引越し一括見積もりの業者

引っ越しの見積もりの断り方ってどうしたらいいの?

更新日:

引っ越し

「引っ越しの見積もりが断りづらいんだけど、何て言えばいいの?」

「引っ越しの見積もりを断る時ってどうしたらいいの?」

その様な悩みはありませんか?

引っ越し業者に訪問見積もりを依頼する、依頼していた訪問見積もりをキャンセルする、見積もりを出してもらったけどキャンセルするなど、訪問見積もりに関する連絡には細心の注意が必要です。
基本的には業者の迷惑をかけないような連絡の取り方がベストですが、どの様にしたらいいのでしょうか?
今回は具体的な方法を解説したいと思います。
これを知れば、引っ越しの見積もりも心配ありません。

あなたも引越し料金で損してるかも?

引越しの料金を安くするコツは一括での無料見積もりになります。約1分間であなたにあった最安値の業者を調べることが可能です。

実際に調べると95000円の業者と52000円の業者がありました。

実に43000円もお得に引越しができたんです。

しかも今なら期間限定で最大10万円のキャッシュバックもありお得です。

一括見積りを試すならCMでもおなじみの引っ越し侍がおすすめです。

>>>自分に合った格安の引越し業者を試しに見てみる(無料)<<<




引っ越し業者の選定には訪問見積もりが必要

すべての引っ越し業者に訪問見積もりを依頼することは不可能です。
とはいえ、訪問見積もりを1社に限定するのも問題が。
実際に荷物や物件の状況、さらに物件周辺の状況を確認せずに正確な見積もりを出せる業者はいません。
つまり、訪問見積もりを1社に絞るということは、他社との比較検討ができないということであり、できるだけ安く引越しをすることを否定することにもなります。
できれば複数社、少なくとも2~3社に訪問見積もりをしてもらい、正確な見積もり金額を提示してもらった上で、業者を決定することをおすすめします。

参照:引越しの見積もりは何社くらい頼めばいい?一社じゃダメなの?

訪問見積もりはどうやって決まるの?

訪問見積もりが決まるタイミングは、基本的にその引っ越し業者に最初に連絡をしたときということになります。
引っ越しの予定があり、引っ越し業者に問い合わせると、業者の方から訪問見積もりに伺いたいという話になります。
そこで依頼した側の都合のいい日時を指定し訪問してもらうという形が一般的です。
訪問見積もりは業者の「サービス」の一環ですから、料金が発生したり、契約が発生するようなものではありません。

訪問見積もりを依頼した後にキャンセルをする場合はどうすれば?

引っ越し

基本的に上記のような流れで訪問見積もりに至りますので、キャンセルをするのは依頼者の都合でしかありません。
依頼しておきながらキャンセルするのですから、それなりに丁寧に謝辞とともに伝えるのが基本となります。
では、訪問見積もりをキャンセル時の方法を考えてみましょう。

他社の名前を出すのはNG

例えば訪問見積もりを2社にお願いしていて、先に訪問した業者に決めてしまった場合、2社目には訪問見積もりをしてもらう必要がなくなります。
こういった理由でキャンセルする場合も、「〇〇社さんに決めたので訪問見積もりは不要になりました」と伝えるのはNG。
こう言われて引き下がるような営業マンはまずいません。
「見積金額だけでも聞いてほしい」ですとか、「一度お会いしてサービスを説明したい」など、どうにか訪問をしようとしつこく営業してくるでしょう。
とはいえこれ、営業マンに問題があるわけではありません。
そもそも一度は訪問見積もりを依頼しておきながら、直前になってキャンセル、しかも理由が他社に決めたでは、営業マンとしては納得がいかないのは当然のことです。
せめて同じ土俵に立って、比較の上負けるのであれば仕方ありませんが、同じ土俵にも載せないと言っているのと同じですから、これは道理が通りません。
こういった場合は、ほかの理由をつけて断るのが最低限の礼儀です。
例えば「引っ越しが中止になった」とか、「会社の指定する業者でないと会社から費用が出ない」とか、仕方なくキャンセルになったと伝えるのがベストです。
ちなみに「引っ越しが延期になった」はオススメしません。
延期というとしばらく営業電話が鳴り続けますので、その対応が大変です。

訪問見積もりで気を付けるポイントは?

引越し

訪問見積もりを依頼するにあたって、気を付けたいポイントがいくつかあります。
まず同じ日時に複数の業者を呼ばないことです。
引っ越しの訪問見積もりには立ち合いが必要なため、複数の業者に依頼すると、それだけ時間をとられることになります。
だからといって複数の業者を同時に呼ぶと、後から来た業者は先にいる業者が終わるまで外で待機をすることに。
そして前の業者が終わり次第入れ替わりで入ってきます。
これは引っ越し業界のお約束で、他業者の見積もりを邪魔してはいけないという不文律があります。
ですから複数社の見積もりを1日で終わらせる場合、十分時間を空けて予約するようにしましょう。

訪問見積もりで一通りチェックが終了すると、即日その場で見積もりが提示されます。
この時、見積金額を提示する前に、営業マンが自社の引っ越しサービスについての説明をするのが通常の流れとなります。
正直この説明は飛ばして、見積金額を聞きたいところですが、このサービスの説明も営業マンにとっては大事なセールストークです。
きっちり話を聞いて、分からないところは質問をして「この業者に頼むとこんなサービスがある」ということを理解しておきましょう。

一通りの説明が終了したら見積金額が提示されます。
ここで注意したいのが、その場で契約をしないこと。
特に他の業者にも訪問見積もりをしているのであればなおさらです。
見積もり金額はいったん預かって、後日返答をさせていただきますという形でその日は終わりにしましょう。
営業マンは「今即決であれば〇〇円お値引きします」などと言うかと思いますが、よほどのことがない限り即決はオススメしません。
できるだけ複数社から相見積もりを取ることにしてください。

それでも即決してしまったら?

他の業者の訪問見積もりを待たずして、その業者に決めたくなった場合は、ほかの業者の訪問見積もりをキャンセルする必要があります。
この場合は、決めた業者の営業マンに、「他の業者さんにも訪問見積もりを依頼しているのですが、それを断っていただけるのであれば契約します」と言ってみてください。
ほとんどの営業マンはそれで了承し、その場で他社からの訪問見積もりをキャンセルしてくれます。
これは特に訪問見積もりのキャンセルをするのが苦手という方にはオススメの方法。
同じ営業マンですから、後に営業電話がかかってくるような下手な断り方はしませんので安心です。

訪問見積もり後のキャンセル方法

引っ越し

複数社から訪問見積もりを受け、提示された見積金額から1社に決めたら、他の業者にはキャンセルの連絡をする必要があります。
このキャンセルの方法について考えてみましょう。

メールによる連絡方法

実際に営業マンと会うことも話すこともなくキャンセルする方法としてはメールの利用があります。
ただしメールでキャンセルした場合は、メールを見た営業マンが連絡をしてくる可能性が否定できません。
メールでキャンセルしたとしても、実際には電話できっちりキャンセルの意を伝える心の準備は必要かもしれません。
文面はストレートで問題ありませんが、謝辞を盛り込むことを忘れずに作文してください。

<キャンセルメールの例>

〇〇引越社 ▲▲様

前略

引っ越しの見積もりを依頼した◇◇と申します。
先日は訪問見積もりありがとうございました。
引っ越しの件ですが、会社の事情で急遽中止となってしまいました。
大変恐縮ではございますが、お見積りいただいた件に関してはキャンセルという形でお願いいたします。
また、引っ越しの機会がございましたら、ご相談させていただきますのでよろしくお願い申し上げます。

草々

メールで伝える際のポイント

メールで伝える場合も、キャンセルの理由に他社の名前や、サービスや料金の問題を盛り込まないほうがいいでしょう。
そういったことを理由にすると間違いなく営業電話がかかってきて、さらなる値引きやサービスの提供を申し出てくることになります。
引っ越しが中止になったというのが一番当たり障りのない理由といえます。

電話で伝える場合

電話でキャンセルを伝える場合は2パターン方法が考えられます。
まずは絶対キャンセルをする場合。
この場合は、営業マンに直接連絡をするのではなく、その業者の代表電話に電話してみましょう。
そして電話に出た電話応対担当者に、「引っ越しはキャンセルでお願いします」と伝えると、機械的に処理してくれることがあります。
もちろんこの場合は、会社の営業時間内(一般的に10:00~17:00)にかけるようにしましょう。
営業時間外にかけると、営業部に繋げられ、直接営業マンに伝える形になってしまいます。
営業マンと話すと、何とか契約を取ろうと、必死になりますので電話が長くなりキャンセルしづらくなります。

ただしこれは「必ず断るキャンセル」の場合。
もし、返答次第ではキャンセルしない場合は、営業マンに直接電話をしましょう。
この場合は、きっちり他社のサービスや料金を伝え、そちらにお願いしようと考えていると伝えてみてください。
その業者が対応できない範囲の値引き幅であれば納得してキャンセルを受け付けてくれます。
もし対応できる範囲であれば、さらなる値引きも期待できます。

引っ越しの見積もりキャンセルに関して

引っ越し費用を抑えるためには、やはり複数社から見積もりを取り、相見積もりを取ることがもっとも効果的な方法です。
もっとも効果的な方法であるのと同時に、キャンセルをする場合には筋を通す必要がある方法でもあります。
費用を安く抑えるためとはいえ、訪問見積もりを依頼した以上、営業マンの予定や時間を抑えたことになります。
抑えた以上はそれなりに誠意をもってお断りすることが人としてのマナーでしょう。
できればメールだけではなく、電話で断るのが筋かと思います。
わざわざ訪問して見積もりを出していただいたことに感謝し、今回は縁がなかったということで誠心誠意お断りをするのがベストでしょう。
そんな思いを持って断れば、相手にも思いは伝わるでしょう。

参照:引越しの見積もり交渉の時に安くするコツって何かある?

参照:引越し費用の値引き交渉は可能なの?値切り方はどうするの?

あなたも引越し料金で損してるかも?

引越しの料金を安くするコツは一括での無料見積もりになります。約1分間であなたにあった最安値の業者を調べることが可能です。

実際に調べると95000円の業者と52000円の業者がありました。

実に43000円もお得に引越しができたんです。

しかも今なら期間限定で最大10万円のキャッシュバックもありお得です。

一括見積りを試すならCMでもおなじみの引っ越し侍がおすすめです。

>>>自分に合った格安の引越し業者を試しに見てみる(無料)<<<




よく読まれている記事一覧

引っ越し 1

忙しい人用にランキングを先に掲載します。 1位 >>>引越し侍<<< 2位 >>>LIFULL 引越し<<< 3位 >>>ズバット引越し比較<<< 4位 >>>引越し価格ガイド<<< 5位 >>>引越 ...

7月の引っ越し費用の相場は?料金が安いのはいつくらい? 2

「7月に引っ越す予定だけど、この時期は引っ越し費用は高いの?安いの?」 「7月に引っ越しするけど、どの時期に引っ越すと安いの?」 そういう疑問はありませんか? 7月の引っ越しで影響が出てくるのは梅雨と ...

6月の引越し費用の相場は?料金が安いのはいつくらい? 3

「6月に引越し予定だけど、費用ってどのくらいなの?」 「結婚をしたのでこれから新居に引っ越すんだけど、6月の費用の相場はどうなの?」 あなたはその様なことを思っていませんか? 春の引越し繁忙期も終わり ...

-引越し一括見積もりの業者
-, ,

Copyright© 引越しの手続きチェックリスト一覧まとめ|引越し手続きナビ , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.