引越しの準備期間

失敗しないために。一人暮らしのお部屋探しのコツってある?

更新日:

賃貸物件

「一人暮らしの引っ越しを予定しているけど部屋探しって何を重視して選んだらいいのかな?」

「一人暮らし用の部屋を探しているけど迷っている…」

何て疑問はありませんか?

一人暮らしの部屋探しは、慣れている人にとっては楽しい作業であったり、簡単な作業であったりしますが、あまり経験のない人にとっては非常に難しい作業になります。
そもそもどこに注目して部屋を選べばいいのか、ネットで探す場合のポイントは?内見の時のポイントは?など、一人暮らしのお部屋探しのコツについて解説します。

あなたも引越し料金で損してるかも?

引越しの料金を安くするコツは一括での無料見積もりになります。

1分間程度で30社の中からあなたにあった最安値の業者を調べることが可能です。

実際に調べると95000円の業者と52000円の業者がありました。

実に43000円もお得に引越しができたんです。

一括見積りを試すならリクルートでもおなじみのSUUMOがおすすめです。

SUUMOなら電話登録が任意なので電話がかかってくる心配がないのも便利です。

>>>自分に合った格安の引越し業者をSUUMOで試しに見てみる(無料)<<<




部屋探しは下調べから

一人暮らしに限らず、部屋探しをする場合には下調べが重要になります。
どこに住むのか? どのくらいの広さの部屋を探すのか? 家賃はどのくらいなのか? これらを調べてから本格的な部屋探しに移りましょう。

どこに住むのか?

学校や仕事場までの通勤・通学ルートから、自分が住みたいエリアを探します。
この時住みたいエリアの候補を3つほど考えておくといいでしょう。
住みたいエリアは、仕事場や学校までの移動時間や乗り換えの回数などから考えましょう。
エリアによってはファミリー向けの物件が多かったり、一人暮らし向けの物件が多かったりといった特色があります。
もちろん一人暮らし向けの物件が多いエリアの方が比較的家賃は安くなる傾向があります。

部屋の広さは?

部屋の広さは持っている荷物の量や、ライフスタイルに合わせて選びましょう。
一般的に一人暮らしの場合、ワンルーム、1K、1DKなどが中心になるかと思います。
もちろん間取りが広い方が家賃は高くなる傾向があります。
帰ってもねるだけで外食中心で考えているのであればキッチンにはあまりこだわらず、ワンルームなどでもいいでしょう。
自炊もしっかりしたいのであれば、1K、1DKなど、キッチンが独立していて、それなりのスペースがある部屋を探しましょう。

家賃はどのくらいか?

家賃は一般的に「収入の30%以内」と言われています。
すでに一人暮らしを経験している人は、これを基準に考えるといいでしょう。
初めて一人暮らしをするという方は、「収入の20~25%」あたりを基準にした方がいいかもしれません。
一人暮らしにはいろいろとお金がかかるものです。
食費や光熱費、雑費など、初めての一人暮らしでは想定通りにいかない部分が出てくると思います。
そんな時に備えて、やや控えめに収入の25%程度の家賃にしておくと、毎日の生活が少し楽になるかもしれません。

下調べが終わったら内見へ

賃貸物件ネットの情報で家賃相場や住みたいエリアを決めたら、次は実際に不動産屋を訪れて内見です。
引っ越し先が今住んでいる場所からさほど遠くなければ、時間があるときに不動産屋に行けば対応してもらえます。
しかし進学や転勤などで遠方に引っ越す場合は、内見をすると言ってもそう何度もいけないでしょうから、できればネットで気になる物件を見つけた時に管理している不動産屋に電話をして、アポを取っておきましょう。

内見は必須?

正直賃貸物件の契約は、内見ナシでも可能と言えば可能です。
しかし、できるだけ内見をすることをオススメします。
ネットの物件紹介を見れば、間取りや部屋の写真は見れますし、周辺の町の様子もマップサイトなどで確認できるでしょう。
しかし、実際に現地に行かないと分からない情報はたくさんあります。
探しているのは自分が毎日の生活を送る部屋です。
洋服などをネットで買ったとき、イメージと違うものが届いても着なければいいのですが、毎日暮す部屋は「住まなければいい」とはなりません。
あなたの生活の拠点となる場所はぜひその目で確認してから契約するようにしましょう。

不動産屋のアポは必要?

特に遠方への引っ越しで、内見できる時間に限りがある場合は予約必須と考えておきましょう。
予約の電話の時に、今住んでいる場所や、内見のチャンスが1日しかないことを伝えた上で、部屋探しの条件も伝えておきましょう。
家賃の上限はいくらくらいか、希望の間取り、オートロックやガスコンロ、風呂トイレ別などなど。
必要な条件を伝えて、不動産屋でそれにみあった物件をいくつか用意してもらいましょう。
こうすれば当日スムーズに内見に行くことができます。

内見のコツは?

チェックポイントでは実際に内見をするときのコツをお伝えしておきましょう。
本来見るべきポイントは自分のライフスタイルに合わせて変化しますが、ここでは基本的に重要となるポイントを挙げておきます。

内見に必要な「三種の神器」

内見には手ぶらではいかずに、最低でも3つのアイテムを持って行きましょう。
一つ目はメジャー。
部屋を内見していて気になるスペースを見つけたら、メジャーで寸法を測っておきましょう。
押入れの内寸や玄関・廊下の幅、ベッドを置こうと考えているスペースや、冷蔵庫を置くスペースなど、気になるスペースを図っておけば、後の検討にも役立ちます。
続いてはそのメジャーで測った数字をメモするメモ帳とボールペン。
このメジャー・メモ帳・ボールペンが内見の三種の神器となります。
ちなみにメモ帳には、自分がこの引っ越しで重視するポイントや妥協できるポイントを書いておくといいでしょう。
「広さよりも通勤(通学)の利便性」を重視するとか、「風呂トイレ別は必須だけどキッチンにはこだわらない」などを文字にしておくとこの後役立つことになります。

詳しくはこちらをどうぞ。

部屋探しの内見で持ち物は何を持っていった方がいいの?

内見のコツ① 防音性能の確認

坊王性能は自分の耳で確認するしかありません。
同じ大きさの音を聞いても、気にならない人と気になって仕方がない人がいます。
これは個人差ですので、自分の耳で確認しておきましょう。
方法は壁に耳を当てて、隣家の住人の音がするかどうか。
これしか方法はありません。
また、外の車や電車の音を確認するために、窓を全開にしてしばらく様子を見るのもいいでしょう。
そしてこの時のコツとして、不動産屋の担当者に、両隣と上の階、下の階にはどんな人が住んでいるか聞いてみましょう。
家族連れなのか、学生なのか、社会人なのか、男性なのか、女性なのか。
不動産屋の知っている範囲でいいので教えてもらいましょう。
周辺の住人があまりにも自分と生活のリズムが違う家ですと、生活のタイミングがずれるので、騒音問題などに発展する可能性が高くなります。

部屋探しで防音性を調べる方法はある?どういう構造が防音性が高いの?

内見のコツ② 部屋の湿度チェック

部屋に湿気がこもると、カビの発生の原因ともなり、なにより快適に過ごすのが難しくなります。
できるだけこの湿気がこもらない部屋を選びたいところですが、どこを見て判断すればいいでしょう?
分かりやすいのは壁紙や天井のクロスでしょう。
ここが部分的に浮いているようですと、湿気の多い部屋と判断していいでしょう。
また、窓枠のサッシ、木製の部分にも注目。
この木製の部分にカビが生えていたり、水垢が残っているようだと、窓が結露している可能性が高いといえます。
結露が出る物件は湿気がたまりやすい物件。
気を付けた方がいいでしょう。

内見のコツ③ 周辺の環境チェック

最後にチェックしたいのは「最寄り駅からの距離と道のり」です。
よく不動産屋の「徒歩〇分」は信用できないと言いますが、これはきっちり規定があって掲載しています。
ただ、これは一定のペースで信号待ちもせず、上り坂でもペースを落とさない、あまり現実的ではない歩き方で歩いた場合です。
そこで、可能であれば部屋から駅までを歩いて、あなたの足で何分くらいかを測ってみましょう。
同時にその道のりは暗い道なのか、道中にどんな店があるのかを確認しておくと、実際に住んだ時のイメージがわきやすいでしょう。

一人暮らしの部屋探しはイメージが大事

不動産一人暮らしの部屋探しに大事なのはイメージすることです。
一人暮らしですから、内見した部屋に自分の荷物を置いたイメージができるようにしましょう。
どこにベッドを置いて、どこにタンスを置いて、どこにテーブルを置いて。
自分の荷物をその部屋に入れたとき、どんな部屋になるのかを想像できれば、部屋探しもスムーズになります。
そうするためにもまずは引っ越しで持って行く荷物の量を把握しておくことが重要。
また、部屋に合わせて荷物の量を減らすことを検討してもいいでしょう。
自分の荷物の量とライフスタイルに合わせてベストな部屋を見つけましょう。

こちらでも詳しく解説しています。

部屋探しで内見時のチェックポイントって?所要時間はどのくらいかかるの?

一人暮らしの部屋探しと引っ越しは?

一人暮らしの部屋探しは、部屋探し前の準備から内見、契約と部屋探しだけでもなかなかの作業量になります。
この作業を終わらせた後に、今度は引っ越し業者探しとなります。
引っ越し業者探しも、費用を抑えながら質のいい引っ越しを望む以上手を抜けません。
多くの引っ越し業者のサービスをチェックし、気になった業者に連絡を入れ、電話で荷物の量や移動距離を伝え、訪問見積もりのお願いをして…。
これを複数社行うのは相当な手間になります。
そこでオススメするのが「引っ越し料金一括見積もりサイト(無料)」の存在です。
このサイトを使えば、複数の業者にまとめて見積依頼ができ、その見積もりを見比べて簡単に業者を選定することができます。
部屋探しは自分の足と目で確認することが重要ですが、引っ越し業者選びはこのサイトで一発解決可能ですよ。

詳しくはこちらをどうぞ。

あなたに合った最安値の引っ越し業者を調べてみる(無料)

関連記事になります。合わせてご覧ください。

部屋探しは何を基準に決める?初めて引っ越しする人必見

部屋探しから契約までの流れは?期間は?最短でどのくらい?

部屋探しのコツとは?賃貸の安いおすすめの時期やタイミングってあるの?

部屋探しで予約なしで不動産屋行くのはまずい?予約をするメリットは?

【初心者向け】部屋探しで気をつけることって何があるの?

あなたも引越し料金で損してるかも?

引越しの料金を安くするコツは一括での無料見積もりになります。

1分間程度で30社の中からあなたにあった最安値の業者を調べることが可能です。

実際に調べると95000円の業者と52000円の業者がありました。

実に43000円もお得に引越しができたんです。

一括見積りを試すならリクルートでもおなじみのSUUMOがおすすめです。

SUUMOなら電話登録が任意なので電話がかかってくる心配がないのも便利です。

>>>自分に合った格安の引越し業者をSUUMOで試しに見てみる(無料)<<<




よく読まれている記事一覧

引っ越し 1

忙しい人用にランキングを先に掲載します。 1位 >>>引越し侍<<< 2位 >>>LIFULL 引越し<<< 3位 >>>ズバット引越し比較<<< 4位 >>>引越し価格ガイド<<< 5位 >>>引越 ...

7月の引っ越し費用の相場は?料金が安いのはいつくらい? 2

「7月に引っ越す予定だけど、この時期は引っ越し費用は高いの?安いの?」 「7月に引っ越しするけど、どの時期に引っ越すと安いの?」 そういう疑問はありませんか? 7月の引っ越しで影響が出てくるのは梅雨と ...

6月の引越し費用の相場は?料金が安いのはいつくらい? 3

「6月に引越し予定だけど、費用ってどのくらいなの?」 「結婚をしたのでこれから新居に引っ越すんだけど、6月の費用の相場はどうなの?」 あなたはその様なことを思っていませんか? 春の引越し繁忙期も終わり ...

-引越しの準備期間
-,

Copyright© 引越しの手続きチェックリスト一覧まとめ|引越し手続きナビ , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.