賃貸物件の知識

賃貸物件の契約後の家賃発生日と入居日はいつがいいの?同じ日にしたらいいの?

更新日:

引っ越しと賃貸物件

「新居の入居日に引っ越しをすれば無駄な家賃は必要ない?」

「入居日はこちらの希望通り決められるの?」

「一番都合の良い入居日はいつに設定すればいいの?」

賃貸物件に入居する場合には、賃貸契約を結ぶ必要があります。
賃貸契約を結ぶ際には、家賃発生日や入居日を決定する必要があります。
まずはこの2つの日付の意味を知り、最適なタイミングで日程を調整しましょう。

あなたも引越し料金で損してるかも?

引越しの料金を安くするコツは一括での無料見積もりになります。

1分間程度で30社の中からあなたにあった最安値の業者を調べることが可能です。

実際に調べると95000円の業者と52000円の業者がありました。

実に43000円もお得に引越しができたんです。

一括見積りを試すならリクルートでもおなじみのSUUMOがおすすめです。

SUUMOなら電話登録が任意なので電話がかかってくる心配がないのも便利です。

>>>自分に合った格安の引越し業者をSUUMOで試しに見てみる(無料)<<<




家賃発生日と入居日は意味が違う

賃貸物件を契約する際にはいろいろな「日」が登場します。
まずはそれぞれの性格の違いを覚えておきましょう。

申込日

申込日とは文字通り、賃貸契約の申し込みを行う日になります。
不動産屋に行き、物件を紹介してもらい、その物件を気に入ってそこに住みたいと申し出た日ということになります。
賃貸物件を借りるには、賃貸契約を結ぶ前に審査が必要です。
この審査に申し込む日ということで、一般的には申込日と呼ばれています。

関連記事になります。合わせてご覧ください。

賃貸物件の申し込み日と入居日と契約日の違いは何?家賃発生はいつなの?

契約日

賃貸契約の審査を申し込むと、2日~1週間ほどで審査は完了します。
結果、問題がなければ賃貸契約OKという判断が下され、そこで賃貸契約を結びます。
賃貸契約を結ぶ前には、必ず「重要事項説明」を口頭で受けてください。
もしその説明に不明な点がある場合は、その場でわかるまで説明してもらいましょう。
重要事項説明が終われば賃貸契約書に必要事項を記入し提出します。
一般的にはこの日を契約日と呼びますが、正式な契約日は、借主であるあなたと、貸主である大家さんが揃って書面に署名し、お互いの手に契約書が渡った日が契約日となります。

そしてこの契約日に契約書にサインをする前に決めるべき日程が「家賃発生日」ということになります。

家賃発生日

家賃発生日とは、「その日から新居に住むことができるようになる日」ということになります。
特殊なケースですと契約日が家賃発生日となり、その場で新居のカギを渡される場合もありますが、一般的には契約日よりも後ということになります。
家賃発生日は文字通りその日から家賃の計算が始まる日であり、家賃が発生する以上、その日から新居に住み始めることができる日ということに。
一般的に新居のカギは、この家賃発生日前日の夕方や家賃発生日当日の午前中などに渡されることになります。

入居日

入居日は現実的に新居で生活をスタートさせる日のことを指します。
つまり、引っ越し作業当日と考えれば問題ありません。
この日程は不動産屋や大家と相談するのではなく、引っ越し業者と相談して決定することになります。

関連記事になります。合わせてご覧ください。

退去日と入居日と引越し日の決め方のコツとは?同じ方がいい?別々がいいの?

一般的な家賃発生日はいつ頃?

引っ越し家賃の二重払いが気になる方にとって、問題となるのは「家賃発生日はいつ?」ということではないでしょうか?
家賃発生日と入居日を同じ日にできれば、家賃の二重払いの期間は短くなり、その分余計な出費をしなくて済むということになります。

極めて一般的な話になりますが、家賃発生日は申込日の2~3週間後に設定されることが多いようです。
家賃発生日の起算日が「契約日」からではなく「申込日」からというのがポイント。
ここを勘違いされている方が多いようです。
賃貸物件は、申し込みがあった時点で他のお客さんには紹介できなくなります。
大家さんにとっては、申し込みから契約までの日数は、借主探しもできない日ということに。
そこで申込日から数えて家賃発生日を設定するという流れになっています。
借りる側からすると、申込日から契約日まで1週間かかったとすると、物件を契約してから引っ越しまでは1~2週間」しかないということになりますのでご注意ください。

家賃発生日と入居日は同じ日がベスト?

家賃発生日と入居日が同じ日であれば、家賃の二重払いの期間は最小限に食い止められます。
そういった面ではベストですが、実際そううまく事が運ぶ引っ越しはなかなかありません。
まず新居のカギの問題があります。
家賃発生日の前日までに受け取ることができれば、引っ越し当日すでにカギがある状態で作業は可能です。
ただし、カギを渡すのが家賃発生日当日となった場合や、引っ越し先が遠方の場合などはそう簡単に融通が利かない可能性はあります。
また、引っ越し当日の予定もかなり忙しくなります。
仮に家賃の二重払いを極限まで抑えるのであれば、引っ越し当日が旧居の退去日である可能性があります。
そうなると、旧居から引っ越し荷物を運び出した後、退出における立ち合いチェックが必要となります。
その立ち合いチェックの後に新居に向かい、荷物を運び入れるというのはかなり無理がある日程ですし、あなたが新居に到着するまで引っ越し業者の作業員を待たせることになります。
作業員を待たせている時間にも引っ越し費用は加算されますので、あまり賢い方法とは言えないでしょう。

唯一可能性があるとすれば、2人家族以上で、「旧居係」と「新居係」に役割分担ができる場合。
旧居係は旧居から荷物を運び出したら、引っ越し荷物を見送ってから旧居の掃除をスタート。
その後立会いチェックを行って、旧居のカギを返却してから新居に向かいます。
新居係は引っ越し作業がスタートする前に新居に向かい、新居のカギを受け取って待機。
引っ越し荷物が届いたら、逐一作業員に運び込みの支持を出すようにします。
これをきっちりできるのであれば、退去日、家賃発生日、入居日をすべて同日とし、家賃の二重払いナシでの引っ越しも理論上可能です。

家賃発生日は交渉できる?

賃貸物件家賃発生日に関しては当然交渉可能です。
旧居の退去日の予定や、引っ越しが可能となる日程を伝え、できるだけ家賃の二重払いが出ない、かつ引っ越し当日に慌てなくてもいいような日程を家賃発生日に指定してもらえないか交渉してみましょう。
交渉をするのであれば、申し込みのタイミングでしないと、後から調整することは難しくなります。
申し込みのタイミングで「この家に決めたいんだけど、家賃発生日を〇月△日にしてもらえませんか?」と聞いてみてください。
むしろ「その日に家賃発生日が指定できるのであれば申し込みます」くらいの感覚で交渉しましょう。
ただし、交渉で伸びるとしても1週間程度が限度。
つまり申込日から入居b居間でが一ヶ月以上あるようなケースは、まず認められないので注意してください。

家賃発生日の融通が利く物件

家賃発生日を申込日の1ヶ月以上後に設定できる物件も存在します。
それはフリーレント物件といわれるもの。
フリーレントとは、引っ越し当初の一定期間家賃をサービスしてくれる物件です。
まさにフリー(無料)・レント(貸す)物件ということになります。
フリーレント物件の場合、基本的に家賃発生日は固定されているケースがほとんどです。
ケースとして多いのは申込日の1週間後が家賃発生日というケースです。
この家賃発生日から数週間~1ヶ月の間、家賃がフリーとなるので、家賃の二重払いの可能性は大きく減ることになります。
どうしても無駄な出費を避けたい方は、最初から「フリーレント付きの物件を探しています」と不動産屋に告げておきましょう。

家賃発生日と入居日のスケジュールまとめ

引っ越しとソファもちろんこの両日を同日に設定した方が予算的には楽になりますが、実際その日に行う作業を考えると現実的ではありません。
最低でも1日、できれば数日間の猶予を作り、家賃発生日の数日後が入居日となるのが、引っ越し作業の意味でも楽に作業が行えますのでオススメです。
そう考えると、入居日は家賃発生日以降の最初の週末(もしくは祝日)と考えるといいかもしれません。
家賃発生日にはカギも受け取れますので、入居日前に新居を簡単に掃除したり、中古物件であればバルサンのようなものを利用したりして、よりきれいな状態にしておくのもいいでしょう。
さらに、入居日前に新居の近隣住人に引っ越し挨拶を済ませておけば、「引っ越し作業でご迷惑をおかけします」と先に伝えておくことも可能です。

こう考えると、新居が決まってから引っ越しまではあまり日程的に余裕がない事もお分かりいただけると思います。
引っ越し業者探しを、新居の契約後に始めると、引っ越し業者探しから引っ越し日まで1~2週間という突貫作業となってしまいます。

オススメは引っ越し先のめどがついたら先に引っ越し業者を探しておくことです。
引っ越し業者探しは新居が決まっていなくても、日程が明確でなくても可能です。
「〇月下旬の週末に、△△駅周辺の物件に引っ越す」という段階でも見積もりを出してもらうことはできますので、引っ越しが決まったら先に業者を決めておくのがオススメ。
とはいえ、こんなあいまいな条件で何社にも事情を説明しながら見積もりを出してもらうのは面倒…という方もいるでしょう。
そこで利用したいのが「引越し料金の一括見積もりサイト(無料)」です。
このサイトを利用すれば、面倒な説明は必要なく、条件を入力して見積もり依頼をするだけで、複数の業者から見積もりを入手することができます。
ここから見積もりの安い業者やサービスの良い業者、または電話対応が良かった業者などを選定しておけば、引っ越し先と入居日が決まった時点で連絡をし、最終的な見積もりをもらうだけで業者探しは終了します。

引っ越しが決まったらまず旧居の退去日と引っ越し先の地域を決め、物件選びと並行して業者選びをしておくと、後の作業がスムーズになりますので覚えておいてください。

関連記事になります。合わせてご覧ください。

契約後の入居日(家賃発生日)は遅らせることは可能?何て交渉したらいいの?

あなたも引越し料金で損してるかも?

引越しの料金を安くするコツは一括での無料見積もりになります。

1分間程度で30社の中からあなたにあった最安値の業者を調べることが可能です。

実際に調べると95000円の業者と52000円の業者がありました。

実に43000円もお得に引越しができたんです。

一括見積りを試すならリクルートでもおなじみのSUUMOがおすすめです。

SUUMOなら電話登録が任意なので電話がかかってくる心配がないのも便利です。

>>>自分に合った格安の引越し業者をSUUMOで試しに見てみる(無料)<<<




よく読まれている記事一覧

引っ越し 1

忙しい人用にランキングを先に掲載します。 1位 >>>引越し侍<<< 2位 >>>LIFULL 引越し<<< 3位 >>>ズバット引越し比較<<< 4位 >>>引越し価格ガイド<<< 5位 >>>引越 ...

7月の引っ越し費用の相場は?料金が安いのはいつくらい? 2

「7月に引っ越す予定だけど、この時期は引っ越し費用は高いの?安いの?」 「7月に引っ越しするけど、どの時期に引っ越すと安いの?」 そういう疑問はありませんか? 7月の引っ越しで影響が出てくるのは梅雨と ...

6月の引越し費用の相場は?料金が安いのはいつくらい? 3

「6月に引越し予定だけど、費用ってどのくらいなの?」 「結婚をしたのでこれから新居に引っ越すんだけど、6月の費用の相場はどうなの?」 あなたはその様なことを思っていませんか? 春の引越し繁忙期も終わり ...

-賃貸物件の知識
-, , ,

Copyright© 引越しの手続きチェックリスト一覧まとめ|引越し手続きナビ , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.