引越しの準備期間

引っ越し業者はいつから探すべき?初めて引越しをする人必見です

更新日:

引っ越し

「初めて引っ越しをするんだけど業者は一般的にいつくらいから探すものなの?」

「早目に引っ越し業者を探すといいことあるの?」

「引っ越し日が未定なんだけど業者はまだ決めない方がいい?」

なんて考えていませんか?

引越しを何度も経験している人であれば、引越し業者への対応も慣れていると思いますが、経験の無い人ではどのタイミングで探したら良いのか疑問に思いますよね。

結論からいうと、3週間から二か月くらいの間で引っ越し業者を探す人が多いんです。

「二か月も前から引っ越し業者を探しているの?」

って驚く人もいるかもしれませんが、早目に引っ越し業者を探すと引っ越しの費用が安くなったりします。
何かと物入りの引っ越しですが、引っ越し費用が安くなったらうれしいですよね。

それで今回は引っ越し業者をいつから探すべきなのかということを初めて引っ越しをする人にもわかりやすい様に解説します。
また引っ越しをする上で費用を安くするポイントも解説します。
是非チェックしてみてください。

あなたも引越し料金で損してるかも?

引越しの料金を安くするコツは一括での無料見積もりになります。約1分間であなたにあった最安値の業者を調べることが可能です。

実際に調べると95000円の業者と52000円の業者がありました。

実に43000円もお得に引越しができたんです。

しかも今なら期間限定で最大10万円のキャッシュバックもありお得です。

一括見積りを試すならCMでもおなじみの引っ越し侍がおすすめです。

>>>自分に合った格安の引越し業者を試しに見てみる(無料)<<<




引っ越し業者はいつから探すべきなの?

小学生

日本通運のアンケート調査のデータによると、どのくらい前から引越し業者を検討したかという質問に対して、一番多いのが全体の50%を占めている3週間以上2ヶ月未満とされています。
次いで2ヶ月前以上が25%、1週間以上3週間未満が24%、1週間未満が1%と言う結果となっていて、この結果が示しているとおり、3週間以上2ヶ月未満で探すのが一番最適と言えます。

早目に引っ越し業者を探すメリットは?

引越業者を早めに探すメリットはいろいろとあります。
引越しシーズンともなると、どこの業者も多忙になるためなかなか予約も取りにくくなってしまいますが、早めに探すことで、多くの業者から見積もりが取れてより安い業者と契約することが出来ます。
また早めに予約ができれば「早割」といった割引特典がついたり、期日指定だけで無く時間の指定もすることが出来て、引越し作業がより効率よく出来る事になります。
早めに業者を探して予約が出来れば、無料でダンボールがもらえたりや梱包用の道具が借りれたりするので、それだけに作りの作業も早くから取りかかれ、荷造りサービス等の付帯サービスをつけることも無くなります。

引っ越し業者はどの様に探せばいいの?

電話

いざ引越しすることが決まったとしても、どこの引越し業者に依頼したら良いのかよく分かりませんよね。
実際に引越業者をどのように探したら良いのかについてご紹介しましょう。

職場の同僚などに聞いて見る

会社の仕事の転勤に伴う引越しとなれば、同じ会社に勤務している同僚の方も中にも、引越しを何度か経験している人も必ずいるはずです。
そう言った人に、引越ししたときにどこの業者を使っって、料金や対応はどうだったか聞いて見るのは、業者選びには大変参考になるはずです。
1人だけで無く、複数の人の意見があればより参考になると思うので、周りに居る同僚の人に聞いて見てはいかがでしょうか?

電話で問い合わせてみる

電話帳などを開いてみると、引越し業者の欄にはたくさんの業者名が記載されていて、テレビコマーシャルなどで有名なところもあれば、はじめて聞くようなところまでさまざまあります。
簡単に複数の業者を探すことは出来ますが、実際に依頼してみないと料金や対応などについては分からないというのが難点といえます。

インターネットで探してみる

インターネットを使って探す方法も、電話帳を使って探す方法と同様で、探してみるとたくさんの引越し業者の名前が出てきますが、やはり画面上からだけでは正確な料金や対応などについては分かりません。
実際に依頼してみないと分からないという所が電話やインターネットで探す場合の問題点となります。

時間が無いときにはネットで一括見積もり

電話やインターネットでの依頼では1社ずつ自分で確認しながら、連絡をしていく必要があり、それなりに手間が掛かってしまいます。
そんな時におすすめな方法としては、インターネットで一括して見積もりを出してくれるサービスを利用する方法があります。
一括して依頼してくれるので1社ずつ依頼する手間が省けるだけで無く、メールや電話で対応してくれるので、時間が無いときには是非利用して見ましょう。
実は今は「引っ越しの一括見積もり」で引っ越し業者を探す人がとても多いです。

安い引越し業者を簡単に見つけるには一括見積もりがおすすめ

自力で安い引っ越し業者を探すのは現実的には手間も労力も掛かり大変な作業ですが、一括見積もりサービスを利用すると、一定の情報を入力するだけで5社から10社程度から一括して見積もりを出してもらえます。
1社だけでなく5社以上の料金を一変に比較することが出来るので、より安い料金で引越ししたいと考えている人には最適な方法と言えます。
また複数の業者を比較することで引っ越し費用の相場が分かります。
特に初めて引っ越しをする人はどのくらい費用が掛かるか分からないと思うのでできるだけ相見積もりして比較してみましょう。
ちなみに引っ越しの費用は合ってないようなもので業者によって自由に決められています。
後述しますが、閑散期などは値段の交渉をすることができ安くなることも多いです。

こちらはテレビのCMでもお馴染みの引っ越しの一括の見積もり業者になります。
引っ越しの一括見積もりについて見てみる

引越しの見積もりの疑問を解決

引っ越し

引越に関しては、さまざまな疑問点がありますが、こちらでそんな疑問点について解決できるようにお答え致します。

引越しの日にちが決まってなくても見積もりすることは可能なの?

引越しの見積もりを依頼すると言う事は、その間業者のトラックを押さえることになり、引越業者としては見積もりが有効な期間内には他の依頼を受け付けすることが出来ないことになります。
もしまだ引越しの日にちが決まっていないのであれば、3月の上旬とか、土日を含むのか平日で良いのか、月末を含むかどうかくらいは、はっきりとした状態で無いと見積もりも正確には出せません。
あまりにも漠然とした予定の場合では、引越し業者の見積金額も○○~△△円の間とか、料金も曖昧な回答になってしまうために、できるだけ正確な日にちを早めに決めて見積もりを依頼しましょう。

引っ越しの準備期間はどのくらい前からしたらいいの?

引っ越しは何日前に予約すればいい?大家さんにはいつまでに連絡したらいい?

引越しの予約は最長で何か月前から可能なの?

多くの引越し業者が見積もり依頼や受付れしてくれるタイミングとしては、2ヶ月前からとしているところが多いようです。
実際にはそれ以前から受付してくれたりする業者もいたり、明確にいつから受付するとしていない場合もありますが、多くの引越し業者が推奨している見積もりをとるおすすめのタイミングとしては1ヶ月前としています。

引越しの予約をしたらキャンセルや延期はできないんでしょ?

引越しすることは決まっていても、新しく入居する物件がまだ決まっていなかったりして、引越し日程が立てられなかったりすることもあります。
しかもその時期が引越しの繁忙期となれば、ある程度早い段階で予約をしておかないと、なかなか受付してもらえないと言う事になります。
そのために一旦暫定的に予約をしても国土交通省の「標準引越運送約款」によると、キャンセル料金は引越し前日のキャンセルは料金の10%以内、当時は20%以内とされています。
と言う事は2日前までならキャンセル料は掛からないと言う事になり、ギリギリそのタイミングで再予約が取れるのであれば延長することは可能と言えます。

引越し業者への支払いはどのタイミングですればいいの?

お金

引越し業者への支払いのタイミングとしては、すべての作業が終わってから作業責任者の人に対して現金で支払うのが一般的になっています。
中には作業後の口座振り込み、作業前の口座振り込み、作業後のクレジットカードでの支払いなどさまざまなので、それぞれの引越し業者に対して、見積もりの時点でよく確認しておきましょう。
支払い後にはトラブル防止のためにも、その場で領収書を発行してもらうようにしましょう。
中には契約時に手付金を請求する業者がいて、一部の業者はトラブル防止のために請求するケースがあるようです。
しかしこう言った支払いに関しては一切支払いの義務は無いので、しっかりと双方が合意の上で支払いし、領収書を発行してもらえる場合を除いては、手付金の支払いは毅然として応じないようにしましょう。

見積もりが出た後で、荷物の量が変わったときはどうすればいいの?

引越し料金は使用するトラックや作業員の人数によって料金が変わってきますが、ダンボール箱1つや2つくらいの荷物が増えた程度であれば、料金が変わることはないと思います。
しかし大型の家電や家具となると、トラックのサイズや作業員人数に変化が出る場合もあるので、料金は増額される可能性は高くなります。
また連絡無しに荷物を追加した場合には、契約外と言う事で追加荷物の運搬を拒否されることもあるので、必ず荷物の追加が発生して事を引越し業者に対して連絡するようにしましょう。
特に大型の荷物が追加となった場合においては、金額の増額も大きくなる場合があるので、再見積の提出をお願いした方が良いでしょう。

どうして引越業者によって料金が大きく違ってくるの?

複数の引越し業者から見積もりを取ってみると、料金が大きく違っている場合がありますが、これは業者によっての引越プランが関係しています。
各引越業者は他社との差別化を図るために様々なプランを準備していますが、その影響によって荷物の量や移動距離だけでなく、お得なプランに適応できるかどうかで見積もり金額の差となって現れてきます。
また引越し業者の多くは、忙しいときの料金は高く暇なときの料金は安くしているので、業者によっては閑散期であっても忙しいと料金は高くなる場合があります。

引越業者へのチップは必要なの?

日本ではあまりチップという文化はありませんが、実際の作業現場においてはよく見られる光景ではありますが。業者側のスタンスとしてはこうしたチップは不要とされています。
中には一部こうしたチップを受け取らないと明示している業者もありますが、そうした業者で無ければ渡さないよりは渡した方が作業員のやる気は違ってくるはずです。
サービスの向上を期待する意味としてでは無く、作業をねぎらう目的として少額でも良いので用意しておくのもよいでしょう。
金額としては500~1,000円ほどが相場のようですが、逆に1,000円を超える金額となると多すぎるようなので注意しましょう。

引っ越しが安くするコツを紹介

お金

それでは引っ越し費用を安くするコツについても解説します。

早割を利用する

旅行や航空券のチケットを取るときなど、実際の希望日よりも1ヶ月など一定期間以上早く予約することによって、早割とよばれる、早期割引の特典があります。
これと同様に、引越し業界にも早割の特典を準備している業者が多くあり、どうしても引越し繁忙期で無いと引越しの予定が立てられない場合などは、出来るだけ早く予約することで料金を安くすることが出来ます。
繁忙期に入ると、どこの引越業者も多忙になるため他の割引き特典や、値引き交渉も期待できないために、出来るだけ早い予約をすることで、料金を抑えるようにしましょう。

不用品はリサイクルで処分

引越しの費用を少しでも安くする方法としておすすめしたいのが、リサイクル業者を上手に活用して不要品を賢く処分するという方法です。
引越しを機会に買い替える予定の冷蔵庫や洗濯機などの大型家電製品や、大型家具などは通常処分するのには費用も掛かり、そのまま引越し先に運搬するにもこれまた費用が掛かってしまいます。
そのためただ処分するのであれば、出張してこれらの大型製品を買い取ってくれるリサイクル業者が居るので、これらの業者に買い取ってもらえば処分料や運搬料が不要になります。
仮に1円しか値段が付かないとしても、そのまま置いておけば処分や運搬にお金が掛かってしまうために是非積極的にリサイクル業者を活用してみましょう。
こちらは引っ越し専門のリサイクル業者になっています。
お引越しで整理したいモノを売るなら買取プレミアム

平日に引越しをする

引越料金は、実は曜日によってずいぶんと違いがあることをご存知でしょうか?
平日は仕事があって引越し作業が出来なかったり、子どもの休みのタイミングに合わせて引越し使用と考えたりと、誰でも考えることは同じです。
したがって土日の料金は平日の料金に比べると3割以上も違うと言われていて、業者側にすれば週末は仕事の依頼が来るので、料金を安くする必要は無いわけです。
当然そうなると見積金額の値下げ交渉も難しくなるので、業者が忙しくなく料金が安い上に、値下げ交渉にも期待が出来る平日を選んで引越ししましょう。

平日と土日(休日)で引越しの料金はどのくらい安くなるの?

帰り便を利用する

一般的には余り知られていないお得なプランに「帰り便」があり、帰り便とはその名の通り荷依頼のあった引越しが終わりも空になり帰路にあるトラックに荷物を載せて運搬してくれるプランです。
本来ならただ空で帰るだけのトラックに荷物を積んで運搬することによって、人件費と燃料費を節約して無駄を省けるために、格安で利用することが出来ます。
日程が合わせられる引越しの場合には、帰り便があるかどうかを確認してうまく利用することで、料金を安くすることが出来ます。

引越しの帰り便って何?格安に引越しする方法とは?

仏滅に引越しをする

日には昔から六曜という暦があり、先勝・友引・先負・仏滅・大安・赤口の六つの曜日に分けられている事は皆さんもご存知と思います。
その暦の中でも結婚式は大安を選んだり、お葬式は友引を避けると言って習慣があり、引越し関しても仏滅は縁起が悪いとされいるために、仏滅を避けて引越しの予定を立てる人が多くいます。
そのために引越業者も仏滅の日の引越しの需要は少ないために、料金を通常よりも安く設定しているところもあるので、六曜を気にしないのであれば仏滅の日を選んで料金を安くしましょう。

閑散期に引越しをする

家族

引越しの時期をある程度調整がきくのであれば、引越しの繁忙期といわれている3月~4月のフルシーズンのタイミングは料金も高く値引きも期待できないために、出来るだけ避けましょう。
引越し業界の閑散期と呼ばれる時期は、1月・6月・11月・12月などの時期となり、こう言った時期は引越業者も忙しくないために、より値引きが期待できる時期となります。
引越し業者はかき入れ時となる繁忙期に大きな利益を出すために、高い料金設定して対応していますが、閑散期になっても、ある程度の人員を確保しなければならないために人件費は掛かります。
そのため閑散期になると仕事を受注したいために、多少の利益を度外視しても仕事を引き受けることがあるので、繁忙期の半分ほどの料金で対応してくれるようなこともあります。

繁忙期と閑散期で引越し費用の相場はどのくらい違うの?

作業の開始時間を指定しない

一般的な引越し作業の時間帯は、午前便・午後便・フリー便と3つに分かれていて、どの時間帯の料金が一番安いかというとフリー便なんです。
フリー便というのは、引越しする日だけは指定しますが、時間については業者におまかせというもので、人気が高くなる時間帯は午前便で料金も一番高くなります。
フリー便は時間指定が出来ずに午後から夕方にかけての時間帯にはなりますが、そのかわりに午前や午後と指定しない分だけ料金が割引されてお得になります。
特に引越し作業の時間の指定の必要が無い場合や、少しでも料金を安くしたいのであればこういったフリー便の時間を使用してみましょう。

引越し費用が格安になるフリー便とは?到着の時間帯は?

引越し業者に交渉をする

引越しに関するある調査機関のデータによると、引越し業者に対して料金の値引き交渉をした結果93%もの確率で値引きに成功したとの解答結果があります。
9割以上の確率で値引き交渉が成功するのであれば、交渉で料金が安くなる可能性は高く、訪問見積もりが出たときにまずは引越し料金を少しでも安くならないかを交渉してみましょう。

一括見積りをする

引越料金を安く抑える方法として一番有効な方法に、引越比較サイトを利用して一番安い業者を探すという方法があります。
複数の業者に同時に見積もりを依頼するのは大変な作業になりますが、一括見積もりであれば簡単なインターネットからの入力作業だけで、連絡が届いて5社以上の引越し業者の見積額を比較することが出来ます。
その中からより料金の安い業者を選べは、どこよりも安い料金で引っ越しの手続きが出来ることになるので、是非料金を安くしたいのであれば、引っ越しの一括見積もりがおすすめです。

こちらはテレビのCMでもお馴染みの引っ越しの一括の見積もり業者になります。
引っ越しの一括見積もりについて見てみる

さいごに

今回は「引っ越しの業者はいつから探したらいいの?」ということについて解説してきました。
引っ越しが初めての人にとってはいつから引っ越し業者を探したらいいか迷ってしまうかもしれませんが、私の調べた限りでは二か月前だった一度は引っ越し業者に見積もりを取ってみることをおすすめします。
引っ越しの日が近づくと何かとやらなければいけないことが増えます。
早め早めに行動して余裕をもって荷造りをしましょう。

関連記事になります。合わせてご覧ください。

引越しの予約はいつから取ることできるの?早く取るメリットはある?

あなたも引越し料金で損してるかも?

引越しの料金を安くするコツは一括での無料見積もりになります。約1分間であなたにあった最安値の業者を調べることが可能です。

実際に調べると95000円の業者と52000円の業者がありました。

実に43000円もお得に引越しができたんです。

しかも今なら期間限定で最大10万円のキャッシュバックもありお得です。

一括見積りを試すならCMでもおなじみの引っ越し侍がおすすめです。

>>>自分に合った格安の引越し業者を試しに見てみる(無料)<<<




よく読まれている記事一覧

引っ越し 1

忙しい人用にランキングを先に掲載します。 1位 >>>引越し侍<<< 2位 >>>LIFULL 引越し<<< 3位 >>>ズバット引越し比較<<< 4位 >>>引越し価格ガイド<<< 5位 >>>引越 ...

7月の引っ越し費用の相場は?料金が安いのはいつくらい? 2

「7月に引っ越す予定だけど、この時期は引っ越し費用は高いの?安いの?」 「7月に引っ越しするけど、どの時期に引っ越すと安いの?」 そういう疑問はありませんか? 7月の引っ越しで影響が出てくるのは梅雨と ...

6月の引越し費用の相場は?料金が安いのはいつくらい? 3

「6月に引越し予定だけど、費用ってどのくらいなの?」 「結婚をしたのでこれから新居に引っ越すんだけど、6月の費用の相場はどうなの?」 あなたはその様なことを思っていませんか? 春の引越し繁忙期も終わり ...

-引越しの準備期間
-, , ,

Copyright© 引越しの手続きチェックリスト一覧まとめ|引越し手続きナビ , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.