引越しの費用

引越しはネット見積もりで安くなる?見積もりの流れも大公開

更新日:

引越し

「引越しの安い業者を見つけるにはどうしたらいいの?」

「引越しのネット見積もりで引越しの費用が安くなるってホント?」

「引越しの費用を安くしたいんだけど何か方法はないの?」

「引越しの見積もりの流れはどんな感じになるの?」

あなたもこんな事でお悩みではないでしょうか?

引越しするならネット見積もりが安くなるって聞いたけど、なんとなく不安をお持ちの方も多いのでは無いでしょうか?

また見積もりをどの様な流れでするのか、初めての場合は分からないですよね。

今回はそのような方にネットの見積もりの方法から見積もりからの流れなどについて徹底解説したいと思います。

また引越しの費用を安くするコツなども紹介しますので是非チェックしてみてください。

それではどうぞ。

あなたも引越し料金で損してるかも?

引越しの料金を安くするコツは一括での無料見積もりになります。約1分間であなたにあった最安値の業者を調べることが可能です。

実際に調べると95000円の業者と52000円の業者がありました。

実に43000円もお得に引越しができたんです。

しかも今なら期間限定で最大10万円のキャッシュバックもありお得です。

一括見積りを試すならCMでもおなじみの引っ越し侍がおすすめです。

>>>自分に合った格安の引越し業者を試しに見てみる(無料)<<<




目次

そもそも引越しの見積もりって何?

引越しをするにあたり、引越し業者を依頼するとかなり高額な費用が掛かってしまいます。
そのために、後になって支払いのトラブルにならないように予め現場を確認して、実際に引越しを行った場合に、どのくらいの費用が掛かるかの金額を見積もりという形で提示してくれます。
引越にかかる費用は、荷物の量や引っ越し先までの移動距離、作業員の人数など様々な要素によって料金が変動します。
そのためにもより正確な金額を業者から提示してもらっておくと、安心して作業を依頼する事が出来ます。

引越しの安い業者を見つけるには?

引越し

引越し作業や様々な手続きを行わなければならない忙しい時期に、引越し料金の安い業者を見つけるのは、なかなか容易な作業ではありません。
電話帳や口コミなどで探す方法もありますが、少ない情報の中からではより安い業者を探すのは、かなりの時間も労力も必要となってしまいます。
慌てて闇雲に電話して業者を探してみたものの、3月から4月にかけての業界的にも忙しい時期となると、料金も足元を見られて全然安くない業者と契約することになりかねません。
やはりそんな時には電話や口コミでは無く、ネットを使った「引っ越しの一括見積もり(無料)」がおすすめとなります。

引越しの一括見積もりがおすすめの理由とは

引越しの一括見積もりがどうしてそんなにおすすめなのかについては様々な理由があります。
一括見積もりがおすすめの理由について解説しましょう。

引越しの業者を探す手間が省ける

いざ引越しが決まって、引越し業者を探さなくてはいけなくなった時、自力で探すには電話帳を使ったりインターネットを使ったりして調べる事になります。
しかしいずれにして1つ1つの会社がどこにあって、連絡先を確認したり引越し先が対応エリア内なのか、自分の希望している日に対応してもらえるのかなど、確認する事はたくさんあります。
それが一括見積もりの場合だと、アート・サカイ・日通などの大手引越し業者から中小業者まで、すべて網羅しているので、一切の探す手間が省けます。

スマホ一つで見積もりを取ることができる

最近ではスマホを使用するのが当たり前の時代になっています。
引越しの見積もりもいちいち引っ越し業者に電話連絡を取って見積もりをしてもらわなくてもよくなりました。
スマホから「引っ越し一括見積もりのサイト(無料)」にアクセスをして必要な情報を打ち込むだけであっという間に見積もりを取ることができます。
後述しますが1分ほどで約10社の見積もりが取れてしまうので忙しい人、めんどくさがり屋の人にはおすすめな方法なんです。

短時間で見積もりを取ることが可能

引越し

本来引越しの見積もりをとる場合は、現場に引越し業者が訪問して引越しするべき荷物などを確認した上で、正確な見積もりを提示することになります。
しかし1社1社そんな見積もりを取るためだけに、日時を打ち合わせして訪問してもらい、見積もりの提出をしてもらうのは頼むのも大変になります。
そんな時に引越し一括見積もりを利用すれば、ネットを使って希望日・現住所・引越し先住所を入力するだけで、最大10社からの見積もりが短時間で確認する事が出来ます。
そうなれば1社1社に確認する手間も省けるし、短時間で複数の引越し業者の料金を把握できてしまうので大変便利です。

フォームから必要事項を記入したら複数の業者に見積もりが取れる

引越し一括見積もりを取るために必要とする情報は、引越しする希望日・人数・現住所の郵便番号・引っ越し先の郵便番号を入力するだけです。
これらの必要事項はすべてウェブ上から入力が可能で、必要な項目を入力してボタンを1クリックするだけで、手続きは完了します。
後はそのまま各引越し業者から、入力した項目のデータに基づいて見積もりされた引越し費用が、提示されてくるのを待つだけで、一気に複数の引越業者からの見積もりを取ることが出来ます。

引越し費用の相場を知ることができる

引越し一括見積もりを利用して、各引越し業者から提出してもらった見積もりを見る事で、希望日の時期と引越し先までの距離などを考慮した費用の相場を知ることが出来ます。
その相場が分かれば、予算を超えているのであれば希望日をもっと料金の安い時期に変更したり、お得なプランを検討してみたりする対応を取れます。
それだけに希望している時期と引っ越し先までの引っ越しの費用の相場が、事前に把握できると言う事は、引越しにかかる費用をもっと安くしたいと考えているのであれば、とても貴重なデータとなります。

見積もりを参考に業者への値下げ交渉ができる

引越しの見積もり料金が各社から出そろったのであれば、その料金を参考にして他社の金額を引き合いに出して料金を安く値下げする交渉が出来ます
引越し業者にしてみれば、引っ越しする日や引越し先も同じ条件で見積もりしているので、他社と比較するにも、金額を下げるしか対抗する手段はなくなります。
それだけに希望の引越し業者があるのであれば、その会社よりも安い料金を提示している業者に、その金額を伝えて、料金の値引き交渉をするのはかなり効果的と言えます。

その結果、引越しの費用や安くなる

1社や2社程度の比較ではそれほど引越し料金は安くなる事はありませんが、大手の引越し業者も含めて、中小の引越し業者など10社程度ほどを比較したら、必ずそれなりに料金の開きは出てきます。
そうなれば料金の高いところは切り捨てて、安くて何かと条件や対応が良い業者を選び、さらに最安値になるように価格交渉することかで出来ます。
こうした交渉を行っていけば、自分でも気に入った引越し業者を選んで、しかもより引越しの費用を安くすることができます。

引越しの一括見積もりについては詳しくはこちらをご覧ください。

引っ越しの一括見積りでお得に引越しをする
引越しの料金を安くするコツは一括での無料見積もりになります。約1分間であなたにあった最安値の業者を調べることが可能です。

実際に調べると95000円の業者と52000円の業者がありました。

実に43000円もお得に引越しができたんです。

一括見積りを試すならCMでもおなじみの引っ越し侍がおすすめです。 

>>>引っ越し侍で一括見積りをしてみる(無料)<<<

引越しの見積もりをするタイミングはいつくらい?

引越し

引越しの見積もりをするタイミングっていつ頃が良いのでしょうか?
引越しを考えている人にとっては切実な問題ですが、明確な見積もりを依頼するタイミングとしては、引越し先の住所・引っ越しする希望日・引越に持っていく荷物の量が決まったときになります。
引越し業者の立場で考えてみると、この3つが決まっていない状態では、料金を具体的に提示することが出来ません。
特に引越し業界は、引越する日の曜日が平日なのか土日なのか、また3月や4月などの繁忙期なのかそれ以外なのかによって、大きく料金は違ってきます。
それだけに最低でも引越しする希望日と引越し先が確定したタイミングと言う事になります。
荷物の量については、どれを処分したり、どれを新居に持っていくかの分類をいち早く行う事で、荷物の量をはっきりとさせることが出来るので、早い段階で準備しておくと良いでしょう。

早目に予約をすると安くなる場合も

引越し業者の大手のヤマトコンビニエンスでは、単身パックの場合において、搬出日が14日以上先の引越しの場合には、1件当たり1,000円の早期申込割引きが適用となります。
ヤマトコンビニエンスの単身パック場合は、平日割引きで2,000円、WEBでも2,000円割引きなり、これらのサービスは併用できるので、すべて合わせると5,000円ほど料金が割引されることになります。
この早期申込割引きは、サカイ・アート・アリさんマーク・日通など引越大手ではどこもやっていないサービスなので、検討材料にしてみましょう。

引っ越しは何日前に予約すればいい?大家さんにはいつまでに連絡したらいい?

引越しの見積もりは最短で何日前まで可能なの?

固定電話

引越しの見積もりを依頼するにも、急な引越が決まった場合などこんな短期間でも見積もりはしてもらえるのかと考えてしまいますよね。
実際の所では、大手の引越業者の公式ホームペーシで確認してみても、具体的に何日までだと受付可能というような記載は、どの業者にも見られません。
これは実は引越業界には3月から4月にかけての進学や就職前の繁忙期と、それ以外の時期の閑散期があるためです。
1年で一番忙しい繁忙期になり、引越し直前での見積もり依頼となると、とても対応が出来ないと言う事になりますが、逆に閑散期など忙しくない時期なら、翌日引越も可能になるわけです。
一般的には各引越業者が推奨しているように、引越理見積もりは引越し予定日の1ヶ月から2週間くらいをめどに依頼するのが良いようです。

引越しの料金ってどうやって決まるの?

引っ越しする料金は、どんなことを基準にして決められているのでしょうか?
料金が決められる基準が分かっていると、少しでも料金を節約する事も出来る事になるので、どうやって決められているのかについて、よく覚えておきましょう。

荷物の量

引越し業者の料金を決める大きな要素となる事に、運搬する荷物の量が上げられ、荷物の量が増えれば当然積載するトラックも大型のものが必要となり、作業員の多く必要となります。
一般的には引越業者の場合は、作業員2名で1台のトラックを利用してる作業が基本ですが、大型の家具やピアノなどが荷物に含まれると、トラックも大型になり作業員も増員が必要となります。

荷物の量を減らすにはどうしたらいい?

引越しの荷物の量を減らすらは、引越の荷造りが本格的に始まる前に、ますは本当に必要な物と不要な物を分別する作業を行います。
この作業をすることによって不要な物がはっきりと分けられることになるので、引越しする前に不要な物はすべて処分することが出来ます。
そうすることによってかなりの荷物は減らすことが出来るので、早い段階で不要な物と必要な物を分類しておくことが大事になります。

移動距離

荷物の量と同じく、引越し料金を決める大事な要素の1つが、引越し先までの移動距離になります。
当然のことですが、引っ越し先までの移動距離が少ないとトラックの燃料代も少なくて済みますが、長距離の移動となると、当然トラックの燃料代も高くなり、高速料金やドライバーの人件費なども掛かってしまいます。
移動距離が長くなるほど料金は高くなっていく事になるので、長距離での引越しの場合には少しでも料金の安い業者を選んだ方が、よりお得になります。

日時や時期

荷物の量や移動距離以外でも、実は引越しの料金が変わる大きな要素があって、それは日時や時期にあります。
引越し業者が忙しい時期というのは、当然引越しを希望する人がたくさんいるという時期になるので、そう言った時期の場合には、業者もかき入れ時になるために料金を割高に設定しています。
したがってそう言った割高に設定してある日時や時期に引っ越しすることで、本来もっと安い料金で引越できたのが、高い料金で引越しすることになるので注意が必要です。

土日や祝日よりも平日が安い

引越しの予定を立てるときに、多くの人は会社が休みの土日や祝日などを利用して引越しする人は多いですよね。
そうなれば当然のことですが、引越業者も土日や祝日は仕事の依頼が増え、作業員を増員したり休日手当を支給したりするために、どうしても料金は高めになります。
また平日の暇な時期と休日とのバランスを料金を高くすることで取っているために、どこの業者も土日や祝日などの料金は高くなります。
出来るだけ料金を抑えたいのであれば、土日や祝日は避けた平日に引っ越しの予定を組むようにしましょう。

平日と土日(休日)で引越しの料金はどのくらい安くなるの?

引越しの平日割引はどのくらい安いの?引っ越しを安くするコツとは?

大安よりも仏滅が安い

日本には昔から暦があって、大安は縁起が良く仏滅は縁起が悪いとされているので、引越しに関してもそう言った暦を気にする人が多いために、仏滅を避けて引越しする人が多くいます。
そのため仏滅は引越し業者も比較的暇になるので、それに比例して料金が安くなり、逆に縁起の良いとされる大安は料金が高くなります。
元々仏滅という暦で呼ばれるようになったのは明治に入ってからで、本来の意味からすると引越しをするにはむしろ仏滅は縁起が良い暦だそうです。
したがって特に暦を気にしないのであれば、料金の高い大安は避けて料金の安い仏滅に引越をするとよりお得になります。

閑散期間を選ぶ

引越し業者が忙しくなる時期というのは、大体春の入学や転勤の時期にあわせて引越しする人が多くなるために、3月から4月に掛けてが一番忙しくなり料金も高くなります。
しかしそれとは逆に閑散期と呼ばれる業界的には忙しくない時期があり、1月・2月上旬・6月・11月・12月などがその時期に当たります。
これらの時期はタイミングとしては月末や週末などを除けば、通常料金よりも安く引越しが出来る可能性が高いので、できるだけ閑散期を選んで引越ししましょう。

繁忙期と閑散期で引越し費用の相場はどのくらい違うの?

引越しの時間帯を選ばない

引越しするには、大きく分けて午前中から作業を開始する午前便と、午後から作業を開始する午後便、時間を指定しないフリー便の3つがあります。
料金は午前便が一番高く、次が午後便となり、一番安いのが時間の指定をしないフリー便がよりお得なります。
何時から作業が開始されるか分からないというデメリットはありますが、遅くなっても構わないと言う事であれば、少しでも料金を安くする為にも時間帯を選ばないフリー便を利用しましょう。

引越し費用が格安になるフリー便とは?到着の時間帯は?

引越しの見積もりする時に必要な情報とは?

運転免許証

引越しの見積もりをする時には、引越し業者としてもより正確な見積金額を出すためにも、引越しするお宅の中に、いくつかの必要な情報があります。

運搬する荷物の種類

ネットを利用しての簡易的な見積もりの場合であれば、世帯人数を入力することで一般的な荷物の量を想定して、見積もりを出すことが出来ます。
世帯人数での見積もりの場合は簡易的な見積もりになるので、より詳細な見積もりを希望する場合には、訪問見積もりを依頼するようにしましょう。

転居先の住所

転居先の住所が分かれば、ある程度現在なら道路状況や周辺の状況を確認する事が出来るので、引越業者に番地まで正確に引越し予定先を伝えるようにしましょう。

エレベーターの有無で料金が変わるって本当?

大型の家具やタンス、または冷蔵庫などエレベーターがあれば作業員は2名でいいところが、エレベーターが無い場所のために1名作業員が追加となる場合があります。
そうなると1名作業員が追加された分の料金が高くなるために、大型の搬出品があると本当にエレベーターの有無で料金が違ってきてしまいます。

スケジュール

引越しの見積もりをするに当たり、必要な情報として引越しする日が繁忙期なのか閑散期なのか、平日なのか土日なのか、月末なのかそれ以外なのかなどによって、料金はずいぶんと違ってきます。
そのためにより正確な引越しのスケジュールが引越しの見積もりをするためには必要となります。

訪問見積もりって何?

引越し

引越し業者の訪問見積もりとは、引越しする自宅に直接業者に来てもらい、実際に部屋の中にある荷物の量やエレベーターの有無、自宅の前の道幅の状況などを事前に確認したりすることを言います。
こうした訪問見積もりをすることによって、より正確な見積金額を提示することが出来ます。
訪問見積もりは基本的にどの引越し業者も、無料で対応しています。

参照:引越しの訪問見積もり前に準備することはある?注意点は?

訪問見積もりはしないことは可能?

引越し業者を依頼する場合において、訪問見積もりは絶対に必要となる事ではありません。
したがって忙しくて訪問による見積もりをしてもらっている時間が無い場合や、散らかっている部屋の中を他の人に見られたくない場合など、訪問見積もりはしなくても引越しは可能です。
ただし引越しをするにあたっての訪問見積もりをしてもらわないと、何かとデメリットも多いのも事実ですので、出来る事であれば訪問による見積もりをしてもらいましょう。

訪問見積もりをしなかった時のデメリット

小学生

訪問見積もりをしなかった時には、いくつか考えられるデメリットがあるので、後になって後悔しないようにデメリットをよく知っておきましょう。

想定よりも荷物が多い

訪問見積もりをしないで引越をすると、実際に運搬する荷物を確認しないで想定で見積もりしてしまうために、いざ引越し作業を行ってみたら想定よりも荷物が多いと言う事があります。
そうなると想定で作られた見積もり料金の範囲では収まらなくなるために、追加料金が発生してしまうというでメリットがあります。

想定していない作業がある

訪問見積もりをしないで実際の引越作業に入ると、依頼した側と引越し業者の解釈の相異などによって、当初は想定していなかった作業が必要になる場合があります。
当初は階段から搬出できると思っていた大型の家具が、寸法を確認してみたら階段からの搬出は出来ないために、急所作業員を増員して窓からの搬出に変更になると言ったようなケースがあります。
その他にも現場を確認していれば、事前に準備できていたのに、その確認作業をしなかったことで、想定しなかった作業が必要となって、見積料金よりも高くなってしまう場合が出てきます。

想定していていないトラブルがあった

訪問見積もりは引越しにかかる金額を査定するだけで無く、作業員がいかにして荷物を搬出していくかなどの確認を行う事も兼ねています。
そのためにその作業をやらないで引越しの作業に入ると、想定していなかったトラブルが発生する場合があります。
たとえば荷物の量が想定よりも多すぎて、手配してもらったトラックに積みきれずに積み残しがでてしまったり、道幅が狭くてトラックが近くまでは入れずに、作業時間が大幅にかかってしまったなどなど・・・。
やはり訪問見積もりをしてもらわないで引越し作業をすると、さまざまなデメリットがあるために、出来る事であれば訪問見積もりをしてもらって、引越しするようにしましょう。

訪問なしで引越しの見積もりを取ることはできるの?

訪問見積もりでは何するの?

家族

訪問見積もりをするのは、引越し業者はどのような所を確認しているのでしょうか?
事前にどんなところに着目しているかが分かると、ある程度注意することで見積料金を抑えることが出来るので、よく覚えておくようにしましょう。

引越しのやり易さを確認

引越業者は引っ越しする現場を見て、どういった経路で荷物を運搬するのが効率よく運べるかといったところをまずは確認します。
特に大型の家具や家電などはどこから運び出すのが良いか、それに必要になる人数はなど、かなり細かい所まで短時間でチェックしています。

トラックを止めるところもチェックしている

引越し作業をするに当たって、トラックが現場の出来るだけ近くに駐車できれば、それだけ作業効率が良くなります。
それだけに引越し当日に、トラックをどこに止めるかも事前に把握しておくことで、より効率よく作業出来るように確認をしています。

荷物の量や種類を確認

家族の人数や部屋数などでもある程度荷物の量はわかりますが、やはりより正確な見積もりを出すためには、現場にある荷物の量を見て、どのくらいの荷物になるかを1部屋ずつ確認して計算していきます。
また小物だけで無く、大型の家具やソファーの数もどのくらいあるのか、また倉庫の中にあるものなども忘れずにチェックしていきます。

部屋はきれいにして置き荷物が多いと思われないようにする

部屋の中が散らかっていると、どうしても引っ越しの荷物は大目に見られてしまうために、余計な金額を見積料金に加算されてしまう危険があります。
訪問見積もりをしてもらう前には、部屋の中をきちんと整理整頓して、無駄に荷物が多く見えないように心がけて置きましょう。

オプション内容を確認しておくこと

荷物の荷造りや新居に到着してからの荷解き、一時的な荷物の預かり、洗濯機やエアコンなどの取り外しや取り付けなど、従来の引越し作業の料金には含まれないオプション料金についても、よく確認しておきましょう。
自分で出来る事であれば、無理にオプション料金を出してまでやらなくても良いという作業もあるので、事前に確認しておくと良いでしょう。

必要な作業を確認

引っ越し

訪問見積もりをしてもらうときには、実際にどのような作業を行うのか確認しておかないと、引越しの時に話と違うと言う事になり、トラブルに発展してしまうこともあります。
それを回避するためにも必要となる作業について、よく引越し業者から話を詳しくし聞いておきましょう。

どの様な作業があるか確認するの?

現在の住居の構造から見て、どうしても通常の運搬では荷物の搬出が困難というケースがあり、その場合には特殊作業になり、通常料金よりも割高になる場合があります。
そのような特殊作業が必要になることが無いかどうか、引越し業者は入念にそれぞれの荷物の、搬出経路を確認しておきます。

見積書を作成する

見積書もこのタイミングで作成することが多いです。

「費用を少しでも安くした」「楽して引越しをしたい」など、このタイミングで要望を伝えよう

引越し業者に対して、「忙しくて時間が無いので荷物の荷造りや荷解まですべてお願いしたい」とか「余りお金を掛けたくないので安くなる方法で見積もりしてほしい」などの要望を伝えておきましょう。
これらの要望によって見積料金は大きく違ってくるために、後になって何度も見積金額が変更になっても混乱してしまうために、タイミングとしてはこのタイミングで引越市業者に対して、要望を伝えるようにしましょう。

引越しの費用の交渉をするならこのタイミングがベスト

引越し料金の交渉をするのであれば、タイミングとしてはまさにこの時です。
業者側も常に値引き交渉や他社との料金を比較されることは日常的に経験しているので、価格交渉には思ったよりも簡単に応じてくれることが多いようです。

引越しの費用を交渉するコツは?

元々引越業者がはじめに提示してくれる見積金額は、ある程度値引き交渉されるだろうと想定して、高めに料金を設定しているために、1度目の値引きの提示金額はあまり安くないと考えられます。
それだけに多くの引越し業者の場合には、他社の見積もりが出たら教えて下さいと言った感じて帰って行きます。
ですのでこうやって他社の見積もりが出そろって、それぞれの料金をよく比較してから改めて安かった業者の料金から、さらに値引きしてもらうように交渉してみましょう。

引越しの見積もり交渉の時に安くするコツって何かある?

見積もりが出たら即決しないとダメなの?

見積もりが出たら、業者側は仕事を出来るだけ取りたいために即決してもらえればありがたいわけですが、最近は何社からも見積もりを取っている人も多くなっています。
こうした状況にはすでに業者側も日時用的なことと慣れているので、見積もりが出たら即決が必要なんて事は全くありません。

見積もりが出た後の断り方は?

最近は引越しの料金を他社と料金を比較して決めている人が増えていることから、業者側も断られることは日常的にあって慣れています。
特別な事は必要なく、一般常識の範囲で断りを入れれば何ら問題はありません。

引っ越しの見積もりの断り方ってどうしたらいいの?

訪問見積もりが嫌な理由は?

小学生

本来であれば訪問見積もりをしてもらった方が、トラブルも回避できるしお得になる可能性は高いのに、どうしても訪問見積もりを嫌がる人もいます。
その嫌がる理由についてご紹介します。

他の人が自宅に上がってほしくない

訪問見積もりをする場合には、より正確に荷物の状況などを確認するために、部屋の中の細部にわたって引越し業者に見られることになります。
たださえ引越しをひかえている時期では、片付けの最中になるために部屋の中が煩雑になっているために、他人に部屋の中を見られるのを嫌う人もいるようです。

忙しいので時間が無い

訪問見積もりも1社だけならともかく、何社からも訪問を受けて部屋の中や周囲の確認をされていると、その都度業者と時間を約束して立ち会わなくてはいけません。
確認して見積もりの提出を受けるまでにはそれなり時間も必要なことから、忙しくてとてもそんな時間が無いという理由で、訪問見積もりを嫌う人も少なくありません。

しつこく営業されないか心配

訪問見積もりを受けると、引越し業者も無料で見積もりをしているとはいえ手間が掛かっているために、出来る事であればその場で契約を取りたいと考えています。
それだけに依頼した側は複数の業者から見積もりを取って、一番安いところと契約しようと考えているのに、しつこく営業されるのではないかが心配という理由で嫌う人もいます。

訪問見積もりで嫌な思いをしたら一括見積もり業者に報告しよう

固定電話

訪問見積もりで、引越し業者からしつこく営業されたりするような嫌な思いをしたときには、一括見積もり業者に報告するのが良いでしょう。
決して引越し業者の悪口を報告していると言う事では無く、そうやって報告する事でその業者も依頼主が不快に感じていたと言う事に気付いてくれれば、いままでよりサービスの向上につながるはずです。
そのためにも、そう言った口コミ情報を収集している一括見積もり業者へ報告しておきましょう。

一括見積もり業者は「満足度」や「業者の印象」をランキングしている

一括見積もり業者は各引越し業者の口コミ情報を収集して、「満足度」や「業者の印象」をランキングにして公表しています。
それらの口コミ情報は、実際にその業者を利用した人の生の声なので、どんな業者なのか不安に感じている人はとても参考になる貴重な情報です。
皆さんも気になる業者があれば、これら一括見積もり業者の各引越し業者への口コミ情報を参考にしてみましょう。

引越しのプランを利用しよう

それぞれの引越し業者では、利用者の用途に応じてお得な料金で利用出来る様々なサービスを提供してくれています。
事前にこれらのプランを知っていると、自分の引越しの条件と一致していれば、よりお得に引越しをすることができるので、覚えておきましょう。

単身用パック、プラン

単身パックとは、高さが170㎝、横幅が110㎝、奥行きが100程の滑車月のコンテナボックスに荷物を積んで輸送する引越しサービスのことで、一般の料金よりも格安で利用出来ます。
単身パックという名称は日本通運が使用していて、クロネコヤマトの場合には単身引越サービスパックと呼ばれていて、多くの引越し業者に採用されているサービスの1つです。
また単身プランとは、コンテナボックスに荷物が積みきれなかった人を対象として荷物を運搬するサービスのことです。
荷物の量に応じて軽トラックや計ワゴン、または1.5tトラックなどを利用して、荷物の運送を行います。
どちらも通常料金よりも格安で利用出来るというメリットがあります。

混載便

混載便とは、配送センターなどで同じ方面に対して荷物を纏めてトラックやコンテナなどに詰め替えて運搬するシステムのことで、1件当たりの輸送費用を抑える事が出来ます。
特に大型の荷物を長距離で、移動しなければならないときなどは大変割安になるので、出来るだけ費用を節約したい人にはおすすめの方法です。
ただし混載便の場合は、同じへ方面に運搬するコンテナやトラックが一杯にならないと配送されないために、運搬に時間がかかる場合があると言う事を覚えておきましょう。

引越しの長距離の混載便とは?デメリットは何がある?

立ち寄りプラン

立ち寄りプランは、引越しの旧居と新居とは全く別の場所に立ち寄って荷物の積み下ろしを行うプランのことを言います。
通常では2つの場所から引越しをするときには、それぞれの場所に作業を依頼する必要があるために、別々の作業員とトラックが必要なので、2回分の料金が掛かってしまいます。
そんな時にこの立ち寄りプランを利用すると、途中で必要な荷物を積んでいけるために、別々の作業員やトラックを準備する必要はないために、料金を節約する事が出来ます。
結婚や同棲などで、別々の場所から新居へ荷物を運ぶときなどや、実家に預けている家具などを積んで生きたいときなど、活用すればとても便利なプランです。

荷物の一時預かりサービス

引越しで旧居から荷物は早く運びたいけど、契約の関係などでまだ新居に荷物が入れられないと言った場合に便利なのが、荷物の一時預かりサービスです。
遠方からの引越しのために移動時間が必要だったり、単身赴任先の新居がまだ決まっていないなど、様々な理由で荷物を一時的に預かってほしいと思っている人はたくさんいます。
そんな時に便利なのが、一時で荷倉庫やトランクルームで荷物を預かってくれるサービスがあるので、皆さんも活用してみてはいかかでしょうか。

引越しでトランクルームを利用する方法とは?料金の相場はいくらくらいなの?

さいごに

「引越しはネット見積もりで安くなる?見積もりの流れも大公開」についてご紹介してきましたがいかがだったでしょうか。
引越しのネット見積もりは、通常の引越し業者に対して依頼するよりも、かなり引越しの費用を抑えることが出来る方法です。
皆さんもぜひ引越しのネット見積もりを活用して、引越し費用を節約してみましょう。

関連記事になります。合わせてご覧ください。

引越し費用の相見積もりの方法や流れはどうしたらいい?おすすめのサイトはある?

引っ越し業者はどこがいい?安い業者の探し方や方法を解説

あなたも引越し料金で損してるかも?

引越しの料金を安くするコツは一括での無料見積もりになります。約1分間であなたにあった最安値の業者を調べることが可能です。

実際に調べると95000円の業者と52000円の業者がありました。

実に43000円もお得に引越しができたんです。

しかも今なら期間限定で最大10万円のキャッシュバックもありお得です。

一括見積りを試すならCMでもおなじみの引っ越し侍がおすすめです。

>>>自分に合った格安の引越し業者を試しに見てみる(無料)<<<




よく読まれている記事一覧

引っ越し 1

忙しい人用にランキングを先に掲載します。 1位 >>>引越し侍<<< 2位 >>>LIFULL 引越し<<< 3位 >>>ズバット引越し比較<<< 4位 >>>引越し価格ガイド<<< 5位 >>>引越 ...

7月の引っ越し費用の相場は?料金が安いのはいつくらい? 2

「7月に引っ越す予定だけど、この時期は引っ越し費用は高いの?安いの?」 「7月に引っ越しするけど、どの時期に引っ越すと安いの?」 そういう疑問はありませんか? 7月の引っ越しで影響が出てくるのは梅雨と ...

6月の引越し費用の相場は?料金が安いのはいつくらい? 3

「6月に引越し予定だけど、費用ってどのくらいなの?」 「結婚をしたのでこれから新居に引っ越すんだけど、6月の費用の相場はどうなの?」 あなたはその様なことを思っていませんか? 春の引越し繁忙期も終わり ...

-引越しの費用
-, , ,

Copyright© 引越しの手続きチェックリスト一覧まとめ|引越し手続きナビ , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.