離島への引越しで安い業者を見つけるにはどうしたらいい?

更新日:

引っ越し

「離島への引越しの手続きはどうしたらいいの?」

「離島への引越し費用はやっぱり高いの?」

「どの業者でも離島への引越しは対応してくれるの?」

「離島への引越しで安い業者を見つけるにはどうしたらいいの?」

「離島への引越しで気を付けることとはどんな事なの?」

仕事の都合で離島に引っ越す事になったあなたも、こんなことでお悩みではありませんか?

日本にはたくさんの島がある為に、仕事の転勤での赴任先が離島というケースも当然ありますが、離島の場合は通常の引越しとは、やや状況が違うために確認しておくべきポイントがいくつかあります。
事前に離島への引越しの準備を進めておかないと、後になって後悔したり苦労することになるので、出来るだけ早めに準備に取りかかることが大事になります。

そこで今回は離島への引越しが決まったあなたのために、「損している?離島への引越しで安い業者を見つけるにはどうしたらいい?」についてご紹介します。
ぜひ離島への引越しの参考にしてみて下さい。

あなたも引越し料金で損してるかも?

引越しの料金を安くするコツは一括での無料見積もりになります。約1分間であなたにあった最安値の業者を調べることが可能です。

実際に調べると95000円の業者と52000円の業者がありました。

実に43000円もお得に引越しができたんです。

しかも今なら期間限定で最大10万円のキャッシュバックもありお得です。

一括見積りを試すならCMでもおなじみの引っ越し侍がおすすめです。

>>>自分に合った格安の引越し業者を試しに見てみる(無料)<<<




離島に引っ越すときに荷物はどうやって運ぶの?

引っ越し転勤が決まっての赴任先が離島となると、誰もが引越しの荷物はどうやって運んだら良いのか、悩んでしまいますよね。
通常の引越しであれば、自分の荷物の量に合わせたトラックをチャーターして、そのトラックに荷物を積み込んで陸路で新居まで輸送するのが普通です。
ところが離島となると途中に海があるので、そう簡単には荷物の運搬が行かなくなり、多くの場合には船便を利用してのコンテナによる輸送が多くなります。
島に到着してからも新居までの荷物の輸送に、またトラックを利用して輸送することになりますが、島に大型のトラックが無い場合などには、何回かに分けての輸送となる場合も考えられます。
またコンテナでの船便での運搬は、元々本数が少なかったり悪天候で欠航する確率も高く、なかなか思うように荷物を輸送できないこともあります。

どの引越し業者でも離島への引っ越しは対応してくれるの?

実際の多くの引越業者の多くは、「一部離島など対応が出来ない場合があります」といった記載している引越し業者が非常に多い状況です。
離島言っても現地までの船便の本数も多く、現地での運送状況も整備されているように島の場合と、人口も少なくトラックなどほとんど配備されていないような島もあります。
それだけに引越し業者としても、大きな島に対しては対応できるものの、すべての島への対応は難しいとしているところが多いようです。
そのため自分が今度赴くことになった場所に引越しの対応をしているのかどうか、事前によく確認しておくようにしましょう。

東京から沖縄本島に引っ越しする時の費用の相場

引っ越し

実際に現在東京で生活している人が、沖縄本島まで引っ越した場合の費用の相場について、ご紹介してみたいと思います。
家族の人数は単身者か2人世帯の家族で、2tトラックをチャーターして東京で荷物を積み込み、沖縄の引っ越し先まで荷物を運搬した場合、およそ移動距離は2,164kmとなります。
この場合の費用の相場としては引っ越しの時期や、依頼する業者によっても大きく違いが出て、最安値で400,000円ほどで、一番高いところだと640,000円ほどの費用となります。
これらの費用も、他の人との荷物も一緒に運搬する混載便や、他の人の荷物を運搬する帰り道に荷物を載せて運ぶ帰り便などを利用することで、30%~60%も費用を節約することも出来ます。

離島への引越し費用やっぱり高い?

引越し荷物をトラックを利用して陸路で輸送できる通常の引越しとは違って、離島の場合は船便の集荷場まで荷物をトラックで輸送してから、コンテナに載せ替えて船便で輸送します。
そこからまた必要に応じてトラックなどに荷物を積んでの運搬となるので、2度のトラック輸送代とコンテナでの船便の輸送代がかかる事になります。
それだけにやっぱり通常の引越料金と比べても、かなり割高な料金になるのは避けられません。

離島に営業所のような拠点があると安くなる

離島とは言え、島に何万人も生活しているようなおおきな島もあれば、わずかに数十人から数百人程度の人しか居ないような小さな島もあります。
大きな島になると、当然仕事の都合で単身で引越しする人も多いことから、島に引越業者の営業所があるケースがあります。
例えば沖縄県の石垣島の場合には、大手の引越し業者ではクロネコヤマトや佐川急便の営業所があります。
営業所が島にあれば、引越に持つと一緒に作業員を現地まで派遣することなく、現地の営業所から直接作業員を派遣できるので、無駄な費用が掛からずに、安く引っ越しすることができます。
こういったケースが各地の離島でもあるので、引越しを依頼するときには島に営業所があるかどうか確認しておくとよいでしょう。

離島への引っ越しでおすすめの業者はある?

引越し業者も様々な業者がありますが、多くの引越し業者の場合には離島への引越しはあまり積極的で無い事が多く、一部離島への対応はできませんとしている業者はたくさんあります。
それだけに離島への引越しが決まった人にとっては、引越作業はなかなか困った問題になりますが、そんな中でも一部離島の引越しにも強い引越業者がいます。
そんな離島の引越にも強いとされる頼もしい引越業者をこちらでご紹介します。

クロネコヤマトの引越しサービス

クロネコヤマトの引越しサービスは、数ある引越業者の中でも最大手と言える業者で、そうした強みを生かして全国各地に営業所を所有しています。
離島の場合など特に営業所から離れている場合など、作業員が長距離の移動をしての作業となるために、コストが掛かり料金も高くなります。
しかしクロネコヤマトの引越しサービスの場合には、より近い営業所から作業員を派遣しての作業が可能になるので、費用を他社よりも抑えることが出来るので、安く引越しが出来るメリットがあります。

引越センターTSUDA

引越センターTSUDAの特徴は、通常の引っ越しサービスはもちろん、北は北海道から南は九州沖縄まで、JRや海上コンテナを利用しての荷物運搬を得意としている業者です。
それだけに引越し先が長距離になればなるほど、本来であればコストが掛かり増していくところのコストを大幅にダウンできるので、その分を引越し費用にも還元することが出来ます。
そういった長距離物流の強みを生かして、日本各地の離島への荷物の運搬も得意としていて、他社では引き受けてくれないような離島への引越しにも対応しています。
北海道【利尻島・奥尻島他】東京都【大島・神津島・新島・三宅島・八丈島他】広島県【因島・宮島】島根県【隠岐諸島】長崎県【五島列島】鹿児島県【奄美諸島・大隅諸島】沖縄県【沖縄諸島・八重山諸島・大東諸島】などをはじめ、これら以外の島にも対応しています。

大手よりも地元業者の方が安い場合も

引越し

離島への引越の場合には、大手の引越業者とは言え離島への物流機関との契約がなかったりすると、その間の輸送は他社に外注になるケースが多くなります。

そうなるとそこでコストが掛かってしまうために、離島への荷物の輸送に関しては、大手引越し業者でも、通常よりも高い料金が掛かる場合が掛かることがあります。
しかし案外地元の業者の場合は、自社で船を所有としていたり、契約している船便があると、通常よりも安く荷物を運搬できることから、大手よりも安く荷物を輸送できるケースもあります。
そういったことも頭に入れておきながら、離島への引越し業者を決めるようにしていきましょう。

ゆうパックを利用する方法もアリ

どんなに料金が安い業者を探したとしても、やはり離島までの引越の場合にはかなり料金は高額になるのは避けられません。
そんな時に安く荷物を送る方法として、ゆうパックを利用する方法があり、東京から長崎県の離島まで170サイズ(三辺の合計が170㎝以内)の場合の運賃は1個2,370円となります。
数がある程度まとまれば、さらに割引きになるサービスもあるので、それほど多くの荷物が無いのであれば、不要な荷物は出来るだけ処分した上でゆうパックでの荷物の輸送も考えていても良いでしょう。

安い業者を見つけるコツはある?

離島までの引越しを行う時に、できるだけ費用を節約して安い業者を利用したいときには、1社からだけでなく複数の引越業者から見積もりを取る相見積もりを利用しましょう。
特に離島の引越しとなると、業者によって見積金額が大幅に違うことも予想されるために、出来るだけ対応してくれる多くの引越し業者から見積もりをとって、その金額を比較する事をおすすめします。
複数の業者から見積もりを取れば、どのくらいの金額が相場なのかも把握できるし、他社の金額を引き合いに出しての料金の値引き交渉をすることも可能になります。
ぜひ1つの業者だけで契約してしまわずに、上手に相見積もりを利用して料金の安い業者を探してみましょう。

引越し費用の相見積もりの方法や流れはどうしたらいい?おすすめのサイトはある?

混載便や帰り便を利用しよう

離島までの長距離での引っ越しは費用的にはかなり高額になることから、通常のトラックのチャーター便よりも、安く長い距離で荷物を輸送する方法があります。
混載便は単身者の引越しパックによく利用されている単身パックと同じ方式で、決められたコンテナに荷物を入れて、他の人の荷物が入ったコンテナと一緒にまとめて目的地まで運搬します。
そのため目的地までの輸送に掛かるガソリン代や高速代や人件費などが割り勘になるために、より安く荷物を運搬することが出来ます。
また帰り便は別の人の引越し荷物を積んで運んできた後、荷下ろしが終わって空になったトラックを利用して、帰り道に自分の荷物を積んで輸送してもらうことで、費用が安くなる帰り便というシステムもあります。
そう言ったお得なサービスをうまく活用することで、高額になる離島への引越し費用を節約する事が出来ます。

引越しの長距離の混載便とは?デメリットは何がある?

引越しの帰り便って何?格安に引越しする方法とは?

多くの業者に見積もりを取るためにも一括見積もりを利用する

より多くの引越し業者から見積もりを取るのは、安い料金で引越し出来るところを見つけるのには、とても有効な方法ではありますが、1つ1つ連絡していたのでは大変な手間が掛かります。
そんな時におすすめしたいのが「引っ越しの一括見積もり(無料)」で、引越予定日・現在住んでいる住所と引越しの予定の住所・荷物の量などをスマホやパソコンで入力するだけで、一括して見積もりを取ることが出来ます。
この一括見積もりを利用すれば、たくさんの引越し業者に連絡して、離島までの引越しに対応しているかどうか確認したりする手間も省けるので、大変便利なシステムです。
是非皆さんも離島への引越し業者を探して、相見積もりで安い業者を選ぶのであれば、一括見積もりを利用して見るのが良いでしょう。

テレビCMでもおなじみの引っ越し見積もり業者がこちらになります。
200社を超える業者から最大で10社まで見積もりしてもらえます。
見積もり時間は1分程度で利用は無料になっています。
引っ越し一括見積もりを利用して格安引っ越しをするならこちらをどうぞ(無料)

離島への引越しで気を付けることとは

電気

離島への引越しを行う場合には、通常の引越しとはやや状況が違うこともあって、いくつか注意しておくべきポイントがあります。
事前に把握しておかないと、後になって後悔することになるので、あらかじめ確認しておくようにしましょう。

引越し業者によって、料金に大きな開きがある

離島への引越しを行う場合においては、離島近くに営業拠点がある業者の場合には、より近いところから作業員を派遣して作業を行う事が出来ます。
しかしかなり遠方から出ないと現地まで赴くことが出来ない業者の場合には、作業員自ら船に乗って現地まで向かっての作業となります。
このように離島という特殊な現場の場合によって、引越し業者によって全く対応が違ってきてしまうために、料金の業者によって大幅に違ってくることもあります。
そのため引越し業者を選ぶ場合には、その当たりを十分に考慮した選ぶ必要があります。

引越し料金の内訳を把握しておきましょう

通常の引越しの場合の多くは、チャーターしたトラックに荷物を積み込んでそのまま陸送して、新たな新居に荷物を運搬していきます。
しかし離島の場合には、まず自宅から荷物を搬出してトラックに荷物を積み込んで、そのトラックで離島へ運搬するコンテナの集荷場まで運搬します。
そこから荷物をコンテナに積み替えした後に、船便でコンテナを輸送するという流れになり、それぞれに料金が掛かっていきます。
そのために引越業者から提出された見積もりは、どの工程でどれだけの費用が掛かっているのかの内訳をしっかりと、把握しておきましょう。

到着までの日数を確認しておきましょう

離島への引越の場合は、すべての引越しの行程が陸路になるのとは違い、船便を利用することになるので、通常の運搬よりも多くの日数を必要とすることが多くなります。
離島までのコンテナを利用しての船便での輸送の場合には、どうしても船便の運行本数が少なかったり、悪天候での結構などの影響で、荷物の輸送には時間がかかることが予想されます。
引っ越し先まで自分は到着したのに、荷物が届くのは数日後なんて事になったのでは大変なので、あらかじめ荷物の到着日をよく確認しておき、余裕を持って移動するように注意しましょう。

荷物の破損や紛失に注意

船便で荷物を輸送する場合にはコンテナを利用して荷物を輸送するために、通常のトラックでの荷物の輸送よりも荷物の取り扱いが雑になりがちです。
そのために大事な荷物が破損したりするリスクが高くなることから、あらかじめ通常よりも破損しにくいように、しっかりと荷物を梱包するように心がけて荷造りを行いましょう。
またコンテナの中では他の人の荷物と一緒に輸送されることから、荷物が紛失してしまう危険があります。そのために箱の梱包に色の付いたガムテープを使用したり、箱に大きく名前を書いておくなどの工夫によって、荷物の紛失のリスクを減らすことが出来るでしょう。

さいごに

損している?離島への引越しで安い業者を見つけるにはどうしたらいい?についてご紹介してきましたがいかがだったでしょうか?
ご紹介してきたように離島という特殊な場所への引越だけに、離島への引越しの対応が出来ない業者が多いなどなかなか難しい部分もあります。
それだけに離島への引越しを行う時には、当サイトの情報を参考にして出来るだけ費用を節約して、引越し出来るように頑張ってみましょう。

こちらの記事も併せてご参照ください。

石垣島への引っ越し費用の相場は?業者はどうやって探すの?

佐渡島への引っ越し費用の相場は?業者はどうやって探すの?

あなたも引越し料金で損してるかも?

引越しの料金を安くするコツは一括での無料見積もりになります。約1分間であなたにあった最安値の業者を調べることが可能です。

実際に調べると95000円の業者と52000円の業者がありました。

実に43000円もお得に引越しができたんです。

しかも今なら期間限定で最大10万円のキャッシュバックもありお得です。

一括見積りを試すならCMでもおなじみの引っ越し侍がおすすめです。

>>>自分に合った格安の引越し業者を試しに見てみる(無料)<<<




よく読まれている記事一覧

引っ越し 1

忙しい人用にランキングを先に掲載します。 1位 >>>引越し侍<<< 2位 >>>LIFULL 引越し<<< 3位 >>>ズバット引越し比較<<< 4位 >>>引越し価格ガイド<<< 5位 >>>引越 ...

7月の引っ越し費用の相場は?料金が安いのはいつくらい? 2

「7月に引っ越す予定だけど、この時期は引っ越し費用は高いの?安いの?」 「7月に引っ越しするけど、どの時期に引っ越すと安いの?」 そういう疑問はありませんか? 7月の引っ越しで影響が出てくるのは梅雨と ...

6月の引越し費用の相場は?料金が安いのはいつくらい? 3

「6月に引越し予定だけど、費用ってどのくらいなの?」 「結婚をしたのでこれから新居に引っ越すんだけど、6月の費用の相場はどうなの?」 あなたはその様なことを思っていませんか? 春の引越し繁忙期も終わり ...

-引越し業者の手続き
-, , ,

Copyright© 引越しの手続きチェックリスト一覧まとめ|引越し手続きナビ , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.