引越しのプラン

引っ越しの荷物預かりサービスで安い業者はどこなの?比較しました

更新日:

引っ越し

「引越しを予定しているけど荷物の預かりサービスを利用したい」

「荷物の預かりサービスがある業者でおすすめのところってある?」

何て疑問はありませんか?

引っ越し業者は各社独自の様々なサービスを行い、顧客獲得を目指しています。
そんな引っ越し業者から、自分の引っ越しプランに最適な業者を見つけ出すのがベストですが、それをしようと手間がかかるもの。
そこで、今回は各引っ越し業者の荷物預かりサービスを徹底比較。
引っ越しの状況に合わせて、どの業者の荷物預かりサービスがベストチョイスかを考えてみましょう。

 
損してる?格安の引越し業者を見つけよう
複数の引越し業者に見積もりを取ることで最大50%も安い業者を見つけることができます

利用料は無料で1分程度で見つけることができます。

今なら期間限定で最大10万円のキャッシュバックもありお得になっています。

詳しくはこちら。
自分に合った格安の引越し業者を見つけるならこちら(無料)


荷物預かりサービスとは?

引っ越し各社の荷物預かりサービスを比べる前に、まずは荷物預かりサービスの基本を確認しておきましょう。
引っ越し業者が行っている荷物預かりサービスの多くは、自社で持っている保管場所に、コンテナで保管する形になります。
また、トランクルームの営業も行っている業者の場合、そのトランクルームに荷物を保管する場合もあります。
引っ越し業者の荷物預かりサービスのメリットは、引っ越し作業のプロフェッショナルが、荷物を一つ一つ丁寧に運び込んでくれること、そして自分でトランクルームを探して契約する必要がないことが挙げられます。
もちろんデメリットもあります。
まず、荷物を一度預けると、取り出せないことが多いということ。
預けている間に、使用する可能性がある荷物は預けない方がいいでしょう。
また、預けられる荷物に制限があるケースも。
引っ越し業者にもよりますが、預かれない荷物で多いのが可燃物や爆発物といった危険物、そして現金や有価証券といったもの、そして替えが利かない美術品などが預かり不可となる傾向にあります。
引っ越し業者による荷物預かりサービスの特徴といえるでしょう。

自宅の建て替えや改装・改築を考えている方にオススメ

自宅を建て替える場合、一般的には一時的に仮住まいに引っ越し、建て替えが終わり次第自宅に戻る形になります。
こういったケースでは、まず自宅より広い物件に仮住まいすることはまずありません。
一時的に住む場所ですし、とりあえずの仮住まいですからそれなりのサイズの家を借りるでしょう。
しかし、そうなると問題なのが家財道具です。
自宅より狭い仮住まいにはすべて納めきれず、とはいえ保管しておく場所を探すのも面倒です。
そこで、引っ越し業者の荷物預かりサービスとなります。
引っ越し業者にお願いすると、建て替え前の自宅から仮住まいへの引っ越し、そして仮住まいから建て替え後の自宅への引っ越しをまとめて依頼できます。
そしてこの2度の引っ越しをまとめて依頼することで、荷物預かりサービスを利用できることに。
また、自宅の改築、増築をするにあたり、その部屋に置いてある家財道具の置き場所が問題になります。
こういったケースでも引っ越し業者が荷物を預かってくれるケースがあります。
そんなケースに強い引っ越し業者を紹介します。

クロネコヤマトの荷物預かりサービス

クロネコヤマトの荷物預かりサービスは「建替引越パック」で引っ越しを依頼すると、オプションサービスで利用できます。
クロネコヤマトの荷物預かりサービスの特徴は、建て替えであれば最長5か月間荷物を預けておけること、そして家財道具の量に特に上限がないということでしょう。
建て替えにおいては心強いサービスといえるでしょう。

クロネコヤマトに引っ越しの荷物預かりサービスはある?料金の相場は?

アート引越センターの荷物預かりサービス

アート引越センターの荷物預かりサービスは、オプションサービスの「一時荷物預かり」というサービスになります。
このサービスでオススメのポイントは、荷物が少量で短期間の場合、無料で預かってくれるという部分。
特にちょっとしたリフォームの時などに頼りたいプランです。

アート引越センターに引っ越しの荷物預かりサービスはあるの?

サカイ引越センターの荷物預かりサービス

サカイ引越センターでもマイホームの新築やリフォームの場合、荷物を一時的に預かってくれるサービスをしています。
サカイ引越センターの荷物預かりサービスの特徴は、「一部の荷物は預かり期間中出庫できない」というところ。
これを裏返せば、一部の荷物以外であれば、預けている期間中に取り出せるということになります。
引っ越し業者の荷物預かりサービスに多くは、預かり期間中は荷物を取り出せないもの。
その点において良心的といえるかもしれません。

サカイに引っ越しの荷物預かりサービスはある?料金の相場は?

単身者や2人暮らしの引っ越しにオススメ

引っ越し例えば旧居の退去日と、新居の入居日のタイミングが合わなかった単身者のケース。
例えば新婚で新たに同居を始めるカップルで、どちらかの引っ越しのタイミングが合わなかったケースなど、一時的に荷物をどこかに預けたいというケースもあるかと思います。
そんなケースに強い引っ越し業者をご紹介します。

カルガモ引越センターの荷物預かりサービス

カルガモ引越センターはあらゆるサイズのトランクルームを用意しています。
そして引っ越しをする場合は保管料一ヶ月無料のサービスも。
カルガモ引越センターのトランクのサイズと保管料金は以下の通りです。

カルガモ引越センターのトランクルームのサイズと料金
L2サイズLサイズMサイズDMサイズSサイズDSサイズ
トランクルームの
サイズ
205cm193cm173cm148cm113cm95cm
奥行193cm193cm173cm188cm136cm149cm
高さ193cm194cm180cm190cm144cm165cm
料金
一日735円630円525円473円420円221円
一ヶ月22,785円19,530円16,275円14,663円13,020円6,851円

例えばDSサイズはおよそ畳1枚分(畳1枚の一般的なサイズ:91×182cm)弱で高さがおそよ一般的な男性の身長程度のスペースです。
荷物の少ない単身者の荷物であれば十分なスペースとなります。
他にもサイズがこれだけ細かく設定されていますので、それぞれベストのサイズで無駄な費用を払わず預けられるのがストロングポイントといえるでしょう。

日通の荷物預かりサービス

日通の荷物預かりサービスはオプションサービスで申し込める有料のサービスとなっています。
日通の場合は、自宅の建て替えやリフォームに限らずに申し込めるサービスとなっており、預ける期間にも制限がないという特徴があります。
さらなる特徴としては、預かる期間によって預かる方法を変えていることが挙げられます。
預かる期間が一か月未満の短期間の場合は、輸送手段を選択することで対応をします。
例えばトラックチャーター便であれば2日で届くような距離の引っ越しの場合、あえてチャーター便ではなく、JR貨物を利用してあえて時間をかけて運ぶ方法を選択したりなど、大手引越社だからこそできる柔軟な対応で荷物を預かります。
一ヶ月を超えるような長期間の荷物預かりサービスの場合は、日通が用意しているトランクルームを利用して保管をします。
日通のトランクルームは、国土交通省の認定を受けているもので、空調や湿度をしっかりと管理している特別な施設。
精密機器など温度や湿度に影響を受けやすい物も安心して預けることができます。
もちろん預け入れるのも運び出すのも日通のスタッフが行いますので安心です。
ただし、一度預けた荷物を、預かり期間中に運び出すには、その都度費用が必要となりますので、使うかもしれない物は預けない方がいいでしょう。

地区限定でも特筆すべき荷物預かりサービス

引っ越し荷物預かりサービスを行っているのは、何も全国展開をしている大手業者に限りません。
地域密着で、同じようなサービスをしている業者も存在します。
中でも代表的な、特筆すべきサービスを行っている業者をご紹介します。

エース引越センターの荷物預かりサービス

埼玉県に本社を構えるエース引越センターでは、自宅の建て替えなどで仮住まいをする場合、仮の住まいに入りきらない家財道具を預かってくれる荷物預かりサービスを実施しています。
このサービスの特徴は保管料金。
なんと保管料金が6か月間無料サービスになっていることでしょう。
もちろん他の引っ越し業者同様に、預けられる荷物にはある程度制限がありますが(現金・有価証券・美術品・危険物等は預かり不可)、荷物の量には制限ナシとなっています。
このエース引越センターは地域限定の引っ越し業者で、対応範囲は東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県。
そして一部対象外地域はありますが、群馬県、栃木県、茨城県の1都6県の引っ越しが対象となっています。
地域限定とはいえ、保管料6か月間無料はかなり特徴的といえるでしょう。

いろいろなシチュエーションで利用可能

引っ越し最後に紹介するのは、自社の倉庫で預かるのではなく、提携するトランクルームを紹介してくれる引っ越し業者です。
トランクルームに預けるのであれば、別に引っ越し業者に頼らなくても…。
と、考える方もいらっしゃるかと思いますが、引っ越し前は引っ越し業者を探して、荷造りをしてととにかくドタバタ忙しい時期になります。
そのタイミングでさらにトランクルームを探して契約をしてとなるとかなり手間がかかります。
その手間を解消してくれる業者といえるでしょう。
もちろん利用するのはトランクルームですから、単身者からファミリータイプまで、どんなシチュエーションでも利用できるという強みもあります。
また、利用するのがトランクルームですから、預けている期間中に急に必要になった荷物を、自分で自由に出し入れできるというメリットもあります。

引越しでトランクルームを利用する方法とは?料金の相場はいくらくらいなの?

アリさんマークの引越社の荷物預かりサービス

アリさんマークの引越社では、荷物の一時保管を希望のお客様には、提携しているトランクルームを紹介してくれます。
もちろん、諸々の手続きまでアリさんマークの引越社が代行し、荷物の運び入れまでお願いすれば有料となりますが、とりあえず提携業者を紹介するだけであれば無料となっています。
無料の紹介のみの場合、自分でその提携業者に申し込み、手続きを行い、料金を支払い、荷物を運び込む必要がありますので、この辺りは手間と費用を天秤にかけてどちらにするか選びましょう。

引っ越し業者の荷物預かりサービスについて

引越しここまでいろいろな業者を紹介してきました。
引っ越し業者の荷物預かりのパターンは大きく分けて3つ。
自宅の建て替えやリフォームを行うときにのみ利用できるパターンと、どんなケースでも対応してくれるパターン、そして提携しているトランクルームを紹介してくれるパターンです。
どのパターンにもメリットデメリットはありますので、自身の引っ越しの場合はどのパターンが最適かを考えておくといいでしょう。
また、ここで紹介したのは大手引っ越し業者を中心に一部の業者のみになります。エース引越センターのように、地域限定の業者であれば、各地域に似たようなサービスを行っている業者があるかもしれません。
また、ここで紹介した以上のサービスを提供している業者があるかもしれません。
そんなときに役立つのが「引っ越し料金一括見積もりサイト(無料)」の存在です。
この一括見積もりサイトには、日本中の大手業者はもちろん、中小の業者まで多数の優良業者が登録をしています。
あなたの引っ越しの条件を一度入力するだけで、複数の引っ越し業者の見積もりが入手可能。
あとはその見積もり料金とサービス内容を見比べるだけ。
あなたに最適な引っ越し業者を、手間なく見つけることができます。

詳しくはこちらもどうぞ。

荷物預かりサービスがある最安値の引っ越し業者を調べてみる

関連記事になります。合わせてご覧ください。

引越しで荷物の一時保管の料金はどのくらい?無料の業者はあるの?

家の建て替えで引越しする時の費用はどのくらい?手続きは何が必要?

引っ越しプランの建替引越パックって何?料金の相場はいくらなの?

引っ越しの一括見積りでお得に引越しをする

引越しの料金を安くするコツは一括での無料見積もりになります。約1分間であなたにあった最安値の業者を調べることが可能です。

実際に調べると95000円の業者と52000円の業者がありました。

実に43000円もお得に引越しができたんです。

しかも今なら期間限定で最大10万円のキャッシュバックもありお得です。

一括見積りを試すならCMでもおなじみの引っ越し侍がおすすめです。

>>>自分に合った格安の引越し業者を試しに見てみる(無料)<<<




よく読まれている記事一覧

引っ越し 1

忙しい人用にランキングを先に掲載します。 1位 >>>引越し侍<<< 2位 >>>LIFULL 引越し<<< 3位 >>>ズバット引越し比較<<< 4位 >>>引越し価格ガイド<<< 5位 >>>引越 ...

引越し 2

  「4月に引っ越し予定だけど引っ越し費用の相場はどのくらいなの?」 「4月の引っ越しならどの時期にしたら安くなるの?」 その様なことを思っていませんか? 毎年春は引っ越しの最繁忙期となりま ...

引越し 3

「ゴールデンウィーク中の費用はどのくらい高くなるの?」 「ゴールデンウィーク前と明けではどちらが費用が安い?」 「ゴールデンウィーク近辺だとどの日が一番引越し費用が安くなる?」 「ゴールデンウィーク近 ...

no image 4

  「5月に引っ越しをするんだけど、この時期の費用の相場ってどのくらいなの?」 「安く引っ越しをしたいけど何かおすすめの方法はある?」 あなたは、その様に思っていませんか? 天候も暖かく、ま ...

-引越しのプラン
-, , ,

Copyright© 引越しの手続きチェックリスト一覧まとめ|引越し手続きナビ , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.