引越しの費用

12月の引っ越し費用の相場は?この時期の料金は高い?安い?

更新日:

 

「12月に引っ越し予定だけど費用の相場はどうなの?」

「年末だし引っ越しの費用は高いんだよね?安いタイミングはある?」

なんて疑問はありませんか?

年度末、クリスマスやお正月に向けて何かとあわただしい時期ですが引っ越しの費用の相場はどうなのでしょうか?
上旬、中旬、下旬とどの時期が安いのでしょうか?
12月の引っ越しの費用についてまとめてみました。
12月に引っ越し予定でしたら是非チェックしてみてください。

あなたも引越し料金で損してるかも?

引越しの料金を安くするコツは一括での無料見積もりになります。

1分間程度で30社の中からあなたにあった最安値の業者を調べることが可能です。

実際に調べると95000円の業者と52000円の業者がありました。

実に43000円もお得に引越しができたんです。

一括見積りを試すならリクルートでもおなじみのSUUMOがおすすめです。

SUUMOなら電話登録が任意なので電話がかかってくる心配がないのも便利です。

>>>自分に合った格安の引越し業者をSUUMOで試しに見てみる(無料)<<<




12月の引っ越し状況は?

12月といえばクリスマスに年末年始の連休があります。
仕事も年末の連休に向けた年末進行で忙しくなり、正直引っ越しどころではないというのが心境でしょう。
これは日本全国どこでも同じようで、基本的に12月は引っ越し閑散期と言われています。
他の人が引っ越しを考えない時期だからこそ、引っ越し相場も安く抑えられますが、いくつか抑えておくべきポイントがありますので、その辺を考慮に入れて引っ越し計画を建てるようにしましょう。

12月の引っ越しにかかる費用について

引っ越しにかかる費用と言えば、物件の家賃相場と引っ越し業者の設定料金の2つになります。
基本的には引っ越し閑散期ですから、通常時の料金よりも安くなるはずですが、絶対ではありませんので注意してください。

12月の賃貸物件の家賃相場

12月の家賃相場は両極端といえます。
これは大家さんの考え方によって違いがハッキリ出ますので、見極めが大事な時期になります。
一つ目は基本的に家賃を安めの設定にしているケース。
こえは持っている物件数が少ない大家さんにありがちなケースです。
12月以降1月2月と引っ越し閑散期が続きます。
大家さんにとって、物件が3ヶ月空室が続くのは大きな痛手。
月10万円の家賃の物件だとすると、3ヶ月空室が続くと30万円の減収となります。
これはさすがに大きいので、家賃も安めに提示する上、値引き交渉にも対応してくれやすくなります。
通常時の家賃を「100」とすればこの時期の家賃相場は「85」といったところ。交渉次第では「80」くらいまで下がる可能性もありますので、しっかり交渉しましょう。
一方ある程度の数の物件数を持っている大家さんは、まったく別の考え方になります。
数ある物件のオーナーとして、オーナー業としての余裕がありますので、この時期に空室の物件に関してはある意味諦めています。
また3月が近づけば勝手に借り主は見つかると思っているオーナーの場合、無理に家賃を下げてまで借り主を見つけようとは思っていません。
このタイプのオーナーさんは、当然値引き交渉にも積極的ではありませんので、値引きも難しくなります。
見極めが難しいところではありますが、うまく不動産屋さんと仲良くなり、オススメ物件を引き出すようにしましょう。

12月の引っ越し料金相場

12月は引っ越し業者もヒマな時期ですので、かなり料金も安くなります。
通常期の引っ越し料金を「100」、3月のもっとも忙しい時期の料金を「150」とすれば、この時期の引っ越し料金は「75~80」程度まで安くなります。
ただしこれはクリスマス前までのお話。
12月最終週に関しては特殊ですが一気に料金が上がります。
場合によっては3月に近い「130~150」くらいまで跳ね上がることも。
12月と言っても油断をしていると多額の費用がかかりますので気をつけてください。

12月最終週は引っ越し繁忙期に

引っ越し閑散期の12月において、最終週だけは様子が一変します。
最終週となるとクリスマスから大晦日にかけてになります。
クリスマスを過ぎると仕事の年末進行も一段落しており、職場も年末休みムードになります。
さらに多くの職場は28日あたりから年末休暇に。
この休暇を利用して引っ越しを考える人は少なくありません。
特に新居を購入した人、新築の家を建てた人などは、新年を新居で迎えたいという人が多く、ある種駆け込み需要のように年内に引っ越しをする人が現れるタイミングになります。
一方引っ越し業者はというと、年末年始の連休に向かって、アルバイトが集めにくいタイミング。
人員が揃わず、トラックをフル回転させることが難しい時期ですので、必然的に請け負うことができる引っ越しの件数も少なくなります。
こうした事情が重なり、12月最終週は一気に混み合いますので、よほど急ぐ理由がない限り、引っ越しは年明けにズラしたほうが賢明でしょう。

それでも年末に引っ越しをする場合には、一つの業者に絞らずに数社の引っ越し業者に相見積もりを取りましょう。
一社だけの見積もりで決めてしまうと、その見積もりが妥当かどうか知ることが難しくなります。
特に年末は業者が忙しく手が回らないことが多いので、必然と見積もりも高くなる傾向があります。
他の業者と比較することで妥当な金額か、また高ければ安くすることができないのか、場合によっては他の業者に依頼するということも考えられます。
忙しい時期には相見積もりは必須でしょう。
その時に便利なのが引っ越し一括見積もりサイトなります。
手続きが面倒な見積もりを数分で行うことができるサービスになります。

テレビCMでもおなじみの引っ越しの一括見積もりサイトはこちらになります。
1分程度で最大10社への見積もりを無料ですることができます。
詳しくはこちらをご覧ください。
無料で複数の業者に見積もりを取ることができる引っ越し一括見積もりを詳しく見てみる

大晦日の引っ越しは注意が必要

1年最後の日になる大晦日。
この大晦日に引っ越しをする人も少ないですが、とはいえオススメできる日ではありません。
まずは引っ越し業者の事情です。
大晦日に限って言えば、さすがにアルバイトは集まりにくいですし、社員も大晦日ぐらいは休みたいものです。
そんな事情もあり、大晦日(併せて言えば正月三ヶ日も)は仕事を休む業者も少なくありません。
休みの業者があるということは、営業している業者もわざわざ料金を安く設定する必要がありませんし、値引き交渉にも応える必要がなくなります。
さらに大晦日で気をつけたいのが交通事情です。
大晦日は休みを利用しての帰省などで、高速道路を中心に全国的に渋滞が予想される日でもあります。
そんな中引っ越しを強行すると、予定通りに終わらず、場合によっては夜遅くまで引っ越しがかかってしまい、荷物の整理ができないまま新年を迎える可能性も。
どうしても大晦日に引っ越しを行う場合は、十分注意をして予定を立てるようにしましょう。

12月に新築住宅に引っ越した場合の固定資産税について

新築住宅を建てた、もしくは購入した人にとって気になるのが「固定資産税」でしょう。
12月に引っ越しをすると、その年から固定資産税がかかってしまうのでしょうか?
実は固定資産税がかかるかどうかは、新居である建物が、その年の1月1日時点で完成しているかどうかが問題になります。
例えば2016年12月10日に新築した住宅が完成し、2017年1月10日に引っ越したとします。
2016年1月1日の時点ではこの建物はなかったわけですから、2016年は建物に対する固定資産税はかかりません。
しかし、2016年のうちに建物は完成しているわけですから、2017年1月1日時点では新居に住んでいなくても、2017年からは、建物に対する固定資産税が課税されるということになります。

新築の建物の登記は1月2日がベスト?

その年の1月1日に存在する建物に対して固定資産税が加算されるのであれば、建物の完成(登記)を1月2日にすれば、その年はまるまる固定資産税がかからないということになります。
しかし、これがベストな方法かと言われるとそんなことはないのでご注意を。
建物が建っていない土地は、そのサイズにもよりますが、基本的に建物に対する固定資産税の約6倍の税金がかかります。
つまり1月2日に建物が建ったとした場合、建物に対する固定資産税はかかりませんが、建物ナシの土地に対する固定資産税がかることになります。
どちらがより税金が高くなるか、きっちり計算して(もしくは専門家に計算してしてもらって)計画的に建築、登記を行いましょう。

12月に賃貸物件に引っ越した場合の年末調整は?

続いて税金に関する情報を。
新築物件を購入した方が気になるのが固定資産税なら、賃貸物件に引っ越した方が気になるのが年末調整でしょう。
12月に引っ越しをするとなると、恐らく会社の年末調整の書類は完成しているはずです。
別に完成後に住所を変更してはいけないなどという決まりはありませんが、修正申告の手間がかかるのは間違いありません。
12月に引っ越しをすることが決まっているのであれば、できるだけ早く会社の経理部に報告しておくことをオススメします。
年末調整は経理部の仕事。
年末は経理部も忙しい時期ですから、そんな時期に一つ手間をお願いする以上、一応事前に報告をしておくと、人間関係の問題も起こりません。
他にも経理部に言って、自力で確定申告をするという方法もありますが、なかなかに面倒くさいのでオススメはしません。
心がけるのは「経理部への早めの報告」とだけ覚えておいてください。

12月の引っ越しは意外と面倒?

基本的に物件の相場も安く、引っ越し料金も安くあがる傾向にある12月の引っ越し。
しかし、最終週は3月の繁忙期並みに混み合ったり、引っ越しにあたって税金関係で頭を使う必要があったり、そもそも12月は仕事やイベントが忙しく、引っ越し準備が順調に進まなかったりと、なかなか問題が多い月でもあります。
どうしても12月に引っ越しをするのであれば、事前に十分な下調べと準備が必要になります。
いろいろな部分に留意する必要が時間があるのであれば良いのですか、仕事が忙しいようなら1月や2月に延期することをおすすめします。

関連記事になります。合わせてご覧ください。

年末年始の引っ越し料金の相場は?安く引っ越すならどの時期がいい?

クリスマスの引越し料金の相場は?前と後でどちらが安いの?

引越し報告を年賀状でしてもいいの?例文は何かある?

あなたも引越し料金で損してるかも?

引越しの料金を安くするコツは一括での無料見積もりになります。

1分間程度で30社の中からあなたにあった最安値の業者を調べることが可能です。

実際に調べると95000円の業者と52000円の業者がありました。

実に43000円もお得に引越しができたんです。

一括見積りを試すならリクルートでもおなじみのSUUMOがおすすめです。

SUUMOなら電話登録が任意なので電話がかかってくる心配がないのも便利です。

>>>自分に合った格安の引越し業者をSUUMOで試しに見てみる(無料)<<<




よく読まれている記事一覧

引っ越し 1

忙しい人用にランキングを先に掲載します。 1位 >>>引越し侍<<< 2位 >>>LIFULL 引越し<<< 3位 >>>ズバット引越し比較<<< 4位 >>>引越し価格ガイド<<< 5位 >>>引越 ...

7月の引っ越し費用の相場は?料金が安いのはいつくらい? 2

「7月に引っ越す予定だけど、この時期は引っ越し費用は高いの?安いの?」 「7月に引っ越しするけど、どの時期に引っ越すと安いの?」 そういう疑問はありませんか? 7月の引っ越しで影響が出てくるのは梅雨と ...

6月の引越し費用の相場は?料金が安いのはいつくらい? 3

「6月に引越し予定だけど、費用ってどのくらいなの?」 「結婚をしたのでこれから新居に引っ越すんだけど、6月の費用の相場はどうなの?」 あなたはその様なことを思っていませんか? 春の引越し繁忙期も終わり ...

-引越しの費用
-, , ,

Copyright© 引越しの手続きチェックリスト一覧まとめ|引越し手続きナビ , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.