引越しの費用

11月の引越し費用の相場は?料金が安いのはいつくらい?

更新日:

 

「11月に引越ししようと思うんだけど時期的に費用は高いの?安いの?」

「11月の引越しで費用を安くするコツはある?」

なんてあなたは思っていませんか?

10月は3月ほどではないですが、引っ越しシーズンになります。
では、11月は繁忙期なのでしょうか?閑散期なのでしょうか?

今回は11月の引越し費用ということで情報をまとめました。
11月に引越し予定なら是非チェックしてみてください。

あなたも引越し料金で損してるかも?

引越しの料金を安くするコツは一括での無料見積もりになります。

1分間程度で30社の中からあなたにあった最安値の業者を調べることが可能です。

実際に調べると95000円の業者と52000円の業者がありました。

実に43000円もお得に引越しができたんです。

一括見積りを試すならリクルートでもおなじみのSUUMOがおすすめです。

SUUMOなら電話登録が任意なので電話がかかってくる心配がないのも便利です。

>>>自分に合った格安の引越し業者をSUUMOで試しに見てみる(無料)<<<




11月の引越し相場を考える

年間を月別に分けて考えると、引越し相場は繁忙期、通常期、閑散期に分けられます。
新入学・新社会人・春の人事異動などが重なる4月。
その4月に向けて引越しが殺到する3月が一番の繁忙期となります。
続いて忙しくなるのが9月下旬~10月上旬。
ここは秋の人事異動や、結婚シーズンにあたり引越しの数が増えます。
反対に最も引越し相場が落ちるのが12~1月と4月。
ともに仕事や学校、親戚づきあいなど何かと忙しい時期で、いろいろなことにお金がかかる時期になります。
つまり、一般的に「引越しどころではない」時期になり、ここがいわゆる閑散期と呼ばれます。
つまり11月はいわゆる通常期と呼ばれる時期にあたり、12月に近づけば近づくほど相場は安くなるということになります。

11月の家賃相場を考える

11月は引越し業界にとって忙しくも特別ヒマなわけでもない時期であることは上で説明したとおり。
しかし、物件のオーナーにとっては非常に難しい時期といえます。
10月上旬までの秋の繁忙期に借り主を見つけられなかった物件、つまり空き家は、これから12~1月にかけてさらに借り主を見つけるのが難しい時期になります。
大家さんにとっては物件が空き家の状態は、そのまま収入がない状態ということになります。
つまり大家さんは、できるだけ空室の期間を短くしたいもの。
そのためには、12月、1月に比べまだ期待ができる11月のうちに、なんとか借り主を見つけたいと考えるのが普通で、少々家賃を下げても入居者を募集する時期です。
通常の家賃を「100」とすると、この時期の家賃は「90」あたりが相場。
ただし、人気の物件や人気の街の物件に関しては、募集の時点で家賃を下げて表示することはあまりありません。
家賃交渉で対応する大家さんがほとんどですので、この時期に物件を探すのであれば、必ずきっちり家賃交渉をしてください。
家賃10万円の物件なら9万円かそれ以下まで家賃は下がるはずです

11月の引越し相場を考える

11月の引越し相場に関しても、家賃相場と同じ考え方で大きく間違っていません。
通常期の引越し費用を「100」とした場合、一番の繁忙期である3月は「150~200」くらいになります。
11月は通常期~閑散期にかけての季節になりますので、おおよそ「85」程度と考えておけば間違いないでしょう。
ただし、引越し費用の方が、家賃に比べて大幅に値引きが可能なケースが多いということを覚えておいてください。
引越しの料金は、基本的には法に定められた計算方法で算出されます。
しかしそれは荷物の量と移動距離から計算される、一番基本的な部分の料金。
引越し業者はここにいろいろな費用を乗せて全体の料金とします。
人件費やガソリン代、養生やダンボール等の資材費、そして引越し業者の儲けを乗せるわけです。
引越し料金を考える時は、この「乗っける部分」の料金の比重が高く、さらにこの部分に関しては決まりがないため、業者によって大きく費用が変わる原因となります。
引越し業者の見積もり料金に対して、値引き交渉の時に一番の武器となるのは、他社の出した見積もり料金です。
引越し費用をきっちり値切りたいのであれば、多くの業者から見積もりを取ることが最短ルート。
そのためには「引越し料金一括見積もりサイト」を利用し、多くの業者から見積もりを取ることをおすすめします。

11月の祝日は引越し業界も忙しい?

11月の祝日は、3日の「文化の日」と、23日の「勤労感謝の日」の2日になります。
どちらも「ハッピーマンデー制度」の対象とならない祝日ですので、3連休があるかどうかはカレンダー次第ということになります。
ちなみにこの2つの祝日がハッピーマンデー制度にならない理由は、どちらも宮中行事に関わる祝日だから。
文化の日は明治天皇の誕生日であり、勤労感謝の日は新嘗祭の日になっています。
3連休にならない祝日ということで、引越し業界が特別この日が忙しくなるということはありません。
他の週末と同様の混み具合となりますが、あまり引越しが多いとは言えない11月。
祝日を選んだからといって、極端に金額が高くなることはありませんのでご安心ください。

転居のお知らせハガキは出すべきか?

11月の引越しで悩むのが「転居のお知らせ」をハガキで出すかどうかということです。
あと2ヶ月もしないで年が明けますので、年賀状で転居をお知らせする方法もあるといえばあります。
ハガキを出すのか年賀状で済ませるか。
正解は「転居ハガキは出すべき」ということになります。
年賀状はあくまでもお年始の挨拶状です。
基本的に他の報告を付け足すようなものではありません。
年賀状で転居を知らせる事自体、相手に対して失礼にあたると考えるのが自然でしょう。
と、これが礼儀を一番に考えた優等生の回答です。
そうとはわかっていても…という気持ちもわかります。
転居はがき(引越しはがき)はネットで簡単に作成することができます。
詳しくはこちらをどうぞ。
転居はがき(引越しはがき)のWEBサイトを詳しく見てみる

11月上旬に引越しを行った場合

11月上旬に引越し作業をするということは、11月初旬、もしくは10月中に引越し先の物件が決まっているということになります。
このタイミングであればさすがに転居のお知らハガキを出すべきでしょう。
転居の通知は転居後ではなくとも、新居の住所が分かっていれば出せるはず。
引越前に準備をして出しておきましょう。
通常年賀状の準備を始めるのは12月に入ってから。
それまでに転居の通知が届いていれば、先方も新住所に年賀状を出すことができます。

11月下旬に引越しを行った場合

引越しが11月下旬だった。
しかも引越前に転居通知を準備できなかった。
そんな場合は、少々失礼にあたるかもしれませんが、年賀状を転居の連絡としてもいいでしょう。
ただし、お世話になっている方、失礼があってはいけない方がいらっしゃる場合、その方にだけでも手紙などで事前にお伝えすることをおすすめします。

参照:引越し報告を年賀状でしてもいいの?例文は何かある?

11月の引越しで気になる年末調整について

会社員の方が特に気になるのが、「年末調整」ではないでしょうか。
毎年11月頃に会社の経理部から提出を求められる書類があるかと思います。
その書類には住所を書く欄がありますが、そこには旧住所、新住所のどちらを書くべきでしょうか?
正解は「新住所」になります。
年末調整で住所が必要な理由は、「住民税」の計算のためです。
この住民税は、「翌年の1月1日に居住登録をしている市区町村」に納付するのが決まりになっています。
例えば2017年の住民税は、2018年1月1日に住んでいる自治体に納付する必要があります。
11月の引越しでも、必ず会社の経理部に報告しましょう。

賢く準備すれば11月は引越しにはおすすめの月

11月は基本的に引越しの通常期から閑散期にかける時期になりますので、費用的にも日程的にも調整しやすい月になります。
ただし、お得に引越しをしたいのであれば、事前の準備が必要になります。
まずは物件探し。
表示の時点で値下げをしている物件は少ないため、気に入った物件があったら必ず値下げ交渉を行いましょう。
家賃だけではなく、物件内部の修繕をお願いしたい部分を指摘したりするのも重要です。
物件が決まったら、転居のハガキを出すかどうかの判断です。
基本的に相手に11月中に届くようでしたら転居ハガキを、それに間に合わないようでしたら年賀状で転居の旨をお知らせするようにしましょう。
同時に会社員の方は年末調整について会社に報告。
市区町村を超える引越しの場合は、経理部にその旨を伝えて年末調整をしてもらうようにしてください。
引越し業者も値引きが有効な時期ですので、できれば数社から見積もりを貰ってください。
これは各社個別にお願いすると時間と手間がかかりますので、「引越し料金一括見積もりサイト」を利用することをおすすめします。

あなたも引越し料金で損してるかも?

引越しの料金を安くするコツは一括での無料見積もりになります。

1分間程度で30社の中からあなたにあった最安値の業者を調べることが可能です。

実際に調べると95000円の業者と52000円の業者がありました。

実に43000円もお得に引越しができたんです。

一括見積りを試すならリクルートでもおなじみのSUUMOがおすすめです。

SUUMOなら電話登録が任意なので電話がかかってくる心配がないのも便利です。

>>>自分に合った格安の引越し業者をSUUMOで試しに見てみる(無料)<<<




よく読まれている記事一覧

引っ越し 1

忙しい人用にランキングを先に掲載します。 1位 >>>引越し侍<<< 2位 >>>LIFULL 引越し<<< 3位 >>>ズバット引越し比較<<< 4位 >>>引越し価格ガイド<<< 5位 >>>引越 ...

7月の引っ越し費用の相場は?料金が安いのはいつくらい? 2

「7月に引っ越す予定だけど、この時期は引っ越し費用は高いの?安いの?」 「7月に引っ越しするけど、どの時期に引っ越すと安いの?」 そういう疑問はありませんか? 7月の引っ越しで影響が出てくるのは梅雨と ...

6月の引越し費用の相場は?料金が安いのはいつくらい? 3

「6月に引越し予定だけど、費用ってどのくらいなの?」 「結婚をしたのでこれから新居に引っ越すんだけど、6月の費用の相場はどうなの?」 あなたはその様なことを思っていませんか? 春の引越し繁忙期も終わり ...

-引越しの費用
-, , , ,

Copyright© 引越しの手続きチェックリスト一覧まとめ|引越し手続きナビ , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.