引越しの費用

引越しでエレベーターなしの料金相場。5階4階3階で費用は違うの?

更新日:

 

「マンションのエレベーターあるなしで引越しの料金って違うの?」

「エレベーターなしの引越しの料金相場はいくら?」

「エレベーターがない場合、大型家具の搬入搬出はどうするの?」

「エレベーターがない場合の引越しの注意点は何かあるの?」

近く引っ越しを考えているあなたも、新しく入居する予定の建物にはマンションがなくて、引っ越し作業に悩んでいいませんか?

マンションでも高い建物には必ずエレベーターがありますが、中には築年数が古い建物など5階4階3階建てでもエレベーターが無い場合があります。
エレベーターの有無は引っ越し作業において、作業手順も違ってくるし何より料金にも大きく違いが出てきてしまいます。
そんな5階4階3階建てでエレベーターが無い建物に引っ越す予定のあなたのために、「引越しでエレベーターなしの料金相場。5階4階3階で費用は違うの?」をご紹介します。
ぜひエレベーターが無い建物に引っ越す場合の参考にしてみて下さい。

あなたも引越し料金で損してるかも?

引越しの料金を安くするコツは一括での無料見積もりになります。約1分間であなたにあった最安値の業者を調べることが可能です。

実際に調べると95000円の業者と52000円の業者がありました。

実に43000円もお得に引越しができたんです。

しかも今なら期間限定で最大10万円のキャッシュバックもありお得です。

一括見積りを試すならCMでもおなじみの引っ越し侍がおすすめです。

>>>自分に合った格安の引越し業者を試しに見てみる(無料)<<<




そもそもエレベーターって何階からあるものなの?

新たに入居するマンションにはエレベーターがないと言う事に気付いたものの、素朴な疑問としてそもそもエレベーターって何階からあるものなのかと考える人も多いですよね。
建築基準法第2章第34条にある建築物の敷地、構造及び建築設備(昇降機)について中の、昇降機については以下のようなものがあります。

「建築物に設ける昇降機は、安全な構造で、かつ、その昇降路の周壁及び開口部は、防火上支障がない構造でなければならない。高さ31メートルをこえる建築物(政令で定めるものを除く。)には、非常用の昇降機を設けなければならない」

元々昇降機(エレベーター)は、非常用として規定されているだけで、具体的には何階以上とは特定はされていません。
31メートルというとオフィスビルなら7~8階建てくらいで、マンションの場合には10階建てくらいと言う事になります。
実際の地上回数の統計を見てみるとマンションの場合には、ほとんどの場合で6階建て以上のマンションにはエレベーターが設置されています。
しかし5階以下のマンションとなると、全体の60%近くの建物にはエレベーターが無い状況で、築年数が新しい建物ほどエレベーターの設置率は高くなっています。
こう言ったデータから考えると、正式な規制ではないものの5階までの建物にはエレベーターがない場合が多く、6階以上になるとほとんエレベーターは設置されていると言う事になります。

マンションのエレベーターあるなしで引越しの料金って違うの?

新たに入居するマンションにエレベーターが無い場合には、当然のことですが荷物の運び出しや運び入れのため手間が掛かるので、エレベーターが無い場合には料金は高くなってしまいます。
荷物の運び出しや運び入れのため手間だけでなく、階段での養生作業も必要になるし、作業時間もエレベーターが歩かないかでは全く違ってきます。
階段の幅が狭い場合などになると、大型の荷物になれば作業員を増員しないと運搬できない場合もあり、そうなると料金はさらに高くなってしまいます。
エレベーターがあれば、1階への運搬とほぼ同じようにエレベーターを利用することで出来てしまうので、こう言った料金の差になってしまいます。
引っ越しの費用を考えた場合や、今後の生活を考えてもやはりエレベーターの有無は、契約する前によく確認しておくことが大事になります。

エレベーターなしの引越しの料金相場は?

入居することが決まったマンションにエレベーターがない場合、階数が高くなるほど引越しの料金が高くなるのではないかと心配になってしまいます。
1階の場合の引っ越しの比べてもどのくらい高くなる物なのかも、分からないと見当も付きませんよね。
そんな場合に備えて、エレベーターなしの引越しの料金相場についてご紹介しましょう。

5階4階3階と階が違うと金額も変わってくる?

エレベーターがないマンションなどの場合には、何階まで荷物を持ち上げる必要があるかどうかによって、追加の料金が決まってくるケースが多くあります。
引っ越し業者や引っ越し作業を行う時期などにも因るところもありますが、一般的には階数が増すことに1,000円から2,000円ほど高くなる事が多いようです。
したがって2階建ての場合には1,000~2,000円、3階建ての場合には2,000~4,000円、4階建ての場合には3,000~6,000円、5階建ての場合には4,000~8,000円と言う事になります。
この追加料金は、通常に階段を運搬して運び入れや運び出しが可能な場合で、現場によっては作業員を増やしたり、クレーン車を使用したりすることになるので、その場合には別途追加料金が掛かります。

エレベーターがない場合、大型家具の搬入搬出はどうするの?

大型冷蔵庫・ドラム式洗濯機・大画面液晶テレビなどの大型家電製品、また食器棚・洋服タンス・ソファーなどの大型の家具などは、エレベーターがない場合にはどのようにして搬入搬出するのでしょうか?
基本的には階段の寸法をよく確認して、サイズ的に搬入可能と判断した荷物に関しては、キズを付けないようにしっかりと養生した上で、階段を利用しての搬入搬出となります。
タンスなどの家具は、作りによっては2分割や3分割に分解できるタイプもあるので、出来るだけコンパクトにした状態で運搬を行います。
しかし中にはかなりの重量の荷物になる場合もあるので、そう言った場合には作業員を増員しての対応となります。
また階段からの搬入経路からの荷物の運搬では、寸法的に搬入搬出が難しい場合には、部屋の窓を開けて搬入できる場合には、クレーン車などを利用しての搬入となる場合もあります。
引っ越し業者は、荷物の運搬に関してはプロですので、よほどな事が無い限り大型の荷物でも上手に搬入搬出を行います。
しかしプロとはいえ、事前に搬入搬出の経路は確認しておかないと大変なり、後から追加料金が掛かる場合もあるので、事前に見積もりを取るときに確認してもらっておきましょう。

クレーン車を使った場合、いくらくらいかかるの?

エレベーターがないマンションなどの場合、大型家具などの搬入搬出には、経路の寸法の関係で人の手では運搬が出来ない場合があります。
そういったときには、クレーン車などを使用しての搬入搬出となりますが、大型の重機を使用するとなると、かなり引っ越しの費用の負担も大きくなります。
具体的な例としては、窓を開放した状態でウインチと呼ばれる荷物をつり上げる道具を使用しての、手吊り作業の場合には15,000~20,000円ほどの費用になります。
また2階までの大型の荷物を3つまでクレーン車を使用しての運搬を行った場合には、20,000~25,000円ほどの費用となります。
3階以上の階数になった場合には、階数が増えるごとに5,000円ほど料金が追加され、大型の荷物が4点目以降の場合にも5,000円ほどの追加料金が掛かって行くことになります。
これらの料金については、ごく一般的な現場においての平均的な費用になるので、現場の状況によってはさらに大型の重機が必要となるなどすれば、さらに追加料金が掛かることもあり得ます。

エレベーターがない場合の大型家具などの搬入搬出を安く済ませる方法は?

エレベーターがない場合においての大型の家具などの搬入や搬出は、場合によってはクレーン車などの特殊な重機を使用しての作業なり、追加料金も高額になります。
そんな時に便利なのが、クレーン車だけでなく大型の荷物運搬に便利な高所作業車のフライングデッキという重機を所有している引っ越し業者があります。
例えば「アリさんマークの引越社」では、6台のフライングデッキを所有していて、時には無料キャンペーン期間などもあったり、格安で使用できたりすることもあります。
このように引っ越し業者によっても、大型の重機を自社で所有しているか、他社からレンタルするかでも、まったく料金が違ってきます。
それだけに、エレベーターがない場合の大型家具などの搬入搬出を安く済ませるには、1社だけでなく複数の引っ越し業者から見積もりを取って、出来るだけ安い業者と契約するのがおすすめです。

エレベーターがない場合の引越しの注意点は何かある?

エレベーターがない場合の引越しの注意点としては、引っ越し業者に依頼する場合には、必ず荷物の搬入搬出の経路を事前に確認してもらうことが大事になります。
事前に現場の搬入搬出の経路の確認が出来ていないと、作業を開始してからサイズを確認してみたら階段からの出し入れが出来ないなんて事になっても困ります。
また階段だけでなく連絡通路などにも、備え付けの荷物が邪魔になって荷物が通らなかったり、出入り口が狭くて荷物が入れられないなんと事も考えられます。
事前に確認さえしておけば何らかの対処ができるので、必ずエレベーターがない場合で引越しするときには、事前の現場の搬入搬出経路の確認は忘れないようにしましょう。

さいごに

引越しでエレベーターなしの料金相場。5階4階3階で費用は違うの?についてご紹介してきましたがいかがだったでしょうか?
エレベーターがないマンションなどでの引っ越し作業は、荷物の運搬にはさまざまな問題があるために、事前によく引っ越し業者との打ち合わせが必要となります。
作業が始まってから、荷物が入れられないなんて事が無いように、しっかりと下準備をやつてから引っ越しに取りかかるようにしましょう。

あなたも引越し料金で損してるかも?

引越しの料金を安くするコツは一括での無料見積もりになります。約1分間であなたにあった最安値の業者を調べることが可能です。

実際に調べると95000円の業者と52000円の業者がありました。

実に43000円もお得に引越しができたんです。

しかも今なら期間限定で最大10万円のキャッシュバックもありお得です。

一括見積りを試すならCMでもおなじみの引っ越し侍がおすすめです。

>>>自分に合った格安の引越し業者を試しに見てみる(無料)<<<




よく読まれている記事一覧

引っ越し 1

忙しい人用にランキングを先に掲載します。 1位 >>>引越し侍<<< 2位 >>>LIFULL 引越し<<< 3位 >>>ズバット引越し比較<<< 4位 >>>引越し価格ガイド<<< 5位 >>>引越 ...

引越し 2

  「4月に引っ越し予定だけど引っ越し費用の相場はどのくらいなの?」 「4月の引っ越しならどの時期にしたら安くなるの?」 その様なことを思っていませんか? 毎年春は引っ越しの最繁忙期となりま ...

引越し 3

「ゴールデンウィーク中の費用はどのくらい高くなるの?」 「ゴールデンウィーク前と明けではどちらが費用が安い?」 「ゴールデンウィーク近辺だとどの日が一番引越し費用が安くなる?」 「ゴールデンウィーク近 ...

no image 4

  「5月に引っ越しをするんだけど、この時期の費用の相場ってどのくらいなの?」 「安く引っ越しをしたいけど何かおすすめの方法はある?」 あなたは、その様に思っていませんか? 天候も暖かく、ま ...

-引越しの費用
-, , ,

Copyright© 引越しの手続きチェックリスト一覧まとめ|引越し手続きナビ , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.