引越しの準備期間

引っ越しの準備期間はどのくらい前からしたらいいの?

更新日:

引っ越し

「引っ越しする場合、どのくらい前から準備をしたらいいの?」

「引っ越しをするなら何から始めたらいいの?」

そんなことを考えてはいませんか?

仕事の関係で引越しすることが決まったものの、そもそも引越しの準備期間はどのくらい前からすれば良いのでしょうか。
賃貸住宅の解約手続き・電気ガス水道の使用停止手続き・住民票の住所変更などなど様々な手続きが必要ですが、どの程度の準備期間で取りかかるのが理想なのかよく分かりませんよね。

結論から言いますと、引っ越しの準備は一か月前からは最低でも始めた方がいいでしょう

それにはちゃんと理由があります。
様々な損をしてしまうんです。
今回は、あなたは損をしないためにも引っ越しの準備はどのくらい前から始めたらいいかについて様々な角度から考えてみたいと思います。
引っ越しで損をしたくない方は是非チェックしてみてください。

あなたも引越し料金で損してるかも?

引越しの料金を安くするコツは一括での無料見積もりになります。

1分間程度で30社の中からあなたにあった最安値の業者を調べることが可能です。

実際に調べると95000円の業者と52000円の業者がありました。

実に43000円もお得に引越しができたんです。

一括見積りを試すならリクルートでもおなじみのSUUMOがおすすめです。

SUUMOなら電話登録が任意なので電話がかかってくる心配がないのも便利です。

>>>自分に合った格安の引越し業者をSUUMOで試しに見てみる(無料)<<<




引越しする場合どうして準備期間が必要なの?

引越し

まずは引越しする場合、どうして一定の準備期間が必要となるのかについて、ご紹介していきましょう。

賃貸住宅への告知期間があるため

賃貸住宅に入居している時、引越しに伴い部屋を退去する場合には、事前に告知しなければならないという契約となっています。
一般的な期間の多くは1ヶ月前という期間を定めているケースが多いですが、実際にはそれよりも前に設定しているケースもあり、その期間を超えて告知した場合には、違約金が発生してしまう場合もあります。
告知期間内に退去する連絡をしなかったために、違約金が発生するようなことが無いようにするためにも、引越しする準備は一定期間必要となります。

引越しの予約が取れない危険があるため

引越しをするには会社が休みの土日や、子ども転校を考慮したり家賃の関係もあって月末を希望する人が非常に多くなります。
それに引越しシーズンも重なってしまうと、どこの引越し業者も予約が殺到してしまい、なかなか予約が取れない状況になってしまいます。
出来るだけ希望の日時に引越が出来るようにするためにも、2ヶ月前くらいまでには予約が出来るように準備を進めておきましょう。

引越し作業は時間がかかるため

引越しの荷造りなどの作業は、最悪の場合有料で依頼することも可能ではありますが、各種手続きに関してはすべて自分で行わなくてはなりません。
1つ1つ確認しながら準備を進めていくとなると、落ち度が無いようにするためにもチェックシードなどを準備して2ヶ月前くらいから余裕を持って準備に取りかかれるようにしておきましょう。

一般的な引っ越しの準備期間とは

引っ越し

それでは続いては一般的な引っ越しの準備期間についてお話しします。

賃貸に住んでいる場合には最低でも1ヶ月前には大家さんや管理会社に伝える

賃貸住宅に入居している場合は、一般的には1ヶ月前までには退去すると言う事を告知するという契約になっていることが多いです。
もちろん早いに越したことは無いので、2ヶ月前くらい前の段階で既に引越しが決まっているのであれば、いち早く退去することを伝えておきましょう。
しかし事情があってその告知期間が守られずに退去することになった場合には、すぐに管理会社に連絡して、家賃については日割り計算で精算することになります。
ただ契約違反で違約金を請求されるケースもあるので、その当たりは管理会社ともめないように円満に話し合いの上対応していきましょう。

引っ越しは何日前に予約すればいい?大家さんにはいつまでに連絡したらいい?

最悪の場合は最短で何日あれば引越しできるの?

会社から転勤命令が出て突然引越しが必要となった場合には、引越し業者さえ確保できればなんとか1週間程度の時間があれば準備は可能です。
荷物の梱包から引越後の荷解きまでもすべて引越し業者がやってくれるプランを利用すれば、事前に荷造りの準備も必要くなります。
当然すべてお願いすることになる訳なので、一番楽ではありますが料金的にも一番高くなってしまいますが、それは致し方ありません。
ただし各種手続きまでは代行して申請したりすることは出来ないので、荷造りなどの時間が空いた分を有効に落ち度が無いように手続きを行うようにしましょう。

引越しの準備期間があることのメリットとは?

小学生

引越しの準備期間が十分にある場合には、時間が無い場合と比較してみてもいくつかのメリットがあります。

引越し時の料金が安く抑えられる

引越業者は早い段階で予約してもらえると、通常の料金よりも割引するサービスを行っているところが多くあるので、より安い料金で引越しが行えることになります。
また時間に余裕があれば、たくさんの引越業者から見積もりを取ることも出来るので、見積もりを出してもらった中から一番料金が安い会社を選んで契約することで、さらに費用を節約することが出来ます。

時間に余裕があるので、落ち度無く準備が出来る

どうしても引越しの準備期間があまりない場合には、準備不足から何かしら落ち度が出てしまうことがありますが、その点時間に余裕があれば、十分な準備をした上で引越しができるので、ほとんど落ち度無く作業を行えます。

子どもがいる時の引越しで気を付けることとは?

家族

家族の中に子供が居る場合には、引越しの時にも様々なトラブルが起こる危険があります。
そんな子供たちとの引越しで気をつけることについてご紹介します。

やっておくべき事は?

子供が居る場合には、子どもの児童手当受給の手続きや保育園や幼稚園及び学校の転園や転校の手続きが必要になります。

引越しによる児童手当の手続きはどうするの?市区町村内外で違います

引越しの際の小学校の転校の手続きの仕方はどうするの?

それぞれの住んでいる地域や園や学校によって手続きの方法も違うので、事前に良く確認しておくと良いでしょう。
1才未満の子どもの場合には受けなければならない予防接種はたくさんあるので、引越しのタイミングで予防接種が受けられないようなことが無いように、よく確認しておきましょう。
また万が一の時に備えて、引越し先の近くにある小児科や休日診療所などを調べておくと、いざ引越し直後に体調を崩しても安心していられます。

気をつけるポイントは?

子どもがまだ小さい場合には、荷造りしているときにも邪魔になったり、大事な物を無くされたり壊されたりする危険も出てきてしまいます。
また引越しの当日にしても、家具や冷蔵庫など大型の物を運搬しているときなどは、周りでウロチョロされては邪魔になるし危険です。
そんな時には事前に託児所で一時保育をお願いしたり、親戚やママ友などに一時的に預かってもらうようにしておくと、効率よく作業が出来るのでかなり楽です。

新居の物件はどのくらい前から探し始めたらいいの?

引っ越し

引越しの準備を進めていく上で、当然新居の物件を探すのは重要な作業の1つになりますが、ではどのくらい前から探し始めたらいいのか検証してみました。

家賃発生日を頭に入れて探しましょう

不動産屋さんなどを回っている家に気に入った物件が見つかり、他の人から取られないようにと申込みをしてしまうと、実際に入居したかどうかにかかわらず家賃が掛かってしまいます。
金銭的な無駄を減らすためには、申込みする日を実際の入居する日に出来るだけ近づけて契約する必要があります。
厳密に言うと借りる側が「借りたいです」と申込みをしたら、貸す側は「貸します」と言った時点で契約は成立して家賃が発生してしまいます。
気に入った物件を見つけてどうしても押さえておきたいのであれば、契約書を正式に取り交わしするまでの間を出来るだけ空けるようにすれば、その間の家賃負担は発生しません。

早目に物件を決めてしまうと二重に家賃を支払うことも

現在入居している賃貸住宅の契約書には、「解約時は○ヶ月前に通告すること」という条項があります。
もしこの解約予告をする前の段階で新居の契約をしてしまうと、二重に家賃を支払うことになるため、大きな負担になってしまいます。
二重に家賃を払うことを防ぐには、現在の入居している管理者に対して解約予告をしてから、新居を探せば無駄な二重の家賃は防げます。
しかし現実的にはなかなか新居が決まらない段階で解約予告をするのは、うまく新居が見つからなかったりすることを考えるとリスクもあります。
そうなると現実的には新居を探す段階で、いかに家賃発生日と旧居の退去日を近づけられるかがカギとなるので、その点に注意して新居の契約をするようにしましょう。

引越しを決めたらまず始めに決めるべきこととは?

引越し

引越しが決まったら、まず始めに決めるべき事について解説していきましょう。

捨てるものと持っていくものを決める

まず引越しの準備をするに当たって、大きな家具やソファー、家電や衣類など必要がなくなった物を出来るだけ処分したり買い取り業者に買い取ってもらい、身軽にした上で準備に入りましょう。
不要な物がたくさん残っていたのでは、なかなか片付けも進まない上に、無駄な引越し先までの運賃も加算されてしまうことになります。
でも処分するなら少しでもお金になったほうがいいですよね。
引越し時、専門のリサイクル業者に不用品を引き取ってもらって少しでもお金に換えることをおすすめします。
お引越しで整理したいモノを売るなら買取プレミアム

引越しの仕方を決める

引越しの仕方も1人暮らしの場合などは荷物も少ないので、自分で荷物をまとめて宅急便などで引越し先に送ったり、自分でトラックを手配して運搬する方法があります。
しかし家族連れとなると荷物の量も多くなって、当然荷造りや片付けの負担も多くなることから、やはり引越し業者に依頼する方法が無難でしょう。

引越しの業者をどこにするか決めて見積もりを取る

お金

引越しの仕方が引越し業者に依頼することが決まったら、実際にどこの業者に依頼するか決めていきます。
その時に引越し費用を少しでも安く抑えるには、時間が許す限り複数の引越し業者から見積もりを取ることで、より安い料金の業者を探すことができます。
ほとんど同じような作業内容でも、料金は業者によってかなり開きがある場合があるので、1社だけでは本当にその料金が適正なのかの判断も出来ないので、必ず複数の業者から見積もりを取りようにしましょう。

安く引越すなら一括見積りがおすすめ

出来るだけ引越しの費用を安く抑えたい場合には、引っ越し料金の一括見積もりサイトを利用することをおすすめします。
ただでさえ引越しの準備で忙しいときに、何社も引越し業者に連絡して見積もりを取る作業も大変で、結果的にそれほどお得にもならないこともあります。
その点引越し一括見積もりサービスを利用すると、提携している数多くの引越し業者の中から、より良心的でおすすめできて、なおかつ料金がお得な引越し業者を紹介してくれます。
使用するにも24時間365日いつでも無料で対応してくれるとてもありがたいサービスです。
1社ずつ見積もりを依頼する手間も省け、より安い引越し業者を見つけるには最適のサービスなので、是非皆さんも利用してみましょう。
こちらの一括見積もりの業者はテレビCMでも流れているサイトで今とても人気を集めています。

あなたに合った最安値の引っ越し業者を調べてみる(無料)

引越し日を選べるなら安い日を選ぼう

引越し

引越しを行う日には、出来れば避けた方が良い日や曜日があるので、予定を立てる段階で良く覚えておくと良いでしょう。

引越し費用を安くするためのポイント

引越し費用を安く抑えるためのポイントとしては、まずできるだけ月末の時期を避けるようにしましょう。
月末時期は、賃貸住宅に入居している場合に、家賃の区切りが月末になっていることが多く、ちょうど良い区切りと言う事で、このタイミングを選んで引越しの予定をする人が非常に多くなります。
また子供が居る世帯の場合も、月末で引越すと月初めのタイミングで新しい学校に転校できるので、このタイミングを選ぶ家庭が多くなります。
このような理由から出来る事であれば、引越業者が混みやすい月末は避けるようにすることで、引越し費用を抑えることが出来ます。
また土日の休みのタイミングで引越しを完了しようと考える人もたくさんいるため、土日も引越し業者はどうしても忙しくなります。
より安い料金で引越ししたいのであれば、価格交渉がしやすいし空いている月末や土日を避けた日を選んで、引越しの予定を立ててみましょう。

繁忙期と閑散期で引越し費用の相場はどのくらい違うの?

引越し先がまだ決まってなくても動き出すことが大切

実際にはまだ引越し先が決まっていなくても、引越しすることが決まっていれば、出来る準備はたくさんあります。
引越し先が決まらないからと、手つかずの状態しておくと、すべて後になっての作業や手続きが大変になってしまいます。
そのためにも、まずは引越し先がまだ決まってなくても動き出すことが大切になるので、準備すべきチェックシートを準備して、1つ1つ確認しながら早めに作業を進めていきましょう。

引越しの手続きチェックリスト一覧まとめ

さいごに

引越しの準備期間はどのくらい前からしたらいいの?についてご紹介してきましたがいかがだったでしょうか。
引越しの準備期間は、余裕があればあるほどメリットもあり、無理の無い引越し作業が行う事が出来ます。
損をしないためにも、引越しには出来るだけ準備期間に余裕も持った引越しを行うようにしていきましょう。

関連記事になります。合わせてご覧ください。

引っ越し業者はいつから探すべき?初めて引越しをする人必見です

あなたも引越し料金で損してるかも?

引越しの料金を安くするコツは一括での無料見積もりになります。

1分間程度で30社の中からあなたにあった最安値の業者を調べることが可能です。

実際に調べると95000円の業者と52000円の業者がありました。

実に43000円もお得に引越しができたんです。

一括見積りを試すならリクルートでもおなじみのSUUMOがおすすめです。

SUUMOなら電話登録が任意なので電話がかかってくる心配がないのも便利です。

>>>自分に合った格安の引越し業者をSUUMOで試しに見てみる(無料)<<<




よく読まれている記事一覧

引っ越し 1

忙しい人用にランキングを先に掲載します。 1位 >>>引越し侍<<< 2位 >>>LIFULL 引越し<<< 3位 >>>ズバット引越し比較<<< 4位 >>>引越し価格ガイド<<< 5位 >>>引越 ...

11月の引越し費用の相場は? 料金が安いのはいつくらい? 2

「11月に引越ししようと思うんだけど時期的に費用は高いの?安いの?」 「11月の引越しで費用を安くするコツはある?」 なんてあなたは思っていませんか? 10月は3月ほどではないですが、引っ越しシーズン ...

12月の引っ越し費用の相場は? この時期の料金は高い?安い? 3

「12月に引っ越し予定だけど費用の相場はどうなの?」 「年末だし引っ越しの費用は高いんだよね?安いタイミングはある?」 なんて疑問はありませんか? 年度末、クリスマスやお正月に向けて何かとあわただしい ...

-引越しの準備期間
-, ,

Copyright© 引越しの手続きチェックリスト一覧まとめ|引越し手続きナビ , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.