引越し一括見積もりの業者

引越しの見積もりは何社くらい頼めばいい?一社じゃダメなの?

更新日:

引越し

「引越しの見積もりって何社頼めばいいんだろう…」

「何社も引越しを頼む理由ってなんなの?」

「引越しの見積もりを頼むのがめんどくさい…」

なんてあなたは思っていませんか?

引越しをするのは、実際には一社のみなります。
それなら見積もりは一社のみで十分かというと実はそうではないんです・
複数の業者に見積もりを取ることのメリットがあります。

「その一つに引越しの費用を安くすることができる可能性がある」

ということがあります。
そのことについて解説します。

あなたも引越し料金で損してるかも?

引越しの料金を安くするコツは一括での無料見積もりになります。

1分間程度で30社の中からあなたにあった最安値の業者を調べることが可能です。

実際に調べると95000円の業者と52000円の業者がありました。

実に43000円もお得に引越しができたんです。

一括見積りを試すならリクルートでもおなじみのSUUMOがおすすめです。

SUUMOなら電話登録が任意なので電話がかかってくる心配がないのも便利です。

>>>自分に合った格安の引越し業者をSUUMOで試しに見てみる(無料)<<<




引越し料金のカラクリ

そもそも引越し料金はどのようにして決まるのでしょう?
何か決まりみたいなものがあるのでしょうか?
一応引越し料金にも基準は存在します。
それが「標準引越運送約款」という国土交通省が決めている約款です。
この約款にはトラックを貸切る場合の引越し料金の基本が定められています。

引越し運送約款

ご覧いただいた通り、100km未満の引越しに関しては時間で基本料金が定められており、100kmを超えると距離で基本料金が決まる形になっています。
また、各業者ともに、この基本料金の10%の範囲内で、自社の基本料金を定めることが認められています。
とはいえこれは基本料金のお話。
引越しの料金はこの基本料金に何がプラスされるのかで変わってきます。

引越し料金に加わるもの

引越し料金はこの基本料金に、人件費やオプション料金などが加えられて総額となります。
また、ガソリン代や高速道路の利用料金などの実費もここに加算されます。
基本料金+人件費+オプション料金+実費が引越し料金の基本形と考えていいでしょう。
この中で各社が見積もりを出すわけですが、基本料金の部分は大きな差は出ないはず。
つまり人件費や実費、そしてオプション料金の部分に値引き交渉のポイントがあることが分かります。

引越し業者によって見積もりは大きく変わる

お金

引越しの料金に関しては、扱う業者によって大きく料金が変わってきます。
その理由は上の基本料金にあります。
基本料金に含まれるのは、車のサイズと移動距離(もしくは作業時間)のみ。
その他の細かい料金設定に関しては、引越し業者によって自由に設定できるところがポイントとなります。
例えば冷蔵庫を運搬するにも、サイズによって追加料金を設定したり、自転車1台でプラスの料金を発生させたりと、運ぶ荷物に料金を設定することもできます。
どこにどれだけのオプション費用をつけるか?
これが業者ごとに細かく違うので、見積もり料金に差が出る結果となります。
また、その業者の得意な分野によっても料金に差が出ます。
例えば近距離引越しに強い業者は、自分のテリトリーである地域内の引越しでは料金も安く、手際も良かったりしますが、テリトリーを超える長距離の引越しには圧倒的に弱くなったりします。
これは単純に人員不足が原因だったり、見積もりの依頼をもらったものの受けたくないからわざと高い見積もりを出していたりと、その業者の事情により高額な見積もりが出されるわけです。
とはいえ、どの業者がどんな引越しを得意としているかなんてことは、一般にはあまり知られていません。
どうすればいいでしょう?

複数社から見積もりを取るメリットとデメリット

そこで複数社から見積もりを取ることが勧められることになります。
確かに同じ条件で、気になる複数の業者に見積もりを依頼すれば、あなたの引越しの相場も見えてきますし、値引き交渉の材料にもなります。
メリットはまさにそこで、自身の引越しの相場を知り、そして値引き交渉の素材を入手できるのがポイント。
確実に適正価格かそれ以下の料金で引っ越しをるすことができます。

参照:引越しの見積もり交渉の時に安くするコツって何かある?

参照:引越し費用の値引き交渉は可能なの?値切り方はどうするの?

ではデメリットは?
もうこれは単純に面倒くさいということに集約されます。
引越し料金の見積もりを出すには、まず電話帳やネットなどで引越し業者を探し、その業者に連絡をして「訪問見積もり」の依頼をします。
もちろん訪問見積もりナシでも見積もりは出ますが、その場合は細かく荷物の量や家電製品、家具のサイズ、材質、型番などを細かく伝える必要があり、それも手間と言えば手間になります。
さらに、訪問見積もりナシだと、どれだけ細かく伝えても、正確な見積もりが出る可能性は低く、引越し当日に意外な追加料金を請求されたり、そもそも見積もりの時点で高めの見積もりを出されたりします。
正確な見積もりを出してもらうには、やはり訪問見積もりが必要ということになります。

参照:訪問なしで引越しの見積もりを取ることはできるの?

訪問見積もりの依頼をしたら、約束の日に立ち会い、荷物の説明などを行います。
さらにその場で引越し業者のサービスに関する説明なども聞き、その場で契約を迫る営業担当者の相手をする必要があります。
複数社の見積もりを取るということは、これを複数回繰り返すことになります。
ただでさえ忙しい引越し前に、これだけの手間をかけるのはなかなかな作業です。
この手間が最大のデメリットです。

手間を省いてメリットを手にするには?

電話

ではこのデメリットをできるだけ避けつつ、メリットを享受するにはどうするのがベストでしょう?
デメリットは「手間」ですから、手間をかけずに複数社から見積もりが取れればいいということになります。
手間なく複数社から見積もりを取るには、やはり「引越し料金一括見積もりサイト(無料)」の利用がベストと言えます。
理由は問題の「手間」を取り除くことができるから。
まず、いちいち引越し業者を探す必要はなくなります。
一括見積もりサイトには元々多数の業者が登録されているため、その中から気になる業者を選択するだけ。
さらに申し込んだことで、複数社からの見積もりが届きます。
もちろんこれが概算の見積もりですが、それでも大まかに業者を絞り込む手掛かりになります。
この概算見積もりから、数社に絞り込み、絞り込んだ業者に訪問見積もりを依頼。
訪問見積もりで正確な見積もりが出たら、その中からもっとも希望に合う業者を選べばOK。
もっとも希望に合った、安い業者を見つけるには、やはり複数社の見積もりを入手するのが肝心です。
その手間を大幅に省くには、「引越し料金一括見積もりサイト(無料)」を利用するのがベストの手段でしょう。
複数の引っ越し業者に見積もりを取ってお得に引っ越しをしましょうね。
テレビCMでもおなじみの引越し一括見積もりのサイトはこちらになります。
約1分程度で最大10社まで見積もりを取ることができます。
もちろん利用料は無料で、見積もりをしたからといって引越しの予約をしなければいけないわけでもありません。
引越しをする、しないは別にして一度は利用しておいた方がいいでしょう。
詳しくはこちらをご覧ください。
テレビCMでもおなじみの引越し料金一括見積もりサイトを試しに見てみる(無料)

参照:失敗しない引っ越し業者の決め方とは?決める際のポイントを解説

あなたも引越し料金で損してるかも?

引越しの料金を安くするコツは一括での無料見積もりになります。

1分間程度で30社の中からあなたにあった最安値の業者を調べることが可能です。

実際に調べると95000円の業者と52000円の業者がありました。

実に43000円もお得に引越しができたんです。

一括見積りを試すならリクルートでもおなじみのSUUMOがおすすめです。

SUUMOなら電話登録が任意なので電話がかかってくる心配がないのも便利です。

>>>自分に合った格安の引越し業者をSUUMOで試しに見てみる(無料)<<<




よく読まれている記事一覧

引っ越し 1

忙しい人用にランキングを先に掲載します。 1位 >>>引越し侍<<< 2位 >>>LIFULL 引越し<<< 3位 >>>ズバット引越し比較<<< 4位 >>>引越し価格ガイド<<< 5位 >>>引越 ...

11月の引越し費用の相場は? 料金が安いのはいつくらい? 2

「11月に引越ししようと思うんだけど時期的に費用は高いの?安いの?」 「11月の引越しで費用を安くするコツはある?」 なんてあなたは思っていませんか? 10月は3月ほどではないですが、引っ越しシーズン ...

12月の引っ越し費用の相場は? この時期の料金は高い?安い? 3

「12月に引っ越し予定だけど費用の相場はどうなの?」 「年末だし引っ越しの費用は高いんだよね?安いタイミングはある?」 なんて疑問はありませんか? 年度末、クリスマスやお正月に向けて何かとあわただしい ...

-引越し一括見積もりの業者
-, , ,

Copyright© 引越しの手続きチェックリスト一覧まとめ|引越し手続きナビ , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.