引越しの費用

同棲で引っ越しする場合の費用の相場は?二箇所からの引っ越しについて

更新日:

引っ越し

「恋人と2人で新居を借りて新生活を始める」

「結婚を前提に、新居で同棲を始める」

など、これから同棲生活をスタートさせるカップルの方は、その引っ越し方法で悩んでいるかもしれません。

二箇所から新居に、同じ日に引っ越しをするにはどのような方法があるのか?

実は二箇所から新居へ引越する場合には立ち寄りプランというのがあります。
費用も安く抑えることも可能なので二箇所から新居にお引越しする場合にはおすすめです。
今回はそのことについて解説したいと思います。

同棲の際の引っ越しの手続きについては「同棲で引っ越しする場合の手続きや準備すべきこととは?」をご覧ください。

それではどうぞ。

あなたも引越し料金で損してるかも?

引越しの料金を安くするコツは一括での無料見積もりになります。

1分間程度で30社の中からあなたにあった最安値の業者を調べることが可能です。

実際に調べると95000円の業者と52000円の業者がありました。

実に43000円もお得に引越しができたんです。

一括見積りを試すならリクルートでもおなじみのSUUMOがおすすめです。

SUUMOなら電話登録が任意なので電話がかかってくる心配がないのも便利です。

>>>自分に合った格安の引越し業者をSUUMOで試しに見てみる(無料)<<<




同棲する新居に引越す時に注意する点

引っ越し

新居を決めて引っ越しをするのであれば、やはり同じ日に引っ越しをしたいものです。
しかし、そのためにはいろいろと気を遣うべきポイントがあります。
そもそも引っ越しをする場合、引っ越し業者の選定はかなり面倒な作業。
それを恋人同士がそれぞれ行うのは、お互いかなり手間がかかります。
また、どちらか一方が忙しく、引っ越し業者の決定が遅れると、希望の日時に引っ越しができないなんてことも。
また、うまくう同日に引っ越しをできたとしても、今度は引っ越し業者同士の問題が生じます。
それは、荷物の搬入のタイミングを合わせる必要があるということ。
2件の引っ越し業者の搬入がかち合ってしまうと、どちらかの業者が待つことになり、業者に迷惑をかけるだけではなく、最悪の場合追加料金を請求される可能性もあります。
では、そんな状況で上手に引っ越しの予定を組むにはどうしたらいいでしょう?

立ち寄り便を利用する

別々の家からひとつの新居に引っ越しをする場合、別々に2つの引っ越し業者を依頼するのではなく、ひとつの業者にまとめて依頼する方法があります。
それが「立ち寄り便」と呼ばれるプラン。
これは、最初の家で荷物を積み込み、新居に行く前にもう一か所立ち寄り荷物を積み込んでから新居に向かうというプラン。
別々の場所に住んでいるカップルが、新居で同棲を始めるには最適な引っ越しプランといえます。

立ち寄り便のメリット

立ち寄り便のメリットは多く、まずは引っ越し業者探しがまとめてできるということ。
何かと忙しい引っ越し前に、業者探しという手間を省略できるのは大きなメリットといえます。
さらに、2人の引っ越しを同日にきっちり終わらせることができるのも魅力。
別々の引っ越し業者にそれぞれ依頼すると、搬入のタイミングをずらしたりいろいろと面倒な上に、繁忙期など引っ越し業者が忙しい時期は、最悪の場合同じ日に引っ越しができないことも。
その心配がないのは安心です。
もうひとついえば費用の面。
立ち寄り便にもいろいろな状況がありますので、一概には言えませんが、おおよそ引っ越し1.5件分で2つの引っ越しを終わらせることができます。

立ち寄り便のデメリット

非常に便利な立ち寄り便ですが、いくつか条件が整っていないと利用できないことがあります。
ここでは立ち寄り便が利用できない条件をいくつか見ていきましょう。

経由する家が通り道ではない場合

最初に荷物を積み込んだ家から、途中で別の家に立ち寄りさらに荷物を積み、新居で荷物を搬入するので、通常の引っ越しよりも当然時間がかかります。
そんな引っ越しのすべての行程を1日で終わらせることができる距離関係であることが第一条件となります。
例えば、東京都内の彼氏の家から、神奈川県厚木市の彼女の家を経由して、新居が静岡県浜松市などという場合は、彼女の家は通り道ということになりますので問題ありません。
しかし、東京都内の彼氏の家から、静岡県浜松市の彼女の家を経由し、神奈川県厚木市の新居へというのは難しいでしょう。
仮に請け負ってもらえたとしても、さほど費用が安くはなりません。

1日で引っ越し作業が完了しない

基本的に立ち寄り便は、その日のうちに完了することが条件となります。
なので双方が遠距離に住んでいる場合、または新居が遠方の場合は利用できないということになります。
仮に彼氏が東京都内、彼女が宮城県仙台市、新居が福岡県北九州市などという場合は、どうやっても1日で引っ越しは完了できませんので、他の方法を考える必要があります。

荷物の量が多すぎる

立ち寄り便は、これから同棲を始めるカップルや、新婚さん向けに考えられたプランで、基本的に近距離かつ荷物の量も少なめを想定したプランです。
つまり引っ越し業者も立ち寄り便で大きなトラックを利用することを想定しておらず、基本的に2tトラック1台に乗せられる荷物の量の範囲しか対応していません。
もちろん業者によっては1つの立ちより便に2台のトラックを準備して、荷物の多いカップルに対応してくれるケースはありますが、こうした場合は費用が割高になってきますのでご注意ください。

立ち寄り便と通常プランの費用の違い

引っ越し

立ち寄り便を利用するとどの程度経費を抑えることができるのかを、具体的に考えていきましょう。
比較対象として、通常プランを2件(彼氏の引っ越しと彼女の引っ越し)利用した場合も一緒に考えていきます。
想定するシチュエーションは、都内でそれぞれ一人暮らしをしているカップルが、都内の新居に引っ越しケースとします。
まず通常プランの場合ですが、単身者の近距離引っ越しということで、およそ30,000円前後の費用が相場となります。
これが2件ですから合計60,000円ということに。
立ち寄りプランの場合を考えると、利用するトラックが1台となり、依頼する引っ越しの1件ということになります。
引っ越しには基本料金が存在しますので、引っ越し料金が1件分、トラックの利用料金が1台分安くなるということになります。
その代わり運ぶ荷物は単純に2倍になり、さらに走行距離と作業時間も長くなります。
単純に考えると、基本料金のマイナス分が10,000円程度、トラックの使用料金のマイナス分が5,000円程度。
運ぶ荷物の量が2倍になりプラス8,000円程度、作業時間が長くなりプラス3,000円程度と考えると、さほど費用が抑えられることはないようにも思えますが、実はこれ計算にミスがあります。
確かに運ぶ荷物は2倍になりますが、作業は2件で別々ということに。同じ家の中の荷物の量が倍になるのであれば、人員が増えることも想定されますが、別の家に立ち寄って荷物を再度積み込むわけですから、人員の補充は必要ないということになります。
つまり荷物が増える分のプラス料金8,000円は考えなくていいということになります。
さらに引っ越し業者としては、2件分の引っ越しを承るわけですから、当然ある程度割引をしてくれることになります。
これが作業時間延長分のプラス3,000円と考えると、実質プラスになる料金はなく、マイナス分だけ考えればいいということに。
結果、通常プランの1.5件分にあたる45,000円程度で引っ越しができるという考え方になります。

立ち寄りプランが利用できない場合は?

上で示した条件に引っかかり、立ち寄りプランは利用できないとすると、もう費用を抑える方法はないのでしょうか?
実はいくつか考えられる方法があります。
そんな方法を見ていきましょう。

同じ引っ越し業者に依頼して割引のお願いをする

立ち寄りプランは使えなくても、双方の引っ越しを同じ業者にすることで、いくつかのメリットが考えられます。
まずは費用の面。
同じ業者にお願いするのですから、当然合計で多少の値引きはお願いできるはずです。
ここはぜひ相見積もりを利用して、一番安い料金で請け負ってくれる業者を見つけ出しましょう。
もう一つのメリットは、引っ越し時間の調整です。
同じ業者に依頼して、事情を説明すれば、新居に荷物を搬入するタイミングをしっかり調整してスケジュールを立ててもらえます。
もちろんスケジュールに何らかのズレが生じたところで、依頼者側に落ち度がなければ追加料金も発生することはないはず。
別業者ですと、当日道路事情などで搬入のタイミングが食らった場合、密に連絡を取るのは難しくなりますが、同じ業者であればこういった細かい融通が利きます。

単身パックを利用する

単身者の引っ越しに、費用面で強い味方となるのが単身パックです。
業者の用意したカーゴに、載せられるだけ荷物を載せて、混載便のトラックで搬入する方法になります。
これを彼氏、彼女がそれぞれ利用すれば、通常プランよりはるかに費用を抑えることができます。
デメリット新居に荷物が到着するタイミングを調整できないということ。
しかし単身パックの荷物であれば、さほど時間もかからず搬入できますので、大きな問題とはならないでしょう。

参照:引っ越しの単身パックの料金相場など徹底比較。ヤマト、日通などまとめ

徹底的に断捨離する

特に長距離引っ越しの場合は、思い切って断捨離をするのもオススメです。
例えば、家具家電製品は彼女の使用している物を使うと割り切って、彼氏の家にある大物の荷物をすべて処分してしまえば、彼氏の荷物は基本的に段ボールだけになります。
段ボールの荷物だけであれば、宅配便でまとめて送ることも可能。
量によっては彼氏の自家用車に乗せて現地に持って行くことも可能でしょう。
こうなると実質依頼する引っ越しは彼女の引っ越し1件分となり、大幅に費用を抑えることができます。

参照:引っ越し前に断捨離をするコツとは?メリット3つも解説

立ち寄り便は非常に便利

引っ越し

現在多くの引っ越し業者がサービスとして提供している立ち寄り便。
これから同棲を始めるカップルや、新婚家庭の引っ越しに非常に便利なプランです。
利用にあたっては十分引っ越し業者を打ち合わせをすることがオススメ。
通常プランの引っ越しに比べて、時間などの調整が必要となりますので、当日慌てないように準備しましょう。
立ち寄り便を利用できるかどうかは業者の判断次第となりますので、まずは複数の業者に確認するのも重要になります。
そんな時に便利なのが「引っ越し料金一括見積もりサイト(無料)」です。
このサイトで、立ち寄り便の希望を出して、双方の家の場所や新居の場所などを明記しておけば、対応してくれる業者が一発でわかります。
対応してくれる業者に対する見積もりも一括送信で簡単。
わずか数分で、対応業者探しと見積もり依頼が終了する便利なサイトになっています。
もちろん立ち寄り便を利用できないケースでもオススメ。
これから同棲を始めるケースの引っ越しなどは、同じ業者にまとめて依頼することで、費用割引が期待できます。
そんな割引交渉には、他社の見積もり料金を持っていることが重要。
そんな他社の見積もりがあっさりもらえるのが、この一括見積もりサイトということになります。
新生活のスタートを、快適にするためにも、引っ越しは手間なくお安く希望通りに進めるのがベスト。
ぜひ、引っ越し料金一括見積もりサイトを利用してみてください。

詳しくはこちらをどうぞ。

立ち寄り便プランがあって最安値の業者を探すならこちらをどうぞ(無料)

あなたも引越し料金で損してるかも?

引越しの料金を安くするコツは一括での無料見積もりになります。

1分間程度で30社の中からあなたにあった最安値の業者を調べることが可能です。

実際に調べると95000円の業者と52000円の業者がありました。

実に43000円もお得に引越しができたんです。

一括見積りを試すならリクルートでもおなじみのSUUMOがおすすめです。

SUUMOなら電話登録が任意なので電話がかかってくる心配がないのも便利です。

>>>自分に合った格安の引越し業者をSUUMOで試しに見てみる(無料)<<<




よく読まれている記事一覧

引っ越し 1

忙しい人用にランキングを先に掲載します。 1位 >>>引越し侍<<< 2位 >>>LIFULL 引越し<<< 3位 >>>ズバット引越し比較<<< 4位 >>>引越し価格ガイド<<< 5位 >>>引越 ...

11月の引越し費用の相場は? 料金が安いのはいつくらい? 2

「11月に引越ししようと思うんだけど時期的に費用は高いの?安いの?」 「11月の引越しで費用を安くするコツはある?」 なんてあなたは思っていませんか? 10月は3月ほどではないですが、引っ越しシーズン ...

12月の引っ越し費用の相場は? この時期の料金は高い?安い? 3

「12月に引っ越し予定だけど費用の相場はどうなの?」 「年末だし引っ越しの費用は高いんだよね?安いタイミングはある?」 なんて疑問はありませんか? 年度末、クリスマスやお正月に向けて何かとあわただしい ...

-引越しの費用
-, , ,

Copyright© 引越しの手続きチェックリスト一覧まとめ|引越し手続きナビ , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.