引越しの知識

引越しでトランクルームを利用する方法とは?料金の相場はいくらくらいなの?

投稿日:

引っ越しとトランクルーム

「新居が今の住居より狭く、一時的にトランクルームを利用したい」

「自宅を建て替える間、借り住まいに入りきらない荷物を一時的に預けたい」

「引越し先の収納が少ないので、あまり使わないものをトランクルームに預けたい」

などなど、引越しを機に自分の持っている荷物を整理しようと考える人は少なくありません。
多くの人は持っている荷物を断捨離、つまり処分することで整理整頓をしようとしますが、何でもかんでも捨てられるものでもありません。
そこで自宅以外の場所で保管をするという方法を選択することも。
そんな時に便利なのがトランクルーム。
しかし、このトランクルームも多くの業者があり、どの業者を選べばいいのか、そもそもトランクルームとは何かといったことを知らない方も多いかと思います。
そこでここでは、トランクルームの一般的な利用方法などを徹底調査。
さらに引越しの時にオススメのトランクルーム業者も紹介します。

 
損してる?格安の引越し業者を見つけよう
複数の引越し業者に見積もりを取ることで最大50%も安い業者を見つけることができます

利用料は無料で1分程度で見つけることができます。

今なら期間限定で最大10万円のキャッシュバックもありお得になっています。

詳しくはこちら。
自分に合った格安の引越し業者を見つけるならこちら(無料)


トランクルームとは?

一般的なトランクルームとは、JR貨物のコンテナや、ビル内部の定められた空間内に荷物を預け入れるサービスになります。
簡単に言えば倉庫をレンタルするということになり、その荷物の保管料金や管理費用を毎月支払うことになります。

屋内型と屋外型のメリットとデメリット

引っ越しとトランクルームトランクルームは大きく分けて2種類あり、ビルやマンションのワンフロアなどを仕切った屋内型と、大きな時にコンテナを並べた屋外型があります。
屋内型のメリットは都市部にも置かれているので、大都市に住んでいる人も利用しやすいということが挙げられます。
また、屋内ですので空調や湿度のコントロールがしやすく、精密機器や絵画のように温度、湿度に敏感な物も預けられることも大きなメリットでしょう。
デメリットは、多くの屋内型施設はビルやマンションの中に設置されているケースがほとんどなので、大型の家電製品や家具、また自転車やバイクといった荷物を預けることができません。
屋外型のメリットは、大型のコンテナを利用しているケースが多く、大型の家具やバイクなど、大型の荷物を預けられるというポイントが挙げられます。
また、ビルやマンションの場合、賃料がかかるケースもありますが、屋外型の場合は賃料がないことが多く、あっても都市部のビルやマンションの賃料に比べると安く済むという利点もあります。
デメリットは、まず都市部には屋外型が少ないため、都市部に住んでいる人は荷物の出し入れに手間と時間がかかるということが挙げられます。
また、コンテナに空調や湿度管理の装置が設置していないトランクルームもあります。
こういったトランクルームの場合、湿度や温度に敏感な荷物は傷んでしまったり、故障の原因になったりもします。
お住まいの地域や、預けるものの内容により、ベストなトランクルームを選ぶようにしましょう。

トランクルームを利用するメリットとデメリット

トランクルームを利用するメリットとデメリットを見ておきましょう。
一般的なトランクルームは一定期間預けることを想定して営業しています。
そのため多くのトランクルームは半年契約や1年契約など、ある程度の期間荷物を預ける条件での契約となります。
例えば数日や数週間程度の短期間利用が中心となる引越し時の利用としてはデメリットといえるかもしれません。
もちろんメリットもあります。
まずは家財道具や荷物などを無理に処分する必要がなくなるということ。
何らかの事情で、一時的に荷物が新居に入りきらない場合や、自宅のリフォームなどで一部の家財道具を保管しておくことができます。
トランクルームを利用しない限り、置いておけない家財道具は処分するしかなくりますので、これは大きなメリットといえるでしょう。

トランクルームの上手な利用方法

これらの特徴を知ったうえで、トランクルームの上手な利用方法を考えてみましょう。
まずは、トランクルームの広さです。
トランクルームの広さは、業者ごとに様々な設定があります。
段ボール箱6個程度の小さなボックスから、6畳ほどの広さがあるコンテナまで大きさは様々。
まずは預ける荷物の量を目算し、どの程度の広さなら入りきるか? を知っておくことが重要です。
大きなサイズのトランクルームは当然それだけ料金も高くなります。
余計な費用をかけないよう、ジャストサイズのルームを借りるようにしましょう。
続いて預ける荷物の選別です。
トランクルームに預けた荷物は、基本的に出し入れ自由ではありますが、その出し入れは自分で行うことになります。
その手間を考えると、やはりあまり出し入れの必要のない荷物を厳選するようにしましょう。

トランクルームの利用手順

引っ越しでは、トランクルームを利用する手順を確認しておきましょう。
ここで紹介する手順は、あくまでも一般的な業者の手順。
業者によって手順や準備するもの、そして初期費用なども変わることがありますので、詳細は各業者のHPなどで確認しましょう。

必要な書類

トランクルームの契約には、本人確認書類が必要な場合がほとんどです。
運転免許証、パスポート、住民票などの写しを用意しておきましょう。
また、料金の支払い方法が口座引き落としの場合、銀行届印が必要になります。
あとは非常時の連絡先などがあれば契約できます。

初期費用

初期費用も業者によっていろいろです。
一般的なケースを見ておきましょう。

保管料

保管料に関しては、当月分の日割り費用に加え、翌月の使用料金1か月分を支払う形になります。
月の真ん中から利用するのであれば、保管料の1.5か月分を先に収める形になります。
不動産の賃貸契約で言うところの「前家賃」のようなイメージでしょう。

管理費

毎月管理費が必要な業者の場合、管理費に関しても当月の日割り分と、翌月分を支払う形になります。
管理費に関しては、取る業者、取らない業者、保管料と一緒にしている業者などがありますので、事前に確認しておきましょう。

事務手数料

事務手数料も必要な業者と不要な業者があります。
また、必要な業者でも設定している費用はいろいろです。
トランクルームのサイズに関わらず2,000~3,000円としている業者から、保管料の一ヶ月分という業者もあります。

保証金

保証金とは、利用中支払いが滞った時など、その支払いに充填されるもので、解約時には返金される費用。
こちらも保証金無料の業者から、保管料3ヶ月分の業者までいろいろなケースがあります。

保険料

借りているトランクルームに掛けている火災保険の支払いに利用されます。
業者によって保管料や管理費に含めている場合もありますが、契約時に支払う必要がある業者もあります。
保険料の相場は、預けるトランクルームの立地やサイズによってバラバラですので、契約前伊確認しておくといいでしょう。

カギ代

多くのレンタルルームは24時間事由に出し入れ可能になっています。
そのため専用のカードキーなどが必要となり、そのカギの作成料がかかります。
おおよそ3,000円前後と覚えておけばいいでしょう。

契約方法

契約方法は複数用意している業者がほとんどです。
業者のHPから申し込めるWeb申し込みや、窓口に出向いて契約するケース、また郵送で対応してくれる業者もあります。

利用までの流れ

トランクルームの場所を確認し、その場所でレンタルしたいトランクのサイズや、期間などを決めます。
ここで業者に申し込み、必要書類を提出。
あとは初期費用を支払って契約が完了すると、トランクルームのカギを渡されます。
渡されたカギを持ってレンタルしたトランクルームに荷物を持って行き、積み込んで利用開始となります。

引越しでオススメのトランクルーム業者3選

それではここからオススメのトランクルーム業者をご紹介しましょう。
それぞれ特徴的なサービスを行っている業者で、いろいろな引越しのケースで利用できる業者になっています。

第1位 キュラーズ

キュラーズキュラーズは都市部を中心に屋内型のトランクルームを展開している業者です。
この業者の最大の特徴は、「最短1ヶ月の短期契約から可能」ということ。
長期出張で数か月間、別の地方の社員寮に入った後次の赴任地が決まるといったケースなど、数か月間家財道具を預かってもらいたい引越しなど、ちょっと預けておきたい場合に便利な業者といえます。
また、他にも注目ポイントはいろいろあります。
そんなポイントを一つずつ見ていきましょう。

サービスを展開している地域

キュラーズは東京23区、東京都下、神奈川県(横浜市・川崎市・厚木市)、千葉県、新潟県、札幌市、名古屋市、大阪市、広島市、福岡県(福岡市・北九州市)の9都道府県でサービスを展開しています。

すべて自社ビルの屋内型

多くの屋内型のトランクルームが、ビルやマンションと賃貸契約してトランクルームのサービスを展開しています。
そのため保管料に賃貸費用が上乗せされることがあり、それだけ保管料が高額になります。
しかしキュラーズはすべて自社ビルのため、余計な賃料がかからずその分保管料も安くなります。

初期費用はカギの費用のみ

キュラーズの特徴の一つに「初期費用無料」ということが挙げられます。
これは契約時に支払う保険料、管理費(毎月の管理費も無料)、保証金、保険料(保険料はキュラーズが負担)、事務手数料のすべてが無料。
契約時に必要なのはセキュリティカード代の2,300円のみとなっています。

多彩なサイズ設定

キュラーズのトランクルームは大型のロッカーサイズBOXタイプから、5畳を超える大きな部屋までいろいろなサイズが用意されています。
もちろん費用もサイズ次第ですので、ご自身にあったサイズをレンタルしましょう。

全店舗にスタッフが常駐

キュラーズのトランクルームはすべて自社ビルで、さらにすべての店舗にスタッフが常駐しています。
セキュリティ面でも大きなプラスがありますが、さらに申し込みの段階でもプラス面が。
キュラーズはWebからも申し込み可能ですが、やはり現地を確認してから契約したいという方も多いはず。
そんな方は一度現地を確認し、気に入ったらその場で即契約ができます。
これも全店舗にスタッフが常駐しているメリットといえます。

安全で快適な空間

キュラーズは全店舗屋内型で、すべて自社ビルのため空調や湿度管理も万全です。
さらに警備会社であるALSOKと業務提携しており、何かあった場合はすぐに駆け付けてくれるので、安心して荷物を預けることができます。

キュラーズを詳しく見てみるならこちらをどうぞ。

キュラーズを試しに見てみる



第2位 ハローストレージ

ハローストレージハローストレージは全国展開を行うトランクルーム業者です。
ハローストレージの特徴は、「屋内型と屋外型」の両方を展開しており、屋外型のトランクルームでは、一般的には預けることができないバイクなどの預かりも受け付けていることでしょう。
契約は1年契約からと長期契約が基本となりますが、引越し先の収納が狭かった場合などで利用できます。
また、自宅を建て替えるのに時間がかかるケースなどに預けておく利用法もあります。

サービスを展開している地域

ハローストレージは全国展開しており、全国39都道府県に店舗を持っています。
もちろん都市部では屋内型、郊外では屋外型を展開しています。

全国で82,000室以上を展開

首都圏を中心に都市部で展開している屋内型のトランクルームと、郊外を中心に展開している屋外型合わせて約82,000室と、業界トップクラスの営業規模ですので、近くの店舗を見つけやすいいという特徴があります。

初期費用について

初期費用に関しては一般的なトランクルーム業者同様と考えていいでしょう。
保管料(使用料)が当月の日割り分と翌月の1ヶ月分、管理費が当月と翌月分の2ヶ月分で4,320円(一律料金)、事務手数料が保管料1ヶ月分、安心保証パックが4畳未満で290円、4畳以上で390円、セキュリティ登録料が1,080円、そしてカギ代が屋内型で2,940円、屋外型で4,320円(カギ代は店舗によって不要な場合アリ)。
仮に屋内型で4畳未満の場合、保管料2ヶ月分と8,630円、これに当月の日割り保管料がかかることになります。

最大8畳サイズまで用意

屋内型はもちろんですが、屋外型ですと丈夫な海上運送用コンテナを利用しており、サイズも0.8畳から最大8畳サイズまで幅広く用意しています。
屋外型のトランクルームでは、バイクの収納も可能。
ただしバイクを預ける場合は、基本的に燃料タンクは空にして預けるようにしましょう。

ハローストレージを詳しく見てみるならこちらをどうぞ。

ハローストレージを試しに見てみる



第3位 エアトランク

エアトランクエアトランクは都心部を中心として屋内型のトランクルーム。
最大の特徴は荷物の出し入れをすべて業者が無料で行ってくれるということ。
利用できるエリアは限定されていますが、手間がかからずしかもオプションサービスが充実していることも特徴として挙げられます。

サービスを展開している地域

サービスは東京都内の一部地域となっており、2018年4月現在で新宿区・千代田区・渋谷区・港区・目黒区・品川区・中央区・江東区となっています。
地域は限られていますが、順次拡大中とのことです。

荷物の運搬はすべて業者にお任せの宅配型

最大の特徴は荷物の運び入れと運び出し。
これをすべて業者が無料サービスで行ってくれます。
つまり利用者は荷物の準備をするだけでOK。
手間がかからないため、女性だけのご家庭や、高齢のご家庭でも気軽に利用できます。

初期費用

エアトランクは初期費用が抑えられるのも大きなメリット。
保証金や保険料、管理費などもすべて無料。
多くのトランクルームで必要になるカギ代に関しても、利用者が出入りすることがないので必要ありません。
必要なのは当月の日割り保管料と翌月の保管料のみ。
また、月々の支払も保管料のみとなっていますので、リーズナブルに利用できます。

預けられる荷物にサイズ制限アリ

エアトランクのデメリットとなるのが、預けられる荷物に大きさの制限があるということ。
大きさの制限は1辺の長さが最大160cm未満で、3辺合計が240cm未満、そして重量が15kg以内であるということ。
この規定から考えると、大型の家電製品や家具、大人用の自転車などは預けることはできません。
ただし荷物の総量に制限はないので、1個当たりの荷物を上記のサイズに抑えれば、何個でも預けることが可能です。

多彩なオプションサービスが人気

この会えトランクをオススメするのはオプションサービスが豊富であることも挙げられます。
そのサービスをいくつかご紹介しましょう。
まずは「不用品処分サービス」。
預けていた荷物の中で不要な物で出た場合、エアトランクが提携の買取業者に連絡。
買取り料金、もしくは処分料金に納得できた場合、そのまま処分を依頼すれば、面倒な手続きを省いて、トランクルームから直接処分できます。
「クリーニングサービス」も好評なサービスのひとつ。
預けている荷物の中に衣類がある場合、希望すればクリーニングを済ませた上で自宅に届けてくれます。
「全国配送サービス」は預けている荷物を全国どこでも発送してくれるサービスです。
預けている荷物を地方の親戚に譲りたい場合などに利用できます。
当然配送費用は必要になりますが、面倒な問い合わせや伝票作成の手間が省けます。

ゴルフクラブ管理サービスも好評

エアトランクでは「ゴルフクラブの管理サービス」も好評です。
これはゴルフバッグを毎月1,800円で預けるサービス。
もちろん希望のタイミングで自宅に送ってもらうこともできますし、日時を指定してゴルフ場に送ることも可能。
ゴルフ場でプレイ後は直接トランクルームへ。
ゴルフバッグを預かるだけではなく、破損などがないかの検品や泥汚れなどのふき取りサービスも行ってくれます。
ちなみにバッグとゴルフシューズを一緒に預けて上記の料金になっています。

エアトランクを詳しく見てみるならこちらをどうぞ。

エアトランクを試しに見てみる

トランクルームの更新と解約について

トランクルームは基本的に毎月保管料や管理費を支払う形になりますが、料金の更新も存在します。
更新料は業者次第ですが、保管料の0.5ヶ月分という業者が多いようです。
また解約に関しては業者の指定している締め日に注目しましょう。
例えば月末締めの業者の場合、月頭に解約しても、その月末までの料金がかかる場合もあります。
もちろん業者によっては締め日を持たず、解約した日までの日割り料金というケースもあります。
解約の方法もいろいろありますが、解約前にトランクルームを空にしてから解約の連絡をしましょう。
締め日は月末に設定されていることが多いので、「今年の〇月まで利用する」と決めたら、その前月には解約の旨を連絡し、当月の序盤から荷物を運び出して、月末までには空にするようにしましょう。

トランクルームの費用相場

引っ越しトランクルームにはいろいろなパターンがあり、その費用も様々であることはお分かりいただけたと思います。
ここで、その費用相場をご紹介しますが、トランクルームは立地や広さでかなり費用に差が出てしまいます。
そこで、今回の記事で紹介した3社の、たたみ1畳分の費用相場を、おおよそですがまとめてみました。
同時に上でも触れた特徴も掲載しますので、参考にしてもらえればと思います。

業者名地域使用料相場
(1畳あたり/月)
管理料相場
(1畳あたり/月)
トランクタイプ荷物の取り出し初期費用
キュラーズ
9都道府県9,000~20,000円0円屋内のみ24時間・365日自由自分で運搬日割り保管料+カギ代2,300円
ハローストレージ
39都道府県4,500~18,000円2,160円屋内・屋外24時間・365日自由 ※ 1自分で運搬保管料2ヶ月分+α
エアトランク東京都23区の一部地域14,800円0円屋内のみ配送日を指定して依頼※2業者が運搬保管料1ヶ月分+α

※1 店舗により営業時間のある店舗もあります。
※2 希望日の2日前までに要依頼。水曜日配送定休日

トランクルームの上手な利用方法

引越しのタイミングでどうしても荷物を減らす必要がある場合、何も捨てるだけが選択肢ではありません。
必要なものを厳選したうえで、すぐに使わない荷物をトランクルームに預けるという方法もあります。
例えば、荷物をすべて新居に運ぶと、畳1枚分くらいスペースが足りない場合、もう1畳広い物件を探すか、トランクルームを借りるか、荷物を捨てるかということになります。
しかし、都合よく収納スペースが1畳分だけ広い物件を見つけるのは至難の業。
一般的には1部屋多い物件を探すことになりますが、1部屋広くなれば家賃は20,000~30,000円ほど高くなるのも珍しくありません。
一方、トランクルームを1畳分契約すれば、そこまでの費用はかからないことがほとんど。
これは極端な例かもしれませんが、トランクルームをうまく利用すれば、物件探しの幅も広がり、さらに豊かな毎日が送れるようになるかもしれません。
今、引越しを考えている方には、トランクルームを利用することも念頭において、引越しについて検討することをオススメします。

最後にランキングをご紹介します。

1位

>>>キュラーズ<<<



2位

>>>ハローストレージ<<<



3位

>>>エアトランク<<<

関連記事になります。合わせてご覧ください。

引っ越しの荷物預かりサービスで安い業者はどこなの?比較しました

引越しで荷物の一時保管の料金はどのくらい?無料の業者はあるの?

引っ越しの一括見積りでお得に引越しをする

引越しの料金を安くするコツは一括での無料見積もりになります。約1分間であなたにあった最安値の業者を調べることが可能です。

実際に調べると95000円の業者と52000円の業者がありました。

実に43000円もお得に引越しができたんです。

しかも今なら期間限定で最大10万円のキャッシュバックもありお得です。

一括見積りを試すならCMでもおなじみの引っ越し侍がおすすめです。

>>>自分に合った格安の引越し業者を試しに見てみる(無料)<<<




よく読まれている記事一覧

引っ越し 1

忙しい人用にランキングを先に掲載します。 1位 >>>引越し侍<<< 2位 >>>LIFULL 引越し<<< 3位 >>>ズバット引越し比較<<< 4位 >>>引越し価格ガイド<<< 5位 >>>引越 ...

引越し 2

  「4月に引っ越し予定だけど引っ越し費用の相場はどのくらいなの?」 「4月の引っ越しならどの時期にしたら安くなるの?」 その様なことを思っていませんか? 毎年春は引っ越しの最繁忙期となりま ...

引越し 3

「ゴールデンウィーク中の費用はどのくらい高くなるの?」 「ゴールデンウィーク前と明けではどちらが費用が安い?」 「ゴールデンウィーク近辺だとどの日が一番引越し費用が安くなる?」 「ゴールデンウィーク近 ...

no image 4

  「5月に引っ越しをするんだけど、この時期の費用の相場ってどのくらいなの?」 「安く引っ越しをしたいけど何かおすすめの方法はある?」 あなたは、その様に思っていませんか? 天候も暖かく、ま ...

-引越しの知識
-, , , ,

Copyright© 引越しの手続きチェックリスト一覧まとめ|引越し手続きナビ , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.