引越しの準備期間

部屋探しから契約までの流れは?期間は?最短でどのくらい?

更新日:

賃貸物件

「引っ越しを予定しているけど部屋を探し出してから契約までってどのくらい期間がかかるの?」

「遠方の引っ越しになるのでできるだけ早く部屋を決めたい」

何て疑問はありませんか?

賃貸物件の契約は、慣れていない人にとって分からないことが多く、どのくらい時間がかかるかも読みにくいものです。
とはいえ、部屋探しから契約までどのくらい時間がかかるかが分からないと、引っ越しに関する諸々の計画を立てるのも難しくなります。
そこで、部屋探しを始めてから契約に至るまで、どのくらいの時間がかかるのか?
どんな手続きがあるのかを解説します。

あなたも引越し料金で損してるかも?

引越しの料金を安くするコツは一括での無料見積もりになります。約1分間であなたにあった最安値の業者を調べることが可能です。

実際に調べると95000円の業者と52000円の業者がありました。

実に43000円もお得に引越しができたんです。

しかも今なら期間限定で最大10万円のキャッシュバックもありお得です。

一括見積りを試すならCMでもおなじみの引っ越し侍がおすすめです。

>>>自分に合った格安の引越し業者を試しに見てみる(無料)<<<




部屋探しの手順

まずは部屋探しの手順から確認。
部屋探しのスタートは、まずネットでの情報収集が入り口となります。
特に県外や市外など、遠方への引っ越しであれば、ネットでの情報収集は必須項目といえるでしょう。
ネットに出ている物件の情報を見て、その地域の家賃相場をチェック。
同時に住む候補になる地域の口コミ情報なども調べ、住みたい地域を絞り込んでおきましょう。

ネットで入手できる情報

ネットで集める情報としては、まず何といっても家賃相場です。
通学や通勤の利便性を考えて、住む候補になる地域を選びます。
地域はいくつか候補を考えておくと、実際の部屋探しの時に選択の幅が広がります。
また、ネットで物件を調べますので、部屋に関する条件をある程度決めることも重要です。
部屋の広さや間取り、駅からの距離、収納の量、集合住宅の階数、オートロックの有無、駐車場の有無、風呂・トイレ、エアコン付き、部屋の向きなどなど。
調べ始めると、自分にとって重要なポイントはどこか? という優先順位ができるかと思います。
この優先順位は、実際に部屋を決める際も重要になりますので、再度確認しておきましょう。

ネットで気になる物件を見つけたら

ネットで気になる物件を見つけたら、不動産屋に電話連絡をし、その物件がまだあるかどうか聞いてみましょう。
まだ契約に至らず残っているのであれば、内見の予約を取って不動産屋を訪問する日程を決めます。
特に遠方への引っ越しの場合は、必ず不動産屋にアポを取っておくこと。
限られた時間で多くの物件を見るためにも、事前にアポを取り、できれば自分の希望する条件に近い物件を他にも複数準備しておいてもらうといいでしょう。

内見をして物件を決めましょう

不動産屋を訪問したら物件を内見します。
内見にはメジャー、ノート、ボールペンなどを持参し、気になる 部分はサイズを測り、またメモをしておくといいでしょう。
何件か内見を行い、気に入った物件を見つけたらいよいよ契約ということになります。
では、契約の流れを見ていきましょう。

部屋探しで内見時のチェックポイントって?所要時間はどのくらいかかるの?

部屋探しの内見で持ち物は何を持っていった方がいいの?

契約の流れ

賃貸物件ものすごく大まかに部屋の賃貸契約を語ってしまえば、気に入った部屋の契約を不動産屋に申し込み、その物件の持ち主からOKが出れば契約書を交わします。
その後必要な費用を振り込んで契約は完了。
つまり物件の契約は、最短1日で完了するということになります。
とはいえこれは非常にレアなケース。
一般的な契約までの流れを見ていきましょう。

まずは大家さんによる入居審査

一般的な物件では、その物件の持ち主、つまり大家サイドによる入居審査が必要になります。
入居審査とは、きちんと毎月家賃を納めてくれる人かどうかを確認する作業です。
この入居審査に書類が必要になる場合もありますので、確認しておきましょう。

保証人の確認

多くの賃貸物件には「保証人」が必要になります。
保証人は、万が一家賃の支払いが遅れた場合や行われた場合に、代わりに家賃を支払ってもらう人ということになります。
基本的には親族が保証人になることが多いのですが、例えば親族が遠方に住んでいたり、親族が高齢で年金暮らしをしている場合などは、保証人として認められないケースがあります。
こういった場合に利用されるのが「保証会社」というもの。
保証会社は入居者と契約し、保証人を代行してくれる会社になります。
物件によっては「保証会社との契約必須」という条件がついている物件もありますので、事前に確認しておきましょう。

契約の締結

大家さんによる入居審査が完了し、保証人もしくは保証会社との契約が済めば、いよいよお部屋の賃貸契約ということになります。
契約書に署名捺印を行い、入居に必要な費用を払い込めば契約完了。
ようやくお部屋に住む権利が発生するという流れになります。

契約にかかる時間

時間では気になる契約にかかる時間ですが、部屋探しで気に入った物件を見つけてからおおよそ1週間~10日ほどが一般的です。
この時間の多くは2つの工程にかかる時間となります。
「大家サイドによる入居審査の時間」と「入居希望者の書類準備期間」がその工程です。

大家サイドによる入居審査の時間

一般的には1週間かからないのがこの審査の時間です。
ちなみに審査と言っても何か重要なことをするわけではなく、入居希望者にきちんと定期的な収入があるかどうかを確認するだけです。
それだけを考えればすぐにでも可能なように思えますが、実はその通りで、やろうと思えばその日のうちにでも可能と言えば可能です。
だからこそ即日即決の物件も存在するということになります。
それが数日かかるというのは、大家サイドや物件の権利を持っている会社などが、いつでも必ずヒマということはありません。
それぞれ予定もありますから、「返事は後日」ということになるわけです。
そしてその期間が1週間ほどかかる理由は、単純に入居希望者が再度不動産屋に来るのが次の週末になるケースが多いからというだけの理由のようです。

入居希望者の書類準備期間

入居希望者の書類準備期間ですが、これは賃貸物件の契約にどんな書類が必要になるかを知らない方が多いために、契約の直前になって書類の不備に気づき、その書類を準備するのにある程度時間が必要になることがあります。
一般的な賃貸契約に必要な書類は以下の通り。

・住民票
・印鑑証明
・源泉徴収票or納税証明書
・保証人の同意書
・実印

これは一般的に必要と言われている書類であり、この他に銀行口座の分かるもの、口座届出印、本人確認書類(運転免許証など)が必要となるケースも。
これらに不備がある場合、準備して再度不動産屋に訪れる必要があります。
保証人の同意書以外は、1日時間が取れれば用意できる書類がほとんどです。
それでも契約に至るまでの平均的な期間が1週間~10日になるのは、やはり多くの人が不動産屋に行けるのが週末に限られているからでしょう。
最初に訪れたタイミングで契約までいかなければ、次のチャンスは翌週末ということになるからでしょう。

1日で契約まで行うには?

握手部屋探しにはさほど時間が掛けられないケースや、遠方への引っ越しで何度も現地に行けない場合は、できれば1日で契約までこじつけたいものです。
それを可能にするにはどんな準備が必要なのでしょうか?

即日即決物件を準備してもらう

事前にネットで不動産情報を集め、不動産屋にアポを取るときに、「その日のうちに契約までしたいので、それが可能な物件をお願いします」と、物件の条件に「即決物件」を付け加えておきましょう。

必要書類を準備しておく

契約を完了するには、書類に不備があるといけません。
不動産屋にアポを取る時に、最低限必要な書類や、持っていた方がいい書類を聞いておき、それらを不備なく準備して向かいましょう。

初期費用もしくは家賃1.5か月分を用意しておく

正式に契約を完了するのであれば、初期費用の入金が必須条件となります。
それができるように初期費用を準備しておくのもいいでしょう。
ただし初期費用はそれなりの金額になります。
仮に敷金(2か月分)・礼金(2か月分)・仲介手数料(1か月分)・前家賃(1か月分)・火災保険料(契約内容次第)が必要と考えれば、家賃60,000円の物件でも400,000円ほど必要ということになります。
この金額を持っていても不安ではないのであればぜひ準備しておきましょう。
これだけの大金を持ち歩くのは抵抗があるという方は、少なくとも予定家賃の1.5ヶ月分を用意しておきましょう。
物件を仮押さえする場合、一定の手付金が必要となるケースは珍しくありません。
それがおおよそ家賃1ヶ月分と言われています。
1.5か月分用意するのは、実際契約する物件の家賃が変わる可能性があるから。
例えば60,000円の予算で物件を見に行っても、一番気に入った物件が家賃70,000円の物件になる可能性があるわけです。
こんな場合に備えて1.5ヶ月分用意しておくといいでしょう。

部屋の契約と引っ越し

引っ越しとソファ部屋の賃貸契約の流れは、気に入った部屋を見つけてから、大家の入居審査を受け、必要書類をそろえて賃貸契約を結び、初期費用を入金して契約完了となります。
ネットでの情報収集から考えると、契約完了まではそれなりに時間もかかりますし、手間もかかります。
特に遠方への引っ越しとなると、引っ越し先の環境を調べたり、街の雰囲気を調べたりととにかく考えることややるべきことが多くなります。
こうして新居を見つけ出すと、それだけでひと仕事終わった気分になりますが、大事なのはそこから実際に引っ越しをすることです。
そんな引っ越しで大事なことは引っ越し業者選び。
引っ越しにかかる費用は引っ越し業者によって大きく変わってきます。
できるだけサービスの質が高く、費用の安い業者に依頼したいところですが、そんな希望を叶えてくれるのが「引っ越し料金一括見積もりサイト(無料)」です。
このサイトを利用すれば、業者探しの手間を大幅に省いて、もっとも条件の良い業者を見つけることが可能。
部屋探しで疲れ切った方でも、簡単に引っ越し業者探しができるこのサイトをぜひ利用してみてください。

詳しくはこちらをどうぞ。

あなたに合った最安値の引っ越し業者を調べてみる(無料)

関連記事になります。合わせてご覧ください。

部屋探しのコツとは?賃貸の安いおすすめの時期やタイミングってあるの?

部屋探しは何を基準に決める?初めて引っ越しする人必見

失敗しないために。一人暮らしのお部屋探しのコツってある?

あなたも引越し料金で損してるかも?

引越しの料金を安くするコツは一括での無料見積もりになります。約1分間であなたにあった最安値の業者を調べることが可能です。

実際に調べると95000円の業者と52000円の業者がありました。

実に43000円もお得に引越しができたんです。

しかも今なら期間限定で最大10万円のキャッシュバックもありお得です。

一括見積りを試すならCMでもおなじみの引っ越し侍がおすすめです。

>>>自分に合った格安の引越し業者を試しに見てみる(無料)<<<




よく読まれている記事一覧

引っ越し 1

忙しい人用にランキングを先に掲載します。 1位 >>>引越し侍<<< 2位 >>>LIFULL 引越し<<< 3位 >>>ズバット引越し比較<<< 4位 >>>引越し価格ガイド<<< 5位 >>>引越 ...

7月の引っ越し費用の相場は?料金が安いのはいつくらい? 2

「7月に引っ越す予定だけど、この時期は引っ越し費用は高いの?安いの?」 「7月に引っ越しするけど、どの時期に引っ越すと安いの?」 そういう疑問はありませんか? 7月の引っ越しで影響が出てくるのは梅雨と ...

6月の引越し費用の相場は?料金が安いのはいつくらい? 3

「6月に引越し予定だけど、費用ってどのくらいなの?」 「結婚をしたのでこれから新居に引っ越すんだけど、6月の費用の相場はどうなの?」 あなたはその様なことを思っていませんか? 春の引越し繁忙期も終わり ...

-引越しの準備期間
-, , , ,

Copyright© 引越しの手続きチェックリスト一覧まとめ|引越し手続きナビ , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.