引越しの準備期間

部屋探しで防音性を調べる方法はある?どういう構造が防音性が高いの?

更新日:

防音

「騒音トラブルで引っ越しをする予定なので次はできるだけ静かなところに引越したい」

「建物の構造と騒音って関係あるの?」

何て疑問はありませんか?

賃貸物件でのトラブルとして、一番多いと言われているのが「騒音トラブル」です。
赤ちゃんの泣き声や子供が走り回る足音、テレビの音や宴会でのどんちゃん騒ぎ、さらに楽器の音などもトラブルの原因となってしまいます。
そんな騒音トラブルに巻き込まれないように、まずは騒音が気にならない部屋を見つけることが重要。
そこで部屋探しの参考になる、防音性をチェックする方法を解説します。

あなたも引越し料金で損してるかも?

引越しの料金を安くするコツは一括での無料見積もりになります。

1分間程度で30社の中からあなたにあった最安値の業者を調べることが可能です。

実際に調べると95000円の業者と52000円の業者がありました。

実に43000円もお得に引越しができたんです。

一括見積りを試すならリクルートでもおなじみのSUUMOがおすすめです。

SUUMOなら電話登録が任意なので電話がかかってくる心配がないのも便利です。

>>>自分に合った格安の引越し業者をSUUMOで試しに見てみる(無料)<<<




本当に困る防音トラブル

騒音トラブルの原因を想像すると、上で挙げたような原因が考えられます。
しかし、それだけが原因ではないのが騒音トラブルの本当の怖さです。
つまり人が普通の生活をしていることで出る生活音が、近隣住人には耐えられない騒音となり得る可能性があるということ。
例えば夜7時に洗濯機を回したら怒られたですとか、毎朝6時になると隣の部屋からお経が聞こえるとか、扉を閉める音が響くと文句を言われたとか。
自分では「普通」と思っている音でも、他の住人にとっては耐えられない音である可能性があるのが騒音トラブルの本当の怖さです。
騒音の感じ方は人それぞれ。
ある人にとっては気にもならない音でも、他の人にとっては耐え難い音である可能性があります。
これが騒音トラブルの本当に怖いところです。

建物の構造で防音性能は変わる?

引っ越しまず物件情報から推測できる防音性能から覚えておきましょう。
ここで考えるのが建物の構造です。
建物の構造を覚えるとなると、非常に難しい話になると思いがちですが、ここでは防音性能に絞ってまとめますので、ザックリでもいいので覚えておきましょう。
建物の構造には大きく分けて3つの種類があります。

・木造
・鉄骨造
・鉄筋コンクリート造(RC・SRC)

この3種類の基本と、防音性能をまとめます。

木造

木造建築は基本的に防音性能は低いと言われています。
もちろん木造建築にはメリットもあるのですが、防音性能という点に関してはメリットは見いだせないというのが事実です。

鉄骨造

鉄骨造は大きく分けて2つに分かれます。
「軽量鉄骨造」と「重量鉄骨造」の2つです。
細かいことを書くと長くなりますので、簡単に書き分けると、「軽量鉄骨造」は細い鉄骨を数多く使用する方法で、「重量鉄骨造」は太い鉄骨で組み上げる方法になります。
一般的に構造上は防音性能に差はありませんが、重量鉄骨造はマンション、軽量鉄骨造はアパートで利用されます。
防音性能は木造よりも高いといえます。

鉄筋コンクリート造

鉄筋コンクリート造は「RC」と「SRC」で表記されますが、この2つの違いは建物のサイズ感の違いと考えれば間違いありません。
防音性能においては構造という観点から考えれば一番高いのがこの構造となります。

構造だけでは防音性能は分からない?

物件情報から得られる防音性能情報は、建物の構造くらい。
もちろん建物の構造も防音性能には影響がありますが、これは一般論でしかありません。
鉄筋コンクリート構造でも騒音が気になる物件はありますし、木造でも騒音が気にならない物件もあります。
同じ建物の構造でも壁の厚さや素材によって防音性能は変わってきます。
さらに言うと、住んでいる人の考え方も影響してくるでしょう。
例えば木造アパートに住んでいる人が、建物の防音性能が低いことを知っており、できるだけ余計な音は出さないように生活し、周囲の部屋から多少の音が聞こえても「木造だから」と考えた場合、騒音トラブルは起きにくくなります。
反対に鉄筋コンクリート造に住んでいる人が、建物の防音性を信用してあまり音を気にしないで生活をし、周りの部屋からちょっとでも音が聞こえれば「鉄筋コンクリートなのに…」となると、ちょっとした音でも騒音トラブルに発展してしまう可能性があります。
そう考えると、建物の構造だけで騒音トラブルを避けることは難しいといえます。

内見で実際にできる防音性能チェック

二重窓物件情報でハッキリ分からない防音性能は、実際に現場に行って確認するしかありません。
その確認のチャンスが「内見」です。
内見は物件や周辺の環境などを確認するチャンスですが、当然防音性能のチェックのチャンスでもあります。
そんな内見時にできる防音性能チェックの方法を調べてみました。

壁に耳を当てて隣の部屋の音を聞く

何より分かりやすいのは実際に壁越しに隣の音を聞くことです。
そのためには壁に耳を当てて、隣の人の生活音を聞いてみましょう。
もちろん隣が空き家であったり、留守である可能性もありますが、やらないよりはやった方がいいでしょう。

すべての扉を閉め切って静かに音を確認する

内見で部屋に行ったら、すべての扉と窓を閉め切った上で、部屋の真ん中で数分耳を澄ませてみましょう。
どんな音が聞こえるのか?それを知るだけで対策を練ることもできるかもしれません。

すべての壁を叩いてみる

壁の防音性能を確認するには叩いてみるのが一番です。
防音性能の高い壁は壁の厚みや密度が高い傾向にあります。
分かりやすく言ってしまえば「固い壁」は防音性能が高く、「柔らかい壁」は防音性能が低いと考えれば大きく間違ってはいません。
この固さを確認するには壁を叩いてみましょう。
叩いた感触で明らかに固い感触がある壁は防音性能も高いといえます。

営業担当者に質問する

騒音トラブルで大切なことは、周辺住人との関係である部分も大きいといえます。
そこで、内見に同行してくれる営業担当者にいろいろと質問をしてみましょう。
まずは、「その部屋の前の住人が何年くらい住んでいたか?」ということです。
この部屋に住む人が、どのくらいの期間住むかは、その部屋が暮らしやすいかどうかの重要な情報になります。
もちろん暮らしやすいということは、騒音などのトラブルも少ない物件である可能性も高いということになります。
続いて「周辺にはどんな人が住んでいるか?」ということです。
周辺の住人の情報も営業担当者に聞いておきましょう。
細かい年齢や性別までは難しくても、学生なのか、一人暮らしなのか、新婚カップルなのか、小さなお子さんがいる家族連れなのか、高齢者なのか。
これだけでも重要な情報です。
あなたが学生で、夜寝るのが遅く起きるのが遅い場合、隣に朝早起きな高齢者の方や、小さなお子さんがいる家族連れが住んでいる場合、生活時間帯が大きくズレてしまいます。
どちらも寝ている時間に隣が活動していることになり、普段気にならない音でも気になってしまう可能性があります。
あなたも隣人も学生の一人暮らしで、同じような時間帯で生活をしているのであれば、仮に夜遅い時間に選択をしても大きな問題にはなりません。
こういった情報を入手しておきましょう。

騒音トラブルを避けるための部屋探し

引っ越しさて、なかなか難しい騒音トラブルですが、根本的に騒音トラブルを避ける部屋探しの方法を考えてみましょう。
ここで紹介するのは、「確実に避けられる方法」ではなく、「トラブルに発展しづらくする方法」ですので、参考程度に知っておいてください。

アパートよりもマンションを選ぶ

日本国内の集合住宅には「アパート」と「マンション」がありますが、この2つに明確な違いはありません。
ただし、一般的に構造で分けられます。

・アパート → 木造・鉄骨造(軽量鉄骨造)
・マンション → 鉄骨造(重量鉄骨造)・鉄筋コンクリート(RC・SRC)

こうなると、防音性能という点ではマンションの方が優秀ということができます。
同じような家賃であればアパートよりマンションの方を選ぶといいでしょう。

賃貸分譲物件を狙う

建物の中には「賃貸用の物件」と「分譲賃貸物件」があります。
賃貸専用のマンションやアパートは、すべての部屋が賃貸向けですので、長期間住む人は少ないことがほとんどです。
こういった物件は意外と防音性能は重視されていないことがあります。
一方分譲賃貸の建物は、部屋によっては購入した人が住んでいるケースがあります。
長期間住む人がいる物件は、住環境にも配慮が行き届いており、防音性能もしっかりしているケースがほとんどです。
騒音トラブルを避けるのであれば、分譲賃貸を選択するという方法もオススメです。

角部屋を探す

これは単純に両隣りの部屋との騒音トラブルの可能性を半減させるための手段です。
1フロアにある部屋が一列横並びの場合、角の部屋をチョイスすれば、隣接する部屋は1つだけということになり、単純に騒音トラブルが発生する確率を半分にすることができます。

最上階・1階を選ぶ

角部屋と同じく、上下階も騒音トラブルの対象となります。
それを半減させるには、一番上の階か、一番下の階を選ぶといいということになります。
ただし、最上階の場合は家賃が割り増しになりやすく、1階の場合防犯上の不安があることは覚えておきましょう。

候補から外すべき物件

もし、あなたが防音性能を重視するのであれば、避けるべき物件があります。
一つ目は近所に音楽大学がある物件。
音楽大学の近所の物件となると、防音性能が高い物件があると思っている方が多いかもしれません。
もちろん、ある程度防音設計になっている物件があるのは事実ですが、実はさほどでもありません。
多くの住人が音大生である物件の場合、どの部屋からも楽器の練習音がするもので、ある意味それが当たり前と思っている人しか住んでいないとも言えます。
自分も騒音を出しているのだから、他の人の騒音にも文句はない。
そんな方が多数住んでいます。
そこに一般の方が住むと、さすがにうるさいと感じるでしょう。
また、「楽器応相談」という物件も危険です。
こういった物件は「ペット応相談」の物件と同様で、なかなか借り手がつかないので条件を緩和した物件である可能性があります。
また、同じ条件で同じ集合住宅の部屋を貸し出しているとすれば、他の部屋に楽器を鳴らす人が住んでいるということに。
楽器を弾かないのであれば、こういった物件は避けるべきでしょう。

部屋探しと防音性能

引っ越しとソファ部屋探しの時に考える部分は多岐にわたります。
通勤や通学の利便性、部屋の周辺の施設、部屋の広さ、間取り、家賃などなど。
どうしても優先順位が下がってしまいがちな騒音というポイントですが、毎日の生活を考えると、もっと重要なことと考えた方がいいかもしれません。
そんな騒音問題に関してまずチェックするのは防音性能。
建物の構造や、内見時のチェックなどで、しっかりとチェックをしておきましょう。
騒音トラブルは、あなたが被害者になる可能性もありますが、当然ですがあなたが加害者になる可能性がある問題です。
できるだけ慎重に、情報は集められるだけ集めて判断することをオススメします。

あなたも引越し料金で損してるかも?

引越しの料金を安くするコツは一括での無料見積もりになります。

1分間程度で30社の中からあなたにあった最安値の業者を調べることが可能です。

実際に調べると95000円の業者と52000円の業者がありました。

実に43000円もお得に引越しができたんです。

一括見積りを試すならリクルートでもおなじみのSUUMOがおすすめです。

SUUMOなら電話登録が任意なので電話がかかってくる心配がないのも便利です。

>>>自分に合った格安の引越し業者をSUUMOで試しに見てみる(無料)<<<




よく読まれている記事一覧

引っ越し 1

忙しい人用にランキングを先に掲載します。 1位 >>>引越し侍<<< 2位 >>>LIFULL 引越し<<< 3位 >>>ズバット引越し比較<<< 4位 >>>引越し価格ガイド<<< 5位 >>>引越 ...

7月の引っ越し費用の相場は?料金が安いのはいつくらい? 2

「7月に引っ越す予定だけど、この時期は引っ越し費用は高いの?安いの?」 「7月に引っ越しするけど、どの時期に引っ越すと安いの?」 そういう疑問はありませんか? 7月の引っ越しで影響が出てくるのは梅雨と ...

6月の引越し費用の相場は?料金が安いのはいつくらい? 3

「6月に引越し予定だけど、費用ってどのくらいなの?」 「結婚をしたのでこれから新居に引っ越すんだけど、6月の費用の相場はどうなの?」 あなたはその様なことを思っていませんか? 春の引越し繁忙期も終わり ...

-引越しの準備期間
-, ,

Copyright© 引越しの手続きチェックリスト一覧まとめ|引越し手続きナビ , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.