引越しの準備期間

引越しの準備は何から始めるの?何をすればいいの?

更新日:

引越し

「引越しが決まったときには、まずどんな事をすればいいの?」

「どんなことから進めていったらいいのかわからない?」

こんな事であなたは悩んでいませんか?

引越しは手続きや準備することがたくさんあって、まず何から手をつけたら良いのか混乱してしまいますよね。
そこで今回は、引越しが決まった後に、準備は何から始めたら良いのか?何をすれば良いのかについてご紹介しますので、是非参考にしてみて下さい。

 
損してる?格安の引越し業者を見つけよう
複数の引越し業者に見積もりを取ることで最大50%も安い業者を見つけることができます

利用料は無料で1分程度で見つけることができます。

今なら期間限定で最大10万円のキャッシュバックもありお得になっています。

詳しくはこちら。
自分に合った格安の引越し業者を見つけるならこちら(無料)


引越しが決まったら何から始める?何をすればいい?

引越し

引越しが決まった何からはじめたらいいのか?また何をすれば良いのか?急な転勤辞令が出たりしたらとても慌ててしまいますよね。
その様なときはまず何からはじめていったら良いのかご紹介します。

引越までのスケジュールを作ろう

まず一番始めにすることと言えば、引越しにはやるべき事がたくさんあるために、計画的に1つ1つ進めていかないと、だんだん引越しの日が近づいてきて慌ててしまうことになります。
そんなことにならないように、スケジュールを作るときには時間のかかる手続きから逆算して作るようにしていきます。
それぞれいつまで準備が必要なのかを書きだしてみると、やるべき事の順番が自ずと決められていくので、落ち度無く準備を進めることが出来ます。

新居を決める

次に決めなければならないことが、新しく入居する場所探すことで、うっかり引越しが決まったからと言って、現在入居している大家さんに退去の連絡をしてしまうと、新たな新居が見つからないと住むところが無くなってしまいます。
タイミングとしては、引越し予定の2ヶ月くらい前から物件探しをはじめて、最終的には1ヶ月前くらいに決定するのが理想的です。
このタイミングであれば、新居に対する家賃と旧居に対する家賃が二重に掛かるリスクが最低限で抑えることが出来ます。
まずはこう言ったタイミングをよく考えつつも、新居探しを進めていきましょう。

新居を決めたら家具や家電の配置などを考えよう

新しく入居する住居が決まったら、間取り図などを参考にして大型の家具や、冷蔵庫やテレビなどスペースをとってしまう物の配置を考えておきましょう。
配置を決めたレイアウト表が事前に準備できていると、現在の家具や家電をリスト化することで、新居の間取りに合わせて再利用できるものと必要ない物のチェックが行いやすくなります。
また荷造りをしていく時にも、どの部屋に持っていって、どの家具のどこに収納するまで決めることも可能になるので、荷物を搬入したり荷解きをするときにもかなり作業がスムーズに行えます。
引越し同日の引越し業者に対しての作業員の方への指示もしやすくなるので、格段に作業効率が良くなるメリットがあります。

引越しの日取りを決める

引っ越し

新しく入居すべき場所が決まったら、次にやることが新しく新居に引越しする入居日と、旧居の退去日を決めることになります。
引越しする日は入居が可能になる日を設定する場合が多くありますが、数日余裕を持って予定を立てれば様々な作業を行う事が可能になります。
例えば入居前の状況を確認できるので、壁のキズなど見つけたら写真に撮っておいて、退去時に不要な敷金を請求されるのを防ぐことが出来ます。
また部屋の窓の大きさを確認できればカーテンも準備できるし、コンセントの位置なども事前に確認できればレイアウトの時に便利になります。
そう言ったことも考慮した上で引越しすべき日程を決めていきましょう。

大家さんに連絡する

賃貸物件の場合には、一般的に解約日の1ヶ月前までには大家さんに連絡を入れなければならないことになっています。
そのために、新居の物件のめどが立っているのであれば、このタイミングで大家さんに対して1ヶ月後には退去したいという事を連絡します。
ただし賃貸物件によっては、解約日の連絡が1ヶ月以上前に報告しないと、違約金が発生するという契約になっている場合もあります。
事前に引越しが決まった時点で、契約書の内容をよく確認しておきましょう。

どの様なことを伝えればいいの?

引越しするときには事務的な退去の連絡はもちろんですが、それまでお世話になった挨拶も忘れずにするようにしましょう。
最近は大家さんが賃貸物件の近くに居ないケースもありますが、そのようなときには電話でもいいので、お礼の言葉を伝えるように心がけて置くと良いでしょう。
また高価な物だと逆に気を遣わせてしまうので、500~2,000円程度の物で良いので、これまでお世話になったお礼の品を渡すようにするのが良いでしょう。
こうした挨拶は引越しする前日までには必ず済ませておくのがマナーで、そうしておくことで引越しの作業の時にも何かと大家さんが配慮をしてくれるケースもあります。

不用品を処分する

引っ越し

引越しの時に荷造りをしながら考えていかなければならないことに、不用品の処分があります。
不用品の処分の段取りをしっかりとしていかないと、引越し当日に必要も無い不用品も一緒に新居に運んでいくことになり、無駄な費用が掛かってしまいます。
それを避けるためにも、あらかじめ不用品の処分のやり方を身につけておけば、引越し作業はスムーズに進んで、無駄な費用も掛からなくて済むことになります。

オークションサイトで売る

「ヤフオク!」や「メルカリ」などのオークションサイトを利用して、不要な品を販売して処分する方法があります。
こちらは不用品と考えても、先方では必要な品というケースは多々あるので、うまくマッチングできれば思わぬ高値で取引されることもあります。
過度な期待をすることは禁物ですが、上手に取引して不要な物を処分したい人にはおすすめの方法の1つです。

知人や親戚などに譲る

自分は不要になっているけど、他人にとってはほしいという品物もあるはずです。
遠方に暮らしている人では受け渡しが大変ですが、近くで生活している親戚や知人などに話をしてみて、もしほしいという人が居れば、そのまま持っていってもらえば荷物の整理が出来ます。
会社の同僚や同じ賃貸物件に住んでいて、知り合いになった人などにも声を変えてみても、ほしいという人が居るかもしれないので聞いて見ましょう。

自治体の粗大ゴミ回収サービスを利用する

各地方自治体単位では、粗大ゴミの回収を行っているので、それぞれのルールにしたがって粗大ゴミを処分するという方法があります。
しかし自治体の粗大ゴミの処分方法や料金はさまざまなために、引越先で処分した方が安くなる場合もあるので、処分する前によく確認しておきましょう。

リサイクルショップの出張買い取りに依頼する

リサイクルショップでは、大型の家具や家電などの運搬が大変な物は、自宅まで出張して見積もりしてくれて、その場で買い取りしてくれるサービスを行っています。
どうせ処分しようと考えているのであれば、ただ同然だとしても出張して買い取りしてくれるのであれば、ありがたい話です。
もちろん大型の物で無くでも、食器や漫画本などでも買い取り対象になるので、できるだけ不要な物は処分して身軽にして引越しできるようにしましょう。

引越し業者に回収してもらう

なかなか不用品の処分まで忙しくて手が回らなかった場合の最終手段としては、引越し業者でも不用品の引き取りサービスを行っているところがあります。
お金は掛かってしまいますが、結局新居まで不用品を運んでそちらに行ってもいずれは処分するのであれば、引越しのタイミングで処分して置いた方が良いので、引越し業者に相談してみましょう。
引越し専門のリサイクル業者はこちらになります。
お引越しで整理したいモノを売るなら買取プレミアム

引っ越しの業者を見つける

引越し

新居を探す、大家さんに連絡する、不用品を処分すると、引越しが決まったらまずやることはたくさんありますが、もう一つ大事な事は引っ越し業者を探す事になります。
引っ越しシーズンでも無ければそれほど慌てなくても大丈夫ですが、一番引っ越し業者が忙しくなる3月から4月にかけての繁忙期の時期になると、なかなか引っ越し業者を探すのが大変になります。
そのためにも引っ越しする日が確定したのであれば、いち早く引っ越し業者に連絡を取って予約するようにしましょう。

引っ越し業者を見つけるなら一括見積もりがおすすめ

引っ越し業者を探すとしても引っ越し業者もたくさんあるので、どの業者に連絡したら良いのかよくわかりませんよね。
1件1件しらみつぶしに連絡するのも1つの方法ではありますが、かなりの手間も掛かるので大変な作業になってしまいます。
そんな時に便利になるのが引っ越し業者を一括で見積もりしてくれるサービスを利用する方法があります。
ウェブ上から希望日・人数・現在の住所・引っ越し先の住所などのデータを入力するだけで、無料で最大で10社の見積もりが行えます。
実際の引っ越しの見積もりは、現場の荷物を確認して最終的な金額を提示してもらいますが、予め概算の金額が分かれば、どこが安いかどうか簡単に比較できるので便利です。
その中からいくつかピックアップして、現場で正確な見積もりを提示してもらって、より安い引っ越し業者と契約すれば、余計な出費を抑えることが出来るのでとても便利なサービスです。
是非、「引っ越し見積もり一括サービス」を利用してみましょう。

テレビCMでもおなじみの引っ越し見積もり業者になります。
詳しくはこちらをどうぞ。
引っ越しの一括見積もりサービスを試しに見てみる

ダンボールを手に入れる

ダンボール

引越しの荷物を梱包するのに欠かせない物と言ったらダンボールがあり、大事な荷物を梱包する必要があるために、それなりにまとまった数が必要になります。
あらかじめ自分の家に荷物がどのくらいのダンボールが必要なのかが分かっていると、ダンボール箱を準備するにも大変便利です。
当サイトの情報を参考にして、出来るだけ早い段階で荷造りに必要なダンボールをそえておくようにしましょう。

ダンボールはどうやって手に入れるの?

ではその荷物を梱包するために必要なダンボール箱は、どこに行けば手に入るのかについてご紹介していきましょう。

スーパーにいってもらってくる

スーパーなどの食料品店に行くと、自由にもらってこれるダンボールが置いてあるので、これをもらってくる方法があります。
スーパーには午前中に荷物が届いて、仕入れた品物を展示してあまったダンボールが置かれていることが多いので、午後から夕方前くらいの時間に行くと良いでしょう。
ただしスーパーに置いてあるダンボールの大きさや厚みはバラバラなので、ある程度揃えて荷物を整理したい場合には不向きです。
また野菜などが入っていたダンボールになると、土がついていたり虫が入っていたりすることもあるので、自分できれいにしてから使用しなければなりません。

電気屋さんにいってもらってくる

電気屋さんには、家電製品の納品後に出る大型のテレビや冷蔵庫、また洗濯機などの箱から電子レンジや掃除機などの中くらいの箱、さらに小さめの箱まで様々な箱があります。
特に冷蔵庫やテレビなどが入るような大きな箱となるとなかなか手に入りにくいので、そういった箱が希望の場合には電気屋さんがおすすめです。
基本的にはお店ではダンボールは不要な物になるので、いずれは処分するしか無いので、特に目的が無ければ持っていってもらえればありがたいはずです。
まずは希望の大きさなどを伝えて、店員さんに相談してみてはいかがでしょうか?

ネットで引越し見積もりのおまけでもらう

インターネットサービスで「ネットで引越し見積もり」を利用する特典として、ダンボールが無料でもらえます。
こちらはまだ契約していない見積もりの段階での特典なので、気兼ねなくもらうことができるのでおすすめです。
枚数などは限定されますが、無料でいただけるのであれば少しでも費用節約のためにももらっておきましょう。

通信販売で購入

通信販売では、ダンボールのメーカーが直接販売しているところがあって、ホームセンターなどで購入するよりも、かなり安い料金で購入することが出来ます。
大きさや種類も豊富にあってお好みのタイプを画面で確認して注文することが出来るので、あっちこっち探し回っているのが面倒な人にはおすすめな方法です。

引越し会社から購入する

引越し会社の場合、契約した会社なら一定量のダンボールはもらえることも多いですが、それ以上となると有料になります。
しかし引越し業者の場合は、一括して大量に購入していることもあり、かなり安く提供してくれるのでお得に手に入れることが出来ます。
またダンボールのサイズも揃っていることから、荷物をまとめたりするときなど同じサイズだと非常に便利になるメリットもあります。

ホームセンターで購入する

ホームセンターに直接出向いてダンボールを購入すれば、希望の大きさのダンボールを自分で確認して購入することが出来るので便利です。
しかしホームセンターで購入すると、金額は安くはないのでまとまった数を注文すると、かなりの出費になってしまうので、出来れば足りなかった分を補充するための購入程度にとどめておくと良いでしょう。

ダンボールはいくつくらいいるの?

引越し

ダンボールの必要枚数は、世帯人数や荷物の量によってかなりの違いが出てきてしまいますが、予めどの程度の数が必要なのかが分かっていると、何かと準備も進めやすくなります。
こちらで世帯別におおよその数をまとめてみましたので参考にしてみましょう。

1人暮らしの場合

1人暮らしの場合のダンボールの数は部屋の間取りによって違いが出てきて、1人暮らしに多い1Kの間取りの場合だと10枚から15枚ほどのダンボールが必要となります。
このくらいの量は基本的には少ない方で、引越業者が斡旋している単身パックで収まる程度の荷物の量と言う事になります。
間取りが1DKになるともう少し荷物も多くなり、20枚以上が必要となり、女性で衣類が多い時など30枚は必要となる事もあります。

2人暮らしの場合

2人暮らしの場合は小さめの1DKの間取りの部屋の場合で、およそ30~40枚ほどのダンボールが必要となります。
さらに2DKの間取りになるとダンボールの量も増えてくるので、40~50枚ほどが必要と考えておく必要があります。

3人以上暮らしの場合

3人以上で生活している場合になると、部屋の間取りよりも一緒に生活している人数が大きく影響してきます。
3人暮らしの場合だと50~70枚ほどが必要となり、4人暮らしになると60~80枚くらい、5人以上の家族となると、100枚以上は必要となると考えて良いでしょう。
3人以上の家族になると、小さなお子さんが家族に含まれている可能性が高いわけですが、小さな子どもがいるとベビーベットをはじめとして、荷物が非常に多くなる傾向があります。
そのため小さな子供がいる世帯では、ダンボールの数も多めに計算して準備しておきましょう。

さいごに

引越しの準備は何から始めるの?何をすればいいの?についてご紹介してきましたがいかがだったでしょうか。
引っ越しの準備は、段取りよくすすめていかないと無駄に時間ばかりが経過していってしまいます。
やるべき事がはっきりと分かっていれば、1つ1つ順番に無駄なく準備を進めていくことが出来ます。
それだけに引っ越しが決まったら、まずはスケジュールをしっかりと立てて、落ち度が無いように準備を進めていきましょう。

引っ越しの一括見積りでお得に引越しをする

引越しの料金を安くするコツは一括での無料見積もりになります。約1分間であなたにあった最安値の業者を調べることが可能です。

実際に調べると95000円の業者と52000円の業者がありました。

実に43000円もお得に引越しができたんです。

しかも今なら期間限定で最大10万円のキャッシュバックもありお得です。

一括見積りを試すならCMでもおなじみの引っ越し侍がおすすめです。

>>>自分に合った格安の引越し業者を試しに見てみる(無料)<<<




よく読まれている記事一覧

引っ越し 1

忙しい人用にランキングを先に掲載します。 1位 >>>引越し侍<<< 2位 >>>LIFULL 引越し<<< 3位 >>>ズバット引越し比較<<< 4位 >>>引越し価格ガイド<<< 5位 >>>引越 ...

引越し 2

  「4月に引っ越し予定だけど引っ越し費用の相場はどのくらいなの?」 「4月の引っ越しならどの時期にしたら安くなるの?」 その様なことを思っていませんか? 毎年春は引っ越しの最繁忙期となりま ...

引越し 3

「ゴールデンウィーク中の費用はどのくらい高くなるの?」 「ゴールデンウィーク前と明けではどちらが費用が安い?」 「ゴールデンウィーク近辺だとどの日が一番引越し費用が安くなる?」 「ゴールデンウィーク近 ...

no image 4

  「5月に引っ越しをするんだけど、この時期の費用の相場ってどのくらいなの?」 「安く引っ越しをしたいけど何かおすすめの方法はある?」 あなたは、その様に思っていませんか? 天候も暖かく、ま ...

-引越しの準備期間
-, ,

Copyright© 引越しの手続きチェックリスト一覧まとめ|引越し手続きナビ , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.