引越しの費用

損してる?北海道内から道内への引越し料金の相場とは?

更新日:

 

「北海道内から道内の引っ越しを予定しているけど引っ越しの料金ってどのくらいかかるの?」

そんなことを思っていませんか?

引越し料金を考えるとき重要になる要素の一つが移動距離です。
この移動距離、多くの業者が「50km圏内は近距離引越し」としていることから、同一都道府県内の引越しに関しては、多くは近距離引越し、距離があっても中距離引越し(200km圏内)とされることが普通です。
しかし、そうはいかないのが北海道。
ご存知の通り47都道府県の中で最大の面積を持つ北海道では、場合によっては道内の引越しでも「長距離引越し」となるケースが多々あります。
そんな北海道内の引越し料金に関して解説します。

あなたも引越し料金で損してるかも?

引越しの料金を安くするコツは一括での無料見積もりになります。

1分間程度で30社の中からあなたにあった最安値の業者を調べることが可能です。

実際に調べると95000円の業者と52000円の業者がありました。

実に43000円もお得に引越しができたんです。

一括見積りを試すならリクルートでもおなじみのSUUMOがおすすめです。

SUUMOなら電話登録が任意なので電話がかかってくる心配がないのも便利です。

>>>自分に合った格安の引越し業者をSUUMOで試しに見てみる(無料)<<<




北海道の大きさ

北海道が広いというのは皆さんご存知でしょうが、どのくらい広いかを確認しておきましょう。
例えば函館市から稚内市への移動距離はおよそ630km。
これは東京から岡山市への移動距離(670km)と遜色ない距離になります。
他にも札幌市から釧路市で移動距離は約300km、これは大阪市から石川県金沢市への移動距離(約310km)とほぼ変わらず、小樽市から網走市の移動距離約370kmは名古屋市から、千葉県浦安市にあるディズニーランドまでの距離とほぼ変わらないことになります。

そこで北海道内の引越しに関しては、単身者、夫婦、4人家族の3つのケースに分けて、近距離(50km圏内)、中距離(200km圏内)、長距離における引越し料金相場を考えてみました。

単身者の引越し相場

単身者の引越し料金相場を想定する場合、問題となるのが荷物の量です。
すでに一人暮らしをしている単身者の場合、家電製品や家具が揃っていることが考えられます。
しかし、これから初めて一人暮らしする方や、これまで家具家電付きの物件に住んでいた方の場合、家電製品や大型の家具がないケースも考えられます。
そこでここでは、荷物が多いケースと少ないケースに分けて考えてみましょう。
荷物が多いケースでは作業員2名、2tトラック使用を想定、荷物が少ないケースでは、作業員1名、軽トラック使用を想定したいと思います。

単身者の近距離引越し

ちなみに北海道内で近距離引越しとなるケースを考えると、札幌市から小樽市(約38km)、札幌市から千歳市(約42km)あたりが目安となります。
荷物が少ないケースではおよそ10,000円前後、多いケースで30,000円程度でしょうか。

単身者の中距離引越し

ちなみに北海道内で近距離引越しとなるケースを考えると、札幌市から帯広市(約192km)、札幌市から旭川市(約136km)あたりが目安となります。
荷物が少ないケースでおよそ15,000円程度、多いケースで40,000円程度でしょう。

単身者の長距離引越し

札幌を中心に200kmを超える都市となると、釧路市で約300km、函館市で約310kmになります。
長距離引越しの場合、業者によっては運転手の交代要員をつけることになります。
よって作業員を一人増やす想定で相場料金を出してみましょう。
荷物が少ないケースでは50,000円程度、多いケースで80,000円程度でしょう。

夫婦の引越し相場

夫婦やカップル、または兄弟姉妹など2人暮らしの引越しの場合、基本的には家電製品や大型家具は一通り揃っている状態であることがほとんどです。
また、冷蔵庫や洗濯機などは、一人暮らしサイズではなく家族向けの大きなサイズになることが多いでしょう。
そう考えるとトラックのサイズは2t~2tロングのサイズとなり、作業員も基本的に3名ということになるでしょう。
ここではこのサイズの引越し料金相場を想定していきたいと思います。

夫婦の近距離引越し

北海道第二の都市、旭川市からの引越しで考えると、ジャガイモの産地で有名な美瑛町までが約23km、ラベンダーで有名な富良野市が約55kmになります。
富良野市への引越しの場合、場所によっては近距離引越しになるかと思います。
このケースですと引越し料金相場は約30,000円といったところでしょうか。

夫婦の中距離引越し

旭川市から200km圏内で考えると、帯広市までの距離が約166km、苫小牧市までが約192kmです。
中距離の引越しになると料金相場は60,000円前後になるかと思われます。

夫婦の長距離引越し

旭川市から200kmを超える都市を探すと、稚内市で約245km、ニセコ町で約235km。
この距離になると料金はさらに高くなり、おおよそ100,000円程度になるかと思います。

4人家族の引越し相場

4人家族の引越し荷物を考えると、ベッドだけで3~4台、食器棚に洋服ダンス、大型冷蔵庫に大型洗濯機、さらにダイニングテーブルに学習机などかなりの量になります。
段ボールの量も多くなるので、使用されるトラックは恐らく4tトラックとなるでしょう。
作業員は3~4名が通常ですが、ここでは作業員4名を想定して料金相場を算出してみましょう。

4人家族の近距離引越し

ここでは北海道第三の都市、函館市からの距離を参考程度に記していきます。
函館市から50km圏内である都市となると、駒ケ岳を超えた北側にある森町で約45km、北海道新幹線が通る木古内町で約40kmになります。
この距離の引越しですとおおよそ50,000円程度が相場といえるでしょう。

4人家族の中距離引越し

函館市から200km圏内にある都市を調べると、室蘭市でおよそ195km(陸路利用)、ニセコ町のやや北にある倶知安町で約184kmになります。
ちなみに近距離引越しと中距離引越しの料金差は、同じ荷物を運ぶことを想定すると、作業員の拘束時間の長さの差による人件費と、トラックの燃料費、高速料金、そしてトラックの拘束料金になります。
そう考えるとこのケースでの料金相場は、80,000円前後になります。

4人家族の長距離引越し

函館市から200kmを超える距離にある都市を探すと、夕張市で約313km、ウイスキーの産地、余市町で約225kmになります。
長距離引越しとなると料金相場は一気に跳ね上がり、おおよそ150,0000円が相場となります。

北海道内の引越しでの注意点

北海道内での引越しには、他の都道府県にはあまりない注意点があります。
そのあたりを確認しておきましょう。

ルートの確認

北海道はその形状から、陸路が最短距離になるとは限りません。
例えば函館から室蘭や釧路に引越す場合、陸路を回るよりフェリーを使って回路を回ったほうが時間的にも早くなります。
ただし、もちろんフェリーの料金はかかりますので、そのあたりは引越し業者に確認をし、どの方法が早いか? 安いか? といった部分を確認するようにしましょう。

冬場の引越しは?

北海道の冬が厳しい寒さであることは、北海道に住んでいる方なら当然ご理解いただけるかと思います。
そんな冬場の引越しは、厳しい状況が訪れることは理解しておきましょう。
まず、エアコンなどの暖房器具を移設する場合、エアコンなどは引越し前日に取り外しを行います。
つまり、引越し前夜や引越し当日はエアコンがない状態ということに。
また、灯油ストーブやガスストーブ、こたつなども前夜に荷造りしておくと、前夜は相当寒くなります。
エアコンは仕方ないにしても、他の暖房器具に関しては、荷造りがすぐできる準備をしつつ、前夜まで使用し体調を崩さないよう気を付けましょう。
引越し当日、作業が始まると基本的に玄関は開けっ放しになります。
また、引越し作業をしている作業員は、真冬でも汗だくになるほど動いていますので、窓なども開け放しで作業をすることも。
真冬の北海道で、暖房器具ナシ、玄関・窓を全開放しているとなると、見ているだけの人は相当寒い思いをします。
しっかり防寒具を着込んで、カイロなども使用し、しっかり防寒対策をしておきましょう。
もちろん新居のガスや電気はあらかじめ使えるように準備することは必須条件。
引越し業者はよくわかっていますので、暖房器具は引越し後すぐに使えるように搬入してくれるはず。
引越しの搬入作業を待つ間に灯油を購入するなど、引越し終了後すぐに暖をとれるように準備しましょう。

北海道内の引越し料金を抑えるコツ

北海道内の引越しに関しては、長距離の引越しもあるかと思います。
そこでオススメしたいのが、複数の業者から見積もりを取ることです。
ここでは一応50km以内を近距離、200km以内を中距離、それ以上を長距離としましたが、すべての業者がこの考え方ではありません。
特に北海道内の引越しに強い業者などもありますので、何も考えずにTVCMで見たことがある大手に依頼するようなことがないようにしましょう。
複数の業者から見積もりを取るのであれば、「引っ越し料金一括見積もりサイト(無料)」がオススメ。
引越し元や引越し先の情報、大まかな荷物の量、希望日などを入力するだけで、複数の業者に同条件の見積もりを一気に請求することができます。
この中から気になった2~3社に絞り込み訪問見積もりを依頼、正式な見積もりを出してもらって、その料金をもとに値引き交渉をしましょう。
少々手間はかかりますが、これだけで何もしないよりも、数万円単位で料金が安くなることも珍しくありません。
ぜひ試してみてください。

さいごに

今回は北海道内の引っ越しということで解説しました。
今回、ご紹介した料金はあくまでも目安になります。
正確な金額を知りたければ、見積もりを取るのが一番です。

また見積もりを取る場合には複数の業者に取りましょう。
それだけでも費用のおおよその相場を知ることが出来ます。
相場を知ることで安い会社を見つけることができますからね。
是非、チェックしてみてください。

無料で複数の引っ越し業者に見積もりを取ってもらうならこちらをどうぞ

あなたも引越し料金で損してるかも?

引越しの料金を安くするコツは一括での無料見積もりになります。

1分間程度で30社の中からあなたにあった最安値の業者を調べることが可能です。

実際に調べると95000円の業者と52000円の業者がありました。

実に43000円もお得に引越しができたんです。

一括見積りを試すならリクルートでもおなじみのSUUMOがおすすめです。

SUUMOなら電話登録が任意なので電話がかかってくる心配がないのも便利です。

>>>自分に合った格安の引越し業者をSUUMOで試しに見てみる(無料)<<<




よく読まれている記事一覧

引っ越し 1

忙しい人用にランキングを先に掲載します。 1位 >>>引越し侍<<< 2位 >>>LIFULL 引越し<<< 3位 >>>ズバット引越し比較<<< 4位 >>>引越し価格ガイド<<< 5位 >>>引越 ...

7月の引っ越し費用の相場は?料金が安いのはいつくらい? 2

「7月に引っ越す予定だけど、この時期は引っ越し費用は高いの?安いの?」 「7月に引っ越しするけど、どの時期に引っ越すと安いの?」 そういう疑問はありませんか? 7月の引っ越しで影響が出てくるのは梅雨と ...

6月の引越し費用の相場は?料金が安いのはいつくらい? 3

「6月に引越し予定だけど、費用ってどのくらいなの?」 「結婚をしたのでこれから新居に引っ越すんだけど、6月の費用の相場はどうなの?」 あなたはその様なことを思っていませんか? 春の引越し繁忙期も終わり ...

-引越しの費用
-, , ,

Copyright© 引越しの手続きチェックリスト一覧まとめ|引越し手続きナビ , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.