引越しの費用

引越し費用が安い時期はいつ?賃貸の値段も安くなるの?

更新日:

 

「引越し費用が安い時期っていつ頃なの?」

「同じ月でも上旬や下旬など、時期で料金が違うの?」

「賃貸物件の安く入居できる時期はいつなの?」

「賃貸物件って、どうして時期によって料金が違うの?」

そんなことをあなたは考えていませんか?

引越しは何かとお金がかりますよね。
引越しをするなら費用が安い時期いしたいものです。
でも引越しの安い時期はいつなのでしょうか?

結論から言いますと、引越しの費用が安く抑えられ賃貸の物件もそこそも見つけやすいのは9月~11月にかけてになります。

引越しをするなら上記の時期をおすすめします。

今回は、引越しをするのに安い時期、高い時期。
賃貸の家賃が安くなる時期。
引越しを安くするコツなどについて解説したいと思います。
引越しの費用を抑えたい人は是非チェックしてみてください。

あなたも引越し料金で損してるかも?

引越しの料金を安くするコツは一括での無料見積もりになります。約1分間であなたにあった最安値の業者を調べることが可能です。

実際に調べると95000円の業者と52000円の業者がありました。

実に43000円もお得に引越しができたんです。

しかも今なら期間限定で最大10万円のキャッシュバックもありお得です。

一括見積りを試すならCMでもおなじみの引っ越し侍がおすすめです。

>>>自分に合った格安の引越し業者を試しに見てみる(無料)<<<




引越しで安い時期はいつ?

春の入学・転勤シーズンだと、誰でも引越しする人が多くなることから、料金が高くなることは誰でも承知のことですが、より具体的に月や時期に付いてご紹介していきましょう。

安い時期は何月?

引越し費用を月別で比較した場合、1番料金が安い月は11月で、平均的な月別の料金を100とした場合、11月は93となり、次に安いのが1月で95となっていて、続いて2月で96となっています。
さらに続いて6月が97で、次が10月の98、さらに続くのが9月で99、となっていて平均よりも安いと言える月は、11月が93<1月が95<2月が97<6月が97<10月が98<9月が99という順位になっています。 しかしこれらのデータは平均的な数字であって、一般的には閑散期で安い料金の月でも、特定の業者にしてみると忙しいという場合もあるので、すべての業者がこのような料金になるとは限りません。 これらの月は引越し業界のいわゆる閑散期という時期に当たり、引越しをする人が全体的に少ないために、引越業者も仕事の依頼が少くなり、通常料金よりも割引した対応を取ってくれます。 そのため一度見積もりを提示してもらった後での値引き交渉にも応じてくれる可能性が高いため、料金は安くなります。 〇高い時期は何月? それでは逆に料金が高い月としては、平均を100とした場合に3月の料金が153となり、通常料金よりも1.5倍以上になっていて、次に高いのが4月で137とこちらもそれなりに高くなっています。 続くのが7月で107、次に8月で102、それ以降は12月が101、同じく5月が101となっていて、順番に並べてみると、3月が153>4月が137>7月が107>8月が>102>12月が101>5月が101となります。
こうやって改めて比較してみると、やはり3月と4月が突出して料金が高いと言う事が分かりますが、それだけこの時期は繁忙期と言われていて、引越しする需要が大幅に増えます。
そのためにこの繁忙期に時期に入ると、大幅に人員を増やして対応し、料金も安くする必要も無いことから値引き交渉にも応じてもらいにくく、どうしても料金は高くなってしまいます。

繁忙期と閑散期で引越し費用の相場はどのくらい違うの?

月内だと上旬、中旬、下旬でどの時が安い時期?

月別での料金は大体分かりましたが、それでは同じ月でも上旬、中旬、下旬と分けた場合にどのタイミングが安い時期に当たるのかについて検証してみました。
上旬、中旬、下旬の時期で分けると、一番高くなる時期は下旬で、会社も学校も月末などに合わせて転校や転勤の手続きをする人が多いために、引越しの需要が多くなります。
そう言った理由から、時期として一番高いのは月末を含む下旬ということになりますが、逆に料金が一番安いのは上旬になり、次が中旬と言う事になります。
しかし上旬と中旬は料金の差はほとんど無く、実際に引越しする人は中旬よりも上旬の方が多いことから、比較的空きがあり、業者も融通を利かせてくれる中旬が狙い目です。

4月は何週目くらいから費用が安くなる?

3月の引越し料金は一番高いですが、4月にはいると引越しの需要も落ち着いてきて、少しずつ料金も安くなっていきますが、4月でも上旬の場合にはまだ学生さんは春休みのために、引越しの需要はあります。
そのため料金相場が落ち着いてくる時期としては4月の2週目以降で、この時期になるとさすがに引越しの需要は減ってくるので、料金的に見ても通常料金に近くなってきます。
しかし4月の料金の注意点としては、中旬には引越しの需要減で料金は安くなりますが、タイミングが遅れてしまうと、今度はゴールデンウィーク期間の引越しをする人が増えてきます。
当然そうなると4月中旬には一時的に安くなっていた料金も、再び高くなってしまうために、4月に安い料金で引越すためには、依頼するタイミングがより重要となります。

実は時間帯によっても大きな料金の差が!

月や時期によって引越し料金が違うことはわかりましたが、実は時間帯によっても大きく違いがあるという事をご存知でしょうか?
引越し作業は時間の指定が可能ですが、時間を指定した場合に一番高い時間帯は早朝で7時~9時頃の料金が一番高いなっています。
その次に高いのが意外にも18時頃という時間帯で、これは仕事が終わってから引越し作業をするという人が多いと言う事になります。
その次に高い時間帯は10時頃で、それ以外の時間帯の場合にはほとんど大差が無いという状況で、その中でも一番安い時間帯は15時と、一番半端な時間帯と言う事が関係しているようです。

引越し費用の交渉ってできるの?

引越しの費用は一度見積もりを出してもらったら、それ以上は値引きしてもらうことなど出来ないと思っている方もかなり多いようです。
しかし最近は引越し業者の数も大・中・小とさまざまな業者がこの業界に参入しているため、以前よりもかなり競争が激しくなっています。
そのために引越し料金の競争も激しく、1社だけでなく複数の業者から見積もりを取って価格交渉されることに業者も慣れてきているので、遠慮しないで少しでも料金が安くなるように交渉してみましょう。
価格交渉の結果、より料金の値引きが出来る可能性が高いのは、やはり引越しの需要が少ない閑散期で、逆に忙しい繁忙期になると、なかなか価格交渉も厳しくなるようです。

引越しをする時に賃貸物件の家賃が安い時期はいつ?

引越しの費用がどの時期が高いのか安いのかはわかりましたが、では引越すべき賃貸物件の家賃については、どの時期が安いのかについても検証してみましたので、ご紹介しましょう。

家賃の安い時期は何月?

家賃が年間を通して一番安くなる時期は、6月から8月にかけてで、この季節は基本的に引越しする人が少なく、春の繁忙期がすぎても空いている部屋なので、安く貸したいと考える不動産屋さんや大家さんが多くなる時期です。
引越しの需要が少なく、賃貸物件を貸す側としては空きを早期に埋めたい時期なので、家賃が年間で一番安くなる時期と言う事になります。

家賃の高い時期は何月?

賃貸物件の家賃が一番高くなる時期は、1月の下旬から3月下旬となり、この時期になると不動産屋さんや大家さんも借りる人が増えるために、強気の営業となります。
そうなると当然のことですが、家賃は高くなり値引き交渉も現実としてかなり難しくなってしまいます。
4月にはいるとピークは過ぎるので、8月くらいまでの間は比較的安い料金で推移していくことになります。

どうして家賃が下がるの?

部屋が空いていて借り手がいないと言うことは、その部屋からは家賃収入が全くないことになるので、できることなら空いているままよりは多少安くても、家賃収入があった方がと多くの大家さんは考えます。
そんな理由がある事から、賃貸物件の貸し手の大家さんが、空き物件を無くしたいために家賃を一部引き下げるために、家賃が下がるという現象が発生する場合があります。

高い時期と安い時期でいくらくらい違うの?

引越し費用の料金とは違い、賃貸物件の家賃は基本的には高い時期と安い時期での差は、基本的にはありません。
しかしやはり閑散期で部屋が空いている状況になると、大家さんも多少安くても空いたままにしておくよりは、貸して収入を得たほうがと考える人も多いのも事実です。
ですので比較的6月から8月にかけての閑散期であれば、交渉次第では5,000円~1万円程度の家賃の割引きが可能になる場合もあります。

家賃の交渉ってできるの?

一昔前の賃貸物件であれば、交渉次第では数千円も値引き交渉で安くなると言う事もあったそうですが、最近はなかなか家賃を安くしてもらうように交渉しても、なかなかうまくはいかないようです。
しかし、ちょっとした工夫によっては家賃が安くなる場合もあるので、こちらでご紹介します。

家賃の交渉方法とは?

家賃を交渉するに当たって、基本的に新築物件・ペット物件・デザイナーズ物件などの人気の高い物件の場合には、相場の家賃額も高く交渉しても安くなる可能性は低いと言えます。
物件を見て日当たりが悪いとか駅から遠いとか、道路沿いで騒音があるなどのマイナスの要素を引き合いに出して交渉するのも1つの方法です。
でもやはり一番は長期空室の物件の場合には、大家さんはいち早く人に貸して収入を得たいと考えているので、そう言った物件の場合には交渉次第で家賃が安くなる可能性は高くなります。
その時の交渉の仕方として、ただ安くしてくれと交渉するよりも、「今の家賃よりも3,000円程安くしてもらえるなら、いくつか検討している物件はやめて、ここと契約したいのですがどうでしょう?」と、こんな交渉をしてみましょう。

家賃の交渉が難しければ礼金を交渉してみる

月々の継続的な収入になる事から大家さんも、本音としては家賃は安くしたく無いということがあり、家賃交渉がうまくいかないときには、礼金を安くしてもらうように交渉してみましょう。
最近は敷金礼金不要としているところも増えていることから、家賃は安くできないけど礼金なら安くしてくれる可能性はあるので、交渉してみましょう。

賃貸物件の物件数が多い時期と少ない時期は?

次に賃貸物件の家賃では無く、賃貸物件数が多い時期と少ない時期という事について調べてみましたのでご紹介しましょう。

一番多い時期は2月から3月に掛けて!

引越しの需要が多くなる時期は、就職や進学などでの移動が増える時期ですが、当然その時期に合わせて、今の住居が引越しする人も増えることから、物件が一番多くなる時期とも言えます。
逆に3月を過ぎるて4月に入ると、少しずつ空きも少なくなってきて5月に入る頃になると、なかなか条件の良い空き物件は少なくなってきます。
家賃としても一番高い時期ではありますが、2月から3月は物件を探すことに関しては、確実にたくさんの物件がある時期となります。

物件が少ない時期とは?

物件数が少ない時期というのは、6月から8月に掛けてと12月が年間を通じて一番物件数が少なくなる時期となります。
この時期はどうしても人の動きが少なくなる時期のために、出て行く人が居ないので空いている物件も無くなると言う事になります。

引越し費用も安く、家賃も安く、物件もそこそこあるおすすめの時期はいつ?

それではここまで引越費用も安く済み、入居する物件も安く出来て、それでいて探したい物件も多い時期という、引越しの理想とする時期とはいつになるのでしょうか?

引越しに最適な月はいつ?

それは実は9月から11月ということになり、この時期は単身ではなく2人以上が入居するようなファミリー世帯の引越しが増える時期となります。
そこそこの引越しの需要がある為に、人の出入りも多くなることから、春ほどでは無いにしても比較的物件は豊富になる時期です。
また家賃的に見ても、一番需要の高まる季節まではまだ時間があることから、大家さんも高い家賃にする可能性は低く、引越しの需要も多い時期では無いので料金は高くはありません。
そう言った理由から、引越し費用も安く、家賃も安く、物件もそこそこあるおすすめの時期は9月から11月ということになりますね。

引越しをしない方がいい時期は?

実は賃貸物件を安く探すに当たって余りおすすめできないという時期があって、それば実は12月でおすすめでない、いくつかの理由があります。
12月は大家さんや管理会社が、翌年春の繁忙期の募集について考え始めるタイミングで、この時期に家賃の値引き交渉をしても、今安く貸すなら春まで待って条件の良い価格で貸した方が良いとなってしまうからです。
年が明けて1月から3月になれば、入居者も増えるために無理して安い家賃で貸さなくても良いと考える大家さんや管理会社は多く、家賃交渉はかなり難航することが予想されます。
そもそも12月という時期は、新年や春の季節を前にしている時期のために、空いていて条件の良い物件はなかなか見つけること難しい時期でもあります。
特別引越しシーズンでも無いのに、よい賃貸物件も見つけにくく、家賃も安くなりにくいという時期になるので、12月は余りおすすめが出来ない月となります。

時期以外にも引越し費用を安く抑えるコツとは

ここまで引越し料金を抑える時期についてご紹介してきましたが、そのほかにもいくつか引越料金を安く抑える方法があるのでご紹介しましょう。

平日に引越しする

引越をするに当たっては、土日などの会社や月校が休みの時に引越しする人が多くなることから、料金も土日の料金は高く設定されています。
その点平日であれば、引越しの需要も少なく、自ずと引越し料金は安くなるので、できる限り料金の安い平日を選んで引越ししましょう。

平日と土日(休日)で引越しの料金はどのくらい安くなるの?

作業の時間帯を選ばないフリー便が安い

引越し作業には、大きく分けると午前便・午後便・フリー便の3つがあって、料金は一番人気のアルゴ全便が高く、次に午後便で、一番安いのが引越し業者に時間はおまかせのフリー便です。
時間は引越し業者が手が空いたタイミングになるので、夕方から開始になる事もありますが、そういったことを気にしなければ、一番安い料金で引越し作業が行えます。

引越し費用が格安になるフリー便とは?到着の時間帯は?

不用品をリサイクルに出して荷物を少なくするのが安い

引越しを機会に不要になっているような大型の家具や家電をはじめ、小物なども徹底的に処分して荷物を減らすことで、運搬料も減ることから費用を抑えることが出来ます。
また不要な物も、ただ処分するのでは無くリサイクル業者の買い取りサービスを利用すれば、現地まで回収に来てくれて、お金になるのでとてもありがたいサービスなので、利用して見ましょう。
引越し専門のリサイクル業者はこちらになります。
お引越しで整理したいモノを売るなら買取プレミアム

引越しの一括見積もりが安い

引越しをするに当たっておすすめしたいことに、引っ越しの一括見積りサービスがあり、引越しの費用は1社だけで無く複数の業者から見積もりを取るとより安くすることが出来ます。
その複数の業者から見積もりを取りにも自力で探すのはなかなか容易なことでは無いので、そんな時に引越し一括見積もりサービスを利用すると、複数の業者を一括して費用を見積もりしてくれます。
希望の日時や荷物の量を入力するだけで、5~10社の引越し業者の見積もりが出てくるので、一番安いところを利用すれば、かなり引越し費用を抑えることが出来ておすすめです。
テレビのCMでもお馴染みで評判がいい一括見積もりの業者はこちらです。
引っ越しの一括見積もりについて試しに見てみる

さいごに

引越し費用が安い時期はいつ?賃貸の値段も安くなるの?についてご紹介してきましたがいかがだったでしょうか。
ご紹介してきたように、引越しの費用が安い時期と賃貸物件が安い時期を知っていると、大幅に経費を節約することが可能です。
皆さんも引越しの時には、このように引越しの費用が安い時期と賃短物件が安い時期をよく検討して、引越しするようにしてみましょう。

あなたも引越し料金で損してるかも?

引越しの料金を安くするコツは一括での無料見積もりになります。約1分間であなたにあった最安値の業者を調べることが可能です。

実際に調べると95000円の業者と52000円の業者がありました。

実に43000円もお得に引越しができたんです。

しかも今なら期間限定で最大10万円のキャッシュバックもありお得です。

一括見積りを試すならCMでもおなじみの引っ越し侍がおすすめです。

>>>自分に合った格安の引越し業者を試しに見てみる(無料)<<<




よく読まれている記事一覧

引っ越し 1

忙しい人用にランキングを先に掲載します。 1位 >>>引越し侍<<< 2位 >>>LIFULL 引越し<<< 3位 >>>ズバット引越し比較<<< 4位 >>>引越し価格ガイド<<< 5位 >>>引越 ...

7月の引っ越し費用の相場は?料金が安いのはいつくらい? 2

「7月に引っ越す予定だけど、この時期は引っ越し費用は高いの?安いの?」 「7月に引っ越しするけど、どの時期に引っ越すと安いの?」 そういう疑問はありませんか? 7月の引っ越しで影響が出てくるのは梅雨と ...

6月の引越し費用の相場は?料金が安いのはいつくらい? 3

「6月に引越し予定だけど、費用ってどのくらいなの?」 「結婚をしたのでこれから新居に引っ越すんだけど、6月の費用の相場はどうなの?」 あなたはその様なことを思っていませんか? 春の引越し繁忙期も終わり ...

-引越しの費用
-, , ,

Copyright© 引越しの手続きチェックリスト一覧まとめ|引越し手続きナビ , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.