引越し業者の手続き

引っ越し業者の申し込み期限はいつ?何日前まで連絡したらいいの?

更新日:

引越し

「引っ越しが急に決まったんだけど業者への申し込み期限っていつなの?」

「最低でも何日前に業者に連絡したらいいものなの?」

そんなことを考えていませんか?

急に引越しが決まったり、引っ越し業者を探していて引越しの期限が迫ったりすると焦りますよね。
引っ越し業者には何日前までに連絡しなければいけないのでしょうか?

結論から言うと、業者の予定が空いてれば前日でも大丈夫です。
特に決まりはないんですね。

でも一般的には一か月前から予約される方が多いです。

今回は引っ越し業者への申し込みや何日前に申し込んだらいいのか。
また早目に申し込むメリットなどについて解説していきたいと思います。

 
損してる?格安の引越し業者を見つけよう
複数の引越し業者に見積もりを取ることで最大50%も安い業者を見つけることができます

利用料は無料で1分程度で見つけることができます。

今なら期間限定で最大10万円のキャッシュバックもありお得になっています。

詳しくはこちら。
自分に合った格安の引越し業者を見つけるならこちら(無料)


引っ越し業者の申し込み期限はいつ?

引っ越し

引っ越し自体に申込期限は存在しません。
引っ越し当日に引っ越し業者に連絡しても、引っ越し業者が「できます」と言えば可能です。
引っ越し業者のトラックに空きがあり、引っ越し作業をするスタッフが確保できれば、どんなにギリギリでも申し込めるというのが正解です。
とはいえこれは現実的ではありませんよね。
引っ越しには「見積もり」や「価格交渉」、そして何より「荷造りの時間」が必要です。
引っ越し業者への申し込み自体に期限はありませんが、それなりに時間を考えて申し込むべきでしょう。
では、どのくらい前に申し込むのがいいのでしょうか?

引っ越しは何日前から申し込んだ方がいいの?

上記の通り、引っ越しには当日までに必要な作業がいくつか存在します。
それらの作業を滞りなく、慌てることなく処理できるように考え、余裕を持った日程で申し込むのがベストと言えます。
皆さんも基本的には仕事をしながら、学校に通いながら引っ越しの準備を進めていくことになります。
そういったことを考慮すると、引っ越し業者数社から見積もりを取り、業者を決定するまでに2週間。
価格交渉をしつつ荷造りするのに1週間。
このあたりが無理なく引っ越しができる標準的な期間となります。
では、申し込みは3週間前にすればいいのでしょうか?
もう少し踏み込んで考えてみたいと思います。

引っ越しの申し込みを早目にするメリットはある?

3週間以上前に引っ越しを申し込むことにメリットはあるのでしょうか?
「大きなメリットがある」がその答えです。
上記のように3週間前に申し込むのが標準的であるというのは、誰しも考え付く無理のないペースです。
と、なると多くの人が3週間前ぐらいに申し込みをするということです。
最初に少し触れましたが、引っ越し業者はトラックがあって、作業するスタッフがいれば引っ越しを受け付けます。
反対に言えば、「トラック、もしくはスタッフの都合がつかないと受け付けない」ということになります。
希望の引っ越し日時が概ね決まっているのであれば、早めに申し込むのが吉。
それだけ希望の日時を指定できる可能性が高くなるということです。
3週間前より早く、つまり1ヵ月ほど前に申し込めば、ある程度日時の希望も通りやすいということになります。
時間に余裕があるということは、業者との価格交渉の時間も取れることに繋がります。
日時的にも予算的にも、できるだけ早めの申し込みがいいと言えます。

引っ越しの申し込みをしたらキャンセルはできないよね?

引っ越しには、国土交通省が定めている、引っ越し業に関する約款(ルール)が存在します。
その約款には、「引っ越し2日前までのキャンセルにキャンセル料金はかからない」とあります。

標準引越運送約款、第8章の第20条 2前項の解約手数料又は延期手数料の額は、次の各号のとおりとします。

1.見積書に記載した受取日の前日に解約又は受取日の延期の指図をしたとき見積書に記載した運賃の10パーセント以内
2.見積書に記載した受取日の当日に解約又は受取日の延期の指図をしたとき見積書に記載した運賃の20パーセント以内

引っ越しのキャンセル料が発生するのは前日キャンセルから。
とはいえ、引っ越しには多くの費用がかかりますから、できるだけドタキャンが起こらないよう注意したいですね。

賃貸の場合、大家さんにはいつまでに連絡した方がいい?

固定電話

賃貸物件の場合、大家さんや管理会社に退去の予定を事前に伝える必要があります。
できるだけ早い方がいいのですが、あまり早くに、あやふやな日程を告げるのはNG。
概ね退去の日程が決まったらすぐに報告しましょう。
目安としては引っ越し1ヵ月前。
1ヵ月前に連絡することで、余計な家賃の支払いをせずにすむことになります。
大家さんとしても、賃貸物件が空室になるのは利益が出ない状態ですので、1ヵ月前に部屋が空くことが分かっていれば、部屋の原状復帰の業者を手配したり、新たな住人の募集をしたりと、いろいろな準備をする時間が取れます。
引っ越すからといって何も大家さんに嫌な印象を残す必要はありません。
お互いが気持よく契約完了できるように心がけましょう。
また、大家さんから直接物件を借りているケース以外は、管理会社が存在するかと思います。
こういった場合は、先に管理会社に連絡した方が話がスムーズになりますので覚えておきましょう。
こう考えると引っ越しは1ヵ月前にスタートさせるのが何事においてもベターという結論になります。

引っ越し業者を早く決めるなら一括見積りサービスがおすすめ

電話

さて、ここまでは比較的余裕のある引っ越しについて考えてきました。
ところが、どの引っ越しも、1ヵ月以上前に予定が決まっているとは限りません。
例えば急な転勤辞令が出た場合。
会社によっては転勤2週間前に辞令が出るケースも珍しくありません。
そうなると1ヵ月前から準備というのは不可能になります。
また、引っ越し準備とは意外と億劫なもの。
ついつい1ヵ月を切ってしまったなんてケースもあるでしょう。
そんな方にオススメなのが、「引っ越し一括見積もりサービス」です。

一括見積もりサービスのメリット

引っ越し一括見積もりサービスの利点を説明するために、ここではあるサイトを参考に説明していきます。
引越し侍
こちらのサイトをはじめとする一括見積もりサービスを利用すると、時間・予算の観点から大きなメリットがあります。
ひとつひとつ細かく見ていきましょう。

引っ越し業者を探す手間が省ける

引越し侍』には、すでに251社の引っ越し業者が登録しており、業者自体を探す手間がありません。
引っ越し業者には、TVCMを放映しているような、全国展開をしている大手から、限定した地域の引っ越しを行う中小業者まで存在します。
大手業者に比べて中小業者の方が価格が安かったり、サービスが良かったりする可能性も。
そういった業者をいちいち探す必要がないのは手間がかからず、スムーズに業者選びに着手できるメリットがあります。

短時間で見積もりをすることができる

業者を数社ピックアップしたところで、次に面倒なのが見積もり作業です。
自力で引っ越し業者を探した場合、まず業者に電話をし、電話か訪問で見積もりを出してもらうことになります。
比較的時間がかからない電話見積もりでも平均15分程度かかる作業。
その上で後日メールか封書で見積もりが送られてきます。
これを数社繰り返すとなると、見積もりを出すだけでかなりの時間がかかってしまいます。
しかし、『引越し侍』の場合、最短1分で見積もりを出すことができます。

フォームに必要事項を記入しただけで複数の業者に見積もりを取ることができる

さらにその名の通り数社から一括で見積もりを取ることができるのも、一括見積もりサイトのメリット。
全社共通の申し込むフォームに記入し、見積もりを取りたい業者を最大10社までピックアップしての見積もりが可能なので、この時点で時間的にも大幅に短縮できます。

引っ越し費用の相場を知ることができる

引越し侍』には、「引っ越し相場」を算出するページもあるため、大まかな相場を知ることも可能です。
また、複数の業者から見積もりが取れるので、見積もりを出した時点であなたの引っ越しの相場を知ることができます。
引っ越しの料金に関しては、正確な決まりがなく、あくまでも業者の提示した金額が頼りになります。
多くの見積もりを見比べることで、自分に合ったサービスや料金を知るメリットは、予算的に大きなメリットと言えるでしょう。

見積もりを参考に値下げ交渉ができる

複数の業者から、同一条件で見積もりが取れるということは、比較検討ができるだけではなく、値下げ交渉の材料としても使えます。
値下げ交渉が苦手だという方でも、これだけ材料があれば、気兼ねなく交渉できるはずです。

結果、引越しが楽に、早く、安くなる

いちいち業者を自力で調べて電話する手間がなく楽に。
数社からの見積もりも時間を掛けずに素早く行える。
値下げ交渉の材料があるので、気兼ねなく交渉できる。
これらのメリットから、より楽に、より早く、そしてより安く引っ越しができることになります。
先に書いた通り、急な引っ越しの場合はもちろん、時間に余裕がある引っ越しでも、一括見積もりサイトを利用した方がメリットは大きいのは間違いありません。

一括見積りサービスの申し込み期限はいつ?

小学生

最初に触れたとおり、引っ越しの申し込みに期限はありません。
しかし、一括見積もりサイトには、サイトごとに期限を設けているケースが多いと言えます。
引越し侍』の場合、最短で引っ越し希望日の3日前まで。
あまり現実的な日程ではありませんが、それだけ急でも対応してくれるサイトと言えるでしょう。

一括見積りサービスの申し込みは何日前からすることができるの?

申し込みは早いほどいいのは間違いありませんが、とはいえ早すぎても業者が対応できません。
さすがに半年後のトラックやスタッフの状況は読めないもの。
引越し侍』の場合、最長で引っ越し希望日の3ヵ月前までとなっています。

早目に予約した方がいい月や日にちなどはある?

引っ越し業界には繁忙期があり、ご想像の通り3~4月が非常に忙しくなります。
この時期にどうしても引っ越しをしなければいけない場合は、通常よりもう少し早く動き出すことをオススメします。
また、日にちでいえば、月末、特に多くの人の給料日である25日以降は引っ越し件数が増える傾向にあります。
また、当然ながら土日祝日も人気の曜日。
こういった条件に合致する場合も、気持ち早めに準備するように心がけましょう。

さいごに

引っ越しというものは、あまり数多く経験できるものではありません。
それだけに情報が少なく、いざ引っ越しすると決まった時に何をしていいのか分からなくなるケースも。
そうしているうちに時間がなくなり、引っ越し当日にドタバタしてトラブル続出なんて話も少なくありません。
そんなことにならないためにも、引っ越しが決まった時点で、まずは一括見積もりサイトをご覧になることがオススメです。
是非、今回の記事をチェックして頂ければと思います。

関連記事になります。合わせてご覧ください。

引っ越しは何日前に予約すればいい?大家さんにはいつまでに連絡したらいい?

引越しの予約はいつまでにしておかないといけない?遅くなるデメリットは?

引っ越しの一括見積りでお得に引越しをする

引越しの料金を安くするコツは一括での無料見積もりになります。約1分間であなたにあった最安値の業者を調べることが可能です。

実際に調べると95000円の業者と52000円の業者がありました。

実に43000円もお得に引越しができたんです。

しかも今なら期間限定で最大10万円のキャッシュバックもありお得です。

一括見積りを試すならCMでもおなじみの引っ越し侍がおすすめです。

>>>自分に合った格安の引越し業者を試しに見てみる(無料)<<<




よく読まれている記事一覧

引っ越し 1

忙しい人用にランキングを先に掲載します。 1位 >>>引越し侍<<< 2位 >>>LIFULL 引越し<<< 3位 >>>ズバット引越し比較<<< 4位 >>>引越し価格ガイド<<< 5位 >>>引越 ...

引越し 2

  「4月に引っ越し予定だけど引っ越し費用の相場はどのくらいなの?」 「4月の引っ越しならどの時期にしたら安くなるの?」 その様なことを思っていませんか? 毎年春は引っ越しの最繁忙期となりま ...

引越し 3

「ゴールデンウィーク中の費用はどのくらい高くなるの?」 「ゴールデンウィーク前と明けではどちらが費用が安い?」 「ゴールデンウィーク近辺だとどの日が一番引越し費用が安くなる?」 「ゴールデンウィーク近 ...

no image 4

  「5月に引っ越しをするんだけど、この時期の費用の相場ってどのくらいなの?」 「安く引っ越しをしたいけど何かおすすめの方法はある?」 あなたは、その様に思っていませんか? 天候も暖かく、ま ...

-引越し業者の手続き
-, , ,

Copyright© 引越しの手続きチェックリスト一覧まとめ|引越し手続きナビ , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.