引越しの準備期間

部屋探しは何を基準に決める?初めて引っ越しする人必見

更新日:

賃貸物件の比較

「部屋探しをする時って何を重視したらいいんだろう?」

「部屋を選ぶ基準ってあるの?チェックするところはどこなの?」

何て疑問はありませんか?

初めての引っ越しを考えている方にとって、部屋探しも初めての経験になります。
自分が住む家や部屋を選ぶことになるわけですが、実際部屋のどこをチェックすればいいのかわからな方も多いかと思います。
そこで今回は初めて引っ越しをする方に向けて、部屋探しの基準をいろいろと解説いたします。

あなたも引越し料金で損してるかも?

引越しの料金を安くするコツは一括での無料見積もりになります。約1分間であなたにあった最安値の業者を調べることが可能です。

実際に調べると95000円の業者と52000円の業者がありました。

実に43000円もお得に引越しができたんです。

しかも今なら期間限定で最大10万円のキャッシュバックもありお得です。

一括見積りを試すならCMでもおなじみの引っ越し侍がおすすめです。

>>>自分に合った格安の引越し業者を試しに見てみる(無料)<<<




部屋探しの基準は人それぞれ

部屋探しの基準を提案すると言っておきながら、いきなり矛盾のある見出しに見えるかもしれませんが、実はこれがすべてと言ってもいいくらい重要なポイントになります。
人それぞれというのは、その方が何人家族か? 何を一番重要視していいるか? によって基準はいちいち変わってしまうということ。
「仕事が忙しくてとにかく帰ったら寝るだけ」という方であれば、通勤の利便性と駅からの近さなどが判断基準の上位となります。
「小さな子供がいるから安心できる環境や子供部屋のサイズが気になる」というのであれば、子供部屋の大きさや日当たり、そして周辺の住環境などに注目すべきでしょう。
このように家族構成や自宅の利用方法で判断基準を変えていくのが重要になります。

部屋探しの基本的なチェック項目

賃貸物件のチェックポイントでは、実際に部屋探しをするときのコツですが、まずは不動産屋に行く前に、自身の「優先度」を決めておきましょう。
優先度の基準となる項目をザッとですが集めてみました。

部屋の広さと間取り

まずは部屋全体の広さや間取りをチェックしましょう。
最初はざっくりと「このくらいの広さ」というイメージを持てばOKです。
その間取りを基準にネットで不動産情報をチェックし、どの部屋をどのように使うかイメージしてください。
「この部屋にあの家具を置く」
「この部屋にあの家電製品を置く」
こんなイメージをしてみましょう。
こうして具体的なイメージをすると、実際に住んだ時の動線はどうなるか? 荷物を置ききれるか? むしろ広すぎるのではないか? こういったポイントが浮き彫りになります。
こうして具体的にどんな広さの部屋を探すかを判断基準としましょう。

部屋の階数

マンションなどの集合住宅を探す場合は、何階の部屋にするのかも判断基準のポイントになり得ます。
特に女性のいる家庭や女性の一人暮らしの場合、1階に住むのはややリスキーです。
反対に小さなお子さんのいる家庭は、ベランダの柵の幅が広い高層階は不安なものです。
小さいお子さんが何かの拍子にベランダに出てしまい、その柵の間から体を出してしまったら? そんな恐ろしいことも想像できます。
家族にあった階数を選択しましょう。

駅からの距離とその道のり

柏駅駅から物件までの所要時間も重要な部屋選びのポイントです。
例えば仕事が忙しい方、大学とアルバイトで忙しい方などは、できるだけ駅からの距離が遠いといちいち移動が大変です。
反対にお子さんがいるご家庭などは、あまり線路に近いと危険であったり騒音で大変な思いをしたりする可能性があります。
それぞれのライフスタイルや家庭環境を重視して、駅からの距離は検討しましょう。
同時に気を付けたいのが駅から部屋までの道のりも要チェック。
女性やお子さんのいるご家庭は、夜暗くなっています道也、人通りの少ない道を通らないと帰れない部屋は、夜道が危険ですので注意が必要です。

収納のサイズ

部屋探しの重要なポイントは収納のサイズです。
しかし、なかなか想像しづらいのが収納のサイズでもあります。
収納に関しては、想定するより大きい収納の部屋を探しましょう。
新生活が始まると、何かと物は増えるものです。
それに対応できるようなサイズの収納を探しましょう。

水回りの利便性

水回り、特に風呂・トイレに関しても決めておくといいでしょう。
男性の一人暮らしで、主にシャワーしか使わないのであればユニットバスで問題ないでしょう。
一方ご家庭があったり来客が多い家であれば、やはり風呂とトイレは別の方がいいでしょうし、近年増えている仕切りがガラス戸になっているような風呂・トイレは避けた方が無難でしょう。

住宅設備機器

すでに備え付けになっている説にもチェック。
エアコンやウォシュレット、電気コンロに床暖房、お風呂乾燥機やオートロックなどなど。
備え付けの設備機器に関しては、本当に必要かどうか? を考えておくといいでしょう。

様々な条件に優先順位をつける

部屋探しにおいて、基本的にチェックする項目をチェックしたら、次にその項目に優先順位をつけていきます。
例えば「駅からの距離は少々離れてもいいけど、絶対に収納の広さは譲れない」ですとか、「収納は入りきらない分は断捨離するけど、風呂トイレ別は絶対」など、自分の家庭やライフスタイルに合わせて、譲れる条件と譲れない条件を決めておきます。
できればそれをメモに残し、そのメモを内見の時に持って行くようにしましょう。

内見に持って行くべき必須アイテム

ノートと筆記用具ネットで物件を見て、自分の中で優先順位を付けたらいよいよ内見です。
内見の時にぜひ持って行きたいのが「ボールペン」「メモ帳」「メジャー」そして「優先順位を記したメモ」です。
メモ帳とボールペンは、気づいたことがあったらすべてメモをしていきましょう。
複数の物件を見て回っていると、最初の物件のイメージが薄くなってしまいます。
それを防ぐためにも、ポイントをまとめておくと後で振り返るときに間違いが起きません。
メジャーは収納や部屋の気になる部分のサイズを測るために必要になります。
そして「優先順位を記したメモ」ですが、これは不動産業者対策です。
対策と言っても業者が悪いことをするわけではありません。
不動産業者は物件を契約するプロです。
内見をしたお客さんを、契約に持ち込むことに関してはプロですので、業者にうまく言い含められて、自分の希望と違う部屋で契約してしまわないようにするためです。

詳しくはこちらをどうぞ。

部屋探しの内見で持ち物は何を持っていった方がいいの?

できれば頼りになる大人と一緒に

引っ越しも部屋探しも初めての方は、可能であれば頼りになる大人と一緒に内見に行きましょう。
これは不動産業者対策で、一人だと雰囲気に流されて契約してしまうのを防ぐためです。
できれば引っ越しの経験がある、そして冷静に物事を判断できる大人にお願いしましょう。

内見でチェックする細かいポイント

チェックポイントではさらに一歩踏み込んで、内見の時にチェックする細かいポイントを考えていきます。
ここまですれば、ほぼご自身の希望通りの部屋探しが可能となるでしょう。

窓のサッシの木製部分

かなり細かい部分になりますが、窓のサッシの木製部分をチェックしましょう。
この部分にカビや水垢などを付着している部屋は、窓が結露していた可能性が高く、同時に湿気がこもりやすい可能性があります。
湿気がこもる部屋はカビなどに悩まされることが多く、長く暮らすには不向きです。

玄関の横幅

玄関の横幅は間取り図にもサイズが記載されています。
しかし、実際内見に行ったらリアルなサイズをチェックしましょう。
玄関を全開に開いた時、いちばん狭くなる部分が本当の玄関の幅になります。
一番狭くなる場所は、玄関についている新聞受けの部分か、玄関の取っ手部分、もしくはチェーンをかける器具の部分である可能性があります。
その幅よりサイズが大きい家具や家電製品は運び込めない可能性がありますので注意しましょう。

エアコンの型番や製造年

部屋にエアコンが備え付けの場合、まずはこのエアコンが残置物(過去の住人が置いて行った物)か、大家の持ち物なのかを確認します。
続いてエアコンの製造年や型番をチェックしましょう。
エアコンは方が新しければ新しいほど省エネ性能が高くなります。
仮に今のお住まいでお使いのエアコンの方が型番が新しい場合、取り付けてあるエアコンが残置物の場合は大家サイドに撤去を依頼しましょう。
取り付けてあるエアコンが大家の持ち物の場合は、新しいモデルに替えてもらえないか交渉をしてみましょう。

部屋の防音性能

防音部屋の防音性能も毎日の暮らしに直結する問題です。
しかしこの防音性能のチェックはなかなか難しいものです。
よく建物の構造(鉄筋・木造・RCなど)で防音性能が変わると言われますが、隣の部屋の音が聞こえるかどうかは構造とはほぼ関係ありません。
防音性能に関しては、部屋の壁に耳をつけて確認するしかありません。
同時に両隣や上下の階にどんなご家庭が暮らしているのかを聞いておくのもいいでしょう。
生活リズムの違う家庭が住んでいると、お互いの騒音が気になるもの。
トラブルの原因となりかねませんのでチェックすることをオススメします。

部屋探しで防音性を調べる方法はある?どういう構造が防音性が高いの?

空室期間や前住人の居住期間

実は一番のチェックポイントがここです。
まず不動産業者に、この部屋はどの程度の期間空室だったかを聞いてみましょう。
長期間空室であった場合、何らかの理由があり空室が続いているわけですから、疑ってかかる必要があります。
また、前の住人の居住期間も聞いてみてください。
前の住人の居住期間が長ければその物件はいい物件、居住期間が短い物件は何かしら問題のある物件である可能性が高いといえます。

部屋探しで内見時のチェックポイントって?所要時間はどのくらいかかるの?

初めての部屋選びで失敗しないコツ

部屋選びで失敗しないコツは、自分の条件にできるだけ近い物件を見つけ出すことです。
そのためには、自分の中で物件に求める条件に優先度をつけておくことが重要です。
その条件と優先度に基づき、妥協できる点と妥協できない点をしっかりと把握しながら部屋を選ぶことをオススメします。
実はこれ、引っ越し業者選びにも相通じる理屈になります。
引っ越し業者も業者によっていろいろなプランを用意しています。
また、サービスや費用設定も業者によってまちまちです。
そんな引っ越し業者の中から、あなたが望む条件に近いサービスを安値で提供してくれる引っ越し業者を見つけるのが最善なのですが、多数の業者の中からそれを見つけ出すのは大変です。
そこでオススメしたいのが「引っ越し料金一括見積もりサイト(無料)」です。
このサイトを利用すれば、複数の引っ越し業者にまとめて見積もりを依頼することが可能。
その中からあなたの希望にもっとも近い業者を選ぶだけで、引っ越し業者選びは完了です。
部屋選びの手間を省くのは厳禁ですが、業者選びは手間を省いて楽をしましょう。

詳しくはこちらをどうぞ。

あなたに合った最安値の引っ越し業者を調べてみる(無料)

関連記事になります。合わせてご覧ください。

部屋探しから契約までの流れは?期間は?最短でどのくらい?

部屋探しのコツとは?賃貸の安いおすすめの時期やタイミングってあるの?

失敗しないために。一人暮らしのお部屋探しのコツってある?

【初心者向け】部屋探しで気をつけることって何があるの?

あなたも引越し料金で損してるかも?

引越しの料金を安くするコツは一括での無料見積もりになります。約1分間であなたにあった最安値の業者を調べることが可能です。

実際に調べると95000円の業者と52000円の業者がありました。

実に43000円もお得に引越しができたんです。

しかも今なら期間限定で最大10万円のキャッシュバックもありお得です。

一括見積りを試すならCMでもおなじみの引っ越し侍がおすすめです。

>>>自分に合った格安の引越し業者を試しに見てみる(無料)<<<




よく読まれている記事一覧

引っ越し 1

忙しい人用にランキングを先に掲載します。 1位 >>>引越し侍<<< 2位 >>>LIFULL 引越し<<< 3位 >>>ズバット引越し比較<<< 4位 >>>引越し価格ガイド<<< 5位 >>>引越 ...

引越し 2

  「4月に引っ越し予定だけど引っ越し費用の相場はどのくらいなの?」 「4月の引っ越しならどの時期にしたら安くなるの?」 その様なことを思っていませんか? 毎年春は引っ越しの最繁忙期となりま ...

引越し 3

「ゴールデンウィーク中の費用はどのくらい高くなるの?」 「ゴールデンウィーク前と明けではどちらが費用が安い?」 「ゴールデンウィーク近辺だとどの日が一番引越し費用が安くなる?」 「ゴールデンウィーク近 ...

no image 4

  「5月に引っ越しをするんだけど、この時期の費用の相場ってどのくらいなの?」 「安く引っ越しをしたいけど何かおすすめの方法はある?」 あなたは、その様に思っていませんか? 天候も暖かく、ま ...

-引越しの準備期間
-,

Copyright© 引越しの手続きチェックリスト一覧まとめ|引越し手続きナビ , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.