引越しの費用

引っ越しでハムスターを運んでくれる業者ってある?費用はどのくらいかかるの?

投稿日:

ハムスターの引っ越し

「引っ越し先にハムスターを連れていきたいんだけどどうしたらいいんだろう?」

「引越し業者はハムスターも運んでくれるの?」

「業者にハムスターを運んでもらったらどのくらい費用がかかるんだろう?」

何て疑問はありませんか?

大事に飼っている方にとって、ハムスターも立派な家族の一員です。
そんなハムスターですが、体が小さいこともあり、ストレスに弱い一面があります。
一般論ですが、犬や猫よりも環境の変化に弱く、場合によっては引っ越しが原因で亡くなってしまうケースも考えられます。
そんなハムスターの引っ越し方法や注意点、運んでくれる業者はあるのかどうか、そして費用相場も解説します。

あなたも引越し料金で損してるかも?

引越しの料金を安くするコツは一括での無料見積もりになります。約1分間であなたにあった最安値の業者を調べることが可能です。

実際に調べると95000円の業者と52000円の業者がありました。

実に43000円もお得に引越しができたんです。

しかも今なら期間限定で最大10万円のキャッシュバックもありお得です。

一括見積りを試すならCMでもおなじみの引っ越し侍がおすすめです。

>>>自分に合った格安の引越し業者を試しに見てみる(無料)<<<




ハムスターは環境の変化に弱い

一般論ですが、動物は体が小さいものほど環境の変化に弱いものです。
そういった点では、ハムスターなどは環境の変化に対する耐性が低いといえます。
普段暮しているゲージから移動用のゲージに移しただけでストレスを感じると言われています。
他にも温度の変化や移動中の振動などでストレスを感じてしまうそうです。
そんなハムスターの引っ越し方法についてみていきましょう。

できるだけ環境を変えないように

ハムスターの引っ越しハムスターの搬送には細心の注意を払う必要があります。
まず、可能な限り普段使っているゲージに入れたまま運ぶようにしましょう。
普段と同じサイズ、素材、臭いというだけでハムスターも安心できるはずです。
とはいえ、電車移動や飛行機での移動を考えると、普段のゲージサイズでは運べないという可能性もあります。
どうしても普段使っているゲージで運べない場合は、普段のゲージで使っている餌箱やトイレなどを搬送用にゲージに入れてあげることで、できるだけ普段と近い環境にしてあげましょう。

車で移動する場合

自分の車でハムスターを運ぶ場合、ゲージに入れたら座席の足元などに置き、タオルなどをかけて運びましょう。
タオルをかけるのは直射日光を当てないため。
ハムスターは直射日光で体調を崩しやすいので注意してあげてください。
車の中はエアコンを利かせて、できるだけ過ごしやすい温度をキープ。
振動などでもストレスが溜まりますから、定期的に休憩を入れて、そのたびに水やおやつなどを上げるとハムスターも安心するでしょう。

電車で移動する場合

電車移動の場合は、どの会社の電車に乗るかで対応が変わりますので、まずは確認しておきましょう。
ここでは全国で利用できるJRの対応をご紹介します。
JRに乗せられる動物用のゲージは、最大辺70cm以下、三辺合計90cm以内までのサイズと決められています。
普段お使いのゲージがこのサイズを超えてしまうような場合、別のゲージを用意する必要があります。
既定のサイズに収まるゲージにハムスターを入れたら、乗車の際改札口で小動物を持ち込むことを申告します。
するとJRで「手回り品」という札を貼ってくれますので、この札があればハムスターを電車に乗せることができます。
費用は一律280円。
これは在来線で一駅乗っても、新幹線で博多から東京まで乗っても同じ値段。
ただし、ペット用に座席を購入することはできませんので、他の乗客の邪魔にならないように、自身の足元に置くか、膝の上に置く必要があります。
電車では休憩ができませんし、車内・駅構内ではゲージから出すことも禁じられているため、十分に注意しながら運ぶようにしましょう。

飛行機で移動する場合

飛行機でハムスターを運送する場合、手荷物として機内に持ち込むことはできません。
専用の貨物として、貨物室に入れて運ぶことになります。
ただし、一般の荷物とは違い、動物を運ぶ用の貨物室なので、ある程度温度調整はできる部屋となります。
それでも夏は暑く、冬は寒くなる傾向がありますので、夏ならば保冷剤を、冬であればカイロを入れるなど工夫は必要です。
また、貨物室にエサ類を入れることはできないことが多いので、事前に航空会社に確認し、入れていいものだけを入れてあげましょう。
気になる費用ですが、JALの規定で1匹あたり3,000~6,000円程度。
路線によって料金が変わりますので、必ず事前確認をしてください。

引っ越し業者はペットを運んでくれる?

ハムスターの引っ越し基本的に引っ越し業者は生き物の搬送は受け付けていません。
搬送中に生き物の体調に変化があったり、けがをしてしまったり、最悪亡くなってしまった場合の保険をかけていないので、ペットはおろか観葉植物すらNGの業者も少なくありません。
ただし、大手引っ越し業者の中には、特別にペットを搬送するオプションサービスを提供していたり、ペット搬送の専門業者と業務提携をしている業者もあります。

ペットを運んでくれる引っ越し業者としては、ヤマト運輸やハート引越センターが有名です。
ハムスターであればどちらの業者も対応しています。
また、全国的に有名ではない業者の中にも、ペット搬送に力を入れている業者はあるはずですので、こういった業者を探すのもいいでしょう。

ペット専門の搬送業者を利用するメリットとデメリット

引っ越し業者以外では、ペット専門の搬送業者を利用することが考えられます。
しかし専門業者を利用するには、当然ですがメリットとデメリットがありますので、ここは十分に把握しておきましょう。

専門業者を利用するメリット

・動物の扱いに慣れたスタッフが担当
・搬送に関する保険や保証がついている
・動物病院やペットホテルと業務提携している業者が多数
・常にペットの様子を見ながら搬送してくれる

専門業者に依頼するメリットは、やはりペット搬送に対する知識の豊富さと経験の豊富さ。
もちろん動物の扱いに慣れたスタッフが、常にペットの様子を機に掛けながら搬送してくれます。
全国展開をしている業者であれば、全国の動物病院と提携しており、搬送中の急な体調変化などがあれば、すぐに最寄りの動物病院に連れて行ってくれるサービスも。
ペットの健康を第一に考えるのであれば、やはり専門家にお願いするのがベストといえるでしょう。

専門業者を利用するデメリット

・費用が高い
・引っ越しとのタイミングを合わせるのが難しい
・引っ越し前に業者を選定するのが面倒

反対にデメリットを考えると、やはり費用の面が挙げられます。
一般的なペット搬送専門業者に、東京から大阪までの引っ越しを依頼すると、おおよそ40,000~60,000円程度の費用がかかります。
これは引っ越し費用の中でもかなり高額といえるため、大きなデメリットといえるでしょう。
さらに問題となるのが、細かい時間の調整です。
引っ越し業者と、ペットの搬送業者を別に依頼した場合、ペットと引っ越し荷物のと横着時刻を合わせる必要があります。
ペットの到着が早すぎると、ペットや搬送業者を待たせることになりますし、引っ越し作業の真っ最中にペットが到着しても、これはこれで処置に困ります。
引っ越し荷物の搬入が終わり、一息ついたところでペットが到着するように調整する必要がありますが、引っ越し業者とペット搬送業者を別々に依頼しているとこれもなかなか面倒な作業になります。
そして何より引っ越し前の忙しいタイミングで、自分の理想通りのペット搬送業者を見つける手間があります。
そもそも人間の引っ越しをするのに、引っ越し業者を選ぶのが大変という方がほとんどの中、さらにペット搬送業者も吟味となると、この負担は相当なものでしょう。

これらのメリットやデメリットを考慮に入れて、ペット搬送業者を利用するかどうかを決定するようにしましょう。

オススメは引っ越し業者にまとめて依頼

ハムスターの引っ越し一番オススメできるのは、引っ越し業者にハムスターの搬送を依頼することです。
もちろん自力でできる業者であればその引っ越し業者にお任せできますし、外部のペット搬送業者と提携している引っ越し業者に依頼する形でもいいでしょう。
そうすることで、上で触れたペット搬送業者を利用するデメリットのうちいくつかの問題を解消することができます。

まず、引っ越し業者に依頼するだけですので、ペット搬送業者を選定する手間は省けます。
続いてハムスターの到着タイミングの調整ですが、引っ越し業者とペット搬送業者が連絡を取り合いながら引っ越し作業をしてくれますので、基本的にはベストなタイミングでハムスターの引っ越しも完了するということになります。

費用面に関しては、家族の一員である大切なハムスターに、できるだけストレスを与えずに引っ越しをするための費用と考えることもできるでしょう。
また、ペット搬送業者にとっても、引っ越し業者との業務提携は収入の柱となっているケースが多いはずです。
つまり引っ越し業者から「あそこのペット搬送業者は高くて顧客からの受けが悪い」などと思われたら、業務提携の解消に繋がり、収入の柱を失いかねません。
業務提携ならではの特別料金で運んでくれるケースも十分に考えられますので、自力でペット搬送業者を探すよりは安くなる可能性は十分にあります。

最後に

ハムスターは基本的にサイズが小さく、犬や猫と比べて簡単に引っ越しができると考えがちです。
しかし、実際には猫や犬以上にストレスを感じやすく、またそのストレスに弱いのがハムスターのような小動物です。
事前にきっちり準備をして、もっともストレスを感じないような方法を考えましょう。
オススメは上で触れた通り、ペットの搬送も請け負ってくれる(もしくは提携業者にて対応できる)引っ越し業者を選び、プロに搬送をお任せする方法です。
そんな引っ越し業者を簡単に見つけることができるのが、「引っ越し料金の一括見積もりサイト(無料)」でしょう。
一括見積もりサイトは、引っ越し費用の見積もりを比較するだけではなく、業者が提供しているサービスも比較できるのがポイント。
引っ越し条件にハムスターの引っ越し希望と記載して、複数の引っ越し業者にまとめて見積依頼をすることで、依頼した業者がどのようなサービスを、いくらで提供しているかが一目でわかります。
その中から自分の希望に一番近い、そして費用の安い引っ越し業者を見つけましょう。

詳しくはこちらをどうぞ。

ハムスターを運んでくれる格安の業者を調べてみる(無料)

あなたも引越し料金で損してるかも?

引越しの料金を安くするコツは一括での無料見積もりになります。約1分間であなたにあった最安値の業者を調べることが可能です。

実際に調べると95000円の業者と52000円の業者がありました。

実に43000円もお得に引越しができたんです。

しかも今なら期間限定で最大10万円のキャッシュバックもありお得です。

一括見積りを試すならCMでもおなじみの引っ越し侍がおすすめです。

>>>自分に合った格安の引越し業者を試しに見てみる(無料)<<<




よく読まれている記事一覧

引っ越し 1

忙しい人用にランキングを先に掲載します。 1位 >>>引越し侍<<< 2位 >>>LIFULL 引越し<<< 3位 >>>ズバット引越し比較<<< 4位 >>>引越し価格ガイド<<< 5位 >>>引越 ...

7月の引っ越し費用の相場は?料金が安いのはいつくらい? 2

「7月に引っ越す予定だけど、この時期は引っ越し費用は高いの?安いの?」 「7月に引っ越しするけど、どの時期に引っ越すと安いの?」 そういう疑問はありませんか? 7月の引っ越しで影響が出てくるのは梅雨と ...

6月の引越し費用の相場は?料金が安いのはいつくらい? 3

「6月に引越し予定だけど、費用ってどのくらいなの?」 「結婚をしたのでこれから新居に引っ越すんだけど、6月の費用の相場はどうなの?」 あなたはその様なことを思っていませんか? 春の引越し繁忙期も終わり ...

-引越しの費用
-, , ,

Copyright© 引越しの手続きチェックリスト一覧まとめ|引越し手続きナビ , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.