引越しの準備期間 引越し業者の手続き

一人暮らしの引っ越し準備期間は一週間でもできる? 転勤が決まった時にやることまとめ

更新日:

転勤

「突然、転勤が決まって引っ越しをしなければいけない」

「引っ越しまで一週間しか期間はないけど引越しすることで着るの?」

「引っ越しする場合にはまずは何をしたらいいの?」

なんてあなたは悩んでいませんか?

突然仕事の都合で引越ししなければならなくなったのに、引越しの準備期間がわずかに1週間しかありません。
一人暮らしとはいえ引っ越しの荷物の準備から各種手続きまで、準備はまるで進んでいないのに果たして1週間でも準備することは可能なのでしょうか?
そこで今回は、一人暮らしの引越し準備期間は一週間でもできるかについて調べてみましたので、ご覧下さい。

あなたも引越し料金で損してるかも?

引越しの料金を安くするコツは一括での無料見積もりになります。約1分間であなたにあった最安値の業者を調べることが可能です。

実際に調べると95000円の業者と52000円の業者がありました。

実に43000円もお得に引越しができたんです。

しかも今なら期間限定で最大10万円のキャッシュバックもありお得です。

一括見積りを試すならCMでもおなじみの引っ越し侍がおすすめです。

>>>自分に合った格安の引越し業者を試しに見てみる(無料)<<<




一般的な引越しの準備期間とは

一般的に転勤などに要する期間として会社が設定している準備期間の多くは、1ヶ月としているところが多いようです。
これには引越し先の住居探しや今入居しているところの退去手続き、子供が居る家庭の場合の転校手続き、引越業者の確保などにはおよそ1ヶ月ほど時間を必要とする場合があります。
また市区町村での転出手続きなども2週間前には行わなくてはならなかったり、その他様々な手続きにも時間を必要としていることなどから、一般的な引越しの準備期間は1ヶ月としているところが多いようです。
しかし、会社によっては当然単身赴任者などの場合は、突然1週間程度の準備期間で引越しを行わなければならないなんて事もあるので、その場合はかなり慌ただしい引越しの準備となります。

1週間前に転勤になった。一人暮らしだけど引越しできる?

引越し

単身赴任者や独身者の場合は、時として突然1週間前に勤務する会社から転勤を言い渡される場合があります。
しかし現実としてわずか1週間たらずの準備期間で、引越しの準備は出来るのでしょうか?
その当たりについて検証してみましたのでご覧下さい。

一人暮らしの引越しの最短期間は何日前くらい?

引越しの準備をする場合なんと言っても一番時間もかかり大変になるのが荷造り作業で、今まで何回も引越をしたことがある人の場合では、手際よく準備をすることができます。
しかしはじめて引越しを経験することにとっては、何から手をつけたら良いのか分からず、作業の時間も取れない場合などはさらに大変になります。
一般的な引越期間は1ヶ月ほどになりますが、実際に引越しした人の話によると作業に慣れている場合だと3日ほど、慣れていなく人でも最短で荷造りに費やした日数は7~8日としている人が多いようです。

賃貸だけど契約解除は大丈夫なの?

基本的に賃貸契約の場合の多くは、退去する1ヶ月前までに告知するという契約になっているケースが多くあります。
しかし仮にその契約している内容に違反したからと言って退去が出来ないと言う事では無く、通常の場合は解約月の家賃は日割り計算されるので、退去は問題なく出来ます。
また契約内容によっては違約金が発生する場合もあったり、逆に違約金を支払う必要があっても事情を察してくれて違約金を免除してくれるようなケースもあります。
その当たりはケースバイケースになるようですので、大家さんや管理会社の方に引越しが決まったら出来るだけ早い段階で相談してみると良いでしょう。

引越しが決まったらまず始めにすること

引越し

引越しが決まったらまず始めにすることをまとめました。

こちらの記事でも解説しています。

転勤で引っ越しする場合にまずやることは何?準備はどうしたらいい?

引越し先の部屋を探す

引越しをするにも済むところが決まらないことにはどうしようも無いので、まず一番始めにすることは引越し先での住む部屋を探すことになります。
おすすめなのが「UR賃貸住宅」で、礼金・仲介手数料・保証人が不要で、一定の収入がある人なら誰でも借りることが出来るので、急いで物件を探すときなどには最適です。
「UR賃貸住宅」を申し込みたいときには、近くにあるUR営業センターへ出向いてみて、窓口で希望を伝えるとおすすめの物件を紹介してもらえます。
またUR賃貸住宅に限らず他の不動産屋の物件を探すときにも、契約に必要な書類が揃っていれば時間短縮になって便利なので、事前に揃えておくと良いでしょう。

管理会社や大家さんに退去の連絡をする

引越し先が見つかったら、すぐに入居している住居の管理会社や大家さんに対して、事情を説明して退去することを連絡します。
本来であれば契約上退去1ヶ月前には告知することになっている場合が多いかと思いますが、家賃の日割り計算での支払いの処理など、円満に退去できるように手続きを行います。

引っ越しは何日前に予約すればいい?大家さんにはいつまでに連絡したらいい?

電気・水道・ガスの手続き

電気

部屋が決まり、退去することも報告したら、出来るだけ早い段階で電気・水道・ガスの手続きを行います。
それぞれの契約している会社に対して連絡をします。
旧居と新居で契約している会社が同じ場合には旧居での停止と新居での開始の時期を連絡した上で、追って住所変更の手続きを行う事で、手続きを簡素化できます。
旧居と新居で契約する会社が違う場合には、まず旧居で契約している会社に対して停止の連絡をして、残りの料金について日割り計算して精算して、手続き完了となります。

電気の引越し手続き。解約や開始の連絡はどうしたらいいの?

ガスの引越し手続き。解約方法と開栓手続き解説。立会いは必要?

水道の引越し手続き。解約や開栓方法は?止めるタイミングは?

各種手続き

現在入居している市区町村の役所に行き、他の地区に引越す場合には転出届けを提出し、同じ市区町村に引越す場合には、引越し後に住所が変更になった転居届を提出します。
会社に勤務している場合には、社会保険の手続きについては住所が変更になったことだけ報告すると、会社の総務部で必要書類を作成して保険証の住所変更を行ってくれます。
まずは引越し先が決まったら、忘れないように会社に連絡を入れておくようにしましょう。
自営などの国民健康保険の方の場合には、本来の流れで行くと旧居のある市区町村の窓口に資格喪失手続きを依頼する事になります。
しかし今回のように手続きする時間が余り取れないようであれば、引越し後に転出先の窓口で転出届けと一緒に受け取ると、時間を短縮できて便利です。

引越しをする時の国民健康保険の手続きとは?料金の支払いはどうなる?

郵便物の転送届け

郵便

郵便物の転送届けをしておくと、引越後に旧居に郵便物が配達されても転送されて新居に届くシステムなどで、忘れずに手続きをしておきましょう。

引越し時の郵便物転送手続きを解説。期間は?住所変更はどうするの?

引越しの業者に見積もりを取る

次に引越業者を探す作業になりますが、引越業者を探すにも十分な時間があれば、出来るだけ多くの業者から見積もりを取って、より料金の安いところを利用することができます。
しかし今回のように引越しまでの期間が1週間しか無いのであれば、予定の日時に合わせてくれる業者はどうしても限られてしまいます。
引越しの閑散期でもあれば、業者にも余裕があるので見積もりして翌日の引越しと言う事も出来なくはありませんが、繁忙期となるとそうはいきません。
そのために料金は多少高くても、まずは希望日に依頼できるかどうかを優先的に考えて、引越し業者を選ぶようにするのがいいでしょう。

一人暮らしの引越し業者の選び方とは?失敗しないコツを解説

繁忙期と閑散期で引越し費用の相場はどのくらい違うの?

手間をかけずに安い業者を見つけるにはどうしたらいいの?

期間が限られた中で引っ越し業者を見つけるのはとても難しいです。
また期間が短いと引っ越し業者を高く見積もられる場合があります。
そういう場合は、引っ越し一括見積もりで見積もりを取りましょう。
一括見積もりのメリットとしては、

・1分で最大10社の業者の見積もりを取ることが出来る

・名前や住所の入力が一回で複数の業者に見積もりができる

・複数の業者に見積もりを取ることで費用の相場が分かる

・相見積もりを取っているので費用の交渉ができる

・一括見積もりの仲介業者が入っているので悪徳業者が排除される可能性が高い

・無料で利用することができる

以上が一括見積もりのメリットになります。

一括見積もりならテレビCMでもおなじみの「引越し侍」がおすすめです。
利用料は無料で最大で10社まで見積もりを取ってくれます。
是非チェックしてみてください。
引っ越し一括見積もりの「引越し侍」を試しにしてみる

ダンボールの確保

ダンボール

ある程度の準備が完了したら、次に行うのがダンボールの確保で、いざ引越しの荷物を入れようとしてもなかなか都合の良い大きさのダンボールは家にはないものです。
いざ購入しようとすると、数も多くなりそれなりの出費となってしまうために、契約した引越し業者に依頼すると、必要なダンボールを無償でサービスしてくれるのでいただくようにしましょう。
しかしそんな時間も無いようなときには、サイズが揃わない箱やダンボールでは後で梱包したり荷解きするときに苦労することになるので、多少出費にはなりますがサイズの揃った希望のダンボールを購入しましょう。

荷物の梱包

ダンボールが確保できたら、時間が無いので出来るだけ早く荷物を梱包していきますが、現実的に家電などが備え付けで引越し経験がなどかあり、荷物が少ない場合は何とか準備も可能かと思います。
しかし引越し未経験で1週間しか時間が無いとなると、しっかりと荷物を分別して梱包している余裕はなかなか無いでしょう。
そんな時には、貴重品や身の回り品などだけを梱包したら、後はすべて荷物の梱包も含めた引越し業者に丸投げする方法もあるので、どうしても時間が無い場合はそう言った内容で引越業者に相談してみましょう。

引越しに時間をかけないために利用すること

引越し

さてここまで1人暮らしの出来るだけ時間をかけない、引越しについての手順についてご紹介してきましたが、実際には1週間という時間は引越準備期間としては、かなりきつい日数です。
そこで少しでも無駄な時間を使わないで、準備出来る方法についてご紹介します。

不用品のリサイクル業者

引越しに伴って必ず不要品が出てくる物なので、処分に困っているのであれば無料で出張買い取り査定してくれる買い取り業者に依頼してみましょう。

お引越しで整理したいモノを売るなら買取プレミアム

こちらの買い取り業者は、ブランドバック・時計やアクセサリー・金券・骨董品など様々なジャンルの物まで対応してくれています。
引越しする機会に不要な物は処分したいと考えているのであれば、ただ処分するよりも少しでもお金になるこう言ったリサイクル業者に依頼して、少しでも荷物を少なくておきましょう。

ハウスクリーニング業者

1人暮らしとはいえ引越期間が1週間では荷造りするのが精一杯で、なかなか部屋の掃除までは手が回らないことが多くなるので、そんな時におすすめしていのがハウスクリーニングです。
部屋の掃除をすべて業者に依頼すれば、その他の片付けや荷造りなどに専念することが出来るので、忙しく時間的余裕が無いときには、ぜひハウスクリーニング業者を依頼しましょう。
ハウスクリーニング業者の依頼内容も、全面的な部屋のクリーニングから部分的な対応まで細かく分類されているので、予算に応じて依頼することも可能です。
またハウスクリーニング業者も一括見積りができます。
一括見積りをすることで時間短縮と安い業者を見るけることができるのでおすすめです。
詳しくはこちらをどうぞ。
“無料”一括見積もりで比較!《 ズバットハウスクリーニング比較 》

エアコンの取り付け取り外しの業者

賃貸の場合は初めからエアコンが備え付けてある場合が多いです、場合によっては後から備え付けることもあります。
エアコンを購入した時には購入先の業者が行ってくれるので心配ありませんでしたが、引越しの場合には専門の業者にお願いしなければいけません。
その時にもやはりエアコン業者の一括見積りでの比較をおすすめします。
1週間という限られた期限でも安い業者を見つけることができるでしょう。
詳しくはこちらをどうぞ。
エアコン取り付け・取り外し

引越し当日にするべきこと

引越し

引越しをした当日にするべきことになります。

荷物の搬出

荷造りした荷物を搬出しますが、予め通帳や印鑑など貴重品や歯ブラシ・下着などの日用品は、手荷物としてまとめて置いて、ダンボールには入れないで置くと引越ししてからの荷解きの時に困りません。
引越業者に依頼した場合には荷物の運搬はすべておまかせになるので、最終的な部屋の掃除や諸手続などに不備が無いか確認をよくしておきましょう

引越し先へ出発

引越し先に出発しますが、車や電車などで事前に交通手段を確認して、引越業者と到着時間を事前に打ち合わせしておきましょう。
単身引越しパックの時などは、引越業者のトラックに一緒に載せてもらえる場合もあるので、相談してみるのも良いかもしれません。

荷解き作業

引越し先に到着したら早速に時作業に入りますが、ただ闇雲に荷解きをしてしまうと効率よく部屋を片付けすることができません。
予め部屋のレイアウトを決めて大きな物をセッティングし、それぞれを収納する場所にダンボール箱を移動してから荷解きをしていくと、効率よく片付け作業が行えます。

引越しした後にすること

引越し

各種手続き

引越後には14日以内に市区町村の窓口に出向いて、転入届けをする必要があります。
その他にも運転免許証や銀行などの住所変更も忘れずに行いましょう。

電気・水道・ガスの手続き

電気や水道については事前に引越す日を連絡しておけば、直ぐに使用できる様になりますが、手続きが済んでないと引っ越しした直後に使えないという自体になりかねないので、良く確認しておきましょう。
ガスについては新たに契約する会社の立ち会いが必要となるので、日時を打ち合わせておいて、引越日から使用できる様に準備しておきましょう。

さいごに

ご紹介してきたように、1人暮らしの場合は最低1週間あれば何とか引越は可能です。
まずは慌てずにやるべき事を一つ一つ的確に進めていくことで、落ち度無く引越しを完了することが出来るはずです。
もし突然会社から転勤の知らせが来たときには、当サイトを参考に引越しに取り組んでみましょう。

参照:引越しの予約はいつまでにしておかないといけない?遅くなるデメリットは?

参照:ワンルームで一人暮らしの引っ越し費用の相場はいくらくらい?

あなたも引越し料金で損してるかも?

引越しの料金を安くするコツは一括での無料見積もりになります。約1分間であなたにあった最安値の業者を調べることが可能です。

実際に調べると95000円の業者と52000円の業者がありました。

実に43000円もお得に引越しができたんです。

しかも今なら期間限定で最大10万円のキャッシュバックもありお得です。

一括見積りを試すならCMでもおなじみの引っ越し侍がおすすめです。

>>>自分に合った格安の引越し業者を試しに見てみる(無料)<<<




よく読まれている記事一覧

引っ越し 1

忙しい人用にランキングを先に掲載します。 1位 >>>引越し侍<<< 2位 >>>LIFULL 引越し<<< 3位 >>>ズバット引越し比較<<< 4位 >>>引越し価格ガイド<<< 5位 >>>引越 ...

7月の引っ越し費用の相場は?料金が安いのはいつくらい? 2

「7月に引っ越す予定だけど、この時期は引っ越し費用は高いの?安いの?」 「7月に引っ越しするけど、どの時期に引っ越すと安いの?」 そういう疑問はありませんか? 7月の引っ越しで影響が出てくるのは梅雨と ...

6月の引越し費用の相場は?料金が安いのはいつくらい? 3

「6月に引越し予定だけど、費用ってどのくらいなの?」 「結婚をしたのでこれから新居に引っ越すんだけど、6月の費用の相場はどうなの?」 あなたはその様なことを思っていませんか? 春の引越し繁忙期も終わり ...

-引越しの準備期間, 引越し業者の手続き
-, ,

Copyright© 引越しの手続きチェックリスト一覧まとめ|引越し手続きナビ , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.