引越しの準備期間

急な転勤で引っ越し希望日まで日にちが無い時はどうしたらいい?

更新日:

 

「急に転勤が決まったけど、何からしたらいいの?」

「初めての転勤なので何をしたらいいかわからない…」

そんな悩みはありませんか?

あまり考えたくはないことですが、会社から急な人事異動のお達しが出る可能性はゼロではありません。
一般的に家庭を持っている人に対しては、できるだけ早めに内示をするようですが、致し方なく急な転勤を命じる必要性がある場合、単身者が選ばれる可能性は高くなります。
これは、家庭を持つ人に急な転勤を命じた場合、転勤を不服として転職をする人が少なくないから。
家庭があると、家族で引っ越すか単身赴任ということになりますが、単身赴任は二重生活になることから出費が多くなり、家族で引っ越す場合は子どもの学校の問題などがあるからでしょう。
そこで今回は、急に転勤となり引っ越しが必要となった単身者向けに、引っ越しが決まった場合の対処法、対処手順などを細かく調べてみました。

あなたも引越し料金で損してるかも?

引越しの料金を安くするコツは一括での無料見積もりになります。

1分間程度で30社の中からあなたにあった最安値の業者を調べることが可能です。

実際に調べると95000円の業者と52000円の業者がありました。

実に43000円もお得に引越しができたんです。

一括見積りを試すならリクルートでもおなじみのSUUMOがおすすめです。

SUUMOなら電話登録が任意なので電話がかかってくる心配がないのも便利です。

>>>自分に合った格安の引越し業者をSUUMOで試しに見てみる(無料)<<<




最初に手を付けるべきは?

急に転勤を命じられ、しかも引っ越しが必要となるケースを考えますので、引っ越し先は他県という前提で話を進めていきましょう。
転勤を命じられて最初にすべきことは?
現状賃貸住宅に住んでいる方は、まずは現在住んでいる物件の解約が必要です。
大家に対する解約の通知は一般的に退去の一か月前と設定されています。
もちろん契約のケースによりさまざまだとは思いますので、契約書を確認してみてください。
大家への連絡が遅れると遅れた分だけ余計な家賃を支払う必要が生じるかもしれませんので、何より解約を優先しましょう。

転勤で引っ越しする場合にまずやることは何?準備はどうしたらいい?

解約後にすべきこと

現在住んでいる物件の解約手続きが済んだら、次は新居探しです。
これも与えられた時間次第となりますが、さほどじっくり悩む時間はありません。
しかも他県への引っ越しともなれば、現地を見に行けるのはよくても1日か2日といったところ。
いきなり現地に行くのではなく、まずはインターネットで、引っ越し先の相場や町の状況を確認して、出発前に十分絞り込む必要があります。

「〇〇駅~△△駅で、駅から徒歩◇分、近くにコンビニ、広さは20~25㎡、家賃〇万~▲万円の範囲内」。

この程度まで絞り込んでから現地に行くのがオススメ。
時間がないとはいえ、毎日暮らす物件です。
できるだけ妥協はしないように優先すべき項目をメモっていくのがいいでしょう。

新居が決まったら?

現在住んでいる物件の解約が済み、新居が見つかったらここから引っ越し業者探しということになります。
引っ越し業者を選定する前に、できれば確認しておきたいのが、お勤めの会社の就労規則。

「会社都合の引っ越し費用の負担」について確認しておきましょう。

「会社都合の引っ越しの場合、会社側が費用の◎割を負担する」という企業が大半を占めていますが、特にこれを決める法律はなく、企業によっては「全額就労者負担」となっている可能性もあります。
ただ、常識的に考えて、全額負担はほぼありません。
ある程度会社が負担してくれるはずですから、どういうきまりになっているのかを会社の担当部署に確認しておきましょう。

転勤の引越し費用は会社負担?手当はどこまで出るの?

少々話がズレましたが、引っ越し業者選びで一番優先すべきことは、「希望の日程で引っ越しをしてくれる業者」であり、「引っ越し後できるだけ素早く日常生活に戻れること」になります。
通常の引っ越しであれば、「できるだけ丁寧で安い業者」を選ぶことをオススメしますが、この急な転勤のケースで、会社がある程度引っ越し費用を負担してくれるのであればこの条件は後回しにしましょう。

他県への転勤となるとあなたを取り巻く環境は一気に変わります。
その上引っ越し後になかなか落ち着けないとなると、転勤後の生活が精神的にキツくなります。
会社以外の部分ではできるだけいつも通りの生活を送れるように考えるのがプラスとなるはずです。

訪問見積もりの時間が取れない場合

あまりにも急な話で、とても訪問見積もりを受けている時間がない場合は、電話でできるだけ細かく荷物のサイズを伝えましょう。
例えば「一人暮らしサイズの冷蔵庫」ではなく、「幅〇cm×奥行▲cm×高さ◇cmの2ドア冷蔵庫」という伝え方をするだけで、引っ越し業者は必要なトラックのサイズを推測しやすくなります。
また、おおむねで構わないので段ボールの数も報告するのがベスト。
こうして家具、家電、段ボールの数をある程度正確に伝えれば、電話でも訪問見積もりレベルの正確な見積もりが可能です。
あと電話で伝えておきたいのは、新居・旧居にエレベーターがあるかないか? 新居・旧居前の道幅や引っ越し車両の駐車スペースの有無です。
ここまで伝えればまず間違った見積金額は出ません。

急ぎの引っ越しでこそ利用したいサービス

急ぎの引っ越しで利用したいのが、荷物の梱包まで手伝ってくれるおまかせパックです。
もし会社がある程度費用を負担してくれるのであれば、このサービスほど心強いものはありませんのでぜひ利用しましょう。
急ぎの転勤ということは、昼間は仕事の引継ぎなどで忙しく、さらに送別会などの予定も入るでしょう。
引っ越し前に荷造りをする時間が取れないというケースも考えられます。
お任せパックであれば荷造りから荷解きまで手伝ってもらえますし、単身向けの荷物量であればびっくりするような高額にはならないはずです。

引っ越しの単身パックの料金相場など徹底比較。ヤマト、日通などまとめ

急ぎの引っ越しにおける費用相場

では、肝心の費用相場はどの程度になるでしょう?
実は、引っ越し当日までの時間が少ないからといって、引っ越し料金が割高になるということはあまりありません。
もちろんこういった急な引っ越しの場合「特急料金」を設定している業者もいますが、それも一部のこと。
急な引っ越し依頼に対応できる業者が少なくなるというほうが問題でしょう。
料金は通常通りと考えて間違いありません。
仮に東京から大阪への引っ越しで、単身者の場合おおよそ70,000円前後。
繰り返しになりますが、これより安くすることより、希望日に引っ越しをしてくれることを優先しましょう。

急な引っ越しの上手な業者選び

急な引っ越しに関しては、なにより業者選びの時間が少ないことが問題となります。
どの業者も1か月前に予約を取るのが基本的なスケジュール。
繁忙期でないかぎり、1週間前あたりであれば予約はさほど問題ないでしょう。
大手になると3日前でも普通に予約を受け付けてくれるようです。

とかく時間がないと、TVCMを流している業者に連絡して依頼してしまったりという方が多いようですが、いくら費用にこだわらない引っ越しとはいえ、これでは費用がかかりすぎてしまう可能性が高くなります。
こういった急な引っ越しこそ「引っ越し料金一括見積もりサイト」を上手に利用しましょう。
まずは、自宅にある家具や家電製品のサイズをメモします。
さらに自宅の荷物の量から、段ボールの数を想定。
「10~15個」というように多少多めに見積もっておくことをオススメします。
おおよその荷物の情報が揃ったら、引っ越しの条件を入力し複数社に一括で見積もりを依頼。
この時「引っ越しまで時間がないので訪問見積もりを依頼する余裕がありません」と明記しておきましょう。
見積もりを依頼すると、依頼した業者から電話があると思います。
電話で引っ越しまで時間がない件、詳細な荷物の量などを確認し、電話口で見積もりをもらってください。
自分でネット上を検索し、複数社に見積もりを依頼するより手間もかからず見積もりを入手できるはずです。
あとは、その中から料金とサービスを見比べて業者を決定するだけ。
一般的な引っ越しでも、業者選びには時間がかかるものです。
急な引っ越しであれば、この業者選びにかかる時間も短縮するため、引っ越し一括見積もり(無料)を上手に利用することをオススメします。

関連記事になります。合わせてご覧ください。

引越しの予約はいつまでにしておかないといけない?遅くなるデメリットは?

あなたも引越し料金で損してるかも?

引越しの料金を安くするコツは一括での無料見積もりになります。

1分間程度で30社の中からあなたにあった最安値の業者を調べることが可能です。

実際に調べると95000円の業者と52000円の業者がありました。

実に43000円もお得に引越しができたんです。

一括見積りを試すならリクルートでもおなじみのSUUMOがおすすめです。

SUUMOなら電話登録が任意なので電話がかかってくる心配がないのも便利です。

>>>自分に合った格安の引越し業者をSUUMOで試しに見てみる(無料)<<<




よく読まれている記事一覧

引っ越し 1

忙しい人用にランキングを先に掲載します。 1位 >>>引越し侍<<< 2位 >>>LIFULL 引越し<<< 3位 >>>ズバット引越し比較<<< 4位 >>>引越し価格ガイド<<< 5位 >>>引越 ...

7月の引っ越し費用の相場は?料金が安いのはいつくらい? 2

「7月に引っ越す予定だけど、この時期は引っ越し費用は高いの?安いの?」 「7月に引っ越しするけど、どの時期に引っ越すと安いの?」 そういう疑問はありませんか? 7月の引っ越しで影響が出てくるのは梅雨と ...

6月の引越し費用の相場は?料金が安いのはいつくらい? 3

「6月に引越し予定だけど、費用ってどのくらいなの?」 「結婚をしたのでこれから新居に引っ越すんだけど、6月の費用の相場はどうなの?」 あなたはその様なことを思っていませんか? 春の引越し繁忙期も終わり ...

-引越しの準備期間
-, ,

Copyright© 引越しの手続きチェックリスト一覧まとめ|引越し手続きナビ , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.