引越しの知識

退去日と入居日と引越し日の決め方のコツとは?同じ方がいい?別々がいいの?

更新日:

引っ越し

「家賃の二重払いを抑えるには、退去日と入居日を一緒にすればいいんだよね?」

「退去日と入居日と引越し日をまとめれば面倒なことを一気に済ませるのがベスト?」

「入居日・退去日・引越し日はどの順番で決めればいいの?」

何て疑問はありませんか?

賃貸物件から賃貸物件への引越しで気になるのは、新居と旧居の家賃の二重払いの期間です。
家賃の二重払いはただただ無駄になるだけですので、その期間はできるだけ短いのが望ましいということになります。
その二重払いの期間を決めるのが退去日と入居日ですが、では具体的にどのような順番で決めるのがいいでしょうか。
ベストはすべて同日に行うことなのですが、それが本当に費用を抑えることに繋がるのかを検討してみましょう。

あなたも引越し料金で損してるかも?

引越しの料金を安くするコツは一括での無料見積もりになります。

1分間程度で30社の中からあなたにあった最安値の業者を調べることが可能です。

実際に調べると95000円の業者と52000円の業者がありました。

実に43000円もお得に引越しができたんです。

一括見積りを試すならリクルートでもおなじみのSUUMOがおすすめです。

SUUMOなら電話登録が任意なので電話がかかってくる心配がないのも便利です。

>>>自分に合った格安の引越し業者をSUUMOで試しに見てみる(無料)<<<




まずは退去日の決め方から

現在住んでいる賃貸住宅の退去に関しては、賃貸契約書に記載されているルールに則って行うことが重要です。
一番多いのは退去日から1か月前に退去の旨を大家さん、もしくは管理会社に伝えるというものです。
また退去日に関しては、「申し込んだ日の1ヶ月以上後の希望日」であったり、「申し込んだ日の1ヶ月以上後の月末日」であったりというのが契約書に記載されているはずです。
まずは賃貸契約書を確認しておきましょう。

退去日の決定方法にも注意

退去の申し込みは、基本的には電話でOKの場合が多いかと思います。
ただし契約内容によっては、書面による申し込みとなっており、その書面が大家もしくは管理会社に届いた日から1ヶ月以降となっている場合があります。
このポイントに関しても賃貸契約書を確認する必要がありますが、まずは電話で退去の意思を伝えましょう。

退去日を決めると他も決めやすい

悩む退去日・入居日・引越し日の決定順序ですが、何しろ退去日を決めると残りの2つが決めやすいので、退去日から決めることをオススメします。
これはそれぞれの日程を決める場合の事情を考えると分かりやすいでしょう。

退去日を決める場合の事情

何より賃貸契約書通りというのがすべてですが、一般的には退去日の1ヶ月前までに大家もしくは管理会社に連絡するケースが多くなります。
つまり退去日は決まっても1ヶ月程度は家賃を支払う必要があるということになります。

入居日を決める場合の事情

新居の大家からしてみれば、持っている物件が空室である期間は短ければ短いほどいいわけです。
つまり、入居の審査が完了し、契約をしたらすぐにでも住んでもらい、家賃を支払ってほしいということになります。
こちらは退去日とは反対に、新居が決まったらできるだけ早いタイミングで入居日を決めてほしいと言われるわけです。

こちらの記事も合わせてご覧ください。

賃貸物件の申し込み日と入居日と契約日の違いは何?家賃発生はいつなの?

引越し日を決める場合の事情

引越し日の決定は、日にちの決定が優先というより、「〇月〇日に引越し作業をしてもらえる業者」を探すことがほとんどですから、引越し日を決めるのは最後でいいでしょう。
入居日を決めてからその数日前に引越しできる業者を探すイメージにしましょう。

家賃の二重払いを避けるには?

お金家賃の二重払いを完璧に0にするのはほぼ不可能です。
引越し作業で荷物を運び出す日を旧居の退去日に設定し、その翌日に引越し荷物を新居に運び入れ、その日を入居日に設定すれば不可能ではありません。
ただ、これは非常に現実味の薄い日程といえるでしょう。
引越しが1日で終わらないほどの長距離引越しであればできる可能性はあります。
また、単身者で引越し先が家具家電付きの物件などで、荷物が段ボールだけの場合も何とかなるでしょう。
それ以外の場合、家財道具を持ってどこで一晩を過ごすのか? という問題があります。
また、退去日にはカギの返却や物件の退去チェックの立ち合いが必要ですし、入居日もカギの引き渡しがありますので、日付が変わってすぐに入居できるわけではありません。

詳しくはこちらの記事もご覧ください。

引っ越しで家賃の二重払いにならない方法はある?気をつけることは何?

退去日・引越し日・入居日を同日にすれば二重家賃は1日分ですが…

では、退去日と入居日・引越し日を同日にするのはどうでしょう?
これもよほど近距離の引越しでないと、現実味は薄いといえます。
退去日に引越し作業を行い、荷物の運び出しが終了してから退去の立ち合いチェックを受けます。
その後旧居のカギを返却し、すぐに新居へ。
といっても新居に直接向かえるわけではなく、大家さんや管理会社からカギを受け取ってから新居に向かうことになります。
それから荷物を搬入して引越し終了ですが、これを1日でこなせるかというとまず不可能です。
例えば2人暮らしであれば、旧居担当と新居担当で役割分担をすれば不可能ではありませんが、このようによほど条件がそろわないと難しいと考えていいでしょう。

退去日・入居日・引越し日の理想的な決め方

賃貸物件理想的なスケジューリングを想定してみましょう。
まずは現在住んでいる賃貸物件の賃貸契約書をよく確認し、退去日を決めます。
この時退去日が月末と決められている場合や、家賃の日割り計算は行わず、月割計算、半月割計算のみという物件もありますので、退去日の決定はこれらの条件をよく把握したうえで決めてください。
退去日が決まったら、もしくはメドが立ったら部屋探しを本格化します。
目標としては、退去日の数日前に入居できる物件です。
気に入った部屋があったら、退去日の事情を不動産屋に伝え、退去日の数日前を入居日にできないか交渉しましょう。
入居日が決まったら、最後に退去日の後、入居日の前までの日程で引越し作業を行える引越し業者を探しましょう。

入居日と退去日は分けた方が作業は楽になる

退去日の数日前に入居日を設定するのがベストとした理由は以下の通りです。
退去日の数日前に引越し作業で荷物を運び出しておけば、退去日までの数日間で旧居を掃除することができます。
掃除はその前にすれば…という意見もあるかと思いますが、しっかり掃除をするのであれば、家具も家電もない状態の部屋を掃除した方が効果的です。
また、入居日より後に引越し日を設定しておけば、事前に新居のカギを入手できますし、新居に荷物を運び込む前に一度掃除ができるという利点もあります。
引越しのタイミングは退去や入居にまつわる作業が多数あります。
この作業をある程度余裕を持って行うことが大事。

二重家賃同様「敷金」にも注目

引っ越し二重家賃で損したくないと思っている方には、同時に「敷金」にも気を遣っておきましょう。
二重家賃は旧居の退去日と新居の入居日が重なった日数分、家賃を二重に払うことで一方の家賃を無駄に支払うことです。
仮に旧居、新居ともに家賃が50,000円だとして、二重家賃の日数が3日だとすると、1日あたり5,000円ですから3日で15,000円の無駄ということになります。
一方敷金ですが、家賃50,000円の物件で敷金が2か月分だとすると、預けている敷金は100,000円ということになります。
この敷金ですが、基本的には原状回復費用に充てられる費用です。
もちろん原状回復費用に充当して余った分は返還されることになります。
敷金の返還は退去時の立会検査で決定しますが、そこで重要なのが「きちんと掃除できているかどうか」です。
原状回復に敷金を利用すべきかどうかを決定するのは、立ち会った担当者次第となります。
担当者も人間ですから、きっちり掃除をしてある部屋ならできるだけ敷金を返還してあげようという気持ちになります。
反対に掃除が中途半端な部屋の場合、「この借主は借りた部屋をきれいにして返す気がない。ならばその分敷金から徴収しよう」と判断される傾向にあります。
この印象だけでも戻ってくる敷金の金額は変わります。
引越し作業直後の部屋を見せるより、その後ちゃんと掃除をしてから見せた方が、返ってくる敷金の額は変わります。
やはりある程度日程に余裕を持って、きっちり掃除をしてから立会いをした方がいいでしょう。

最後に

理想的な日付の決定順は「退去日」・「入居日」そして「引越し日」の順になります。
それぞれの決定の方法を見てみると、退去日は賃貸契約書をチェック、入居日は不動産屋や大家と交渉ということになります。
問題は引越し日。
引越し日の決定は、退去日と入居日が決定してから、その重なった期間に引越しできる業者を探す形になります。
引越し業者の選定は、費用やサービス内容など考慮すべきポイントが多数ありますが、この引越し日も大きなポイントのひとつといえます。
これらの条件を、それぞれの引越し業者に問い合わせて確認するのはかなり面倒な作業になります。
そこでオススメしたいのが「引っ越し料金の一括見積もりサイト(無料)」です。
このサイトで荷物の量や希望するサービスとともに、引越し希望日も入力して見積もり依頼をすれば、同時に複数の業者に見積もり依頼ができます。
複数の業者の見積もりを見比べて、一番安くサービスの充実した、しかも希望日に引越しできる業者を手軽に見つけましょう。

詳しくはこちらをどうぞ。

あなたに合った最安値の引っ越し業者を調べてみる(無料)

合わせてご覧ください。

賃貸物件の退去日と解約日の違いって何?同じ日になるの?

あなたも引越し料金で損してるかも?

引越しの料金を安くするコツは一括での無料見積もりになります。

1分間程度で30社の中からあなたにあった最安値の業者を調べることが可能です。

実際に調べると95000円の業者と52000円の業者がありました。

実に43000円もお得に引越しができたんです。

一括見積りを試すならリクルートでもおなじみのSUUMOがおすすめです。

SUUMOなら電話登録が任意なので電話がかかってくる心配がないのも便利です。

>>>自分に合った格安の引越し業者をSUUMOで試しに見てみる(無料)<<<




よく読まれている記事一覧

引っ越し 1

忙しい人用にランキングを先に掲載します。 1位 >>>引越し侍<<< 2位 >>>LIFULL 引越し<<< 3位 >>>ズバット引越し比較<<< 4位 >>>引越し価格ガイド<<< 5位 >>>引越 ...

11月の引越し費用の相場は? 料金が安いのはいつくらい? 2

「11月に引越ししようと思うんだけど時期的に費用は高いの?安いの?」 「11月の引越しで費用を安くするコツはある?」 なんてあなたは思っていませんか? 10月は3月ほどではないですが、引っ越しシーズン ...

12月の引っ越し費用の相場は? この時期の料金は高い?安い? 3

「12月に引っ越し予定だけど費用の相場はどうなの?」 「年末だし引っ越しの費用は高いんだよね?安いタイミングはある?」 なんて疑問はありませんか? 年度末、クリスマスやお正月に向けて何かとあわただしい ...

-引越しの知識
-, , ,

Copyright© 引越しの手続きチェックリスト一覧まとめ|引越し手続きナビ , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.